牛丼 すき家に関するニュース

すき家が強気に出た。1080円の高級弁当に隠された3つの意図

まぐまぐニュース! / 2016年12月06日05時00分

牛丼をメニューに加えた回転ずし店などといった異業態の飲食店に顧客を奪われたり、深夜のワンオペが問題視され評判を落とすなど、近頃は散々だった「すき家」。そんな中、同店は突如1杯1,080円という「黒毛和牛弁当」の販売を始めました。ここに来て「超高級牛丼」を提供する思惑とは? 無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』の著者・安部徹也さん [全文を読む]

ちば合同労組が「すき家ストライキ」決行!その他は通常営業か。

秒刊SUNDAY / 2014年05月29日09時13分

以前からツイッターなどを中心にささやかれていたゼンショーグループの牛丼チェーン「すき家」のストライキだが、本日29日決行される日となった。ネットでは「すき家どうなった?」と心配する声も上がっていたが、多くの店舗では「通常営業」されているようだ。そんな中「ちば合同労働組合」が「ちば合同労組はストに入ります 昨日(2014年05月28日)、団体交渉を申し入れま [全文を読む]

吉野家最強説を裏付ける? 松屋ユーザーの30.6%が、美味いのは「吉野家」と思っている!

AOLニュース / 2013年04月12日18時00分

ネットリサーチのディムスドライブが6,805人を対象にしたアンケート調査によると、この1年間に最も利用した牛丼屋としては、吉野家40.2%、すき家35.8%、松屋17.5%という結果になりました。三社を合わせると93.5%となることから、やはりこの三社が牛丼界のBIG3ということになりそうです。では、どのチェーンが最も美味しいと思われているのでしょうか。 [全文を読む]

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

ファミレスが誕生した黎明期、居酒屋御三家が入れ替わったデフレ期( #1 参照)に続き、牛丼、回転寿司、激安焼き鳥居酒屋など、近年の主戦場の実態に迫る(文中敬称略)。 出典:「文藝春秋」2017年9月号(全2回) 牛丼戦争の勝者―M&A期 牛丼戦争。それは2000年代の外食チェーン業界における最重要事項だ。デフレ期を勝ち抜いた牛丼チェーンは、2000年代の外 [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

回転寿司の「くら寿司」が、“牛丼を超えた『牛丼』(税込み399円)”を販売して話題を呼んでいる。 ネット上では、〈魚介類を使ったダシで牛丼の甘みが増し、クセになりそう〉との声があがるなど評判は上々だが、本家の牛丼専門店では、定番メニューの脇で1000円を超える高価格商品にも力を入れ、新たな顧客ニーズを満たそうという動きが広がっている。 11月17日より10 [全文を読む]

牛丼クレープって新感覚すぎるよ! すき家と女子大生が考案した「フォトジェニックな牛丼」が激しく攻めてるでござる

Pouch[ポーチ] / 2017年07月14日07時45分

牛丼チェーンとオシャレな女子大生。一見、ミスマッチなこの両者がコラボレーションした商品が開発中です。しかもテーマは「フォトジェニックな牛丼」ですと……!? 「すき家」と戸板女子短期大学食物栄養科の女子学生たちが考案したのは「新感覚! 牛丼クレープ」「夏だ!! トコナッツ牛丼」「ベトナム風パクチリタマ牛丼」の3品。 牛丼がクレープに……? たしかにこれは若い [全文を読む]

吉野家VSすき家の新バトル 健康アピール商品の勝者は?

J-CASTニュース / 2017年07月05日07時00分

牛丼チェーンの吉野家は2017年7月3日、食後の血糖値の上昇を緩やかにしたり、糖の吸収を阻害したりする効果が期待できるという、「サラシア牛丼」を全国の店舗で発売した。牛丼と言えば高カロリーながら「ガッツリ食って元気出そうぜ」というサラリーマンに主に支持されてきた。お世辞にも「健康対策」とはあまり縁がなかったが、成長を持続させるために健康アピールに乗り出した [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

■「牛丼=吉野家」その原点に立ち返る 【弘兼】先ほど通ってきたエントランスには、吉野家と並んで讃岐うどん店「はなまる」のロゴが見えました。同じグループだと初めて知りました。うどんやそばに嗜好がある僕ら団塊の世代が年を取るにつれ、そのニーズも高まるのではないでしょうか。 【安部】ええ、まさに。基本的には人口数の多い層の嗜好がマーケットをつくります。団塊の世代 [全文を読む]

吉野家、傘下のはなまるうどん「天ぷら無料」で絶好調…松屋、かつ定食5百円で大人気

Business Journal / 2017年07月29日06時00分

「吉野家」を運営する吉野家HD、「すき家」のゼンショーホールディングス(HD)、「松屋」の松屋フーズの牛丼大手3社は、主力の牛丼店に次ぐ第2の収益源の確立を急いでいる。というのも、主力の牛丼店は飽和状態にあり、出店の余地が限定的だからだ。●店舗数はいずれも横ばい ここで、牛丼業界を簡単に俯瞰してみたい。 牛丼店といえば、多くの人が吉野家を挙げるのではないだ [全文を読む]

疑問噴出のすき家・ヘルシー&こんにゃく麺の「牛麺」を実食!予想に反し激ウマ&満腹だぞ!

