父親 土屋太鳳に関するニュース

清水富美加 両親の離婚で父子家庭、父の会社は倒産

NEWSポストセブン / 2017年02月17日07時00分

でも、お父さんのことを考えるといろいろ思うところもあったんじゃないですかね」(前出・清水の知人) 女優・モデルとして頭角を現し始めていた清水はそのときすでに父親の元を離れ、事務所が用意した寮での生活を始めていた。三姉妹の中で自分だけが父親の元に残ったことで、自分が父親を支えるという気持ちがより強くなっていったのかもしれない。 清水の父親は、ホームページやパ [全文を読む]

阿部寛、土屋太鳳のコメント到着!池井戸潤「下町ロケット」ドラマに

Woman Insight / 2015年08月19日06時00分

阿部さんが演じる主人公の佃航平は、元宇宙科学開発機構の研究員だったが、自分が開発したエンジンを載せたロケットの打ち上げ失敗の責任を取らされ、父親が遺した下町の工場を継ぐことに。小型エンジンを主力とする「佃製作所」で佃は社長として第二の人生をスタートさせたが、宇宙への夢は捨てきれずにいた……。自分の夢と、会社経営という現実の壁に挟まれる佃。そんな葛藤を抱え [全文を読む]

人気のスポ根幼児園 川内優輝、武藤嘉紀、土屋太鳳らが卒園

NEWSポストセブン / 2016年10月29日07時00分

親が覚悟を決めれば子供は諦めてやります」 取材中、サッカークラブに通う小学生が父親と園長室に現れた。悪ふざけでガラス窓を割った謝罪と弁償のため、お年玉から用立てた金を手にしている。鈴木園長はこう説いた。 「父さんが働いてくるからお年玉をもらえる。ちゃんとここで父さんに謝れ、ばかやろう!」 少年は正座し父に詫びた。 「お前が働くようになったら、絶対に親に返せ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】門脇麦 『お迎えデス。』でヒロイン役・土屋太鳳に負けぬ熱演

TechinsightJapan / 2016年05月29日16時30分

第7話は円の父親・郁夫(大杉漣)が浮気疑惑を持たれた上に倒れてしまい生死の境をさまよう。千里もその家族の騒動に巻き込まれて円と接近するが、幸との関係はどうなるのか。ヒロイン役・土屋太鳳と準ヒロイン役とも言える門脇麦の女優対決が見どころだ。 出典:http://ameblo.jp/fukushisota 出典:https://twitter.com/omu [全文を読む]

菜々緒&佐藤かよ他「幼なじみの芸能人」は多い!?

日刊大衆 / 2016年11月06日16時00分

杏の父親、渡辺謙(57)と三浦の父親、三浦友和(64)の仲が良く、子供の頃から家族ぐるみのつきあいをしていました。2012年には杏と貴大は、ドラマ『キルトの家』(NHK)で夫婦役として共演します。空き時間には、セリフの練習も一緒にするなど、杏いわく、「幼なじみなので安心してできた」そうです。 小泉孝太郎(38)と上地雄輔(37)は同じ横須賀出身です。上地の [全文を読む]

阿部寛と土屋太鳳が親子に!池井戸潤原作「下町ロケット」が日曜劇場でスタート!異例の試みも…

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月21日17時30分

父親が遺した下町の工場を継ぐことに。小型エンジンを主力とする佃製作所の社長として第二の人生をスタートさせたが、宇宙への夢は捨てきれずにいた。自分の夢と、会社経営という現実の壁に挟まれる佃…。生きるうえで必要なこととは? 働くことの意義とは? 幾多の困難を乗り越えながら、絶対に夢をあきらめない男と、社員のプライドとが紡ぎだす未来、下町の雑草魂が今ロケットを打 [全文を読む]

広瀬すずだけじゃない!朝ドラ女優・土屋太鳳が語った“一家赤貧”時代

アサ芸プラス / 2015年05月14日17時59分

こどもの日も柏餅作ったりこいのぼりを染めて作ったりしてて‥‥私とまれちゃんは、実は違う点もたくさんあるんですけど、まれちゃんを演じていて時々懐かしいような気持ちがするのは、小さい頃の過ごし方が似てるからかもしれないです」 ドラマの中の津村家は破天荒な父親のせいで家計はいつも火の車状態だが、父親像は別として、土屋の幼少期も“すごく節約が必要なほど”の、決して [全文を読む]

