雑誌 山田涼介に関するニュース

土村芳、山崎紘菜、武田玲奈、川津明日香…秋ドラマで注目の次世代ブレイク女優たち

日本タレント名鑑 / 2016年11月04日11時55分

武田さんは、特に今年に入り、テレビ番組や雑誌グラビアなどで露出が増えていますが、もともとは2013年、所属事務所が主催した『第2のくみっきー!発掘オーディション』でグランプリを受賞したことがデビューのきっかけ。翌年、雑誌『Popteen』のモデルとしてデビューし、今年からは『non-no』の専属モデルに。そして今年から本格的に演技にも進出しています。 桜 [全文を読む]

Hey!Say!JUMP・山田涼介がジャニーズJr.の「好きな先輩NO1」な理由とは?

アサ芸プラス / 2015年02月04日18時00分

あまりにも後輩からの支持率が高いため、某ジャニーズ系雑誌では『山田涼介大好き選手権』なる企画まで行われました」 中島や小瀧などは、パッと見どちらが先輩かわからないほどだが、この二人こそ“山田涼介を愛してやまない”ツートップと言われている。しかし、これほどまでに山田が後輩から尊敬される理由はなんだろうか? 「そのひとつは、ダンスと歌の圧倒的な上手さ。あのベビ [全文を読む]

密会?妊娠?スキャンダル続くHey!Say!JUMPがファンの前で…

しらべぇ / 2016年10月16日11時45分

」10年ほど前、相葉雅紀くんがモデルと裸でキスしている写真が雑誌に流出したときはコンサート会場で「相葉、最低!」などのウチワがならび、本人が土下座して謝ったエピソードがありました。伊野尾くんは土下座ができるキャラではないので、せめてやつれた姿をファンにさらして謝罪したつもりだったのでしょうか...。■腰痛で、スキャンダルどころではない山田くん一方、山田涼介 [全文を読む]

Hey!Say!JUMP、新アルバムが初日14万枚超! 前作5万枚増も“伊野尾センター”で波紋

サイゾーウーマン / 2016年07月28日09時00分

「伊野尾は『週刊朝日』7月15日号(朝日新聞出版)、『SODA』9月号(ぴあ)、『H』119号(ロッキング・オン)など7月発売の雑誌でも数多く表紙を飾っています。7日発売の『duet』8月号(ホーム社)は、書店側が売り上げを見込んでほかの雑誌よりも多く入荷していたのか、Twitterなどで『山積みになってる』と話題に。その後、『伊野尾のduet一冊もない [全文を読む]

嵐・松本潤、Hey!Say!JUMP・山田涼介にライブ演出を直伝! 「意見をすごく言ってくれた」

サイゾーウーマン / 2014年06月13日09時00分

「山田君は、以前から雑誌等であこがれの先輩として松潤の名前を挙げています。昨秋の雑誌では『東京オリンピックの時にどうなっているか』という質問に『ズバリ松本潤くんになっていたい!』と発言していたんです。松潤も4年前の『WiNK UP』(ワニブックス)で、『オレは感動した』『アイドルとしてすごくまっとうにいるなって。キャピキャピ感にぐっとくる』と、JUMPを [全文を読む]

Hey!Say!JUMP山田涼介を負傷させたノンスタ井上に思わぬ“感謝の声”が!?

アサジョ / 2016年02月19日09時58分

だから、オンエア後にツイッターを荒らさないであげてね』と雑誌で同番組について語っていたこともあり、熱烈ファンはその言いつけを守っているようです」(エンタメ誌ライター) 井上も番組放送終了後、ツイッターで視聴者に感謝を伝えるとともに山田を負傷させたことについて謝罪する紳士な姿勢を見せている。そのツイートには現在3万8000件を超える“いいね”を獲得。コメント [全文を読む]

「YOU、最高よ!」ジャニー喜多川も涙したHey!Say!JUMP・山田涼介の“人間力”

アサジョ / 2015年08月06日09時59分

あまりにも後輩からの支持率が高いため、某ジャニーズ系雑誌では『山田涼介大好き選手権』なる企画まで行われました」 中島や小瀧などは、パッと見どちらが先輩かわからないほどだが、この二人こそ“山田涼介を愛してやまない”ツートップと言われている。しかし、これほどまでに山田が後輩から尊敬される理由はなんだろうか?「そのひとつは、ダンスと歌の圧倒的な上手さ。あのベビー [全文を読む]

Sexy Zone・中島健人の「過剰アイドル」ぶりこそ、バラエティの逸材?

