富士通 東芝に関するニュース

かつて世界席巻の国内PC勢、世界シェアほぼ0%でひたすら売却先探す瀕死状態

Business Journal / 2016年10月14日06時00分

富士通の株価は前日比46.5円(8.6%)高の584.7円まで上昇し、1月13日以来およそ9カ月ぶりの高値を付けた。同月6日付の各紙が「中国レノボ・グループが富士通のパソコン事業を傘下に収める方針を固めた」と報じたからだ。採算が悪化しているパソコン事業を切り離すことで、利益改善につながると期待した買いが集まった。 富士通は不振のパソコン事業を立て直すため、 [全文を読む]

日本製PCの没落、消滅の危機…世界的に一地方ブランド化、各社は事業切り離しに躍起

Business Journal / 2016年05月13日06時00分

東芝と富士通のパソコン事業と、ソニーから独立したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)の統合計画が白紙に戻った。パソコン市場の伸び悩みという根本的な問題があり、統合後の成長戦略が描けなかった。各社はパソコン事業をどうするかの練り直しを迫られることになる。 2015年12月に明らかになった統合構想では、VAIOの親会社である投資ファンド、日本産業パートナーズ(J [全文を読む]

これなら書ける! エントリーシートの志望動機は企業研究×自己分析のスパイラル方式の書き方で

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月04日12時00分

電機メーカーとして、東芝、富士通、NECをピックアップできました。たまたま、あなたのパソコンは富士通製だったので、とりあえず富士通を仮の志望先に決めたとしましょう。次に、東洋経済新報社の『就職四季報』で富士通のページを確認します。前年度の配属先には「営業、システムエンジニア、サプライチェーンマネージメント、購買、法務、知的財産、財務・経理、総務・人事、他」 [全文を読む]

構造改革で復活?NEC&富士通に注目 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】

ITライフハック / 2014年02月19日00時00分

NECと富士通は「旧電電ファミリー」として成長し、1980年代以降はパーソナルコンピュータやサーバ、インターネット接続事業(プロバイダ)などで成長してきた。だが、近年の経営環境の激変に対応し、半導体、パソコン、プロバイダ、携帯電話などの事業が不採算化するなど環境が変化し、新たなビジネスモデルが求められる状況である。両社は、システム開発を中心とするサービス事 [全文を読む]

サポート体制を重視したパソコン選びに注目! サポート満足度調査結果を発表

ITライフハック / 2015年07月08日13時00分

■調査概要調査方法:アンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWebアンケート方式調査対象:アイリサーチ登録モニターのうち、2年以内にパソコンのサポートサービスを利用したことがあり、パナソニック、エプソンダイレクト、東芝、NEC、富士通、ソニー、マウスコンピューター、HP、Lenovo、ASUS、Acer、Apple、DELLのいずれかのパソコン [全文を読む]

大人顔負けの小学生のプレゼン!第二回「学校・地元・家族自慢プレゼンコンテスト」

ITライフハック / 2014年07月03日17時00分

■子供たちのコミュニケーション能力を伸ばす本企画は、朝日小学生新聞を軸に日本のIT分野におけるリーディングカンパニーであるNECパーソナルコンピュータ、東芝、富士通、日本マイクロソフトの4社に加え、一般社団法人ジュニアプレゼン協会の協力のもと「パソコンを使ったプレゼンテーションの楽しさ」を伝え、日本の未来を担う子どもたちに、将来ビジネスで不可欠な表現力とコ [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2016トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2017年06月15日15時00分

これらの特許はそれぞれ1社の後発特許に引用されており、前者は富士通ゼネラルの27件に、後者はシャープの13件に審査の過程で拒絶理由としてそれぞれ引用されています。 2016年に、パナソニックの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機(812件)、次いでシャープ(467件)、キヤノン(289件)と続いています。 2位東芝の最も引用された特許は、「 [全文を読む]

東芝 社内で語られる再建策に「シャー芝ソニー(仮)」登場

NEWSポストセブン / 2015年12月23日16時00分

「パソコンは富士通などと合弁会社の設立に向け交渉中で、テレビは生産撤退も視野に入れているが、遅きに失したのひと言に尽きる。他の国内電機メーカーは“失われた20年”の間に痛みを伴う事業整理を終えている。いまだ『総合電機メーカー』の看板を掲げる東芝だけが前世紀のビジネスモデルに固執していた」 シャープは2015年9月、本社ビル(大阪市)をニトリに売却。同月末 [全文を読む]

東芝「dynabook Tab VT484」のBluetoothキーボードプレゼントキャンペーン第2弾の持つ意味【デジ通】

ITライフハック / 2014年02月04日06時00分

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] ■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Facebook■デジ通の記事をもっと見る関連記事Wordで何回か前にコピーした文字列を貼り付ける【知っ得!虎の巻】もはやこれは1つの文化だ!キーボードに日本特有の細やかさを徹底投入した富士通の新型ノート「GRANNOTE」【デジ通 [全文を読む]

なぜドコモファミリーは消滅?国内携帯メーカーの苦境と、パナ-ソフトバンクの蜜月

Business Journal / 2013年08月09日07時00分

電々ファミリーの代表選手はNEC、富士通、沖電気工業(OKI)だったが、例えば富士通は2013年3月期決算で729億円の最終赤字で、リストラの真っただ中。OKIも青息吐息で配当ゼロが続く。 電々ファミリーの序列は、通信機器の納入実績で決まっていた。ドコモファミリーに時代が移ると、携帯端末が主役になったが、その主力企業であったNECは、スマートフォン(スマホ [全文を読む]

