西内まりや 草なぎ剛に関するニュース

月9主演は西内まりやに決定! ショボすぎるフジ1月期の連ドラ……草なぎ剛が“救世主”になるか?

日刊サイゾー / 2016年12月20日13時00分

タイトルは『突然ですが、明日結婚します』で、主演は西内まりや。準主役となる相手役は、ロックバンド「flumpool」ボーカル・山村隆太。 西内が地上波ドラマで主演を務めるのは、2013年7月期の深夜ドラマ『山田くんと7人の魔女』(フジテレビ系)、昨年7月期『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)に続き3度目だが、ゴールデン帯では初。片や、山村はまったくのド素人 [全文を読む]

2016年1月に放送されたテレビ出演者の独自ランキングを発表/テレビ番組と芸能人(タレント・有名人)の人気度・口コミなどが満載の次世代TVメディア「TVRider(テレビライダー)」

DreamNews / 2016年02月18日11時00分

・アイドル部門 https://tvrider.jp/cast/ranking/idol? 1位 中居正弘(SMAP) 2位 木村拓哉(SMAP) 3位 二宮和成(嵐) 4位 草なぎ剛(SMAP) 5位 櫻井翔(嵐) ・タレント部門 https://tvrider.jp/cast/ranking/talent? 1位 ベッキー 2位 黒柳徹子 3位 坂上 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】SMAPが“初めて夢中になったアーティスト”の企画で異変。中居正広が涙ぐんだワケ。

TechinsightJapan / 2015年02月22日20時25分

番組案内役の西内まりや、福井慶仁アナウンサーは国民的アイドルを目の前にしてドキドキしているようだ。そんな2人を逆にSMAPがフォローするようにトークが進む中で、“SMAPが初めて夢中になったアーティスト”とその楽曲を公表した。■SMAPが初めて夢中になったアーティスト(及び楽曲と発売年)木村拓哉:久保田利伸『Oh, What A Night!』(1988年 [全文を読む]

木村拓哉ドラマはネットでは草なぎ剛、吉高由里子、西内まりやに完敗だった!

アサジョ / 2017年03月01日18時14分

好調な数字を続ける同ドラマだが、ネット上での話題性はSMAPの同僚だった草なぎ剛の「嘘の戦争」(フジテレビ系)に負けており、吉高由里子や西内まりやにさえ及ばないというのだ。テレビ誌のライターが解説する。「ドラマの注目度を示す指標の一つが、番組公式ツイッターのフォロワー数です。これが『A LIFE』では3万5000人台に留まり、『嘘の戦争』の4万4000人に [全文を読む]

フジ凋落象徴「3姉妹」…1月ドラマ雑感(下)

NewsCafe / 2017年01月30日11時00分

西内まりや(23)主演『突然ですが、明日結婚します』で8・5%、香里奈(32)主演『嫌われる勇気』で8・1%、小雪(39)主演『大貧乏』で7・7%でした」 デスク「う~ん、その主演女優3人がフジ凋落象徴の3姉妹ってか…。で、順番から言うと『突然-』か。これ、悪くなかったよ。画質感が映画チックっていうか、月9ドラマ観察っていう悪意の先入観を途中から忘れて真剣 [全文を読む]

フジテレビ凋落なぜ止まらず?期待の新番組が”4%台連発”の大惨事

デイリーニュースオンライン / 2017年01月20日09時45分

西内まりや(23)とflumpoolの山村隆太(31)がタッグを組むラブストーリーだが、反応はイマイチ。16日にはキスシーン付きの予告動画も発表されたが「爆死確実」「見ませんので好きにしてください」と期待感が薄い。 「月9枠は近年ヒット作に恵まれず、視聴率は下降の一途をたどっている。今回も竹野内豊(46)や瑛太(34)に逃げられた。初回が23日スタートと、 [全文を読む]

『真田丸』『逃げ恥』を越える名作は生まれるか!?お薦めしたい2017年冬(1月期)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年01月12日14時15分

専業主婦を夢見る主人公「高梨あすか」を西内まりやさん、そして相手役となる「名波竜」を、なんと大人気ロックバンド「flumpool」のボーカル、山村隆太さんが演じる事でも話題となっています。結婚願望ありありの女と、結婚は女性の逃げ場とさげすむ「結婚は絶対にしたくない派」の男。結婚に対する価値観が全く違う二人の恋の行方が気になる同作。要チェックです。 嘘の戦 [全文を読む]

木村拓哉の正念場。「ヒロイン=竹内結子」決定が、綾瀬はるかや広瀬すずより余程良い理由

messy / 2016年11月03日19時00分

これまで、木村拓哉が数々の女優に共演を忌避されたという報道もあり、そこには綾瀬はるか、吉高由里子、波瑠、満島ひかり、長澤まさみ、石原さとみ、北川景子、土屋太凰、広瀬すず、西内まりや、高畑充希らの名前が上がっていた。しかしそうした「キムタクNG」が本当にあったかどうかはわからない。そもそも、上記どの女優よりも、竹内はこの枠のメインキャストとして相応しいのでは [全文を読む]

フォーカス