サイゾーウーマン / 2012年11月21日13時00分

そもそも中島健人といえば、雑誌「Myojo」(集英社)の読者投票「Jr.大賞」において「恋人にしたいJr.」2011年、2012年と連続1位を獲得(その前は2年連続2位を獲得)した「王子様キャラ」。さらに、多数の雑誌で「ポエム」を披露していたり、「自分のポエムで泣いた」とも語ってもいる。おまけに、自らを「ラブホリック」と称したり、デビュー後の握手会では、目 [全文を読む]

石原さとみだけじゃない!山Pの「顔とオーラ」にJメンバーもベタ惚れ

アサジョ / 2017年05月17日10時14分

永瀬廉の場合は、雑誌「WiNK UP」の取材に「明日、山下智久君の顔にしてくれるっていわれたらメッチャ嬉しい!」と答えるほどゾッコンだ。 現在、ジャニーズ事務所のタレントは個性豊かな人材も多いが、「顔」「存在感」「オーラ」という“ジャニーズの王道”を行くタレントは後輩たちが言うように、山下智久なのかもしれない。来期の月9「コード・ブルー」の第3シーズン放送 [全文を読む]

神木隆之介「高校時代のモテ努力」に、ファン納得!?

日刊大衆 / 2017年01月30日22時00分

スタジオゲストの橋本マナミ(32)は「学生服を第5ボタンまで開けて肌を出す」「オシャレな雑誌を読む」と回答するも不正解。正解は「少女マンガを見て勉強していた」だった。 神木は「女子の気持ちだったりとか、どんな男子がモテるんだろうとか、そうなると少女マンガがくるんですよ」「主人公のこういう発言で、こういう立ち振る舞い方の子がモテるんだって思いまして」と、マン [全文を読む]

山Pに“V6井ノ原”と間違えられた「ベテランジャニーズ」

日刊大衆 / 2016年12月29日19時00分

後日、坂本が飲み会に同席していたスタッフと電話で話していると、雑誌で山下がその夜のことを語っていたという話が出た。参加メンバーについて話している記事だったのだが、「坂本くんとは書いてなかった。井ノ原(快彦)くんだったよ」と、どうやら山下が大先輩である坂本と井ノ原を勘違いしていたらしいと教えられたそうだ。 坂本は、その話をV6メンバーの井ノ原と長野博ととも [全文を読む]

桐谷健太の惨めっぷりが加速するフジ月9『カインとアベル』山田涼介の存在感が、もう……

日刊サイゾー / 2016年11月15日21時00分

茶髪も真っ黒に染め直し、リーダー特権でお気に入りの美人先輩で兄貴の彼女でもある梓(倉科カナ)をチームに引き入れ、リゾート雑誌をたくさん買い込み、夜な夜なGoogleで「リゾート」と画像検索したようなパソコンの画面に見入ったりしています。 [全文を読む]

完全保存版・関ジャニ∞超特大号!表紙は錦戸亮×丸山隆平×安田章大!

PR TIMES / 2016年09月29日11時46分

~「TVガイドPLUS VOL.24」、9月29日(木)発売~ 「TVガイド」や「B.L.T.」等の雑誌を発行する、株式会社東京ニュース通信社は、TVガイドPLUS VOL.24を、9月29日(木)に発売いたしました。 [画像: http://prtimes.jp/i/6568/103/resize/d6568-103-984069-0.jpg ] 表紙に [全文を読む]

