ノートパソコン 東芝に関するニュース

1台ですべてをこなすすごいヤツ。ZIGSOWユーザーが「dynabook T75」を試す

ITライフハック / 2015年08月27日17時00分

中でもパーツ交換が、ほぼできないノートパソコンとなれば、なおさらのことだ。今回お届けするのは、東芝の「dynabook T75」(以下、T75)をZIGSOWユーザーである稲蔵さんがZIGSOW PREMIUM REVIEWで紹介している。「コレ1台あれば何でもOKの、スタンダードなノートパソコン」とまで言い切るほど惚れ込んだT75は、どのような機械なのか [全文を読む]

Retina超の4K対応Windowsノートを比べてみた【デジ通】

ITライフハック / 2014年06月26日13時00分

先日、レノボより4Kディスプレイを搭載するハイスペックなゲーミングノートパソコン「Lenovo Y50」が登場した。4Kに対応しているノートパソコンとしては、東芝の「dynabook T954」が先行、「Lenovo Y50」はそれに続く製品となる。普及モデルのLenovo Y50とは異なり、東芝の製品は同社の最上位機種という位置づけだ。4K解像度でありな [全文を読む]

NVIDIAがノートパソコン用のGeForce 800Mシリーズを発表【デジ通】

ITライフハック / 2014年03月13日04時00分

日本時間2014年3月13日午前1時、NVIDIAはノートパソコン用の新グラフィックチップGeForce 800Mシリーズを発表した。先日発表された新しいMaxwellアーキテクチャーを採用するなど基本性能を向上させ、さらにBattery Boostテクノロジーで低消費電力でゲームを楽しめるようになった。また、Keplerアーキテクチャー採用のモバイル向け [全文を読む]

ノートより薄く軽く高性能「ウルトラブック」選ぶ時の注意点

NEWSポストセブン / 2012年01月31日07時00分

つまりウルトラブックとは、「薄い」、「軽い」、「高性能」、「低価格」を実現したモバイルノートパソコンのことだ。1月31日時点で東芝、Lenovoがそれぞれ1種類、日本Acer、ASUSが2種類発表しているほか、2月には日本HPも発売することを発表。今後国内家電メーカーも相次いで参入するという報道もある。ノートパソコンと、結局何がどう違うのか?ウルトラブック [全文を読む]

ノートパソコンはどこまで進化する? Ultrabookから2-in-1その次の技術へ【デジ通】

ITライフハック / 2014年06月13日13時00分

最初は薄いだけのノートパソコンという仕様だったが、Windows 8の登場で液晶ディスプレイがタッチ対応になるなど、その要件を年々進化させてきた。2013年の第4世代Core iシリーズの登場でUltrabookは、性能とバッテリー駆動時間の両立を達成、新カテゴリーを確固たるものとした。このUltrabookの浸透によりノートパソコン全体が薄型化し、そして [全文を読む]

タブレットにもなる! 東芝が3スタイルで使えるウルトラブック『dynabook R822』など発売

ガジェット通信 / 2012年10月19日15時30分

タブレット、液晶を水平にしたスタイル、ノートパソコン。東芝は、2012年秋冬モデルの新製品として、3スタイルで利用できる12.5型ウルトラブック『dyna book R822』とタッチパネルを採用した14型ノートパソコン『dynabook T642』を2012年10月26日より発売します。 『dynabook R822』は、液晶をキーボード上でスライドでき [全文を読む]

衝撃に強くクッション性に優れた大容量セミハードパソコンケースを発売。

PR TIMES / 2016年07月28日09時52分

バッグ本体の素材として、軽量でありながら耐久性・クッション性に優れたEVA(エチレン酢酸ビニル)を使用しており、収納されたノートパソコンをしっかりと保護します。バッグの表面は撥水性のあるポリウレタン張りで、多少の水がかかった場合でも中身が濡れる心配はありません。また、表面が汚れたときも湿った布で拭くだけで簡単に汚れを落とせます。バッグはノートパソコン収納部 [全文を読む]

Maxwell採用でデスクトップ向けと同等性能になったNVIDIAのノート用GPU【デジ通】

ITライフハック / 2014年10月10日13時00分

遅れること半月、今度はノートパソコン向けのGeForce GTX 980M/970Mもが日本時間の10月7日に発表された。MSIがこの最新GPUを搭載するゲーミングノートパソコンの発表会を開催し、NVIDIAがこの最新GPUの解説を行った。NVIDIAによれば、これまでノートパソコン用のGPUはデスクトップ版に比べ、性能が低かったが、今回この差が縮まり、ま [全文を読む]

大幅に機能強化したWindowsタブレットNECの「LaVie Tab TW710/S」【デジ通】

ITライフハック / 2014年06月18日13時00分

デジタイザーペン対応でWUXGAの10.1型液晶を搭載し、ノートパソコンのように使えるデタッチャブル型キーボードも用意される。今回の新モデルとなるTW710/Sは、1年ほど前に発売されたTW710/Mの後継モデルとなる。前モデルに比べ液晶の解像度やハードウェアスペックを大幅に強化し別モノになった。液晶解像度は従来モデルの1366×768ドットから1920× [全文を読む]

こうすればトラブル解決が早い!海外に行くことが多い人におススメなPC関連製品の選択条件【デジ通】

ITライフハック / 2014年06月16日13時00分

しかし、ノートパソコンのような消費電力の多い機器は専用のACアダプターが必要になる。たとえば旅行時にうっかり忘れた場合、国内ならたいてい大きめの町に最低でも1店舗はある大手家電量販店に行けばACアダプターを入手することができる。しかし、ことが海外となると日本と同じように簡単に入手できるとは限らない。どうしてこういう話をしたのかというと、先日COMPUTEX [全文を読む]

