小説 松本潤に関するニュース

松本潤、有村架純の生々しい“恋愛”を映し出した『ナラタージュ』行定勲監督インタビュー

dmenu映画 / 2017年09月25日10時00分

島本理生の小説「ナラタージュ」の裏表紙には、そう書かれていた。許されない恋なのはわかっている。それでも離れられないのだから、むしろ戻れないところまで突き進んで、愛することで壊してほしい。幸せな記憶を閉じ込めたまま……。そんな意味合いなのだろう。かなり官能的な小説だ。この「ナラタージュ」が、松本潤、有村架純で映画化された。監督は行定勲。『GO』(2001年) [全文を読む]

実現まで10年!行定勲監督「かつての日本の恋愛映画を作りたかった」映画『ナラタージュ』主題歌はRADWIMPS作曲

ガジェット通信 / 2017年08月24日13時30分

高校教師と生徒として出会った2人が、時が経ち再会、許されない恋に落ちる、島本理生先生の同名小説を原作とした禁断のラブストーリーです。8月23日に完成披露試写会が行われました。 主演の高校の社会科教師、演劇部の顧問で、ある過去の出来事によって逃れられない過去を背負っている主人公・葉山貴司を演じるのは松本潤さん。高校在学中に葉山と出会い、卒業後再会し、全身全霊 [全文を読む]

行定勲監督「ナラタージュ」での有村架純の土下座に賛辞「ブサイク。それが素晴らしい」

映画.com / 2017年08月27日19時42分

進行役を務めた行定監督が、12年前に島本さんが20歳の頃に書いた小説と出合い、う余曲折を経て映画化を実現させた経緯を説明。「嵐」の松本潤と有村架純の主演で映画化を発表した際には、「いろんなプロデューサーがどんな顔をしたかな。ざまあみろと思った」と本音をぶちまけた。 島本さんは、「映画化はすごくしてほしかったけれど、ベストな形がいいので無理に決めなくていい [全文を読む]

【詳細レポ】松本潤の誕生日を有村架純がお祝い!映画『ナラタージュ』は「とっても苦くて濃密なラブストーリー」

ガジェット通信 / 2017年08月24日11時30分

高校教師と生徒として出会った2人が時が経ち再会し許されない恋に落ちる、島本理生先生の同名小説を原作としたラブストーリー。8月23日に完成披露試写会が行われました。 開催されたTOHOシネマズ六本木ヒルズ前では、エントランスの大階段に敷かれたレッドカーペットを歩いた松本さん、有村さん、行定監督の3名。 大階段を上り降りする際、松本さんは有村さんの手をとって紳 [全文を読む]

心を温める 冬のちょっと泣ける読書

Woman.excite / 2016年01月23日10時00分

今回は、私がおすすめしたい、泣ける小説とマンガをご紹介しましょう。恋愛でほろりほろりいい恋愛で泣く。これはとっても気持ちのいいものです。悲恋もなけるし、気持ちが通じ合う恋愛も、いいですね。今、恋愛中の人も、ちょっと恋にご無沙汰な人も、心を動かすのは最高の女性ホルモン活性剤なはず?! うるっときてくださいね。「世界で一番美しい音楽」 小沢真理 (講談社)シン [全文を読む]

意外と原作を知らない事も!?懐かしの“漫画原作ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月13日09時55分

オリジナル作品も多いのですが、自伝小説や漫画原作も意外に多いのです。杉浦幸さん、保阪尚希さん、岡本健一さん出演の『このこ誰の子?』は津雲むつみさんの『彩りのころ』。『おれは男だ!』、『風の輪舞』、『聞かせてよ愛の言葉を』、『花衣夢衣』など、数多くの名作がドラマ化されています。1987年の『アリエスの乙女たち』なども漫画原作。文化人としても著名な里中満智子さ [全文を読む]

松本潤の目力が強すぎ!「40%に落として」と行定監督がお願い

Movie Walker / 2017年08月27日17時48分

2人が映画と小説の制作秘話や、松本潤や有村架純らの演技について語り合った。 行定監督は『ナラタージュ』の映画化について「すごい思い入れがありました」と語気を強める。実は2005年の小説出版直後に映画化の話が上がったが実現せず、紆余曲折を経てようやく映画化できたそうだ。島本は完成した映画について「観終わった後、すごい放心状態でした。とにかくひとつひとつの場面 [全文を読む]

松本潤×有村架純 映画『ナラタージュ』2017年秋公開! 行定監督が教師と生徒の禁断の恋を描く[オタ女]

ガジェット通信 / 2016年07月14日06時00分

2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生先生原作の恋愛小説『ナラタージュ』が嵐・松本潤主演で映画化することが決定! ヒロインは有村架純が務めます。 原作は、第25回野間文芸新人賞を最年少で受賞した島本先生が、20歳の若さで執筆した、狂おしいほど純粋に禁断の恋に落ちる二人を描いた恋愛小説『ナラタージュ』(2005年角川書店刊。累計発行部数3 [全文を読む]

松本潤と有村架純が共演!島本理生の恋愛小説が映画に

Movie Walker / 2016年07月14日05時00分

2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生原作の恋愛小説「ナラタージュ」の映画化が決定した。松本潤が主演を務め、有村架純がヒロインを演じる。 メガホンをとるのは『世界の中心で愛を叫ぶ』(04)や『ピンクとグレー』(16)などを手掛けた行定勲監督。行定監督は原作に出会ってから長年にわたり製作を熱望し、企画・構想を温めてきたという。 原作は、第 [全文を読む]

「書籍化して」「ニノっぽい」伊坂幸太郎、川上未映子らの「嵐」小説にファン絶賛!

