メガ すき家に関するニュース

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

CMで芸能人が一家を演じる「牛丼家族」そのままに、すき家は家族層へ向けたマーケティングやトッピングの豊富さ、ミニからメガまで選べる選択肢の広さ、そして牛丼再発売後にも圧倒的な低価格化を実現させ、店舗数を爆発的に増やしていく。2004年度の決算では、連結売上高でゼンショーが初めて吉野家を抜き、業界トップに立った。 その背景にあるのが積極的なM&Aである。2 [全文を読む]

すき家の「カレー南蛮牛丼」限定復活! 「おんたま付きカレー」も特別価格に

マイナビニュース / 2017年09月21日12時41分

価格は、ミニ430円、並盛490円、中盛610円、大盛610円、特盛720円、メガ870円となる。 また、人気のトッピングが1度に味わえる「牛あいがけチーズカレー おんたま付き」も同時発売する。通常トッピング830円(並盛)のところ、40円お得な790円(並盛)で販売する。その他のサイズの価格は、ミニ730円、大盛900円、メガ1,010円となる。全国の「 [全文を読む]

すき家、2013年の人気丼「カレー南蛮牛丼」が復活!かつおと昆布の“和風だし”が決め手

えん食べ / 2017年09月21日09時30分

ミニ、中盛、大盛、特盛、メガも用意されます。 カレー南蛮牛丼は、2013年に発売され好評だったメニュー。かつおと昆布がベースのだしに長ねぎ、ニンジン、油あげが入ったカレー南蛮を、牛丼にかけて仕上げられています。程よくとろみのきいたカレー南蛮は、和風だしの豊かな風味で牛肉とよく絡むそう。販売期間は10月中旬までの予定。 また、同時に『デラックスカレー』第1弾 [全文を読む]

すき家の「カレー南蛮牛丼」が期間限定で復活! 2013年以来4年ぶり

J-CASTトレンド / 2017年09月20日16時52分

価格は、ミニ430円、並盛490円、中盛・大盛ともに610円、特盛720円、メガ870円。 また同日より、人気のトッピングが一度に味わえるカレー「牛あいがけチーズカレー おんたま付き」も発売される。 価格は、ミニ730円、並盛790円、大盛900円、メガ900円。 [全文を読む]

すき家のキムチ牛丼が20歳に!「ねぎキムチ牛丼」に進化

Walkerplus / 2017年03月10日19時32分

牛丼チェーン「すき家」は、「ねぎキムチ牛丼」(並盛470円、ミニ410円、中盛590円、大盛590円、特盛700円、メガ850円)を3月15日(水)から全1964店舗で販売する。 トッピング牛丼の元祖である「キムチ牛丼」は、1997年に発売。ロングセラー商品として人気で、今年で20歳となった。節目の年を迎え、「キムチ牛丼」は「ねぎキムチ牛丼」となり、新た [全文を読む]

すき家“牛丼40円引き”--「並盛240円」など、お得なクリスマスセール開催

えん食べ / 2013年12月19日08時10分

値引き後の単品価格は、ミニが190円、並盛が240円、中盛と大盛が340円、特盛が440円、メガが570円。 また、同セール期間中は、牛丼やカレーなどのメイン商品を1品注文するごとに、スクラッチカード1枚がもらえる。賞品として、「黒毛和牛1kg」などが計301万6,000人にプレゼントされるそうだ。 なお、「牛丼ライト」「牛皿」「牛皿定食」は値引きの対象外 [全文を読む]

一度食べたらクセになる!? すき家が「カレー南蛮牛丼」を発売

えん食べ / 2013年02月21日13時00分

価格は、ミニ350円、並400円、中盛500円、大盛500円、特盛600円、メガ730円。 [全文を読む]

イオン、無印良品…増税でも値段据え置きのお得な14店

WEB女性自身 / 2014年03月27日07時00分

他サイズのメガ、特盛、大盛、中盛、ミニについては、現在対応を検討中。 【天丼てんや】ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」も運営するロイヤルホールディングス傘下の天丼チェーン。「天丼」の並盛(500円)、大盛(600円)、小盛(450円)の価格を据え置く。 【はなまるうどん】セルフ式の讃岐うどんチェーン。全メニュー総額表示で価格を据え置く。3月25日より期 [全文を読む]

ワンコインで大満足できる“超B級サラメシ”

週プレNEWS / 2013年03月22日13時00分

牛丼チェーンのすき家なら、230円の「牛丼ミニ」と260円のからあげ(10個)」のコンボで「メガからあげ牛丼」が完成する。腹が満たされるだけでなく、見た目のインパクトもあり、肉好きなら満足できること間違いない。 続いて、ラーメンではどうか。お店で食べるのは難しいため、カップラーメンで工夫すれば、2個買ってもお釣りがくる。そこで、麺が多めの「でかまる バリシ [全文を読む]

フォーカス