回収 東芝に関するニュース

東芝の「経営破綻」はありえるのか。財務分析で分かった現状

まぐまぐニュース! / 2015年10月18日20時00分

この「受取手形及び売掛金」が100%回収できるようであれば問題はありませんが、もし販売先が倒産するなど債権が焦げ付くようであれば、流動資産が目減りすることにつながっていきます。 同じように「棚卸資産」を見ていくと、1兆1,499億円の残高があります。この「棚卸資産」とは簡単にいえば、製品在庫のことであり、もし製品が古くなって売れなくなるような不良在庫が発 [全文を読む]

東芝のグローバルIoTサービスのビジネス基盤に、Zuoraの『リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)』が採用

DreamNews / 2016年10月13日15時00分

従来のERPやCRM、販売管理等のシステムでは対応できない、サブスクリプション・ビジネスのための業務(プライシング、見積、Web販売、契約管理、請求・回収、売上計上、レポート・分析)を包括的にサポートします。 RBMの導入により、新サービスの市場投入期間の最短化やプライシング戦略の強化による新規顧客の獲得や、既存顧客のニーズに基づく最適な提案による既存顧客 [全文を読む]

東芝粉飾、調査報告書に重大な疑惑 意図的に室町社長への追及せず、当事者は無罪放免

Business Journal / 2015年11月23日06時00分

(4)回収可能性も勘案した額の一部を当面の請求とすることが相当。(5)5人以外の調査対象者は法的責任を認めることができない。 [全文を読む]

爆発物と勘違いされた「せんべい入りの一斗缶」・・・置いた人は罪に問われる?

シェアしたくなる法律相談所 / 2015年12月28日21時08分

しかし、回収した一斗缶の中身は「せんべい」だったとして話題となっています。 爆発物ではなかったことは良かったものの、騒ぎとなり、多くの人達に迷惑をかけてしまったというのは事実でしょう。 もし、騒ぎを起こすためにわざと置いたとしたら法的にはどのような扱いとなるのでしょうか。また、たまたま置き忘れてしまった場合などについても法的にはどうなるのかを解説していき [全文を読む]

人工光合成は決して夢物語ではない

FUTURUS / 2014年12月12日08時01分

そして、火力発電所や工場などの二酸化炭素排出設備に付随する二酸化炭素の分離回収システムに使用することを目指している。 ■ オーストラリアではたんぱく質による実験に成功 また、オーストラリアからは、たんぱく質を使った人工光合成の研究に大きな進歩があったという発表があった。オーストラリア国立大学のウェブサイトで発表されている。 こちらは太陽光をエネルギー源とし [全文を読む]

Microsoft(R) Surface Pro 3(R) にセキュリティ強化機能を提供開始 - BIOSによるエージェント自動復活機能を Surface Pro 3(R) へ提供 -

@Press / 2014年07月10日09時30分

カナダ、バンクーバー:2014年7月10日 - コンピューターの盗難・紛失時の回収やデータ保護、IT資産管理ソリューションを提供するAbsolute Software Corporation(以下:Absolute、本社:カナダ・バンクーバー、会長兼CEO:Geoff Haydon、トロント証券取引所:ABT)は、Computraceエージェントが削除され [全文を読む]

富士ゼロックス子会社の不正会計処理で会長退任へ、富士フイルムHDが375億円損失

ZUU online / 2017年06月15日06時20分

事務機器販売と保守サービスの売り上げ計上や料金回収に関連する不適切処理だった。NZでは、コピー機のリース契約に関連するビジネスで、要件を満たした顧客向け販売に基づく会計処理で、要件を満たさない顧客にも適用した。その結果、「コピー量がターゲットに届かず、債権が回収できない取引が多数発生、常態化していた」(助野社長)と語った。その後、4月に発足した第三者委委員 [全文を読む]

大企業入社→外資が買収→解雇…「正社員」はもはや時代遅れである

Business Journal / 2016年09月14日06時00分

自分で事業をつくり、お金を回収するのです。給与所得では、自分が自由に使えるのは税金が源泉徴収された税引き後利益ですが、事業所得は税引き前利益になります。お金の流れが意識できるようになり、さらに個人事業主は青色申告65万円控除ができます。減価償却で費用(資金)を回収するといった企業の論理も理解できます。収入、経費をコントロールできるようになって、お金を手元に [全文を読む]

経営者が古巣から訴えられたケース 結末は悲哀に満ちている

NEWSポストセブン / 2015年11月05日16時00分

カネボウが「回収の見込みがない子会社への支援によって会社に損害を与えた」として、帆足隆・元社長と副社長の2人に計10億円の損害賠償を求めて提訴したのは2005年6月(2009年、カネボウ側の上告棄却)。 後に、帆足氏ら旧経営陣は証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で刑事責任も問われ、有罪が確定する。その公判中、帆足氏は「責任は私を含めて歴代の全 [全文を読む]