土屋太鳳だけじゃない!「芸名っぽいけど本名」の芸能人たち

日刊大衆 / 2016年11月22日20時00分

父親が命名したそうですが、エッジが効いていますね。 このように、「ホント?」と思うような本名で活躍する芸能人は、意外と他にもたくさんいます。いかにも芸名っぽいですが、武井咲さん、川島海荷さん、長澤まさみさんも本名です。ご両親に名づけられた時点で未来は約束されていた……のかもしれませんね。ブリュレ [全文を読む]

土屋太鳳&Hey! Say! JUMP知念侑李、キレッキレの求愛ダンスが話題に!

Movie Walker / 2016年09月30日11時34分

一方、知念は父親が元体操選手というサラブレッド。アイドルとして日々ダンスに明け暮れおり、本人曰くHey! Say! JUMPイチとのこと。 このダンスシーンの撮影について知念は「太鳳ちゃんが上手いので、僕もプロとして負けないように、すごく燃えました」とライバル心があったことを明かしており、そんな知念に土屋がダンスを教わったという舞台裏エピソードも。 何事で [全文を読む]

土屋太鳳の“蹴り”は、なぜかくも美しいのかーー『お迎えデス。』名物シーンが生まれた背景

リアルサウンド / 2016年05月14日08時34分

当時12歳の土屋は、香川照之や父親役の津田寛治たちの演技に対するストイックな仕事ぶりに衝撃を受け、女優への決意を強めたという。映画『鈴木先生』公開時のツイナビインタビューでは、インタビュアーに目標とする女優を聞かれた際に「香川照之さんです」と答え、「女優ではないですよね」とツッコまれていた。 12歳の頃から渋い名優に影響を受けた土屋の演技力が覚醒したのが、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】土屋太鳳 『お迎えデス。』が描く“愛”に感慨「つらい気持ちを生んでしまうこともある」

TechinsightJapan / 2016年04月25日18時35分

第1話ではゲスト出演した伊東四朗と菅野美穂が成仏できない父親の霊とその娘役になって親子の愛を見事に描いた。 彼女は5年前の東日本大震災を東京で体験した。家の中で待機したことを思い出し「あまりに小さい不安でしたが、私の状態でさえその感覚を感じていたんだから、今その場所で闘ってる人達は本当に大変だと思います」と九州の被災地を案じており「つらいという言葉を、口に [全文を読む]

土屋太鳳、『下町ロケット』の秘話明かす「阿部寛さんが深い目をして受け止めてくださった」

Entame Plex / 2016年01月20日23時55分

また、土屋は俳優:阿部寛が演じる父親と初めて打ち解けるシーンについて「阿部寛さんがすごく深い目をしていて受け止めてくださったので、本当に感謝しています」と当時を振り返った。 最後に土屋は、「『下町ロケット』では、愛情の深さであったり、技術者の方の誇りや覚悟を知ったので、私も女優としてしっかり覚悟を持ってたくさんの人に愛情を届けられるようにお芝居をがんばっ [全文を読む]

そのくだりいる?「下町ロケット」土屋太鳳は今年を代表する“ゴリ押し女優”!?

アサ芸プラス / 2015年11月14日17時59分

「土屋は『下町~』で阿部寛の娘役として出演していますが、父親にヒステリックにキレて怒鳴り散らすだけの出番に『話の腰を折るな!』『土屋のくだり、いる?』『キーキーわめくだけで鬱陶しい』『親子の絆とかいいから』といったアンチのツッコミがネット上に寄せられています。これもストーリー上の大事な伏線なんですがね‥‥」(テレビ誌ライター) 本人と役柄が重なって見られる [全文を読む]

