演技力 大島優子に関するニュース

『東京タラレバ娘』大島優子の「ババア演技」に賞賛の声

しらべぇ / 2017年01月19日16時00分

キャストへの違和感は原作ファンの一部から相変わらず寄せられている様子だが、女優陣の演技力へ賞賛の声も集まっている。■大島優子の「BBA演技」が板についていると評判この作品は、30歳を迎え彼氏がいない3人の女子が、「ああだったら」「もう少し~れば」など、タラレバ言いながらも恋に奮闘する物語。吉高由里子、榮倉奈々など演技派で知られる俳優が出演しているが、初回放 [全文を読む]

大島優子、初舞台で“先輩”川栄李奈にライバル心むき出し? 身長の低さがネックとなり「存在感が無い」と指摘する声も

おたぽる / 2015年10月17日12時00分

観客からは「ネットで演技力を酷評されているわりに、悪くない演技だった」と、上々の評価を得ているようだ。 「AKB48出身の後輩・川栄李奈が先月、大島より一足先に『AZUMI 幕末編』で初舞台・初主演を果たし、高い評価を得ていたことや、その川栄から憧れの女優として名前を挙げられているということもあって、今回の舞台にかける大島の意気込みはかなりのものがあったよ [全文を読む]

草なぎ剛と共演すると女優の株が上がる!! 女優を輝かせるMr.アゲチン

messy / 2017年03月20日18時00分

初回から「剛くんの迫力がすごい」「ゾクゾクする」と草なぎの演技力の高さに賞賛の声が上がっていたが、その影で「今回も草なぎマジック発動してる」と話題となっていた。 この“草なぎマジック”とは、「草なぎと共演すると、なぜか女優が通常よりも良く見える」というもの。本ドラマに出演していた水原希子(26)は、これまで『失恋ショコラティエ』(同局)、『心がポキッとね』 [全文を読む]

AKB卒業するぱるる 「女優として武器多い」と中森明夫氏

NEWSポストセブン / 2016年11月12日07時00分

申し訳ありません」などとツイッターでつぶやくなど、演技力の課題も指摘されているが、果たして女優として成功できるのか? アイドル評論家の中森明夫さんが分析する。 * * * 今、ぱるるを応援しているのは主に男性ファンが多いと思いますが、これから女優として活躍するには女性ファンの支持を獲得できるかがカギになります。現在、活躍している女優を見ると、石原さとみさん [全文を読む]

元AKB48・篠田麻里子、今度はディーン・フジオカの元カノ役に! 順調すぎる女優業に疑問の声

日刊サイゾー / 2016年05月13日20時30分

昨年の主演映画『リアル鬼ごっこ』、公開中の映画『テラフォーマーズ』に続き、今年9月に控える中村勘九郎主演舞台『真田十勇士』の3番手に大抜擢されるなど、続々と出演作が決まる篠田だが、ネット上では「なぜ、あの演技力で出られるのか?」「女優として、誰が評価してるの?」と疑問の声が絶えない。 「実際、篠田の演技力は、同じく元AKB48の前田敦子や大島優子にも遠く [全文を読む]

『恋仲』ヒロイン・本田翼、「演技ヘタ&ヤル気もなさそう」なのに業界内で人気のワケ

サイゾーウーマン / 2015年07月18日12時45分

それだけ、業界内に彼女のファンが多いということでしょうね」(広告代理店関係者) 実際、彼女がドラマにキャスティングされる理由は、演技力が評価されてのことではないという。 「演技そのものは、はっきり言ってヘタですよね(苦笑)。セリフ覚えもよくないですし、ヤル気もあるのかどうかわかりません。ただ、彼女が現場にいるといないとでは、雰囲気がまったく違うんです。『安 [全文を読む]

元AKB48・前田敦子が『ど根性ガエル』マドンナ役で連ドラ復帰「大島優子との実力差を見せつける!?」

日刊サイゾー / 2015年05月29日00時00分

ネット上では、「声が小さく、セリフが聞き取りにくい」「演技力がなく、出演者の中でひとりだけ浮いてる」「前田がしゃべると話が止まる」などと悪評が飛び交った。 「前田は、バッシングが相次いだ『あさきゆめみし』以降、逃げるように民放の連ドラから遠のいてしまった。しかし、現在の演技力は大島優子を優に上回るともいわれており、『ど根性ガエル』はその実力を見せつけるチャ [全文を読む]

