吉野家 すき家に関するニュース

吉野家最強説を裏付ける? 松屋ユーザーの30.6%が、美味いのは「吉野家」と思っている!

AOLニュース / 2013年04月12日18時00分

恰幅の良い若い男性が集まると決まって盛り上がる話題が、「吉野家、松屋、すき家のうち、どれが最も美味しいか?」というもの。「吉野家がうまい」と言う人は、保守派で伝統を重んじ、巨人ファンが多いと思っています(偏見)。ちなみに、店舗数では、すき家が1,913店舗、吉野家は1,192店舗、松屋が1,043店舗(いずれもオフィシャルサイトより、2013年3月現在)。 [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

牛丼各チェーンは消費者から「味の吉野家、種類の松屋、価格のすき家」というイメージを持たれてきた。消費者を対象にした過去の調査も、そうした各チェーンの傾向に沿った結果が出ていたし、各チェーンのトップもそのイメージに重なる経営思想を持っていた。 ところが今年、各チェーンの目指す行き先と世間のイメージとに齟齬が生じ始めた。 この7月「松屋」が「牛丼の味」にこだわ [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

少し前まで業績低迷に苦しんでいた牛丼チェーン最大手の吉野家と、ハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルド。扱う商品は違えど「安くて、早くて、そこそこ美味しい」という点では共通点の多い両社だが、吉野家が現在復活の兆しを見せ始めているのとは対象的に、マクドナルドはなぜ依然として業績低迷脱出の突破口を見いだせないでいるのか。今回はその差異を生じさせている要因を [全文を読む]

吉野家でもバイトテロ?全く関係ないデマが拡散し非難相次ぐ

秒刊SUNDAY / 2013年08月29日22時41分

吉野家の従業員が洗浄器に入って遊んでいるというまたもや「バイトテロ」か?と思わせるような写真が拡散している。しかし良く見ると実はこちらの写真は以前、吉野家とは全く別の蕎麦屋の従業員が起こした騒ぎだった。つまり全く関係の無い写真をあたかも「吉野家」などと偽り拡散させるという新たなテロ行為が流行っており今後も増加する恐れがある。是非ともデマに惑わされず注意して [全文を読む]

吉野家「ミスター牛丼」、なぜ鮮やかな退任?熾烈競争、重なる危機を乗り越えた不格好経営

Business Journal / 2014年06月04日01時00分

吉野家ホールディングス(HD)は5月22日、今年9月1日付で事業子会社、吉野家取締役の河村泰貴氏が同社社長に昇格し、安部修仁社長は退任すると発表した。安部氏は吉野家HDの取締役も退任する。 安部氏は吉野家のアルバイトからトップに上り詰めた叩き上げの経営者。1980年に倒産した吉野家の再建を主導し、91年に42歳の若さで同社社長に就任。以降、22年間にわたり [全文を読む]

吉野家 「アタマの大盛」「牛重」「コモサラ」地味だが奏功

NEWSポストセブン / 2013年11月13日16時00分

しのぎを削るファストフード業界で、大手牛丼チェーン「吉野家」の反攻が注目を集めている。派手さはないが、コツコツと売り上げるたてる作戦が功を奏しているようだ。食文化に詳しい編集ライターの松浦達也氏が解説する。 * * * 最近、吉野家ホールディングス(HD)の地味な戦略展開から目が離せない。いや、「地味」だとクサしているわけではない。コツコツと「地味」な展開 [全文を読む]

~牛丼チェーンの5000人アンケート~ よく行く牛丼チェーンは1位すき家、2位吉野家、3位松屋! 一方、牛丼チェーンに行かない人は女性50%、男性25%!

PR TIMES / 2013年07月24日17時31分

◆男性に人気の「吉野家」、男女ともに選ばれる「すき家」、一方「行かない」人は41% よく行く牛丼チェーンについて聞いたところ、1位「すき家」37%、2位「吉野家」35%、3位「松屋」19%となり、「行かない」も41%を占めました。男女別にみると、女性は、1位「すき家」34%、2位「吉野家」27%、3位「松屋」13%となり、「行かない」も50%となりましたが [全文を読む]

「すき家」の人手不足がストライキ騒動にまで拡大した理由

週プレNEWS / 2014年06月10日11時00分

しかし、牛鍋系のメニューは吉野家や松屋に追随する形で販売されたもの。なぜ、すき家の店員だけ“パンク”してしまったのか? 「すき家は深夜1時から朝7時までの営業をアルバイトひとりがすべて担う“ワンオペレーション(ワンオペ)”体制の店が多いんです。終電直後や朝の通勤時間は会社員や建設作業員が押し寄せますし、客が少ない時間帯も、店内の清掃から在庫確認、仕込み、 [全文を読む]

吉野家 「うまい」支えた往時の牛丼管理技術を取り戻せるか

NEWSポストセブン / 2013年05月05日16時00分

牛丼の吉野家が、4月に価格をライバル店と同じレベルに引き下げた。牛丼戦争再び。そこで気になるのが味はどうなるのか。熱烈な吉野家ファンを代表して、食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が語る。 * * * チェーンの牛丼といえば吉野家である。僕にとって他の選択肢はない。その吉野家がこの4月、牛丼の価格を引き下げ、これまで380円だった並盛の価格を、ライバル [全文を読む]

