いち 大野智に関するニュース

嵐・櫻井翔「おじさんにヘソをコリコリされ…」と衝撃の痴漢被害を告白

デイリーニュースオンライン / 2017年08月24日21時00分

ポーチに2つリップクリームを常備していることや、ディフューザー(部屋用の香水)に凝っていることなど「ジャニーズいちの女子力」と言われる”女の子っぷり”を番組で披露していた。だが、同じく出演した元巨人軍の桑田真澄(49)の次男・Matt(23)が自身の痴漢被害を告白すると、櫻井も負けじと身を乗り出して痴漢体験を赤裸々に語り出した。 「ボクは新宿から下北までの [全文を読む]

俳優業好調の嵐・大野智“紅白司会抜擢案”浮上も本人はやる気ゼロ?

デイリーニュースオンライン / 2017年05月11日10時05分

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大野智、石原さとみ演じる“妻”に頭上がらず 『忍びの国』で映画初共演

TechinsightJapan / 2017年03月18日15時31分

「わしは、ほら、伊賀、一(いち)の忍びだから」と自ら断言する無門に、石原演じるお国は冷静に「嘘おっしゃい」とバッサリ。他にもお国が「逃げる…絶対にイヤでござります」と扉をピシャリと閉めると、無門は扉の前で「お国殿…」と小さな声でうなだれる。忍びにおいて最強の無門の弱点はなんと「嫁さん」であり、それがかえって無門を人間味あふれるキャラクターにしているようだ [全文を読む]

木村拓哉がなぜ首位に返り咲き?”抱かれたい男GP”で異変続出のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年07月23日12時00分

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

木村文乃に北川景子…ジャニーズ御用達女優の絶対条件とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年06月13日12時23分

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

相葉雅紀、ついに松重豊との共演が実現! 残るは櫻井翔のみ!?

Smartザテレビジョン / 2017年04月16日07時00分

嵐の中でも大ブームになったドラマですからね、いちドラマファンとして共演が楽しみ」と明かした。 [全文を読む]

スキャンダル続出の嵐、テレ朝・小川彩佳の無臭ブログが唯一の救いか「伊藤綾子より全然いい!」とファン

日刊サイゾー / 2017年02月28日20時30分

それは、二宮の出演作を連想させるキーワードや、『いち、にの、さんっ!!』とあからさまなものまでさまざま。嵐ファンの間では、“絶対悪”な存在として目の敵にされている。 また、嵐・大野智と交際していたとされる元女優・夏目鈴も、伊藤同様に“匂わせ女”として知られている。夏目のSNSからは、大野の作品集や、大野らしき手の写真などが見つかり、ファンから批判が相次いだ [全文を読む]

嵐の熊本訪問が物議?ジャニーズ主導の”被災地支援”に大きな壁

デイリーニュースオンライン / 2016年08月06日10時06分

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

嵐・二宮和也は露とも知らず?伊藤綾子アナ”匂わせブログ”の波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年07月12日07時05分

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧 困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

ジャニーズの汚点に?フジ新ドラマ『HOPE』に迫る”史上最低を更新”の暗雲

デイリーニュースオンライン / 2016年06月19日12時05分

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

フォーカス