補強 鹿島アントラーズに関するニュース

【2017Jリーグ補強診断】FWポドルスキ報道錯綜もJ1初V十分の面々集結《ヴィッセル神戸》

超ワールドサッカー / 2017年02月06日21時15分

開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。ヴィッセル神戸編をお届けする。 ◆課題はペドロ・ジュニオールの穴埋めGetty Images【OUT】 GK 松澤香輝(24)→徳島ヴォルティス/完全 山本海人(31)→ジェフユナイテッド千葉/完全 DF 相馬崇人(35)→現役引退 高橋祥平(25)→ジュビロ磐田/完全 田中雄大(28)→北海道 [全文を読む]

補強に満足感を示すネルシーニョ監督が強い決意を語る「タイトルを獲らなければいけない」《Jリーグキックオフカンファレンス》

超ワールドサッカー / 2017年02月13日20時35分

チーム状態や大物獲得の噂があった補強について語ってくれた。 ◆ネルシーニョ監督(ヴィッセル神戸) ──現在のチームの仕上がり状態は 「プラン通り来ています。まだ100%の仕上がりではないですが、25日までの2週間で十分仕上げたいレベルまで行けると思います。フィジカルコンディションも良く選手たちも動けているので、十分なレベルまで行けると思います。技術的にもフ [全文を読む]

【ACL2017】悲願のアジアタイトル獲得にJ王者・鹿島が挑む〜グループE〜

超ワールドサッカー / 2017年02月21日14時00分

さらにスペイン2部のコルドバからスペイン人FWシスコやベルギーのシント=トロイデンからコートジボワール人FWヤヤ・スマホロを獲得するなど、補強にも余念がない。また、清水エスパルスや横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府などでプレーした元日本代表DF青山直晃も所属している。 [全文を読む]

元日本代表選手の不満爆発で広がる、チーム内の不協和音 セレッソ大阪J1昇格に黄色信号?

日刊サイゾー / 2015年11月10日19時30分

そんなアウトゥオリ監督はなぜ、エジミウソンを起用し続けるのだろうか? 「自らが補強したブラジル人選手に偏重してしまっているのでしょう。さらにいえば、アウトゥオリ監督は記者会見が巧みなので名将と呼ぶ人もいますが、近年は結果を出せていません。鹿島アントラーズにいた時も、選手補強でフロントとモメていました。また、ブラジル人監督の中には、監督に意見できるような経験 [全文を読む]

鹿島アントラーズ監督はなぜ、電撃解任されたのか? サッカー誌が書かない裏事情

日刊サイゾー / 2017年06月02日22時00分

「鹿島は今季、大型補強を行っています。都心のクラブのように、大型補強が観客動員に結び付けばいいのですが、鹿島という立地、交通の便などから観客動員が伸び悩んでいる。となると、ACLを制し、クラブワールドカップとの賞金を合わせた10億円、もしくはDAZNマネーで入るJリーグの優勝賞金20億円、どちらかは獲得しないと、来年の大幅戦力ダウンは否めません。しかし、 [全文を読む]

【2017 J1順位予想③】川崎Fの初タイトル、C大阪のジンクス破りを予想

超ワールドサッカー / 2017年02月24日23時50分

今年はACLがなく、リーグ戦に専念できる状況に加え、オフにはFW工藤壮人を獲得するなどピンポイント補強に成功。新加入選手の早期フィットは不可欠だが、その問題を解消できれば、日程面で有利に立てる。ただ、長年クラブを支えてきたFW佐藤寿人とMF森崎浩司が退団した影響は気がかりな点だ。 Getty Images5位 ガンバ大阪 6位 FC東京 7位 セレッソ大阪 [全文を読む]

【2017 J1順位予想①】優勝筆頭に広島、対抗に鹿島&浦和…鬼木体制の川崎Fは序盤戦苦戦の予感

超ワールドサッカー / 2017年02月24日23時45分

優良助っ人のオーラを漂わせるMFフェリペ・シウバや、Jリーグで実績十分のFW工藤壮人ら適材適所な補強に成功し、過去5年で3度もJリーグ王者に導いた森保一監督の手腕も健在。ケガ人が出たときの選手層の薄さは気がかりだが、J1屈指のチーム完成度を誇る。さらに、AFCチャンピオンズリーグ(AFC)を戦わない日程面も鹿島アントラーズと浦和レッズとのJ1の覇権争いで優 [全文を読む]