嵐でも関ジャニでもない?SMAP解散で”得するグループ”とは

デイリーニュースオンライン / 2016年08月17日10時05分

自身を特集した雑誌も多く、これまでグループの顔とも言われていた山田涼介(23)の人気を凌いでいるとも言われている。 一方で菊池もドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系)で主演に抜擢されるほか、伊野尾同様、バラエティー番組にも出演し、着実に注目度を上げている。SMAP無き後を担うのは、どのグループでその筆頭は誰なのか。ジャニーズ事務所の世代交代は、着実に進ん [全文を読む]

「女子力」は男に使う言葉、かも。ジャニーズが持つ・語る“女子力”

messy / 2016年06月15日00時30分

雑誌『duet』(ホーム社)の2016年4月号では、アイドルが『女子力高めのジャニーズ』を選ぶという趣旨のアンケートを行いました。そこでは3位をSexy Zoneの中島健人、2位を千賀、1位を山田が獲得するという結果になっていましたね。特に山田に関してはオシャレなカフェ巡りが趣味だったり、少女マンガが好きだったりと女子力の高いエピソードが多数あります。『ジ [全文を読む]

Hey!Say!JUMP山田涼介「鋼の錬金術師」主演で「豆粒ドチビ」がホメ言葉に!?

アサジョ / 2016年05月31日17時59分

同作は01年から10年まで少年漫画雑誌「月刊少年ガンガン」で連載されていた荒川弘氏原作のファンタジー作品。撮影は6月からイタリアでスタートする予定だ。 しかし、公式に実写化が発表されたものの、“錬金術”というある意味、非現実的な魔法のようなワザを使う錬金術師の少年が主人公の同作だけに、「実写化はかなり難しい」「すでに爆死の予感」など、マイナス意見ばかりが [全文を読む]

透明感満点の清楚系若手女優・阿部純子 朝ドラ『とと姉ちゃん』で再ブレークへ

日刊サイゾー / 2016年05月27日21時00分

残念ながら、ドラマでは女学校を卒業してしまいましたが、戦後、常子が作り始める雑誌『あなたの暮し』を手伝うことになるようですから、再登場が期待されます。過去の実績もありますし、大手事務所に入ったことで、今後オファーが増えそうです」(芸能ライター) もともと、演技力には定評があった阿部だけに、再ブレークは間違いなさそうだ。 (文=森田英雄) [全文を読む]

ジャニーズWEST・小瀧望、愛嬌のある演技で急浮上ーー『セカムズ』三浦役がハマったワケ

リアルサウンド / 2016年05月27日06時00分

雑誌『FINEBOYS』で専属モデルを務める小瀧は183cmと高身長で、一方大野は166cmとジャニーズの中でも決して高い方ではない。社長と部下という上下関係がありながらも、フランクな間柄を違和感なく成立させているのは、この凹凸名コンビだからこそだ。 現在『世界一難しい恋』では、三浦が同僚にあからさまなアプローチを仕掛けており、小瀧の見どころもますます増え [全文を読む]

ジャニーズ飲み会、参加者はV6・坂本昌行だったことが判明! 山下智久が人違いで混乱

サイゾーウーマン / 2015年06月23日11時30分

後日、飲み会に同席していたスタッフと電話で話す機会があり、山下が雑誌でその話をしていたとの報告を受けたが、そのメンバーについて「坂本君書いてなかったよ。“井ノ原君”って書いてあったよ」と聞かされたという。この話を知った坂本は「そっか、そっか……。山P、俺もっと頑張るよ」とラジオを通じて山下にメッセージを送った。 「スゲー盛り上がってたんだけどね」と寂しそう [全文を読む]

「お前なら抱ける!」堂本光一が溺愛する“キンプリ最年長”岸優太

アサ芸プラス / 2015年06月13日09時58分

雑誌の取材でも『可愛くて仕方ない』『天使のような存在』とまで溺愛しています。かつて二人が共演した舞台でも、堂本は座長としての特権を利用して芝居中にも関わらずアドリブを乱発。『お前、ほんとカワイイ!噛まずに飲み込みたい!そして、そのまま出したい!』『お前なら抱ける!』と告白。度を越したセリフに観客が引くこともありました」 堂本だけではない。いまや若手ジャニー [全文を読む]

フォーカス