高橋一生 主演ドラマに関するニュース

ドラマ『プリンセスメゾン』のキャストたちが住むのはどんな部屋?【森川葵・高橋一生】

Woman Insight / 2016年10月25日18時44分

演じるのは、高橋一生さん、陽月華さん、志尊淳さん、舞羽美海さん。『プリンセスメゾン』は、さまざまな出会いが温かい支えを生み、人々のやさしさが交錯する物語。 今回、主人公・沼越幸を演じた森川葵さん、そして持井不動産のひとり、有能かつ冷静沈着な伊達政一役の高橋一生さんを直撃! ドラマとあわせたテーマで、おふたりの「家」に対する想いを、数回にわたって掘り下げてい [全文を読む]

星野源より高橋一生?「逃げ恥」裏番組のクリスマスドラマSPに称賛の声

アサジョ / 2016年12月24日10時15分

12月20日に放送された「クリスマスドラマSP わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」(フジテレビ系)に多部未華子とW主演した高橋一生。その芸歴は長く、デビュー作はビートたけし主演の90年公開映画「ほしをつぐもの」で、当時は10歳。その後も99年放送のNHK大河ドラマ「元禄繚乱」や03年公開映画「キル・ビル Vol.1」などで脇を固めていたが知名度 [全文を読む]

森川葵、26歳の彼なし未婚で“家”を買う役に。共演の高橋一生を「すごく優しい」

Woman Insight / 2016年10月19日19時06分

10月18日(火)、放送に先駆けてキャスト登壇による会見が行われ、森川葵さん、高橋一生さん、渡辺美佐子さんが原作漫画の魅力、そしてキャスト3人それぞれの印象や特別なエピソードなどを話してくれました。 主演の森川さんは、原作が持つ独特の世界観を作り、その中に入ることができるか「不安だった」そうですが、出来上がったドラマを観て、それが描かれていたと感じて「ホ [全文を読む]

松たか子をしのぐ人気!じわじわ系イケメン高橋一生に“キュン死”続出の予感

アサジョ / 2017年01月19日18時15分

中でも注目を集めているのが高橋一生だ。高橋は1980年12月9日生まれの36歳。芸歴は意外に古く1990年に映画「ほしをつぐもの」、ドラマ「ニューヨーク恋物語II・男と女」(フジテレビ系)でデビュー。その後も映画やドラマ、舞台、声優などで名バイプレーヤーとして活躍してきた。そして、年齢を重ねるごとに「あのイケメンは誰?」など、じわじわと話題になる。「決し [全文を読む]

【視聴熱】小室哲哉、三浦大知ら豪華ゲスト出演の「関ジャム 完全燃SHOW」が高視聴熱! 6/4デイリーランキング

ザテレビジョン / 2017年06月05日16時33分

■ ドラマランキング 直虎(柴咲コウ)と龍雲丸(柳楽優弥)のバックハグ&政次(高橋一生)のつぶやきに大反響!1位 おんな城主 直虎/2位地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子/3位 小さな巨人おんな城主 直虎…6月4日に第22回「虎と龍」が放送。直虎(柴咲コウ)は、龍雲丸(柳楽優弥)率いる一党に材木の切り出しを請け負わせることに。龍雲丸に木の切り方を教わる直虎 [全文を読む]

高橋一生、吉岡里帆はニンマリ?…視聴率振るわずも「カルテット」人気でCM増

アサジョ / 2017年03月26日18時15分

それでもニンマリとしているのは、俳優の高橋一生と吉岡里帆だろう。 高橋は1990年にデビューしてから、これまでに出演したCMは8社。そのうち、今年から流れているのは4社で、すべて“チョイ役”ではなく主演級の扱いだ。そして、今年公開された映画「ゾウを撫でる」と「3月のライオン」にも出演している。 また、同ドラマで“目が笑っていない”悪女を演じた吉岡も知名度 [全文を読む]

剛力彩芽、愛情たっぷりの誕生日サプライズに号泣!