元AKB48・大島優子ヒロインの『銭の戦争』が“視聴率女王”杏『デート』に逆転勝利、フジ起用女優の明暗

日刊サイゾー / 2015年02月18日20時30分

同作で、草なぎの演技力が再評価されていると同時に、大島にとっても“脱アイドル”に一歩近づいたといえそう」(テレビ誌記者) 一方、同局で放送中の杏主演の“月9”『デート~恋とはどんなものかしら~』が、関係者の期待を裏切る結果となっている。 同作は、杏と長谷川博己が“恋愛力ゼロ”の男女を演じる恋愛コメディ。『鈴木先生』(テレビ東京系)や『リーガル・ハイ』(フジ [全文を読む]

演技力よりも、ビジュアルよりも……女優を目指す大島優子に足りないのは「仁義と礼儀」だった

日刊サイゾー / 2014年01月14日11時00分

昨年大みそかの『第64回NHK紅白歌合戦』で突然卒業を発表したAKB48・大島優子。卒業後は女優として新たな道を切り開いていきたいようだが、見通しは決して明るくない。 その理由についてネット上では、演技面でのキャリア不足やアイドルイメージが強いビジュアル面にあるとささやかれているが、彼女を知る業界関係者は「それ以前の問題だ」とバッサリ。 「この業界で最も重 [全文を読む]

AKB48メンバーのOL姿が好評の「WONDA」CM。7月7日(日)、テレビドラマ化決定!

週プレNEWS / 2013年06月21日04時00分

しかも彼女たちは、演技力に定評のあるメンバーなんです。渡辺麻友、柏木由紀、島崎遥香の3人は深夜ドラマで主演をしていますし、大島優子は月9を始め、数多くのドラマに出演するなど、演技力はAKB随一。小嶋陽菜はバラエティでよく見るようにコミカルな演技をやらせたら抜群。そして注目は篠田麻里子。ほかのメンバーが部下や同僚キャラであるのに対し、彼女は現在27歳。理想 [全文を読む]

元低視聴率俳優・速水もこみち復活!!「誰もが認めるイケメン役」を総ナメ中のなぜ

messy / 2017年02月18日14時00分

奥田演じるもこみちは、ネット上で演技力こそ酷評を浴びているが、その容姿には「ほんっとイケメン」「ハマリ役」と賞賛の声があがっている。 もこみちといえば、2005年放送のKAT-TUN・亀梨和也(30)が主演を務めた『ごくせん』(日本テレビ系)第2シリーズで大ブレイク。しかし、2006年には『レガッタ~君といた永遠~』(テレビ朝日系)にて主演を務めるも平均視 [全文を読む]

大島優子の「女優ブレイク」は絶望的か 関係者が語る致命的な欠陥

しらべぇ / 2017年01月04日07時00分

演技力には定評があり、器用で知られた彼女なのに、一体なぜだろうか?■関係者が語る「大島優子が女優ブレイクしないわけ」しらべぇ取材班は、テレビ業界で働く40代の男性に、彼女がなかなか女優として花を咲かせられない理由を聞いた。「たとえセンターであっても『元AKB』が女優として成功することは、今後もないと言っていいと思います。アイドルグループが女優・俳優を輩出す [全文を読む]

今年は川栄李奈がブレイク! AKB卒業生が「芸能界を席巻する日」

日刊大衆 / 2016年12月12日19時00分

「彼女はAKB時代から、『有吉AKB共和国』(TBS系)で放送された映画『転校生』のパロディで、アイドルらしからぬ抜群の演技力を見せつけ、周りを驚かせたことがあります」(アイドル事情に詳しいライター) 川栄といえば、かつて握手会でファンに襲撃されるという事件もあったが、「その後の総選挙では、ケガも癒えぬ状態ながら、選抜入りが決まると急きょ会場まで駆けつけた [全文を読む]

大島優子の登場とかぶる?オスカー女優の朝ドラ出演に「またゴリ押しか!」

アサ芸プラス / 2016年09月28日09時59分

その意味で必然性の薄かった大島とは異なりますし、ゴリ押しと批判するのは酷ではないでしょうか」 オスカーの若手女優と言えばゴリ押し呼ばわりされがちだが、吉本はまだ19歳ながら、ここ2年ほどは脇役でドラマ経験を積んでおり、演技力も悪くないと評判だ。本人は将来の朝ドラ主演に意欲を見せるが、まずはお手並み拝見といったところだろうか。(金田麻有) [全文を読む]

総選挙の話題はNG!?大島優子の「脱AKB」戦略が露骨すぎる!

