子供 坂口健太郎に関するニュース

男ウケ狙いでアンチ急増?miwaのMステ出演が”反感”買ったワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月30日10時06分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

『東京タラレバ娘』平岡祐太のクズ男&榮倉奈々の泣き演技が秀逸! 鬼畜男との別れに涙/第8話レビュー

messy / 2017年03月09日21時30分

いざ2人でご飯へ行くと、ガッチガチに緊張している早坂さんを見て「可愛い~」と顔がほころび、9人の子供に囲まれて家族写真を撮る妄想まで巡らせるのですが、早坂さんから聞こえてきた言葉は「き、き、昨日は申し訳なかった。僕、舞い上がっちゃって……本当に申し訳なかった」。倫子はこれを「なかったことにしよう」という提案だと捉え、「これで良かったんだ」「大人だから」と自 [全文を読む]

最終回直前!「とと姉ちゃん」で好演した坂口健太郎に“星野ロス”の声多数!

Smartザテレビジョン / 2016年09月30日08時15分

しかし、子供のために名古屋へ転勤することになり、星野は常子と別れることを決意する。 9月30日(金)の放送で、花山(唐沢寿明)が亡くなり、常子らはその感謝の手紙で涙した。最終回では、その功績を認められ、テレビ出演を果たした常子。ラストシーンで、星野の出演シーンがあるかが期待される。 その星野を演じた坂口は、「重版出来!」(TBS系)や、「模倣犯」(テレビ東 [全文を読む]

NHKが早くも皮算用…「とと姉ちゃん」坂口健太郎は“第二の五代様”になるか?

アサジョ / 2016年04月07日17時59分

バラエティ番組などで見せるおっとりとした雰囲気と、えくぼを見せてはにかむ癒し系の姿に、女性ファンは増すばかりです」(芸能記者) だが、そんな姿とは裏腹に、意外や子供時代は目立ちたがりのやんちゃ坊主。中学時代は生徒会長もしていたとか。また、物欲がなく自宅には冷蔵庫すらない生活をしているのだという。「俳優を志すがどうすればなれるのかわからず、雑誌『MEN’S [全文を読む]

坂口健太郎、初単独CMはマザコン役!

Smartザテレビジョン / 2016年02月26日00時00分

今回、トーンモバイル初のイメージキャラクターに起用された坂口は「子供のころから映画や本が大好きで、いつもTSUTAYAに通っていたから、TSUTAYAのスマホ初めての全国CMに出られるのはなんだかうれしいです」とコメント。 撮影では、普段から家族や母親と仲が良いという坂口と母親役の女性とのやりとりはとても自然なものに。2人の雰囲気は撮影が進むにつれてどんど [全文を読む]

『タラレバ娘』は全然まし!アラサー女子たちのリアル「タラレバ」が悲惨&アホすぎる!

Business Journal / 2017年03月01日12時00分

浮気がバレたときも、私をつなぎとめるために彼が『子供つくろう』とまで言い出したくらいでした。 でも、私はまだ遊び足りなかったし、結婚願望もなかったので、面倒くさくなって別れました。30歳を目前にして遊び尽くした今は彼氏もいません……。一方、イケメンの元カレは結婚して1児のパパになってるとか。あのとき結婚していれば……なんて、今頃になって後悔しています」(2 [全文を読む]

女たちは、なぜあんなにも結婚にこだわるのか──ドラマ『東京タラレバ娘』第6話レビュー

おたぽる / 2017年02月27日18時00分

ドラマのセリフにあったように、私も、子供の頃は当たり前に結婚して、当たり前に子どもを作るものだと思っていた。もちろん、それをこともなげにこなしていく人が大多数であることもまちがいはない。 でも、どんなに頑張っても、うまくその道を歩けない人もいる。それだけは認めてもらいたい。 結局、倫子は奥田と別れる。彼を見送った時、彼女の頭の中に、10年後の自分の声が響 [全文を読む]

『東京タラレバ娘』女の友情で絶対にやってはいけないこと/第四話レビュー

messy / 2017年02月09日20時00分

その上、小雪が丸井さんの嫁のSNSを開いたことで、子供がいたこと、「別居」ではなく「第二子出産のための里帰り中」だったことを知ったのです。ドタキャン理由なんて仕事とかいくらでも言えたはずのに……。バカ正直なのかと思えば、別居は嘘……。この段階で気付いた小雪は不幸中の幸いと言ったところでしょうか。 [全文を読む]

『タラレバ娘』 クズ男役・田中圭に惹かれてしまう女子続出

しらべぇ / 2017年02月09日17時30分

既婚者で子供がありながらも、妻とはうまくいっていない雰囲気を醸し出し、小雪に近づく。しかしながら、彼の語った「妻とは別居中」は、実際は「第2子の出産のために里帰りしている」というもので、小雪の想像とは大きく異なっていた。結果、ふたりで行くと約束した温泉旅行も直前でキャンセルされてしまうのだが、かわいく、無邪気な丸井に母性本能を刺激される女子は多かったよう。 [全文を読む]

坂口健太郎、胸キュンテクで竜星涼&泉澤祐希に嫉妬!