【2017 J1順位予想②】王者・鹿島の連覇、鳥栖の上位進出を予想

超ワールドサッカー / 2017年02月24日23時45分

さらに、FWラファエル・シルバ、MF矢島慎也、MF長澤和輝、MF菊池大介と補強。チームに馴染むまでは時間がかかりそうだが、終盤に戦力となっていれば優勝を争い続ける可能性は高い。また、ゼロ円補強でチームのベースアップを図ったサガン鳥栖を3位と予想する。マッシモ・フィッカデンティ監督の戦術も浸透し、昨シーズンの2ndステージは好調を維持。GK林彰洋の穴が心配さ [全文を読む]

【2017 J1チーム診断】ネルシーニョ体制3年目で目指すは2年連続のクラブ最高順位更新と初タイトル《ヴィッセル神戸》

超ワールドサッカー / 2017年02月24日17時45分

◆噂の大物獲得先送りも悲願の初タイトルに向け充実補強▽ストーブリーグを賑わせた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの獲得は、今夏に先送りとなった模様だ。しかし、それぞれ鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田へ旅立ったFWペドロ・ジュニオール、DF高橋祥平の後釜にFW田中順也、MFウエスクレイ、DF渡部博文ら実力者を補強。加えて、ガンバ大阪から両サイドでプレー可能な [全文を読む]

昨季2冠の鹿島、永木負傷交代も長崎を2-0完封《DAZNニューイヤーカップ》

超ワールドサッカー / 2017年02月02日15時57分

試合は、今オフに大型補強で昨シーズン以上の戦力を手にした鹿島が、大幅な選手入れ替えを行った長崎を攻め立てる展開となる。 ▽そんな中、鹿島は15分に先制。オーバーラップした町田がボックス左の金崎にボールを供給。最後は金崎のクロスが当たってこぼれたボールを拾いなおしたボックス内の鈴木が右足アウトサイトのシュートでゴールネットを揺らした。 ▽ここまで盤石の試合運 [全文を読む]

【2017Jリーグ補強診断】的確かつ大型補強で昨季2冠王者に死角なし《鹿島アントラーズ》

超ワールドサッカー / 2017年02月01日21時10分

開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。昨シーズン国内2冠の鹿島アントラーズ編をお届けする。 ◆ファン・ソッコの退団痛しGetty Images【OUT】 GK 櫛引政敏(24)→清水エスパルス/期限付き期間満了 DF ファン・ソッコ(27)→天津泰達(中国)/完全 MF 柴崎岳(24)→テネリフェ(スペイン)/完全 杉本太郎(20) [全文を読む]

ヴィッセル神戸「ポドルスキ10億円オファー」に見る、“守銭奴”三木谷オーナーの狙いとは?

日刊サイゾー / 2017年01月20日19時00分

上位3チームにさえ入れば、ポドルスキへの10億円は、パブリシティ含め、回収できると考えたのでしょう」(サッカーライター) また、「今回の補強は、ヴィッセルの今までの補強とも一味違う」と付け加える。 「イルハンは、Jリーグやチームにフィットするかより、人気が先行していました。ある意味、三木谷さんらしい補強です。ですが、ポドルスキは人気よりも実力重視でしょう。 [全文を読む]

J1王者・鹿島が着々補強…福岡FW金森が「サッカー人生をかけて」完全移籍加入

ゲキサカ / 2016年12月28日14時57分

以下、プロフィール ●FW金森健志 (かなもり・たけし) ■生年月日 1994年4月4日(22歳) ■出身地 福岡県 ■身長/体重 171cm/69kg ■経歴 筑陽学園高-福岡 ●2017年Jリーグ移籍情報 [全文を読む]

Jリーグ優勝争いに直結! 助っ人外国人選手補強に成功したクラブは?

