高専 紗倉まなに関するニュース

“すごくダークネス”なAV女優・紗倉まなに聞いてみた「この小説、ホントに自分で書いたんですか?」

日刊サイゾー / 2016年03月09日16時00分

昨年1月に刊行されたエッセイ『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)や数々の連載コラムでも、その文才を存分に発揮していた紗倉まな。だが、処女小説『最低。』(KADOKAWA)は、これまでのポジティブなパブリックイメージを根底から覆すだけでなく、どこを切っても「純文学」の風格が漂ってくるような、まぎれもない文芸作品に仕上がっていた。 だ [全文を読む]

人気セクシー女優・紗倉まなとトヨタが「合体」企画 ネット上には期待の声多数

AOLニュース / 2014年10月14日10時30分

「まさかのトヨタw」 「トヨタのためにひと肌脱いだとwww」 「でも、トヨタがこういう挑戦する意 味ってデカいよな」 「トヨタは職業差別しない優良企業」 「これ、「合体」って言いたかっただけだろw」 「紗倉ちゃんて仕事に対する意識高いよな」 「トヨタほどの大きな会社ならば、中途半端な批判も「はい?」って言っていい」 「AVがー、こんな小娘にー、とかいうバ [全文を読む]

AV業界の次は家族がテーマ 紗倉まなが描く“初めての異性”としての父親

文春オンライン / 2017年08月24日17時00分

その他の著書に『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』、スタイルブック『MANA』。 (「別冊文藝春秋」編集部) [全文を読む]

紗倉まなが芦田愛菜ちゃんの難関私立入学で衝撃を受けた「タラレバ物語」

週プレNEWS / 2017年03月05日11時00分

高専では国語や歴史などの一般科目がほぼゼロに近かったし、大人になっても時事的なことにまったく興味がなく、テレビを見なかったことも手伝って、私は政治や歴史、芸能についても疎(うと)い。 ニュース番組ではコメンテーターとしての役割を果たさなくてはいけなくて、これがまたしんどいところなんだけれど、初出演の際、「この国が国連に加盟していないことについて紗倉さんはど [全文を読む]

吉田豪が紗倉まなの本質に迫る2万字インタビュー。あぶり出される“愛想笑いの深い闇”

messy / 2017年01月10日16時00分

■ケンドーコバヤシ対談はこちら【ケンドーコバヤシ×紗倉まな・気持ち悪さの共鳴対談!「まなちゃんが男に生まれてたら、高円寺あたりに住む売れないバンドマン」】 ――デビュー直後くらいから、ずっと追わせてもらってますけど、最初に写真で見たイメージだとか高専出身だとかの情報で抱いたイメージと、あとからインタビューとか読んで見えてくる中身が全然違ったことに驚いたんで [全文を読む]

No.1アダルト女優・紗倉まなの“完全にAVを超えた!”と話題のDVDとは…実家、自宅、そして!?

週プレNEWS / 2015年08月10日21時00分

実家訪問後、母校である千葉の高専付近に行ったり、青春時代の思い出巡りをしたりと、これまで踏み越えることのなかった一線を越えたディープな企画となっています。皆さまの目にどう映るのか、どんな感想を抱かれるのか、正直、デビュー作を発売した当時より緊張しています(白目)。 というのも、本来であれば隠したい場所も存分にさらけだしていて、それを皆さまに見られてしまう [全文を読む]

フォーカス