163 大谷翔平に関するニュース

日ハムGM「大谷は現時点で投手より打者としての完成度高い」

NEWSポストセブン / 2012年10月30日16時00分

163キロを目標にしよう」 佐々木がそう大谷に伝えた時、既に大谷はウエイトルームの壁に「163キロ」の目標を紙に書いて貼っていたという。 高校生最速となる160キロを達成したのは、今夏の岩手大会準決勝だった。それまで甲子園に2度出場し、1勝も挙げられていない投手がドラフトの行方を左右するほど注目を集めたのは、この記録達成があったからに他ならない。 しかし、 [全文を読む]

打者・大谷翔平がソフトバンク投手陣をカモにできる理由

NEWSポストセブン / 2016年08月29日07時00分

投げては6月5日の巨人戦で日本球界最速となる163キロを叩き出し、8勝4敗、防御率2.02という好成績。打っては打率3割4分3厘、ホームラン19本、51打点(8月24日現在)をマークし、例外規定(※)での首位打者も視野に入ってきた。 【※規定打席に満たない場合は不足分の打席を凡打として加算し、算出された打率が規定打席到達者の打率1位を上回れば、未到達でも首 [全文を読む]

160キロの球投げた史上最速球児 163キロが目標だったと監督

NEWSポストセブン / 2012年07月30日16時00分

「本当は160キロではなく163キロを目標にしよう、と大谷とは話していたんです。目標設定の仕方として、OBである菊池雄星(現西武)のような投手になりたいと思っていたら、雄星を超えることはできない。160キロを出したいと思っていたら、158キロにしか届かない。だからこそ、あえて3キロプラスしろとね」 163キロといえば、クルーン(元巨人ほか)の持つ日本プロ [全文を読む]

阪神・藤川球児の「火の玉ストレート」誕生秘話

NEWSポストセブン / 2016年08月26日07時00分

163キロを投げる大谷翔平君(日ハム、2013年~)にしても、球速は十分でもストレート自体の伸びや制球力が甘い。もう少し手首で引っぱたくイメージで投げると、もっと素晴らしい投手になる」 コントロールの重要性は350勝投手・米田哲也氏も指摘する。稲尾和久(西鉄、1956~1969年、通算276勝)のスライダーを絶賛した米田氏は、スピードとコントロールの調和を [全文を読む]

山田哲人VS大谷翔平 セ・パ「超人ツートップ」全方位バトル!(1)進化する大谷の二刀流

アサ芸プラス / 2016年07月24日09時56分

開幕当初は100キロ以上に巨大化した肉体とこれまでのイメージにズレが生じ、投球では苦労しましたが」 自身が昨年の球宴でマークした日本最速163キロを、今季はシーズン中に連発しているが、「まだ余裕がある。本気で狙えば165キロは突破する」という声もあるほどだ。 [全文を読む]

160キロ記録の大谷翔平に村田兆治氏が球速アップのアドバイス

NEWSポストセブン / 2014年07月17日07時00分

ファンは前人未到の163キロを記録するのを期待している。 ※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号 [全文を読む]

中日権藤コーチ 155km/h出す菊池雄星が打たれる理由解説

NEWSポストセブン / 2012年08月18日07時00分

これが160キロ投手を育てるただひとつの途です」 ※週刊ポスト2012年8月31日号 【関連ニュース】160キロの球投げた史上最速球児 163キロが目標だったと監督NYメッツスカウト 花巻東高校に菊池雄星以上の逸材を発見プロ野球スカウト「投手に球速求めない。感謝の気持ち大事」中日権藤コーチ 山本昌を「アイツは化け物。汗かく農耕馬」中日・権藤投手コーチ 「落 [全文を読む]

フォーカス