Business Journal / 2017年04月08日17時00分

学生やビジネスパーソンの強い味方である、牛丼チェーンのすき家。350円(税込み、以下同)で牛丼並盛が食べられるコストパフォーマンスのよさに、日頃お世話になっている人も多いのではないだろうか。 すき家の2017年3月の営業成績(既存店)を見ると、前年同月比で客数こそ2.4%減だが、売上高は0.2%増、客単価は2.7%増という結果になっている。近年、いわゆる「 [全文を読む]

好調の吉野家、「女性向け牛丼」で追い上げなるか

プレジデントオンライン / 2017年01月04日09時15分

牛丼御三家といえば吉野家を運営する「吉野家ホールディングス」、松屋の「松屋フーズ」、すき家となか卯の「ゼンショー」の3社が挙げられる。それぞれの2016年10月の既存店売上高は、吉野家が前年同月比15.1%増と伸ばし、松屋が4.1%増、すき家は4.7%減だった。 吉野家が好調に見えるが、もともと2015年は牛すき鍋膳などの新メニューが不発で、売り上げはよく [全文を読む]

「すき家」6割の1167店舗で「深夜営業休止」 ワンオペ廃止、スタッフ確保できず

弁護士ドットコムニュース / 2014年09月30日15時05分

過酷な長時間勤務などが批判を集めている牛丼チェーン「すき家」の労働問題で、店舗を運営するゼンショーホールディングスは9月30日、来月から「ワンオペ」(深夜の1人勤務)を廃止し、スタッフを確保できなかった1167店舗で、0時から5時までの深夜営業を一時休止することを発表した。ワンオペをめぐっては、1人ですべての業務に対応せざるをえない過酷さが問題視されてきた [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

2000年以降、度重なる値下げ合戦で顧客を囲い込んできた牛丼チェーン。現在、「吉野家」と「松屋」の280円(並盛り)が標準価格になっているが、「すき家」が12月20日から期間限定で240円に値下げすると発表したことで、業界内に激震が走っている。 「240円という最安値は、もはや他社が追随できないギリギリの価格。牛丼単品の儲けは出なくてもいいという捨て身の作 [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

牛丼チェーン「松屋」などを運営する松屋フーズですが、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんによると、この1年で株価が5~6割も上昇しているそうです。吉野家やすき家といったライバル店と熾烈な競争を繰り広げていると伝えられる中、なぜ松屋だけがこれほど大きく伸びているのでしょう。その答えは「 [全文を読む]

牛めし松屋の参入で「トンカツ戦争」勃発。松乃家vsかつや徹底比較

まぐまぐニュース! / 2016年10月06日05時00分

牛丼チェーンの「松屋」を手がける松屋フーズが、低価格のとんかつチェーン店「松のや(松乃家)」に注力しています。松屋フーズは2004年から始めた新業態「チキン亭」でトンカツの販売を開始。現在は、「松乃家」「松のや」の店名で約100店舗(2016年10月5日現在)を全国で展開しています。無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では、これまで「かつや」(アークラン [全文を読む]

松屋「適正価格」の「プレミアム牛丼」で万年3位脱出なるか

NEWSポストセブン / 2014年07月22日07時00分

2009年より10円刻みの飽くなき“値下げ戦争”を繰り広げてきた牛丼チェーン。 さすがに今年4月の消費税増税後は「吉野家」と「松屋」が値上げし、牛丼並盛りをそれぞれ300円、290円の価格設定にしていたが、最大手の「すき家」がまさかの10円値下げで創業以来最安値の270円とする“奇策”に出たために、価格競争の行方は依然、予断を許さない状況と見られていた。 [全文を読む]

「すき家」の人手不足がストライキ騒動にまで拡大した理由

週プレNEWS / 2014年06月10日11時00分

「5月29日(肉の日)に一斉ストライキを行なおう!」 アルバイト店員たちのこうしたツイートが飛び交い、その動向が注目された、牛丼チェーン「すき家」のストライキ騒動。結果的に、職務をボイコットし、ストを実行したのは、すき家の牛肉を製造するゼンショー傘下のGFF船橋工場にアルバイト勤務する男性ひとりだけであった。 大騒動にならなかったとはいえ、過酷な労働に悲鳴 [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

少し前まで業績低迷に苦しんでいた牛丼チェーン最大手の吉野家と、ハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルド。扱う商品は違えど「安くて、早くて、そこそこ美味しい」という点では共通点の多い両社だが、吉野家が現在復活の兆しを見せ始めているのとは対象的に、マクドナルドはなぜ依然として業績低迷脱出の突破口を見いだせないでいるのか。今回はその差異を生じさせている要因を [全文を読む]

牛丼が奪われるのはいつ? 豚食文化だった中国が牛肉も世界中から“爆買い”

週プレNEWS / 2015年07月14日06時00分

この状況で中豪FTAが発効すれば、日本の買い負けが起こる可能性は十分あると思います」 もしそれが現実になれば、豪州産牛肉を使って牛丼、焼き肉、ハンバーグなどを提供する外食店への影響は必至。 そこで、大手牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーを直撃した。すき家は牛丼チェーンの中で唯一、看板メニューの牛丼に現在も豪州産牛肉を使用している。 ―中豪FTAの影 [全文を読む]

吉野家が久々大ヒットで牛鍋バトル! 価格競争終焉の裏に思惑が?

週プレNEWS / 2014年12月26日06時00分

「元祖焼き牛丼」で飛ぶ鳥を落とす勢いだった「東京チカラめし」が店舗数を23まで縮小させ(ピーク時は140店)、アルバイトが集まらない「すき家」が深夜営業からほぼ撤退するなど、このところの牛丼チェーン業界といえば、お寒いニュースばかり。 そんななかで久々の大ヒットになったのが吉野家の「牛すき鍋膳」だ。牛肉や野菜が鉄鍋に入って登場し、火が消えるまで、目の前でグ [全文を読む]

フォーカス