Smartザテレビジョン / 2016年08月29日05時00分

撮影も佳境に入ってきた8月27日、剛力が誕生日を迎え、共演の高橋一生、三宅弘城らから盛大な祝福を受けた。 この日、主演ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」の撮影現場で24歳の誕生日を迎えた剛力。クライマックスに向けての重要なシーンを撮り終えた剛力の元にやってきたのは、夏らしい旬のフルーツで飾り付けられた“フルーツボール”を抱えた高橋と三宅だった。 座長・ [全文を読む]

高橋一生の“キラースマイル”に共演者からブーイング?

Smartザテレビジョン / 2016年08月16日22時12分

主演の剛力彩芽をはじめ、高橋一生、三宅弘城、新川優愛、内藤理沙、松尾幸実らキャスト陣が勢ぞろいした。 本作では、ケツメイシが歌う主題歌「カラーバリエーション」に合わせ、キャスト陣がダンスを披露するエンドロールも見どころの一つ。以前からダンスが大好きと語っていた剛力はもちろん、エンドロールで話題なのは高橋、三宅ら男性陣のキレキレかつキュートに踊る姿だ。 SN [全文を読む]

『真田丸』『逃げ恥』を越える名作は生まれるか!?お薦めしたい2017年冬(1月期)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年01月12日14時15分

このドラマの魅力、何よりもその絶妙にツボを突いたキャスティングではないでしょうか?メインとなる4人の男女を、松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんという、個性的な演技派俳優たちが演じます。30代の大人たちを描いた、大人が落ち着いて楽しめるドラマになるのではと期待しています。個人的には特に高橋一生さんの“声”が大好きです。 A LIFE~ [全文を読む]

松たか子、主演ドラマ『カルテット』に「1人だけおばん」の声 “有村架純の二の舞い”を危惧する声も

おたぽる / 2016年12月19日08時00分

ドラマ『カルテット』は、恋愛や人生に挫折した30代の男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送る、という大筋なのだが、松と共にカルテットを組むのは、31歳の満島ひかり、33歳の松田龍平、36歳の高橋一生、ということで、現在39歳の松に対して、ネット上では「1人だけギリ30代」「無理に松を主演にする必要はあったのか?」などと否定 [全文を読む]

剛力彩芽主演ドラマが発表、「ドクターカーも超える爆死」で脇役陣も役者人生危機に

アサ芸プラス / 2016年06月04日17時59分

脇を固める俳優陣はドラマ『民王』(テレビ朝日系)で人気に火が点いた高橋一生、『半沢直樹』(TBS系)でブレイクした滝藤賢一、『あさが来た』(NHK)で亀助を演じて知名度を上げた三宅弘城、『真田丸』(NHK)で面白味のある豊臣秀吉役で人気を再確認させてくれた小日向文世など。彼らが深みと厚みのある演技を見せてくれるのは確実なんですが‥‥」(テレビ誌ライター) [全文を読む]

田中麗奈、主演ドラマ大惨敗でも事務所が猛プッシュの裏事情

アサ芸プラス / 2015年02月05日09時59分

「田中は恋多き女優と呼ばれ、瑛太、吉沢悠、佐藤祐基、高橋一生ら共演者とたびたび浮名を流してきた。もっかのお相手である高橋とは、写真誌に撮られた後も変わらず交際が続いている。恋愛にうつつを抜かしていないで本腰入れて代表作をつくれと、事務所からハッパをかけられているが、田中ものらりくらりで、ちっとも切羽詰まった感がないようです」(前出・芸能ライター) 「親の [全文を読む]

山下智久がなぜ!?「好きな男優」ランキング入りの怪

messy / 2017年03月31日00時00分

4位以降は高橋一生、5位堺雅人、6位草なぎ剛、7位菅田将暉、8位山田孝之と“演技派”として評価の高い面々が並ぶのだが、なぜか9位に、山下智久がランクインしているのである。 山下がこのランキングに入ったのはおそらく初。しかしどのような意見が得票につながったのか、記事ではまったく触れられていない。そもそも昨年~今年にかけて、山下が出演した作品といえば大コケした [全文を読む]

