テレビ出演 大野智に関するニュース

テレビ出演数1位は二宮! 嵐、年始番組ラッシュで「視聴率はジャニーズ3番手」脱出?

サイゾーウーマン / 2015年01月17日09時00分

近年、年末年始のテレビ誌の表紙はSMAPから移行し、嵐の独壇場となっているが、今年こそ高視聴率をキープし、“テレビ界の顔”となれるだろうか? [全文を読む]

嵐メンバーも信頼を寄せる大野智のダンス その「振付師」としての顔とは?

リアルサウンド / 2014年01月25日17時10分

最近ではメンバー自らが大野に振り付けを「依頼」することも多いが、2006年に行われたツアー「嵐 SUMMER TOUR 2006 “ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul”」の頃は4人で大野を囲み、「お前、やれよ!」「やるんだよ!早くやれってんだよ!」と「みんなで大野を脅してやらせた」と、櫻井と二宮はテレビ出演時に冗談混じりに [全文を読む]

石原さとみの“おみくじ結果”に山下智久ファンが騒然! “整形するならこの顔”1位には納得の声

おたぽる / 2017年06月30日19時00分

女性に生まれるなら石原さとみの顔になりたいもん』『せめてあのプルンとしたセクシーな唇だけでも欲しい』などと、男女ともに納得の結果だったようです」(同) 8月末に放送されるチャリティー番組『24時間テレビ40 愛は地球を救う 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)ではチャリティーパーソナリティーを務めることになった石原だが、不眠不休でテレビ出演をして [全文を読む]

嵐・結成秘話、メンバー3人がジャニーズを辞めようとしていた

アサジョ / 2017年01月22日10時15分

「バックダンサーのポジションが前のほうになっていき、テレビ出演も増えていった17歳のとき、同じく退所を考えていたJr.と『明日、社長に辞めると言いに行こう』と約束したそうです。その相手こそが二宮和也。彼も辞めたくてしようがなかったそうです」(テレビ番組制作会社幹部) 翌朝、ジャニー喜多川社長の自宅へ向かったが、運悪く不在。家政婦に通されたリビングで、驚きの [全文を読む]

嵐だけじゃない?ジャニーズ全体に漂う「ファン離れ」の危機的兆候

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日07時06分

ポストにつけたものの、そのまま人気やポジションを持続できるかは難しいと思います」(前出・芸能関係者) ファン離れが一気に加速すると、今度はテレビ出演への影響も出てくる。これまでジャニーズタレントは、出演させれば視聴率が取れるといわれていた。だがその伝説も途切れてしまえば、局側もそれ相応の判断を下すことになるだろう。 こうした状況では、ジャニーズ内に「恋愛禁 [全文を読む]

生田斗真「役者人生」の原点は「嵐との確執」にあった!

アサジョ / 2015年07月30日10時00分

テレビ出演は激減していきました。ようやく注目されるようになったのは、07年放送の『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)。そこでの演技力が評価され、08年の『魔王』(TBS)で、ついに自身が落選した嵐の大野智とW主演を果たし、片を並べたんです」(スポーツ紙芸能担当記者)“人気”ではなく、“実力”でつかみとった「役者」という肩書きは、悔 [全文を読む]

キンコン・西野はどこに向かうのか?

NewsCafe / 2015年05月30日17時00分

この時も『芸人とは思えないつまらなさ』『笑えない』などと散々でしたね」 本業のお笑いタレントとしては、レギュラーだった「はねるのトびら」(フジテレビ系)が2012年に終了して以来、テレビ出演は激減。大丈夫なのか? 「レギュラーは関西圏の番組だけのようです。文章力があるので舞台の脚本を手がけたりと、つぶしはききますね。俳優業もいけると思いますよ。昨年夏のドキ [全文を読む]

嵐・二宮和也が自ら明かした衝撃の「ケチケチ伝説」

アサ芸プラス / 2015年05月14日09時58分

メンバーがファンからのお便りに直に答えてくれること、テレビ出演や雑誌取材の際の裏話などを包み隠さず話してくれることなどが、人気を集めている。櫻井翔や松本潤もラジオ番組を持っていたが、2人ともカッコつけたがりの見栄っ張り。理屈っぽくて本音を出せないため、長続きしなかった」 嵐唯一の“ツッコミ役”である二宮が、ぶっちゃけ話を連発するのが「BAY STORM」。 [全文を読む]

「嵐との確執」をバネにした生田斗真の“脱アイドル”人生

アサ芸プラス / 2015年01月16日18時00分

テレビ出演は激減していった。ようやく注目されるようになったのは、07年放送の『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)。そこでの演技力が評価され、08年の『魔王』(TBS)で、ついに自身が落選した嵐の大野智とW主演を果たし、片を並べた」(スポーツ紙芸能担当記者) “人気”ではなく、“実力”でつかみとった「役者」という肩書きは、悔しい思い [全文を読む]

いつの間にか“地味”に!? ジャニーズ「好きな」「嫌いな」ランキング双方圏外だった香取慎吾の現在

日刊サイゾー / 2014年02月26日09時30分

しかし、1年に1作品のペースで務めている連ドラ主演のほか、10年以上MCを務める『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)、おととしに始まった旅バラエティ『おじゃマップ』(フジテレビ系)、20年間レギュラーを務める『笑っていいとも!』(同)、02年以降、司会を務める『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)など、ピンでのテレビ出演の頻度は、中 [全文を読む]

東北魂! サンドウィッチマンが年末年始テレビ出演本数トップ10入り

メンズサイゾー / 2013年01月10日12時00分

国内テレビの放送内容を記録し、調査データとして提供するエム・データが、「2012年~2013年、年末年始のテレビ出演者ランキング」を発表した。調査内容は、2012年12月30日から2013年1月5日までの期間に放送されたキー局全テレビ番組に出演した人物の出演本数だ。発表されたランキングベスト10は以下の通りである。 1位:スギちゃん…25本 1位:松本潤( [全文を読む]

フォーカス