ジャケット 安室奈美恵に関するニュース

ミュージックジャケットギャラリー2013「日本の女性アイドル500ジャケット 1970-2013」展示会&トークイベント 開催のお知らせ

@Press / 2013年07月02日14時30分

ミュージックジャケットギャラリー実行委員会(以下、MJG実行委員会)は、今年で7回目を迎える展示会「ミュージックジャケットギャラリー2013」を、7月18日~28日の期間、東京/新宿&渋谷にて開催いたします(入場無料)。本イベントは、音楽パッケージ商品にかかわるメーカー(レコード会社)、流通(CDショップ)、ベンダー(印刷・プレス会社)の関係企業が連携し、 [全文を読む]

【シュール】AIがアルバムジャケットを説明するbotが「斜め上」すぎる

秒刊SUNDAY / 2017年03月20日14時21分

さてこちらはジャケットを説明するという一風変わったボットです。 大勢の人https://t.co/NB2rVDXVVe pic.twitter.com/NFE25bG5ZQ — AIがアルバムジャケットを説明するbot (@ai_explain) 2017年2月27日 コチラは今話題のBOTプログラムでAI(人工知能)がアルバムジャケットの画像を見て、それ [全文を読む]

安室奈美恵など、大物アーティストによるアニメ主題歌が増えているのはなぜ

THE PAGE / 2017年09月17日17時10分

こうした背景もあり、アニメの主題歌に関しても、売り出し中の若手アーティストだったり、バンドだったりにとっての“登竜門”的な立ち位置でした」アニソンの社会的地位が向上 ミリオンヒット曲も 実際、後に人気歌手となる故やしきたかじんさんはブレーク前の1981年に公開されたアニメ映画「機動戦士ガンダム」の劇場3部作の第1作の主題歌『砂の十字架』を歌唱してヒットを飛 [全文を読む]

【急げ】即完売の「安室奈美恵」の全国ライブDVDが発売されると話題に!ファンは急げ!

秒刊SUNDAY / 2017年03月13日12時58分

Blu-rayジャケット現在開催中の「namie amuro LIVE STYLE 2016-2017」は自身の史上最多公演数となり、2016年8月からLIVE DVD&Blu-ray発売の2017年5月3日まで全100公演に及ぶ予定となっています。観客動員数は全国40都市で約26万人になります。発売はツアー最終日の5月3日となっていますので、ライブ終了 [全文を読む]

また聴きたくなってきた! 小室哲哉プロデュース曲を振り返る

okmusic UP's / 2017年01月23日18時00分

楽曲の持つ刹那的な輝き、ジャケットのトーン……非の打ちどころがありません! [全文を読む]

J-POP史上最強の冬ソングBESTでGENKINGがジャケ初登場!

dwango.jp news / 2015年11月04日12時57分

その全て楽しめる冬の思い出を、もう一度! 【GENKINGインタビュー】 Q:いままでCDのジャケット撮影は? G:ないですね、はじめてですね。 Q:はじめてのジャケット撮影の感想は? G:ドキドキとワクワクと楽しみと、 うれぴっぴ、みたいな(笑) Q:今回はウィンターソングのコンピアルバムですが、思い出に残っているウィンターソングはありますか? G:やっ [全文を読む]

「ダサすぎる」と酷評でも…元AKB48の板野友美、凋落した浜崎あゆみをライバル視

メンズサイゾー / 2014年07月08日19時00分

幼児体型でスタイルがアンバランスなこともあって、浜崎や安室のような『ギャルのカリスマ』になるのも難しく、どこを目指しているのかサッパリ分からない」(芸能関係者) 板野の新アルバムは4種類のジャケットが存在するが、メインとなる初回限定盤と通常盤はプリクラ風。板野がサスペンダー付きスカートで頭にスカーフを巻いているというビジュアルになっており、ネット上では「ジ [全文を読む]

安室奈美恵、限定オリジナルTシャツ付ニューALをmu-moで発売

AOLニュース / 2013年07月08日17時00分

タイトルに込めた"心で感じてほしい"という思いがジャケットデザインに反映されており、3バージョンのうち、1つが目を塞ぎ、1つが口を塞ぎ、1つが耳を塞いだ本人のアップの写真となっている。 3月にリリースされたシングルの表題曲「Big Boys Cry」や、フジテレビ系『めざましテレビ』の年間テーマソングとなっている「Can You Feel This Lov [全文を読む]

安室奈美恵の限定オリジナルTシャツ付 Newアルバムがmu-moショップで発売

okmusic UP's / 2013年07月05日22時30分

タイトルに込めた“心で感じてほしい”という思いをジャケットデザインに反映させており、3バージョンのうち1つが目を塞ぎ、1つが口を塞ぎ、1つが耳を塞いだ本人のアップの写真となっている。 CDの収録曲は、3月にリリースされたシングルの表題曲「Big Boys Cry」やフジテレビ系『めざましテレビ』の年間テーマソングとなっている「Can You Feel Th [全文を読む]

【隠しマイク】安室引退…ロッテ伊東監督「マイクを置いて帰ろうかな」

スポニチアネックス / 2017年09月22日08時32分

◎おしゃれで有名な日本ハム・白井内野守備走塁コーチ兼作戦担当は記者のジャケットをジッと見つめ「ポケットが折れとるぞ」。失礼いたしました。 [全文を読む]