アサ芸プラス / 2016年06月12日17時59分

もともと子役出身ということもあり、AKB在籍時から演技力には定評があったが、14年には宮沢りえ主演の映画「紙の月」(松竹)で「第38回日本アカデミー賞」の優秀助演女優賞を獲得するなど、気を吐いてきた。 その一方で、過剰なまでの「脱AKB」戦略には周囲も戸惑いを隠せないという。「つい最近も、舞台『鈴木おさむ劇場 美幸 -アンコンディショナルラブ-』の公開稽古 [全文を読む]

NHKが朝ドラにももクロをゴリ押し!3作品連続でアイドルを優遇か!?

アサ芸プラス / 2016年05月20日05時59分

「大島と川栄はまだ女優としての経験がありましたが、百田にはドラマ出演の経験がなく、演技力は未知数。それどころか2010年公開の『シロメ』はアイドル映画史に残る駄作として有名です。そう考えると百田の起用では知名度と話題性が理由なのは明らかで、これではヒロインオーディションで芳根京子に負けた新進女優たちも納得いかないことでしょう」 その朝ドラは出演へのハードル [全文を読む]

川栄李奈、急激に「可愛くなった」と話題に...朝ドラの好演とバラエティー出演で評価急上昇

メンズサイゾー / 2016年05月07日12時00分

卒業直後に舞台で演技力を鍛えられたのも非常にプラスになっている。このまま実績を積み重ねて演技力が評価されれば、いずれは朝ドラヒロイン抜擢も夢ではないかもしれません」(前同) 苦戦が目立っているAKB卒業組の中で頭一つ抜け出た感のある川栄。その美貌と演技力の高さを武器に、女優としての大成が期待できそうな気配だ。 (文=佐藤勇馬/Yellow Tear Dro [全文を読む]

川栄李奈NHK朝ドラに大抜擢!「元AKBで一番の勝組」で大島・篠田・前田より“格上”に!?

デイリーニュースオンライン / 2015年11月05日16時00分

そのため、今回の朝ドラ出演にも、 「演技力は『ごめんね青春』で立証済み。今後も期待」 「『あずみ』見たけど、ただ者じゃない」 「川栄はおバカだけど可愛い」 「ああゆう辛い事件から立ち直って、この子にはホントに頑張って欲しいと思います」 と好感のコメントが多く見られた。一方で、川栄よりも先にAKBから卒業した前田敦子(24)、大島優子(27)、篠田麻里子(2 [全文を読む]

初舞台主演から初MCまで…飛ぶ鳥を落とす勢いの川栄李奈に、先輩たちから僻みの声? 指原莉乃も驚愕の悪女ぶりを披露!

おたぽる / 2015年10月29日19時00分

演技力に関しては、もともと評価が高かった川栄ですが、『AZUMI』では、多彩なアクションシーンを見事にこなしたことで、役の幅が大きく広がりました。特に、今まで川栄のことを単なるアイドルとして見ていた人からは、驚きの声が上がっているようです。すでに続編『AZUMI 戦国編』での主演続投も決定しています。今月10日から舞台『No.9~不滅の旋律~』に出演し [全文を読む]

「初舞台」「152センチ」対決は川栄李奈に軍配!大島優子が舞台に向かないワケ

アサ芸プラス / 2015年10月28日09時59分

大島の場合は演技力も酷評されているように最近は女優として伸び悩んでいる感がある。川栄から憧れの女優として名前を挙げられていただけに、初舞台の評価が明暗分かれ皮肉な結果となりました」(芸能関係者) ネット上では「川栄みたいに身長と顔立ちのバランスがあればまだ良かったんだろうけど。背が低いとやっぱり幼く見えたりする」「大島は身長が低くくて顔立ちが老けているから [全文を読む]

フォーカス