池井戸潤「下町ロケット」で阿部寛が土屋太鳳と父娘役

Smartザテレビジョン / 2015年08月19日06時00分

ほか出演者は、佃の一人娘で父親である佃に事有るごとに反発する高校生・佃利菜を土屋太鳳が演じる。 【主演・阿部寛のコメント】私が演じる佃航平という人物は、町工場の社長として社員のことを考えながらも、自分の夢に向かって突き進んでいく男。自分を貫くということは時として煙たがれてしまうこともありますが、そこで卑屈にならないで、良い物を作っていくという姿勢に役者と [全文を読む]

土屋太鳳 『まれ』放送初日は「大会の決勝を迎えた気分」

WEB女性自身 / 2015年03月30日23時00分

本ドラマは、父親が事業に失敗し、夜逃げするように石川県にやってきた小学生のまれがパティシエを目指し成長していく姿を描く。昨年10月に舞台となる石川県・能登半島でクランクインした土屋。今年1月下旬には、まれがパティシエの修行を積む横浜で1週間のロケを敢行。そして放送初日でもある30日から横浜ロケ第2弾がスタートする。この日、土屋は朝5時半に起床し、弟とキャッ [全文を読む]

NHK朝ドラ出演者を続々輩出! TBSドラマ『表参道高校合唱部!』が視聴率5.9%なのに“伝説”へ

日刊サイゾー / 2017年04月09日09時00分

演技経験は5歳からというベテランで、2006年のドラマ『白夜行』(TBS系)において、主人公・山田孝之の幼少期で「父親殺し」の少年を演じた天才子役といえば、わかる人も少なからずいるかもしれない。 朝ドラでは過去に『すずらん』に子役で出演したほか、『マッサン』ではシベリア抑留による悪夢に悩まされる岡崎悟役を熱演した。また、大河ドラマ『功名が辻』『花燃ゆ』の [全文を読む]

激しすぎるアクション&胸チラ! 武田梨奈、2時間ドラマで“お宝ショット“連発

メンズサイゾー / 2016年11月29日17時00分

今回の『赤かぶ検事奮戦記6』では、父親にちょっぴり反発心を持ちながら、自分の信じた正義を貫く女性を演じた武田。根強い人気がある作品だけに、来年以降も武田の魅力が2時間ドラマで満喫できそうだ。 (文=愉快) [全文を読む]

身長差が痛々しい?”月9”山田涼介「カインとアベル」大惨敗の要因

デイリーニュースオンライン / 2016年10月19日12時05分

一方で優は、兄であり副社長の隆一(桐谷健太・36)、父親であり社長の貴行(高嶋政伸・49)に対して愛憎入り混じる感情の断片を見せていく。 ネット掲示板やSNSでまず話題になったのが、山田と桐谷の身長差だ。桐谷は181cm、山田は164cmと17cmの差がある。食卓で横並びになると、まるで中学生と大人のような身長差で痛々しく、年齢以上の差を感じさせた。またプ [全文を読む]

『べっぴんさん』の見どころは“芳根京子”だ! 類稀なる女優の才はどこまで磨かれる?

リアルサウンド / 2016年10月10日06時10分

かと思いきや、生瀬勝久演じる父親の前で言いたいことが言えずに口ごもる。これまで芳根京子があらゆるドラマや映画で見せてきたキャラクターの子供時代を本当に見ている気分になるほど、放つ空気感が似ているのだ。渡邉このみといえば、『まれ』で土屋太鳳の子供時代を演じたことが記憶に新しいし、遡れば『八日目の蝉』では井上真央の子供時代を演じていたのだ。また一人将来が楽しみ [全文を読む]

家ではパンイチ&風呂は父親と一緒...武田梨奈、驚きのプライベート告白

メンズサイゾー / 2016年07月22日21時30分

また、昨年公開された映画『木屋町DARUMA』では、父親の借金のかたに風俗店に売り飛ばされる女子高生を演じて話題を呼んだ。 「俳優の遠藤憲一さん(55)が、四肢を失い"だるま"と呼ばれるようになったヤクザを演じた『木屋町DARUMA』で、武田さんは何も知らない清純そのものの女子高生が目に狂気を宿すほどに落ちていく様を体当たりで演じきっていた。その演技力の幅 [全文を読む]

フォーカス