ビール すき家に関するニュース

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

「吉野家がゆっくり食べられるメニューを出しているのは、会社帰りのサラリーマンの“チョイ飲み需要”も狙い、ビールを注文してもらって客単価を上げようという戦略がミエミエです。 例えば、中華食堂の『日高屋』はキリンの生ビールを安価で提供し、客はまず餃子をつまみに生ビールを1杯、それから食事をする人が増えたために客単価が上がって業績は絶好調。吉野家もそれと同じよ [全文を読む]

2013年、日本人の食費はさらに安くなる?

週プレNEWS / 2012年12月25日17時00分

12年11月、そこにビール業界4位のサッポロビールが参入しました」(井本氏) サッポロが製造したのは、セブン-イレブンのPBブランド「セブンプレミアム」のビール。350ミリリットル缶で198円とほかのメーカー品より1割安い値付けで、11月27日から売り場に並んでいるのだが……。 「サッポロのこの決断に業界は騒然となりました。ビールメーカーにとってビールはプ [全文を読む]

牛丼クレープって新感覚すぎるよ! すき家と女子大生が考案した「フォトジェニックな牛丼」が激しく攻めてるでござる

Pouch[ポーチ] / 2017年07月14日07時45分

ビールを片手にワンハンドで食べられるお手軽さも魅力です。 【夏だ!! トコナッツ牛丼】 ミックスナッツと色とりどりの野菜を使った、ナッツサラダと牛丼を組み合わせたメニュー。 ミックスナッツはマヨネーズ、カレーパウダー、ポン酢で和えてあり、フタを開けるとスパイシーなカレーの香りが。ナッツの歯ごたえとサラダのシャキシャキ感とお肉の組み合わせはカフェ飯感あるかも [全文を読む]

吉野家 「アタマの大盛」「牛重」「コモサラ」地味だが奏功

NEWSポストセブン / 2013年11月13日16時00分

さらに7月にはビールフェアとしてビールを割引、牛皿などとのセット注文をアピールするなど、こまめにさまざまな弾を打ち続けた。 そしてこの秋の攻勢である。まず10月10日に「アタマの大盛」を投入した。ごはんの量は並盛、具の量のみ大盛という、公式には築地一号店のみで注文可能だったメニューを全店展開したものだ。実は吉野家は2011年5月、並盛の具の量を85gから9 [全文を読む]

急拡大する「糖質制限」市場が日本を救う! 3000億円を突破!新市場をこう攻めよ

東洋経済オンライン / 2017年05月08日10時00分

また、大手ビールメーカーでは、アサヒビールが「スタイルフリー」を発売して以来、どこもこぞって糖質ゼロの発泡酒を出しており、すでに定番となっています。 [全文を読む]

富士そばが「ちょい呑み」参戦 ならではの「天ぬき」は格安

NEWSポストセブン / 2015年09月23日16時00分

まずは牛丼業界のライバル、松屋がこの夏、生ビールの提供をスタートさせた。しかも一杯150円。加えて、「牛焼肉定食」「豚キムチ定食」など定食商品のおかず部分を切り分けて、おつまみ牛焼肉、おつまみ豚キムチなど単品の形で提供を始め、生ビールとのセットメニューにも展開した。 「すき家」も松屋同様、既存メニューをいかした、おつまみ展開だ。「きのこペペロンチーノ牛丼」 [全文を読む]

牛丼業界に新顔が参戦! 東京・新橋で話題の「肉めし」の実力とは?

週プレNEWS / 2013年11月20日06時00分

なかには「残業の途中で(具のみの)肉皿(390円)を買いにきて、自分のデスクで缶ビール飲みながらつまむ」という楽しみ方をしている人も。 現在の客層の男女比は9対1。土地柄もあって30、40代のサラリーマンが中心層だが、土日には肉めしを食べるためだけに、新橋へやって来る学生客もいるとか。 とんかつ専門店「かつや」の経営母体・アークランドサービスのグループ会社 [全文を読む]

とあるマニアのとんでもスケジュール表(5)~サッカー日本代表マニア・ちょんまげ隊長ツン

週プレNEWS / 2013年08月12日15時00分

宴会ビールドリンク(40R$)。Ambassy Hotel宿泊(160R$) ●21日 体調不良で一日安静。AmbassyHotel宿泊(160R$) ●22日 ゲーターレード(45R$)。日本×メキシコ戦カテゴリー3チケット購入(60米ドル)。送迎バスで市内からスタジアムへ(無料)。スタジアムでドリンク(6R$)。デモに巻き込まれ夕食のピザ&ドリンク(1 [全文を読む]

フォーカス