小説 山田涼介に関するニュース

浅野忠信、生田斗真に「そうやって(山田涼介の)芽を摘むんだね」とチクリ?

Woman Insight / 2015年09月30日16時00分

速報はこちら→ 【速報】生田斗真、後輩・山田涼介に「かわいいじゃねぇよ!」 伊坂幸太郎氏の最強傑作小説『グラスホッパー』が満を持して映画化。心に闇を抱えた3人の男たち(生田さん、浅野さん、山田さん)ほか豪華キャストが、小説の頁をめくるがごとく展開する息もつけないほどのスピード感で、見るものすべてが、危険極まりない世界に巻き込まれていく、“巻き込まれ型”の [全文を読む]

伊坂幸太郎の“最強小説”待望の映画化! 心に闇を抱えた男の復讐劇

NeoL / 2015年12月24日10時23分

長年“映像化は困難”と言われていた伊坂幸太郎の小説が、満を持して映画化。生田斗真・浅野忠信・山田涼介(Hey! Say! JUMP)らメインキャストの3人をはじめ、脇を固める俳優陣も豪華で、どのキャストもハマリ役! スピーディーなストーリー展開&ド迫力のアクションをたっぷり堪能して。 グラスホッパー 監督:瀧本智行 出演:生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻 [全文を読む]

意外と原作を知らない事も!?懐かしの“漫画原作ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月13日09時55分

オリジナル作品も多いのですが、自伝小説や漫画原作も意外に多いのです。杉浦幸さん、保阪尚希さん、岡本健一さん出演の『このこ誰の子?』は津雲むつみさんの『彩りのころ』。『おれは男だ!』、『風の輪舞』、『聞かせてよ愛の言葉を』、『花衣夢衣』など、数多くの名作がドラマ化されています。1987年の『アリエスの乙女たち』なども漫画原作。文化人としても著名な里中満智子さ [全文を読む]

山田涼介主演の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』追加キャスト発表!歌姫には門脇麦

Movie Walker / 2017年02月22日11時00分

複雑な構成のため、原作者の東野本人が期待と同時に「小説では可能でも映像化は難しいのでは」と語っていた本作の実写化に、『ストロボ・エッジ』(15)や『オオカミ少女と黒王子』(16)などを手掛けた廣木隆一監督が挑む。【Movie Walker】 [全文を読む]

「もう見る前から絶対泣くってわかる!」山田涼介、西田敏行出演で東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』映画化決定に号泣を予想する声続出

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月12日17時30分

“東野作品史上最も泣ける感動作”と言われる、東野圭吾の小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が2017年秋に実写映画化されることが明らかとなったのだが、キャストや監督といった制作陣の面々が発表されるや「うわぁ、これは泣かない自信がないわ!」と大反響が上がっている。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は2012年3月に発売され、世界での累 [全文を読む]

上海国際映画祭、日本の新作映画27本を上映=3本が世界初公開―中国

Record China / 2016年06月04日09時50分

同映画は日本の推理小説の有名作家横山秀夫の同名代表作からリメイクされたものだ。横山秀夫は「社会派推理小説」の大家と呼ばれる松本清張の後継者と称えられ、警察小説でその名を馳せている。同映画では、天皇の崩御と時を同じくして少女が誘拐され、殺害される事件が起こった。三上刑事と警察の広報室、記者クラブとの闘争が描かれている。同映画は瀬々敬久監督がメガホンを握り、佐 [全文を読む]

映画『グラスホッパー』の渋谷スクランブル交差点シーンに隠された秘密とは…?