三浦大知と満島ひかり、奇跡のタイミングでダブル1位を獲得

dwango.jp news / 2017年03月22日18時34分

このDoughnuts Holeは、昨日、最終回が放送されたドラマ「カルテット」に出演している松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平によるユニットで、楽曲は、椎名林檎が書き下ろしたドラマ主題歌。実は、三浦大知とDoughnuts Holeの満島ひかりは、過去に1997年に小中学生の男女7人組ダンスボーカルグループでデビューした「Folder」のメンバー [全文を読む]

【視聴熱】“セカムズコンビ”復活が話題に! 3/13週間ランキング

Smartザテレビジョン / 2017年03月13日17時00分

さらに家森(高橋一生)のすずめへの思いが明確に。そんな片思いが発覚する中、3月14日(火)放送の第9話では、松たか子演じる真紀が、実は“早乙女真紀”ではないことが発覚する。 ■アニメランキング 1位 けものフレンズ/2位 キラキラ☆プリキュアアラモード/3位 おそ松さん おそ松さん…4月10日(月)よりテレビ東京で再放送が決定。第2話から第25話までの放送 [全文を読む]

阿部サダヲ、『直虎』徳川家康役で好評価の理由 少年時代演じきる怪優ぶりも

リアルサウンド / 2017年03月12日06時00分

柴咲コウ演じる井伊直虎、三浦春馬扮する井伊直親、そして高橋一生が務める小野政次の幼なじみの微妙な関係が現在、物語の中心となっているが、そんな中、阿部サダヲ演じる松平元康(後の徳川家康)が大きな話題になっている。参考:コトリンゴ、野田洋次郎主演ドラマ『100万円の女たち』主題歌を担当 「試行錯誤しています」 日本の歴史の中で、最も著名な人物の一人と言っても過 [全文を読む]

視聴率 年平均1%あたり広告収入100億円変わる

NEWSポストセブン / 2017年03月02日11時00分

「『カルテット』は、松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんという4人の演技派俳優が共演し、脚本に坂元裕二さん、演出に土井裕泰さんという業界屈指の実力者をそろえた作品で、ドラマ通の間では絶賛されています」 それぞれが弦楽器を持ち、“偶然”カラオケボックスで出会った30代の男女4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を始める。恋あり、笑いあり [全文を読む]

「逃げ恥」星野源が1位!日本人俳優「プチおじさん」世代の人気ランキング―台湾

Record China / 2017年02月14日12時10分

4〜9位に選ばれたのは、玉木宏、山田孝之、妻夫木聡、綾野剛、高橋一生、藤原竜也だった。なお10位に登場したディーン・フジオカは、もともと台湾・香港で活動し、過去に多くの台湾ドラマに出演。台湾では、日本に“逆輸入”されてブレークしたことで名前を知るようになった人も多い。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

原因は主婦層のあの行動?松たか子「カルテット」が“好評でも低視聴率”なワケ

アサジョ / 2017年02月09日10時15分

松をはじめ、満島ひかり、高橋一生、松田龍平といずれも魅力、演技力のある役者で脚本もヒットメーカーの坂元裕二氏。内容もミステリアスで上質な大人のドラマだ。それが視聴率に結びつかないのはなぜなのか。 テレビ誌のライターはこう分析する。「視聴者からは演者の微妙な視線や動き、繊細な言葉遣いなど、じっくり観ていないとストーリーがわからなくなるという指摘が聞かれます [全文を読む]

木村拓哉、「フレンドパーク」での大はしゃぎに旧知の仲・松たか子も呆れ顔

アサジョ / 2017年01月12日10時15分

「カルテット」からは松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平、「下剋上受験」からは阿部サダヲ、深田恭子、要潤、山田美紅羽、「A LIFE~愛しき人~」からは木村拓哉、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃ら、新春にふさわしい豪華な顔ぶれとなった。 中でも注目されたのは、昨年をもって解散したSMAPの元メンバーの木村だった。「番組冒頭からテンション高かったですね。 [全文を読む]

フォーカス