サイゾーウーマン / 2014年01月11日09時00分

嵐がCMを務める日立やJALなどの企業の広告が下段に、上部には嵐メンバーのそれぞれを主人公にした書きおろし小説が掲載されている。 芥川賞作家を含む豪華な執筆陣と嵐によるこの企画は「もう一人の嵐たち」と題され、伊坂幸太郎×二宮和也「Eの874」、平野啓一郎×櫻井翔「フェニックスのリア王」、川上未映子×松本潤「僕たちは、抱き合ったことさえ」、山崎ナオコーラ×相 [全文を読む]

行定勲監督、松本潤の“憂い顔”絶賛「いいなって思います」

ORICON NEWS / 2017年09月17日19時57分

【写真】『ナラタージュ』試写会の模様 同作は、島本理生氏の同名小説を実写化。高校教師と生徒として出会った2人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しかめぐり会えない究極の恋に落ちる。 「松本くん、いいなと思っている」と繰り返した行定監督は、「まず、“嵐の松本潤”っていうのを無くしてくれた。打ち合わせしたときに『要は俺じゃなくてい [全文を読む]

嵐・松本潤主演『ナラタージュ』釜山映画祭に正式招待決定 有村架純が初参加へ

ORICON NEWS / 2017年09月11日18時00分

【メイキング写真】笑顔で撮影に臨む有村架純 同映画は、島本理生氏の同名小説を『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が実写化。高校教師と生徒として出会った2人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しかめぐり会えない究極の恋に落ちる。 有村と行定監督は、12日に行われるレッドカーペットと13日の公式上映に出席する。初めて国際映画祭 [全文を読む]

有村架純、国際映画祭に初参加!松本潤との共演作が釜山に出品

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月11日18時00分

本作は、島本理生の同名小説を映画化。高校教師と生徒として出会い、時を経て再会した葉山(松本)と、泉(有村)の許されない恋の顛末が描かれる。(編集部・石井百合子) [全文を読む]

嵐・松本潤、サプライズで“名前入り”誕生日ケーキ登場に照れまくり 有村架純も祝福

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年08月23日20時10分

「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生による小説を映像化した本作は、高校教師と生徒として出会った葉山(松本)と泉(有村)が、時を経て再会した後に、究極の恋に落ちる姿を描く。 松本はオファーを受けた時のことを、「以前一度、プライベートで(行定監督に)お会いしたことがあって、その時に『いつか面白い作品があった時にやれたらいいね』って言ってくださったの [全文を読む]

松本潤、有村架純の手を取り紳士的にレッドカーペットを闊歩

CinemaCafe.net / 2017年08月23日19時26分

『ナラタージュ』は、2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位をマークした島本理生による同名小説の映画化。高校の演劇部の顧問教師・葉山(松本さん)と生徒・泉(有村さん)として出会ったふたりが、ときが経ち再会した後、決して許されはしないが、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちるという、衝撃の純愛物語。 松本さん、有村さんが現れると、レッドカーペット脇で [全文を読む]

嵐・松本潤が”ゲス不倫”を演じて非難轟々?「二股騒動を思い出す」の声

デイリーニュースオンライン / 2017年08月11日17時00分

■葵つかさとの4年愛が肥やしに? 松本が今回主演を張る映画『ナラタージュ』は、島本理生(34)の同名小説を原作とする恋愛物語。離婚が成立していない妻と別居中の高校教師・葉山貴司が、元教え子の女子大生・工藤泉との恋に走るというストーリー。葉山を演じる松本も、かつて二人の女性の間で苦しんだモテ男だ。『花より男子』シリーズで恋人役を演じた井上と極秘裏に付き合い [全文を読む]

有村架純、松本潤との禁断シーン解禁でファン衝撃! 朝ドラ『ひよっこ』視聴率苦戦は実姉の呪い?

おたぽる / 2017年05月03日12時00分

「人気小説家・島本理生の同名小説を映画化した今作で有村は、松本が演じる高校教師と禁断の恋に落ちてしまう元・教え子の女子大生役を演じています。原作では2人が体を重ねるシーンがかなり生々しく描写されているため、キャスティングが発表されて以来、『再現するの? しちゃうの?』と、双方のファンは気が気でない様子でした。というよりも、そのシーンが描かれないとラストへ [全文を読む]

松本潤・有村架純・坂口健太郎が繰り広げる、禁断の“三角”関係

NeoL / 2017年03月22日07時29分

2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の小説『ナラタージュ』を、松本潤主演、行定勲監督で映画化! 大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から「演劇部の後輩のために、卒業公演に参加してくれないか」との連絡が入る。高校時代の思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、1年ぶりに再会しタコとで押さえていた気持ちが募っ [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

社会派ドラマとは、例えば松本清張や山崎豊子といった有名作家たちの小説を原作とする重厚なドラマである。1970年代以前は、その種の連ドラは散見されたが、連ドラの主要ターゲットが若者層に移った80年代以降、それらは2時間ドラマの単発枠でしか見られなくなっていた。ところが――21世紀に入り、再び連ドラとして復活したのである。但し、21世紀流にアレンジされており、 [全文を読む]

「松本潤に認知された」『ナラタージュ』撮影スタッフ、嵐ファンと発覚し“処分”に

サイゾーウーマン / 2016年08月24日09時00分

同作は島本理生氏の同名小説が原作で、松本演じる高校教師・葉山貴司と、その教え子だった女子大生のヒロイン・工藤泉(有村架純)の純愛を描いている。監督は大ヒット映画『世界の中心で、愛をさけぶ』などで知られる行定勲氏が務め、劇中では松本&有村がベッドシーンにも挑戦するという。 公開前から大きな話題となっている『ナラタージュ』だが、有村は8月20日に公式インスタ [全文を読む]

フォーカス