「エイト・エイト・オー!」 マイクロソフトがハードメーカー13社とWindows 8発売記念発表会で気勢 34端末が披露される

ガジェット通信 / 2012年10月26日22時30分

後半にはASUS JAPAN、NEC、エプソンダイレクト、KOUZIRO、ソニー、デル、東芝、日本エイサー、日本ヒューレット・パッカード、パナソニック、富士通、マウスコンピューター、レノボ・ジャパンの13メーカー代表者をゲストとして招き入れます。壇上でモニターを並べ、上記のかけ声と共に“バーチャルテープカット”を実施。 発表会では、業務執行役員の藤本恭史 [全文を読む]

【情報・通信業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はNTT、NTTドコモ、Ericsson

DreamNews / 2016年06月10日11時00分

2015年に、NTTの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は富士通の142件となっており、NECの116件、Qualcommの81件と続いています。 2位NTTドコモの最も引用された特許は、「タッチパネルを持つ携帯端末などでユーザーが行ったタッチ操作が有効であることを振動で伝える方法」に関する特許(特許第3949912号)で、後発の特許15件の審査 [全文を読む]

電機大手が総崩れ、停滞鮮明で深刻な状況…シャープと東芝は経営危機、日立も三菱も減益

Business Journal / 2016年06月02日06時00分

残る日立製作所、三菱電機、NEC、富士通もいずれも減益基調で、東芝やシャープほどではないにしても停滞感が強かった。 8社のうち、増収だったのは日立と三菱電機の2社だけで、それも日立は前期比2.7%増、三菱も同1.6%増だから微増、ほぼ横ばいに近い。ほかの6社はいずれも微減だが、シャープは11.7%減と2ケタ減収だった。●ソニーとパナソニック復調、ソニーは地 [全文を読む]

東芝、追い打ちの危機浮上…米当局が調査開始、柱・原発は5年間受注ゼロ、巨額損失か

Business Journal / 2016年03月23日06時00分

東芝、富士通、VAIOによるパソコン事業の統合は見通しが立たない。統合交渉は「17年4~6月期までに決着をつけたい」(室町正志・東芝社長)としているが、VAIOは依然として3社統合に前向きではない。 社内カンパニーは7つから4つに再編成。半導体、エネルギー、インフラ、ICT(情報通信技術)関連で、その中でも半導体、エネルギー(原発)、社会インフラを3本柱 [全文を読む]

「FMVAIObook」3社統合PCはパナソニックの牙城を崩せるか

NEWSポストセブン / 2016年02月17日07時00分

不正会計問題の元凶となり、構造改革の本丸といわれていた東芝のPC事業と、富士通の同事業、それにソニーのPC部門が独立したVAIOの3社が「統合」に向けた大詰めの交渉をしているという。 これまで『dynabook(ダイナブック)/東芝』、『FMV/富士通』、『VAIO(バイオ)/旧ソニー』と、それぞれのPCブランドで熾烈な販売競争をしてきた3社。もし事業統合 [全文を読む]

東芝・富士通・VAIOが、PC事業を統合?―例によって当事者は微妙なコメント

インターネットコム / 2015年12月04日14時50分

東芝、富士通、VAIOの3社が来春にもPC事業を統合する見込み、という報道について、当事者からのコメントが出た。例によって否定も肯定もしない、という微妙な内容だ。 各社のPC事業統合をめぐってはやや内容の異なる報道がいくつか出回った。 日本経済新聞は、東芝、富士通、VAIOの3社による統合構想を取り上げた。年内に基本合意し、2016年4月に新体制を発足させ [全文を読む]

【情報・通信業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はNTT、NTTドコモ、Ericsson

DreamNews / 2015年06月02日11時00分

1位NTTの最も引用された特許は、「動作範囲の広い非接触型ICカードシステム」に関する特許(特願2000-47115)で、後発の特許10件の審査過程で拒絶理由として引用されており、企業別には東芝の2件、トヨタ自動車、ソニー、富士通、エクォス・リサーチ、Intel、Qualcommなどの各1件の審査に影響を与えています。2014年全体を通じて、NTTの特許 [全文を読む]

富士通・東芝個人向けパソコン最新モデル全機種にオンライン麻雀「Maru-Jan」アイコンを設置

PR TIMES / 2015年05月22日12時01分

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、運営するオンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)のデスクトップアイコンを、5月から販売開始する個人向けパソコン、富士通株式会社「FMV(エフエムブイ)シリーズ」と株式会社東芝「dynabook(ダイナブック)シリーズ」全機種に設置いたしました。株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝 [全文を読む]

富士通・東芝個人向けパソコン最新モデル全機種にオンライン麻雀「Maru-Jan」アイコンを設置

DreamNews / 2015年05月22日11時30分

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、運営するオンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)のデスクトップアイコンを、5月から販売開始する個人向けパソコン、富士通株式会社「FMV(エフエムブイ)シリーズ」と株式会社東芝「dynabook(ダイナブック)シリーズ」全機種に設置いたしました。株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝 [全文を読む]

全1751組から選ばれた10組が熱戦!「第2回学校・地元・家族自慢プレゼンコンテスト」決勝大会

ITライフハック / 2015年02月17日10時00分

NECパーソナルコンピュータ株式会社、株式会社東芝、富士通株式会社、日本マイクロソフト株式会社の4社の協力のもと、「Office 搭載パソコンを使ったプレゼンテーションの楽しさ」を通じ、日本の未来を担う子どもたちに、ビジネスで不可欠な表現力、コミュニケーション能力を伸ばすことを目的としている。ICT教育の重要性を広めるため、またプレゼンテーションという学習 [全文を読む]

フォーカス