Movie Walker / 2015年11月20日20時00分

生田斗真、浅野忠信、山田涼介の共演で伊坂幸太郎の人気小説を映画化した『グラスホッパー』(公開中)。11月7日の公開初日から好調な動員数を記録しているが、映画公開の影響で伊坂幸太郎の原作も初版から10年売上を伸ばし、ついに150万部を突破!原作、映画ともにヒットを記録している。そんな本作で、観客だけでなく業界内でも特に話題になっているのが劇中セットや美術のす [全文を読む]

生田斗真、山田涼介が見せつけたジャニーズの実力ーー作詞家zoppが『グラスホッパー』を読み解く

リアルサウンド / 2015年11月15日10時09分

何百ページとある小説を、2時間以内でまとめるのは至難の業だ。予算や時間の制限もあって、大事なシーンやキャラクターの特性が省かれてしまう。それは原作ファンにとっては苦痛にもなりうることだ。それでも映像化に挑戦する姿勢は勇敢だといえる。参考:生田斗真主演の『グラスホッパー』…でも最大のクライマックスは浅野忠信と山田涼介の対決シーン!? 『グラスホッパー』は伊坂 [全文を読む]

強い眼差しの奥に秘められた演技への思いを語ります生田斗真 胸キュン注意 インタビュー『andGIRL 12月号』 2015年11月12日(木)発売 !!

@Press / 2015年11月12日08時00分

小説で描かれるより鈴木より、少し弱々しくなっているんですよね。この映画に唯一出てくる一般市民が、目の前に起きるあり得ないことに対して一生懸命がんばりながらも巻きこまれていく様子をリアルに描きたかったので、自分で役をつくり込まず、その場の状況に素直に反応することを心がけました」 とコメント。 また、事務所の後輩であるHey! Say! JUMP・山田涼介さ [全文を読む]

生田斗真、サプライズに動揺!山田涼介は「冷静に保とうとする顔が面白かった」

Movie Walker / 2015年11月07日12時24分

伊坂幸太郎の人気小説を、生田斗真、浅野忠信、山田涼介の共演で映画化した『グラスホッパー』の初日舞台挨拶が、11月7日に丸の内TOEIで開催。生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、菜々緒、村上淳、佐津川愛美、瀧本智行監督が舞台挨拶に登壇した。最初に生田以外のゲストが観客席に待機するというサプライズ演出があり、生田は驚いて「おかしいと思ったんだよね」と苦笑 [全文を読む]

生田斗真、山田涼介に「キスは何味?」と質問

Movie Walker / 2015年10月28日09時34分

『グラスホッパー』の原作は、伊坂幸太郎の同名人気小説。渋谷のスクランブル交差点で起きたある事件を機に、恋人の復讐を誓う元教師(生田斗真)、自殺専門の殺し屋(浅野忠信)、驚異的な身体能力を持つ殺人者(山田涼介)という3人の運命が交錯していく。【取材・文/山崎伸子】 [全文を読む]

【速報】生田斗真、後輩・山田涼介に「かわいいじゃねぇよ!」

Woman Insight / 2015年09月29日23時11分

伊坂幸太郎氏の最強傑作小説『グラスホッパー』が満を持して映画化された、同名作品が完成し、披露試写会が行われ、サイリウムによる緑のグラスポッパーカラーの客席後方から、生田さん、浅野さん、山田さんら登壇者の皆さんが登場し、熱気に包まれました。 登壇キャストも緑をどこか差し色にいれて登場。浅野さんはネクタイ、山田さんはシャツ、麻生さんはイヤリング、菜々緒さんは [全文を読む]

生田斗真、山田涼介にジェラシー「かわいいじゃねえよ」

Movie Walker / 2015年09月29日20時06分

伊坂幸太郎の人気小説を、生田斗真、浅野忠信、山田涼介の共演で映画化した『グラスホッパー』(11月7日公開)の完成披露試写会が、9月29日に丸の内ピカデリー1で開催。生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、菜々緒、村上淳、吉岡秀隆、瀧本智行監督が舞台挨拶に登壇した。生田は「僕自身、早く観てほしいと思っていた自信作です」とアピールした。 山田は「映画(の現場 [全文を読む]

生田斗真主演「グラスホッパー」の主題歌にYUKIが決定!

dwango.jp news / 2015年09月02日06時00分

生田斗真主演、伊坂幸太郎原作の人気小説「グラスホッパー」が映画化され、その主題歌にYUKIが決定したことがわかった。累計140万部を超える伊坂幸太郎氏の小説を、瀧本智行氏が監督し、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、波瑠らが圧倒的な存在感で脇を固める本作は、映画化発表からファンの期待を集めている。主題歌となる『tonight』は、YUKIが本作のために書き下ろ [全文を読む]

山田涼介に“殺しの天才”役のオファーが殺到!?

