真実 松本潤に関するニュース

松潤ドラマが伏線? 衝撃のKinKiドラマ『ぼくらの勇気』で嵐と再会

Woman.excite / 2017年07月20日21時00分

事実に気付いたヤマトとタケルたちは、真実を問うべく戦いを挑むが、抵抗もむなしく抑圧されてしまう。そこで彼らは人工衛星の破片を分け合い、「20年後、俺たちでまたこの場所に集まろう」と誓い合う。今回のSPドラマでは、そんな20年後の再会が描かれるというワケだ。■嵐・相葉雅紀&松本潤、小原裕貴もまさかの出演決定! SPドラマの放送が決定した時点では、KinKi [全文を読む]

嵐にドラマは無理?松本潤『99.9』続編にかかるグループ健在の証し

デイリーニュースオンライン / 2017年06月12日11時50分

とはいえ、同作でひたすら隠された真実を追い求めた深山に対し、実際の松本は真実をひたすら必死に覆い隠している。深山という役柄は松本の当たり役になったが、なんとも滑稽なコントラストが出来あがっており、来年の放送時もイジられるのは必至です」(前出・関係者) 新生『99.9』は、再び視聴者の支持を受けて高視聴率を記録するのか。それともスキャンダルの余波で失速するの [全文を読む]

松本潤主演『99.9』最終話に向けてーー事件に隠された“0.1%の真実”は解明されるのか

リアルサウンド / 2016年06月19日06時00分

『99.9 刑事専門弁護士』の第9話は、大手鉄道グループの会長宅で起きた殺人事件を軸に、遺産相続をめぐる一族の争いが潜んでいるという、クラシカルなミステリー作品になっていた。もちろん作り手側もそれを意識してか、劇中には『犬神家の一族』を彷彿とさせる水面から足だけが出た写真が登場したり、『獄門島』を思い出させるヌエの鳴き声など、ミステリーの金字塔である横溝正 [全文を読む]

松本潤主演『99.9』、殺人犯に仕立てられた主人公はどう戦う? 『金田一少年』に通じる要素も

リアルサウンド / 2016年06月12日08時00分

検察官から情報を聞き出し、それを接見に訪れた佐田(香川照之)や立花(榮倉奈々)に調査させることによって、是が非でも真実に辿り着こうとする。たしかにこちらの方が、ドラマチック過ぎずに現実的な流れに見える。 不起訴にしようとする佐田に対して、それでは事件関係者として情報を得られないからと起訴されることを望む深山。有罪率99.9%の残り0.1%を、自分の弁護士生 [全文を読む]

松本潤主演『99.9』、演出家の違いでドラマはどう変化した? 「0.1%の真実」の描き方

リアルサウンド / 2016年05月15日10時52分

『99.9 刑事専門弁護士』の第4話は、深山(松本潤)と佐田(香川照之)の二人が依頼人と接見している場面から始まる。その依頼人が将来有望な研究者であるからか、企業法務のスペシャリストでもある佐田はやる気満々な様子が伺える。依頼人は酩酊状態で記憶をなくし、一緒に飲んでいた元同僚の女性から強制わいせつ罪で告訴されたのである。裁判か示談のどちらがいいか提案をする [全文を読む]

嵐・松本潤主演『99.9』は法廷ドラマの名作となるか? 好調な滑り出しの第1話を検証

リアルサウンド / 2016年04月24日06時10分

彼のモットーは、依頼人の利益よりも真実を追求すること。タイトルにもなっているように、刑事事件は起訴されれば99.9%が有罪となり、裁判所も検察側の敷いたシナリオの確認するに留まるのであって、弁護士の仕事といえば少しでも酌量の余地を探して、刑罰を軽くすることを狙うのがほとんどである。それを踏まえると、全然弁護士らしくなのだけれど、どことなくドラマ的な設定で、 [全文を読む]

木村文乃に北川景子…ジャニーズ御用達女優の絶対条件とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年06月13日12時23分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

嵐・松本潤のCM発表会で騒然?”声がけ禁止令”で怒号飛び交う

デイリーニュースオンライン / 2017年03月25日12時38分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

キーワードはセクシー女優?嵐・松本潤が参加する”怪しい飲み会”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月13日11時40分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

嵐のイメージを覆す大英断?相葉雅紀が”月9”主演に至った舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月13日09時23分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

ジャニーズの幹部も激怒?嵐・松本潤&葵つかさ“二股報道”の代償

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日07時05分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

嵐・松本潤、『99.9』から『ナラタージュ』へ ヒット作を生み出す役者としての姿勢

リアルサウンド / 2016年12月26日08時00分

物欲はありませんが、深山の自宅アイテムに対するこだわりだとか、“マイ調味料”など、膨らんでいくものは進めながら、取り入れていきます」(出展:ORICON BiZ online) 他にも、『99.9-刑事専門弁護士-』のドキュメンタリー番組『完全密着30日もうひとつの真実 「99 9 刑事専門弁護士」 』(TBS系)の中では、カメラワークについてや、深山大翔 [全文を読む]