「チカラめし」「すた丼」台頭で牛丼御三家の一角崩れるか

NEWSポストセブン / 2012年08月05日07時00分

長く業界を牽引してきた『吉野家』『松屋』『すき家』の“御三家”に真っ向勝負を挑む、『東京チカラめし』『伝説のすた丼屋』などの新勢力が現れたからだ。 今、これほどまでに牛丼業界に変化が起きている理由は何だろうか。外食業界に詳しいジャーナリスト・中村芳平氏の話。 「吉野家が20年ぶりに社長を変えましたが、これが非常に象徴的な出来事でした。これまでのやり方では難 [全文を読む]

好調の吉野家、「女性向け牛丼」で追い上げなるか

プレジデントオンライン / 2017年01月04日09時15分

牛丼御三家といえば吉野家を運営する「吉野家ホールディングス」、松屋の「松屋フーズ」、すき家となか卯の「ゼンショー」の3社が挙げられる。それぞれの2016年10月の既存店売上高は、吉野家が前年同月比15.1%増と伸ばし、松屋が4.1%増、すき家は4.7%減だった。 吉野家が好調に見えるが、もともと2015年は牛すき鍋膳などの新メニューが不発で、売り上げはよく [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

現在、「吉野家」と「松屋」の280円(並盛り)が標準価格になっているが、「すき家」が12月20日から期間限定で240円に値下げすると発表したことで、業界内に激震が走っている。 「240円という最安値は、もはや他社が追随できないギリギリの価格。牛丼単品の儲けは出なくてもいいという捨て身の作戦を取ったのだろうが、逆に牛丼1杯の値段はその程度のレベルだと売る側が [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

すき家のライバル、「吉野家」も、すでに国会議事堂店と羽田空港国際ターミナルビル店の店舗限定で1240円の『牛重』を出して、普段あまり牛丼を食べないシニア層の注文を伸ばしている。 デフレ回帰、輸入牛肉の価格低下といった経営環境を考えれば、牛丼チェーンは再び“低価格競争”に突入してもおかしくないのだが、いまは様子見といったところ。一体なぜなのか。外食ジャーナ [全文を読む]

吉野家「松茸牛丼」vsすき家「アボカド牛丼」秋の新作牛丼対決

しらべぇ / 2016年09月16日06時30分

吉野家「築地一号店」が築地場外市場の移転により閉店する。そこで、松茸の初セリがあった際に販売していた「松茸牛丼」が50数年の時を超え、9月15日から期間・数量限定で復活することとなった。季節は食欲の秋。吉野家の「松茸牛丼」と同時期に発売されたすき家の「アボカド牛丼」による秋の新作牛丼対決をしらべぇ取材班が独自に行ってみた。■吉野家「松茸牛丼」を実食発売当日 [全文を読む]

牛丼チェーン 人員確保の目処立たなければ低価格路線修正も

NEWSポストセブン / 2014年10月09日11時00分

1972年に24時間営業を開始した業界2位の吉野家も利用客の需要が少ない店舗の深夜営業は減らす傾向にある(吉野家広報担当は「人手不足が原因ではない」と説明)。 唯一全店24時間営業(ショッピングモールなどの店舗を除く)を続ける松屋は高価格路線に舵を切った。7月からの「プレミアム牛めし」(380円)発売に伴って、導入店舗では従来の「牛めし」(290円)の販売 [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

牛丼大手3社の値段(並盛)は吉野家、すき家、松屋が280円。低価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼンショーグループの「すき家」に一本化する。 なか卯は牛丼以外の丼物やうどんに集中。牛丼に代わり、新たに「牛すき丼」を全店で売り出した。価格は並盛で350円とこれまでの牛丼より60円高く、高価格設定で収益力を高める。 ゼンショーHDの14年 [全文を読む]

「すき家ストライキ」騒動の真相は? 千葉の労組「店舗ではなく工場で一人が決行」

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月29日17時59分

さらに、「すき家は吉野家と比べても労働環境が悪く、限界に達している。店長以下が契約社員のケースも多く、奴隷状態になっている。今回は工場でのストだが、店舗の従業員からも問い合わせが来ている。今回のことはあくまで始まりにすぎず、今後、さらに店舗閉鎖が起きるのではないか。団体交渉を粘り強くおこないたい」と語っている。 [全文を読む]

あの牛丼チェーン店員が爆睡姿を晒されるも「そっとしておいてやれ」の声

東京ブレイキングニュース / 2014年04月25日16時00分

ライバル社・吉野家に対抗した「牛すき鍋定食」「とろ~りチーズカレー鍋定食」「野菜たっぷり牛ちり鍋定食」の調理工程が過酷過ぎると、バイトスタッフらによる"同時退職クーデター"を受けた大手牛丼チェーンの「すき家」。現在では人員確保が困難な時間帯に掲げられた「パワーアップ工事」と称する一時閉店が話題となるなど、踏んだり蹴ったりの状態に陥っている。 残されたアル [全文を読む]

牛丼業界、不毛な価格競争&疲弊の戦犯は、「リーダー」すき家である

Business Journal / 2015年10月13日06時00分

すき家は、9月29日~10月8日の期間限定(後に10月22日までに延長)で、牛丼並盛を350円(税込み価格、以下同)から290円に、吉野家も西日本限定で10月1日~7日の1週間、牛丼並盛を380円から300円に値下げした。松屋も、10月15日~22日の1週間限定で、380円のプレミアム牛めし並盛を330円で販売する。 一時、牛丼はデフレの象徴として激しい [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム牛めしを発売。店舗の来客傾向などによってノーマルとプレミアム、ふたつの牛めしを店ごとに使い分けるようになり、 [全文を読む]

フォーカス