Movie Walker / 2015年03月18日14時37分

松井優征の人気コミックを実写映画化した『映画 暗殺教室』(3月21日公開)と、伊坂幸太郎の同名小説が原作の『グラスホッパー』(11月7日公開)だ。 山田が演じるのは、偶然にも両作ともに“殺しの天才”という役どころ!アイドルらしからぬまさかの共通点なのだが、どちらも似通っていない、正反対とも言えるキャラクターに扮しているので注目して欲しい。 『映画 暗殺教室 [全文を読む]

生田斗真主演『グラスホッパー』の公開日が決定

Movie Walker / 2015年03月06日16時00分

伊坂幸太郎による120万部突破のベストセラー小説「グラスホッパー」を、主演に生田斗真、浅野忠信、Hey! Say! JUMPの山田涼介らを迎え、完全映画化。その公開日が11月7日(土)に決定した。 愛する恋人の復讐を誓う元教師の鈴木役を、『脳男』(13)『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』(14)『予告犯』(6月6日公開)と映画主演作が続く生田斗真が演じる [全文を読む]

西内まりや主演の月9ドラマが爆死終了で映画会社スタッフが大喜びのワケ

アサ芸プラス / 2017年03月23日09時59分

前者の原作は大ヒット作家・東野圭吾の小説ですし、後者は大人気マンガの実写化ですから、映画会社にかかるプレッシャーは相当なもの。その状況で山田から“月9ワースト俳優”という肩書きが外れたことは、明らかにプラス要素となるでしょうね」 どうやら映画会社のスタッフたちはもちろん山田も、西内に足を向けて寝ることはできなくなったのかもしれない。(白根麻子) [全文を読む]

絶望のフジテレビ「原作を勝手に変更」で、小説家・池井戸潤から“NG”が……

日刊サイゾー / 2016年11月12日11時00分

だから、小説でも漫画でも、人気の原作を使いたいってなるんですけど、人気小説家のひとり、池井戸潤さんからは“フジテレビNG”を出されたようなんです」(フジテレビ関係者) 今クールのドラマが、すべて1ケタスタートとなったフジテレビ。どのドラマも、平均視聴率が1ケタで終わるのは間違いなさそうだ。 「満を持して初主演となったHey!Say!JUMP山田涼介の『カイ [全文を読む]

中山優馬、島崎遥香との共演作『ホーンテッド・キャンパス』を語る

Movie Walker / 2016年07月01日08時01分

櫛木理宇の同名ミステリー小説を映画化した本作は、胸キュンラブストーリー兼ホラー映画だ。本作で映画初主演を務めた中山にインタビューし、ヒロイン島崎遥香との共演エピソードや撮影裏話について聞いた。 中山が演じた主人公・八神森司は、怖がりなのに幽霊が見えてしまうというトホホな大学生だ。高校時代に片想いをしていた灘こよみ(島崎遥香)と大学で再会し、共にオカルト研究 [全文を読む]

透明感満点の清楚系若手女優・阿部純子 朝ドラ『とと姉ちゃん』で再ブレークへ

日刊サイゾー / 2016年05月27日21時00分

まさに、透き通ったような美しさをもつ正統派の清楚系若手女優・阿部純子(23)が、NHK連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』(高畑充希主演/月~土曜午前8時~)で存在感を発揮している。 同ドラマで、阿部は主人公・小橋常子(高畑)が通う女学校の同級生で、名家のお嬢様・中田綾役を演じ、男性視聴者の熱視線を浴びている。 実年齢では阿部の1歳上の高畑は、童顔とはいえ制服姿 [全文を読む]

フォーカス