松本潤が要望?嵐とキスマイが”派閥”を越えた共演の可能性

デイリーニュースオンライン / 2016年11月11日08時08分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

松本潤主演『99.9』第7話は“ミステリー”から“サスペンス”へ 斑目法律事務所はどう結託したか

リアルサウンド / 2016年06月05日10時13分

参考:大野智の“不自然な演技”はコメディ向き!? ベッドルームの駆け引き描いた『セカムズ』第7話の衝撃 主人公たちが、事件について捜査していくうちに真実に辿り着くという流れは共通していても、視聴者がその真実を知っているかいないかでは、ドラマのジャンルとしての意味合いが変わってくる。これまでのように、最後に明かされる真犯人に辿り着くまで、推理していくやり方は [全文を読む]

松本潤が「女性のほうが強いんじゃないかな」と語る理由

WEB女性自身 / 2016年05月30日06時00分

松本自身もすべての真実を知りたいだろうか。 「知りたいと思うのは、欲求だと思うんですよね。追求したいという欲求。それは好奇心や探究心からきているものかもしれないし。僕にもそういう欲求はあると思いますよ。人と比べられないから、どの程度強いかはわからないですけど(笑)。でも、その欲が自分を動かす潤滑油的な役割になっているんじゃないかと思っています」 事実に向 [全文を読む]

松本潤主演『99.9』、シリーズ初の前後編に キャラクターを深掘りした「前話」を振り返る

リアルサウンド / 2016年05月22日06時10分

(参照:松本潤主演『99.9』、演出家の違いでドラマはどう変化した? 「0.1%の真実」の描き方) 『99.9 刑事専門弁護士』第5話は、冒頭から相棒のパラリーガル・明石(片桐仁)の20度目ぐらいとなる司法試験の結果発表に出向く深山(松本潤)、好きなプロレス選手のイベントでにこやかな表情を見せる立花(榮倉奈々)。そして海外留学中だった娘を空港まで迎えに行く [全文を読む]

小栗旬とも演技論を展開!「99.9」の高視聴率を支える嵐・松本潤の“熱い思い”

アサジョ / 2016年05月11日17時59分

「ファンの間では、松本といえば“花男”というほど『花より男子』(TBS系)の道明寺司がハマリ役だったという認識になっていますが、今回のドラマでは道明寺とはまったく違う役柄で、これも松本の新たな代表作になるのではと言われています」(芸能ライター) 松本演じる深山大翔は、とにかく真実にこだわるちょっと面倒くさいキャラだ。「真面目で熱心な松本だけに、真剣に考えて [全文を読む]

嵐・松本潤の料理が食べられる!?ドラマ「99.9」のあのレシピが限定公開!

アサジョ / 2016年05月09日17時59分

松本は刑事事件専門の弁護士として真実を求め、綿密な調査や検証で勝率の少ない裁判に勝っていく弁護士を演じている。「松潤演じる深山大翔は、鮮やかな手さばきで料理をしながら事件についての考えを整理するのですが、初回は自家製そばがきと簡単さつま揚げ、第2話は特製ローストビーフ~わさび&アイオリソース添えでした。この料理のレシピが欲しい、自分も作りたいという声がTB [全文を読む]

キムタクが松本潤になっただけ!「99.9」はあの大ヒットドラマをマネした?

アサ芸プラス / 2016年04月28日09時59分

まず型破りな性格の主人公が現場検証に拘り真実に近づいていくという点、そして性格が真逆な女性相棒と個性的な仲間たち。さらに第1話で描かれた“特殊な電灯の下では元の色と違って見える”というトリックは、映画版『HERO』と内容がかぶっている等々、スタッフ側がキムタクのドラマを意識して制作している可能性は高いでしょう」(前出・テレビ誌記者) 今期ナンバーワン視聴率 [全文を読む]

今期ドラマ暫定1位の視聴率を獲得!『99.9‐刑事専門弁護士‐』の松本潤が「かわいすぎる」

messy / 2016年04月18日22時05分

同作で松本は、裁判有罪率が99.9%の刑事事件に向き合い、残された0.1%の真実を暴くために奮闘する風変わりな若手弁護士役に挑んでいる。 初回放送では、松本演じる深山大翔が刑事事件で何度も無罪を勝ち取ってきた実績を買われ、日本4大法律事務所の一つである班目法律事務所にヘッドハンティングされる。早速、殺人事件の弁護を担当することになり、証拠や動機が十分とみな [全文を読む]

フォーカス