3月中の納品が厳しい? 消費税増税の影響でパソコン需要が激烈に増加【デジ通】

ITライフハック / 2014年03月17日04時00分

大手量販店で扱うパソコンの店頭モデルは在庫があれば、ノートパソコンや液晶一体型ならそのまま持って帰れる。デスクトップパソコン大きいため車で来ているのでなければ、そのまま発送手続きをして翌日、または翌々日には手元に届くだろう。いっぽうパソコンの直販サイトで購入した場合、納期は即納モデルの場合は数日(およそ5営業日)、BTOやCTOが可能なカスタマイズモデルで [全文を読む]

東芝のノートパソコン、騙されたと思った時点で広告効果あり

ガジェット通信 / 2012年10月04日01時00分

では「1円硬貨より薄いノートパソコン」と聞くとどうだろうか。『技術もそこまで来たか』とか『やはり高いだろうな』と考えるのではないだろうか。 先日、東芝がノートパソコン「dynabook R632」を発表したが、そのアピール文句が「実は…1円玉より薄いんです。」だった。種明かししてしまえば何のことは無い。ノートパソコンを畳んだ状態の厚みが最大で15.9mmで [全文を読む]

「FMVAIObook」3社統合PCはパナソニックの牙城を崩せるか

NEWSポストセブン / 2016年02月17日07時00分

「いまやノートパソコンはHPやDELLといった海外メーカーでも10万円以下で性能のいい製品が買えますし、そもそもメールやネット、ゲームなどをやる程度ならスマホで十分。ノートパソコン自体の需要がなくなりつつあるのです。 かといって、日の丸連合が今さら海外メーカーの安価なパソコンに対抗しても勝ち目はありません。そこで、3社が生き残るためには、ビジネス需要に応え [全文を読む]

日本でのChromebook展開で、製品バリエーションは増えるのか?【デジ通】

ITライフハック / 2014年07月28日13時00分

そのため従来のWindowsノートパソコン以上に各メーカーでの独自色を出して差別化がしにくいのだ。日本ではまだ2モデルしか発表されていないが、海外展開を見る限り、今後日本において各社からされるであろうChromebookは、差別化のポイントとして液晶サイズを特徴としていくことになりそうだ。上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] ■ITライフハ [全文を読む]

Googleが『Chromebook』の企業・教育機関向けの国内発売を発表 個人向けは検討段階

ガジェット通信 / 2014年07月14日15時30分

Googleは7月14日、ウェブアプリの利用に最適化したノートパソコン『Chromebook』と管理ツール『Chrome 管理コンソール』の国内向けの提供開始を発表。7月以降、企業や教育機関向けに各メーカーから順次発売されます。 『Chromebook』は、『Chrome』ブラウザとブラウザで利用できるウェブアプリ、『Chromeストア』で配布されるアプリ [全文を読む]

書き込みが最大530MB/秒の爆速SSD登場! Kingstonの新モデル「HyperX Savage SSD」を試す

ITライフハック / 2015年04月30日17時00分

今回、おそらく最も大きなボリュームで出荷されると予想される240GBモデル「SHSS37A/240G」(ノートパソコンとデスクトップパソコン専用インストールキット付)を入手することができたので、紹介していきたいと思う。“Kingstonらしさ”の1つでもある高速さを醸し出すスタイリッシュなデザイン。■コントローラーは4コア8chのPhison PS3110 [全文を読む]

Ultrabookから2-in-1その次の技術へ!ノートパソコンはどこまで進化するのか【デジ通】

ITライフハック / 2014年06月22日11時00分

このUltrabookの浸透によりノートパソコン全体が薄型化し、そしてタッチ対応といった機能が標準となりつつあるのをご存じだろうか。そうした最新の情報を含め、今月、ITライフハックで紹介されたデジ通の記事の中から、注目の記事をピックアップしてお届けしよう。■ノートパソコンはどこまで進化する? Ultrabookから2-in-1その次の技術へ【デジ通】201 [全文を読む]

東芝が新型コンパチノートにWindows 8.1 with Bing採用のタブレットを発表【デジ通】

ITライフハック / 2014年06月17日13時00分

5月に発表されたモデルからタブレットやコンパクトなノートパソコンが追加された。5月に発表されたモデルと合わせると、今シーズンで投入されるのは合計14モデルとなる。6月上旬に台湾で行われたCOMPUTEXで展示されていた。その時点で日本未発表の製品や、Windows 8.1 with Bing搭載のタブレットもあり、魅力のある製品が出そろった。COMPUTE [全文を読む]

ようやく普及に弾みがつくか? 小型・低価格化が進む4Kテレビ【デジ通】

ITライフハック / 2014年04月18日13時00分

特にPC関連では7万円を切るPC用の4K解像度液晶ディスプレイ、4K液晶搭載のノートパソコン、4K出力ができるグラフィックスカードなどの価格が安くなってきている。対して一般への普及のカギとなる4K解像度を持つテレビは、相変わらず大画面で高価なモデルが主流だった。これが、このところ小型・低価格化の方向に振れ始めているのだ。■上級モデルだけでなく普及価格帯へも [全文を読む]

ノートにも4K時代到来!4KのIGZO液晶を採用した東芝が「dynabook T954」【デジ通】

ITライフハック / 2014年04月17日13時00分

現在、ノートパソコンの高精細な液晶はフルHDで1,920×1,080ドット。さらに高解像度となると東芝なら「dynabook KIRA V834」に採用されている2,560×1,440ドット(WQHQ)といったところが最大だった。ところが、今回dynabook T954に採用された4K液晶は、これらを大きく上回る解像度となる。液晶解像度は先述したように3, [全文を読む]

フォーカス