週プレNEWS / 2017年03月01日18時00分

どのチームも日本人選手では足りない駒を助っ人で補強するのが強化の王道。今シーズンも優勝候補に挙がっているチームには、注目の新助っ人がプレーしている。 なかでも積極的な補強を繰り広げたのが、昨シーズンのチャンピオン鹿島アントラーズだった。まず、4年に渡ってアルビレックス新潟の“心臓”として大車輪の活躍を見せていたブラジル人MFのレオ・シルバを獲得。DFライン [全文を読む]

【2017Jリーグ補強診断】薄氷の残留も核を放出、戦力アップも厳しいものに《アルビレックス新潟》

超ワールドサッカー / 2017年02月04日17時31分

開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。昨シーズン首の皮一枚繋がってJ1に残留したアルビレックス新潟編をお届けする。◆助っ人3人を含む主力大量放出Getty Images【OUT】GK小澤章人(24)→ブラウブリッツ秋田/完全黒河貴矢(35)→現役引退渡辺泰広(24)→JAPANサッカーカレッジ/期限付きDF松原健(23)→横浜F・マ [全文を読む]

リカルド・ロドリゲス新体制の徳島が背番号を発表! 新加入のDF大崎玲央「3」は、MF島屋八徳は「11」、MF杉本太郎は「26」

超ワールドサッカー / 2017年01月10日20時00分

▽スペイン人指揮官のリカルド・ロドリゲス監督を迎えた徳島は積極補強を敢行。DFニコラ・ヴァシリエヴィッチ、FWニコラ・アシチェリッチのセルビア人選手の他、横浜FCからDF大崎玲央、レノファ山口FCからMF島屋八徳、ツエーゲン金沢からMF馬渡和彰らを獲得。その他、鹿島アントラーズからMF杉本太郎、ヴィッセル神戸からFW松村亮、湘南からGK梶川裕嗣を期限付き [全文を読む]

J王者・鹿島、石井監督解任…積極補強もACL敗退、大岩コーチが昇格

サッカーキング / 2017年05月31日13時31分

今季開幕前にはアルビレックス新潟からブラジル人MFレオ・シルバ、ヴィッセル神戸から同FWペドロ・ジュニオール、パルメイラスから元ブラジル代表MFレアンドロ、さらに全北現代から韓国代表GKクォン・スンテを獲得するなど、積極的な補強で全タイトル制覇を目指した。だが、明治安田生命J1リーグでは第13節終了時点(1試合未消化)で7勝5敗の勝ち点「21」で暫定7位 [全文を読む]

リバプールやユベントスでプレーした元マリ代表MFモハメド・シッソコがインドネシアに上陸

超ワールドサッカー / 2017年04月14日22時55分

▽インドネシアのクラブは今回の移籍市場で積極的な補強を敢行。プルシブ・バンドンは元チェルシーのMFマイケル・エッシェン、FWカールトン・コールを獲得。マドゥーラ・ユナイテッドは、WBAやストーク・シティなどで活躍したFWピーター・オデムウィンギーを獲得している。また、ミトラ・クカールは、かつて鹿島アントラーズなどでプレーしたDF金古聖司が2012年に所属 [全文を読む]

Jリーグ開幕戦でDAZNがトラブル連発! それでも「スカパー!より好印象」のワケ

日刊サイゾー / 2017年03月01日15時00分

そのため、各クラブが大型補強を行い、その期待感から観客が集まるという好循環が生まれているのだ。 とはいえ、浮かれてばかりはいられない。そのDAZN中継が、トラブルを連発しているのだ。開幕初日は、16時50分から約20分間にわたって画面が頻繁に止まっていたが、この時間に試合があったのは1試合のみ。しかも、ハーフタイムを挟むという幸運もあった。問題は翌日のガン [全文を読む]

「日本人は、スペインリーグでは通用しない!?」柴崎の2部移籍と、清武のJ復帰が意味するもの

日刊サイゾー / 2017年02月06日19時00分

地元紙に「冗談のような補強」と嘲笑されてしまった。なぜ、清武は調子を落としたのか? 「清武が調子を落としたというより、日本人選手がスペインリーグで通用した前例がありません。スペインリーグとプレミアリーグの2つは、欧州の中でもランクが違います。ドイツでは活躍できても、スペインリーグでは通用しません。さらに、スペインリーグは、ほとんどの選手が英語ではなく、スペ [全文を読む]

フォーカス