スピード上場のJDI、官制再編なぜ成功?生かされたエルピーダとルネサスの蹉跌

Business Journal / 2014年03月12日02時00分

資本金と資本準備金を合わせて約2000億円を出資した革新機構は持ち株の半分を売却して、全額を回収する。今後、残りの株を売れば、すべて売却益となる。●経産省主導の再編 ジャパンディスプレイは、当初計画より2年前倒ししてスピード上場する。この上場が成功すれば、中国や韓国のライバル企業の台頭で打撃を受けてきた日本の製造業が、官製再編の処方箋で立ち直る唯一の事例と [全文を読む]

iOS 7に対応したMDM製品『Absolute Manage 6.4』の提供を開始

@Press / 2013年10月16日14時30分

カナダ・バンクーバー:2013年10月8日‐コンピューターの盗難・紛失時の回収やデータ保護、IT資産管理ソリューションを提供するAbsolute Software Corporation(以下:Absolute、本社:カナダ・バンクーバー、会長兼CEO:John Livingston、トロント証券取引所:ABT)は、iOS 7に対応したMDM製品である『A [全文を読む]

Absolute Softwareが、モバイルデバイス管理および盗難対策でSamsung社とグローバルパートナーシップを締結

@Press / 2013年04月09日09時30分

カナダ・バンクーバー:2013年4月9日 - コンピューターの盗難・紛失時の回収やデータ保護、IT資産管理ソリューションを提供するAbsolute Software Corporation(以下:Absolute、本社:カナダ・バンクーバー、会長兼CEO:John Livingston、トロント証券取引所:ABT)は、Samsung Electronics [全文を読む]

「2013年卒マイナビ大学生就職企業人気ランキング」調査結果発表

PR TIMES / 2012年03月27日14時28分

■文系■ 総合1位:JTBグループ(5年連続)男子1位:JTBグループ(2年ぶり)/女子1位:JTBグループ(5年連続)■理系■ 総合1位:明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)(初)男子1位:東芝(初)/女子1位:明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)(2年連続)<100位までのランキングおよび詳細はURL : http: [全文を読む]

電機、凋落…東芝は債務超過の兆候、三菱重工は「何もうまくいかず」巨額損失地獄

Business Journal / 2017年01月31日06時00分

無事離陸したとしても、5000億円超の初期投資を回収できるのかは不明だ。447機を受注しているが、このうち200機はキャンセルが可能な契約である。開発コストがまるまる損失につながるという最悪のケースを想定せざるを得ない深刻な事態だ。 そこで三菱重工と日立製作所の合併説が再浮上してきた。11年8月、日立と三菱重工の経営統合の報道が駆けめぐった。“三菱御三家” [全文を読む]

家庭用太陽光発電のメーカーランキング&満足度・費用対効果調査!

PR TIMES / 2017年01月19日10時03分

搭載量、投資回収年、気になる売電収入など、950人の本音を集めました! 近年地球温暖化や環境保全の観点で太陽光エネルギーへの関心が高まっています。 世界経済フォーラムの報告書によると、2020年頃までに世界の約3分の2における国々にて、太陽光発電の発電コストが石炭火力発電より低くなると予測されています。 日本においても、電力買取制度や補助金など、国・自治体 [全文を読む]

補助金食いの「植物工場」 次世代技術でついに黒字化なるか

Forbes JAPAN / 2016年08月19日11時30分

導入費は200万ドル(約2億1000万円)からで、投資回収に要する推定期間は7~8年だ。しかし、これほど高度なターンキー式システムをもってしても生産品の価格を抑えるのは難しく、例えばレタスの価格は一般的なスーパーの2倍近くになる。だが、均質で味もいい野菜を生産できることや、有機栽培の上を行く品質を実現できる(外環境からの汚染を完全に防ぐことができる)ことか [全文を読む]

リスクモンスター、第1回「世界に誇れる日本企業」アンケート調査結果を発表

@Press / 2013年05月01日09時30分

図表: http://www.atpress.ne.jp/releases/35274/a_5.pdf1.実施概要テーマ :「世界に誇れる日本企業」アンケート・調査エリア :全国・調査方法 :インターネット調査・調査対象者 :20~59歳の有識者男女個人、60~69歳の男女個人 (有効回収数1,000)・調査期間 :2013年2月25日(月)~2013年2 [全文を読む]

消されたソフトが自動復活「アプリケーション自動復活機能」の発売 Absolute DDSの新オプション

@Press / 2017年04月18日10時30分

<標準機能>・資産管理・位置情報トラッキング、ジオフェンシング・遠隔データ削除・遠隔デバイスロック、タイマーロック・盗難デバイスの回収(取戻)サービス・エージェント自動復活機能 [全文を読む]

フォーブス厳選、2017年をリードする各界の若手リーダー20人

Forbes JAPAN / 2017年01月04日17時00分

同システムでは、天然ガスの燃焼により生まれるCO2を回収し地中に貯留する新技術「Allam Cycle」が初めて用いられる予定だ。<企業向けテクノロジー>ミッチェル・ハシモト(27)HashiCorp/共同創業者ハシモトは、ワシントン大学で学びながらコンサルティング会社に勤務していた2010年、顧客のコンピューターに適切なソフトウエア設定を施すためにかかる [全文を読む]

Zuoraのビジネス変革プラットフォームがコマツ「スマートコンストラクション」に導入

DreamNews / 2016年11月07日13時00分

また、従来のERPやCRM、販売管理等のシステムでは対応できない、サブスクリプション・ビジネスのプライシング、見積、Web販売、契約管理、請求・回収、売上計上、レポート・分析を、一気通貫のサービスで支援します。Zuoraは、シリコンバレーに本社を置き、グローバル13拠点にオフィスを展開してお客様をサポートしており、IoT、ハイテク、クラウドサービス、消費財 [全文を読む]

フォーカス