Smartザテレビジョン / 2017年02月05日14時55分

そして、miwaは「100回繰り返してもこの作品の撮影をして初日を迎えたい!」と本作への作品愛を語り、月川監督は「奥さんと子供を守りたい」と家族愛に満ちた回答で和ませた。 あらためてmiwaは「この映画は全身全霊で作りました」と作品への思いを吐露し、坂口も「僕らが育ててきた作品がこれから大きなものになっていろいろな方に見てもらってドキドキキュンキュンしてく [全文を読む]

『東京タラレバ娘』など自分を見つめ直したい人向け冬ドラ3作

NEWSポストセブン / 2017年01月30日07時00分

「人は大事件が起こると、“平穏な日々は当たり前ではない”と気づくことがありますが、夫の失職、子供の不登校しかり。そこで自分や相手を責めるのではなく、互いの理解に努めると、家族がひとつになる機会になります」 この家族も一丸となりピンチを越えれば、さまざまな解決策が見えてくるはず。その姿は生きる上で参考になる。 三つ目は、『東京タラレバ娘』(毎週水曜22時~ [全文を読む]

『とと姉ちゃん』に古田新太が出演、背景に「食品偽装」

NEWSポストセブン / 2016年09月30日16時00分

「でも、星野には守るべき子供がいて、社員をかかえる常子も守るべきものが増えてしまった。あの時代、あの状況で、常子は結婚という選択はできなかったんです」 物語の後半を彩った強烈な脇役のひとりが、商品試験で『あなたの暮し』編集部と対立する赤羽根社長(古田新太)だ。ネット上では朝ドラ『あまちゃん』で古田が演じた荒巻太一と重ね合わせる視聴者も多く、「ラスボス」と [全文を読む]

『こち亀』連載終了で…「終わってほしくない漫画」「終わってほしくなかった漫画」

週プレNEWS / 2016年09月27日15時00分

私だったら花沢類にアタックされたら速攻付き合います! もし、もっと長く続いていたら、牧野と道明寺のその後の話を書いてほしかったです!」(あかりちゃん・明治大学1年・19歳) ●『暗殺教室』(松井優征/集英社) 「殺せんせーが生徒に大切なことを教えてくれて感動する要素もありつつ、先生自体がコミカルな性格で大人も子供も楽しめる面白い作品だから。映画を観て知った [全文を読む]

星野と…口づけ! 3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第23週】

WEB女性自身 / 2016年09月11日06時00分

今の自分には、仕事をしながら家のことも子供のこともやるのは不可能だと、美子(杉咲花)に本音を打ち明ける。自分ができることをやればいい。何でも背負いこんじゃダメだと励ます美子。 夜を徹して雑誌の誌面を作る常子たちの元に、新聞記者と名乗る国実(石丸幹二)が現れる。国実は、「あなたの暮し出版」の商品試験が閉鎖的で公平性がないのではと難癖をつけてくる。呆気にとられ [全文を読む]

投石が常子を襲う!3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第22週】

WEB女性自身 / 2016年09月04日06時00分

子供にも母親がいたほうがいい。だから、もし数年経ってもあの人が独りだったら、再婚するように勧めて欲しい」と。星野は亡き妻の思いを知り、心が揺れるのだった。 『あなたの暮し』では、数ヶ月に及ぶ試験を終えた。花山(唐沢寿明)は、常子たちが作成した資料をもとに原稿執筆に取り掛かる。やがて完成した原稿は、アイロンの持ち手の部分が熱くなりすぎる商品が多く、危険であ [全文を読む]

とと姉ちゃん・阿部純子 小橋家の肉へのこだわりに圧倒される

NEWSポストセブン / 2016年08月11日07時00分

戦争未亡人となって2才の子供を育てる母親となった綾が、常子と再会したことで、精神的に支えられたと思います。戦争を経て常子と綾という親友の関係性も、より一層、太く、深くなりました。 出版社で社長となる常子に励まされながら、綾も少しずつ自分の足で人生を切り開いていきます。そんな2人の姿を温かい目で見守っていただければ嬉しいです! 女学校の卒業式のあと、小橋家 [全文を読む]

黒木華、『重版出来!』の衣装が目を引くワケ スタイリスト・堀越絹衣氏の仕事に迫る

リアルサウンド / 2016年05月31日06時00分

子供のように純粋無垢な一面も見られる彼女の衣装は、カラフルでポップな柄物が多く、また、一本筋が通った性格を表すように襟付きの洋服を着ていることが多い。色彩豊かで可愛らしい衣装は、特に同世代の女性から支持されている。編集部員の壬生平太(荒川良々)は、陽気でお調子者な大食漢で、いつも目立つ色のラフな格好をしている。食いしん坊キャラを際だたせるように、毎回食べ物 [全文を読む]

野々すみ花 宝塚退団4年にして「料理屋女将」の地位確立

NEWSポストセブン / 2016年05月04日07時00分

主人公の黒沢心(黒木華)は、子供のころからオリンピック目指して柔道一筋。しかし、ケガで挫折し、頑張って大手出版社に入社。マンガ雑誌「週刊バイブス」に配属された。編集部の紅一点の心は、「力と体力だけはあるんで頑張ります!!」と前向き一直線だが、初回から大御所漫画家がネットの中傷を受けて連載を休むと言いだしたり、やる気がないバイブスの営業担当と書店周りをしたり [全文を読む]

miwa、歌手業では話題にならず?今後は”ビジュアル仕事”を優先か

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日14時05分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

西島秀俊が演じる理想の父親像が話題に!

Smartザテレビジョン / 2016年04月04日17時15分

仕事熱心でありながら、子供や奥さんにも優しく、常に敬語で話す礼儀正しい父親。朝の食事は必ず家族全員で取り、月に一度は家族でお出掛けするなど、家族の時間を大切にする理想の父親像を演じている。 西島秀俊演じる“とと”の姿に、ツイッターでは「西島秀俊のお父さんサイコー!」「あの言葉遣いがすごくいい!」と大きな反響が。 先日行われた会見では、ヒロインを演じる高畑充 [全文を読む]

フォーカス