冷凍 すき家に関するニュース

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

そして値上げをして、一部にフリーズドライという研究中の、いわば乾燥冷凍加工肉を使うようになった。それで味が落ちて、それまでのお客様が離れてしまったのです。 【弘兼】吉野家のキャッチフレーズである、「うまい」「やすい」「はやい」のうち、先の2つが崩れてしまった。 【安部】簡単に言えばそういうことです。私が吉野家に入った最初の8年間は、イケイケの成長一辺倒、そ [全文を読む]

キニナル! ○○風ワンプレートなら手抜きでも豪華ごはんに変身【パパママの本音調査】

Woman.excite / 2016年11月07日20時00分

Q.いそがしい時の手抜きごはん、どうしてる?1.缶詰や乾麺などを利用した即席調理 29.9%2.レトルト食品・冷凍食品 39.1%3.出前・デリバリー 10.1%4.その他 17.9%5.特にない 3.1%最も多いのがレトルト食品・冷凍食品を使ったごはんに。最近ではおいしい増えてきているので、いちから作ったものより子どもの人気メニューになることも。手抜きだ [全文を読む]

牛丼が奪われるのはいつ? 豚食文化だった中国が牛肉も世界中から“爆買い”

週プレNEWS / 2015年07月14日06時00分

豪州産は日本が1年間で輸入する牛肉全体の6割を占めるが、今年1月に発効した日豪経済連携協定(EPA)では牛肉関税率が最終的に冷蔵肉23・5%、冷凍肉19・5%にとどまる。 また、日本はほとんどの場合、ロースやバラ肉といった必要な部位だけを調達して輸入するが、中国は牛を一頭丸ごと輸入する。オーストラリアにとっては、他の部位が売れ残るリスクがなく、加工が不要で [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

ところが7月に使用する牛肉を冷凍肉からチルド肉に切り替えた「プレミアム牛めし」を発売。「究極の牛めし」「社運をかける」という緑川源治社長は意気込んだ。ちなみに現場のスタッフからは「確かに好評だけど、きちんと作ると牛めしだけでこれまでの何倍も手がかかる。正直、現場の負担は増えるばかり」との声も聞こえてくる。 吉野家は今年4月、味の改善を狙って、牛肉のカット厚 [全文を読む]

松屋「プレミアム牛めし」で“脱・安売りバトル”の火蓋が切られた!

週プレNEWS / 2014年07月31日06時00分

従来、同チェーンの「牛めし」は冷凍肉を使用していたのだが、新商品ではうま味と柔らかさに勝るチルド(低温冷蔵)肉へと変更。そして材料を煮込むタレも新たに開発した。値段は牛めしが290円(並盛。以下同様)だったのに対し、なんと大幅90円アップの380円。将来的にはチェーン全店で、牛めしからプレミアム牛めしへの完全切り替えを行なう予定だ。 しかし、松屋は4月の [全文を読む]

フォーカス