「さすが浜崎あゆみ」 全身黒ファッション-こっそり撮られたパパラッチ写真でも「かっこいい」

J-CASTニュース / 2017年09月21日12時15分

この日は、高級ブランド「ジバンシー」のレザージャケットに、「ミュウミュウ」の厚底ブーツ、サングラスと全身黒のファッションでコーディネート。スリッドの入っているスカートをはいているため、足がちら見えし、色っぽいスタイルだ。 1枚目は、ジャケットを手に取り選んでいるかのような写真、2枚目はカメラに気づいたのか、こちらを見てキョトンとしている姿となっている。 [全文を読む]

浜崎あゆみの背中がマライア・キャリー化!?ネット民が騒然

アサジョ / 2017年08月15日07時15分

「Supreme」と「ルイ・ヴィトン」がコラボしたジャケットを脱ぎ、ブラ紐とタトゥーが見える写真なのだが、コメント欄にはファンからのエールが多数書き込まれている。「しかし、中には『背中きれい。ただちょっと丸いよ』『背中たくましくない?』『背中でっかい』など、なかなかの肉付きを感じさせる丸みを帯びた背中に反応した人もいました。このインスタがニュースにあがると [全文を読む]

中居正広「美女ダンサーとの6年愛」発覚日に侍ジャパンレポート中の“奇行”を目撃!

アサ芸プラス / 2017年04月02日09時57分

ただおかしなことに、この時からなぜか半笑いだったんですよね」(前出・テレビ局スタッフ) この日はジャケットからシャツ、ズボンに至るまで、全身黒ずくめの衣装。おまけに細身の体を強調するほどタイトなものだった。「姿を追っていると、いきなり全身のストレッチを始めたんです。奇異な服装が相まって、動くたびに立派な股間の盛り上がりがまるわかりなんですよ。体の動きにつら [全文を読む]

Crystal Kay×安室奈美恵『REVOLUTION』ティザー解禁!

dwango.jp news / 2015年08月11日20時00分

ジャケットアートワークを使いながら、スタイリッシュな映像が完成。サビのみで作られた映像ながら、自分革命の応援歌としての楽曲の強さが伝わってくる映像となっている。ティザー映像公開に先立ってUta-Netにて公開された『REVOLUTION』の歌詞にも注目が集まり、本日夕方に公開されたばかりで早くもリアルタイムラインキングでは1位を獲得(16時半時点)。注目の [全文を読む]

井手 康郎 企画合同写真展 『Swappin どうせなら生で大きめがいいの』2015年5月13日(水)~24日(日)まで72Gallery(東京都・京橋)にて開催。

DreamNews / 2015年05月08日12時00分

ファッション紙、アーティストジャケット、広告などを中心に活躍中。前衛芸術家の篠原有司男、RIP SLYME、安室奈美恵など、著名人の撮影を手掛ける。2013年 株式会社SHOT JAPAN 取締役に就任 【同時開催|SHOT JAPAN GALLERY 厳選フォトグラファー18名による合同展『extaSCENE』】各フォトグラファーの視点を通じて切り撮られ [全文を読む]

そこはかとなくダサい…元KARAメンバーのソロデビューが残念な方向に

messy / 2014年11月16日12時00分

公式SNSアカウントを通じてアルバムのティーザー映像やジャケットが順次公開され、「待ちに待った!」「いよいよ!」などアゲアゲな記事を目にしたが、実際のところ世間の反応は、「待ってる人いたの?」といった感じでかなり薄い。 DSPメディアを脱退したニコルは、“韓国の安室奈美恵”と呼ばれたイ・ヒョリが所属するB2Mエンターテインメントと契約し、今回のソロデビュー [全文を読む]

ももクロ新曲は“前作割れ”5.5万枚発進……「握手会なし」でライブ動員重視か?

日刊サイゾー / 2014年05月12日20時30分

『泣いてもいいんだよ』は、複数ジャケットや、ランダムトレカの封入など、複数買いを誘う工夫はあるものの、握手会のような直接的なアプローチはほとんどしていません。時代錯誤といわれるCDの売り上げよりも、ライブ動員や、ライブグッズ収入に重きを置いている印象です」(同) だが、楽曲「泣いてもいいんだよ」については、「評判が極端に二分している」との指摘も。 「『泣い [全文を読む]

元AKB48・板野友美、新曲MV&ジャケ公開! “絶好タイミング”のTAKAHIRO同棲報道は吉と出るか?

日刊サイゾー / 2014年01月20日20時30分

板野友美のAKB48卒業後、初となるソロ5thシングル「little」(キングレコード/2月5日発売)のジャケットと、ミュージックビデオ(以下、MV)が公開された。 同作は、CD3形態と、ミュージックカード5種を発売。表題曲の作詞を板野本人が手掛けており、それぞれに「握手会参加券」や「ハイタッチ会参加券」が付いているという。 CDジャケットは、板野の顔のア [全文を読む]

キャリアブランド「UNTITLED/アンタイトル」 安室奈美恵さんを起用したTVCMを10月3日(木)スタート

PR TIMES / 2013年09月20日10時50分

光と影、昼と夜を対比させ、日常のテーマをCanvasにインサートさせながら、安室さんを通して「アンタイトル」を印象的に表現し、第一弾はブラックのジャケットを、第二弾はペールピンクのコートのスタイリングを安室さんが着こなし、これまでにない新しいキャリアシーンを提案します。 【TVコマーシャル概要】 第一弾:10月3日(木)~16日(水) 第二弾:10月28日 [全文を読む]

フォーカス