牛肉 吉野家に関するニュース

【衝撃事実】吉野家で「牛丼の肉抜き」を注文してみた結果

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年12月03日06時00分

牛肉抜きも対応してくれる? とはいえ、お客さんの要望に何でもかんでも対応するのはさすがに厳しいはず。例えば「牛丼の牛肉抜き」なども対応してもらえるものなのでしょうか。 おそらく、牛肉とタマネギを混ぜて煮込んだ状態で大量に用意しているはずなので、牛肉抜きで注文されるのは相当な手間がかかってしまうはず。僕が店員さんなら断りたいです。でもせっかくなので試してみ [全文を読む]

牛丼の吉野家が60年続けてきた、インターネットに真似できないこと

まぐまぐニュース! / 2017年02月14日04時45分

円安傾向にあるため、米国から輸入牛肉を使っている吉野家にとっては、決して追い風とは言えない状況にあるが、お一人様消費の傾向が強まったりと、吉野家にとって、向かい風ばかりでもない。 吉野家のポリシー なぜ吉野家の収益は好転したのか?を考えていきたい。 吉野家が打つ手を振り返ってみると、昨年ソフトバンクと組んだ、牛丼並盛り1杯が無料になるキャンペーンや、現在 [全文を読む]

【最強】吉野家の牛丼を革命的なウマさに進化させる方法! ガチで激ウマすぎる

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年10月07日06時00分

たとえば、牛肉の脂身が少ない肉だけを食べたいときは「牛丼の赤多め」。ご飯の下に牛肉を敷いてほしいときは「牛丼の肉下」と注文すればよい。それらは一部店舗のみ可能な裏メニューだが、具だけ特盛りでご飯は通常量になる「頭の特盛り」はどの店舗でも注文可能だ。 ビックリするほど美味しさが増幅 皆さんも吉野家を日ごろ利用していると思うが、実は、誰でも簡単にできる「吉野家 [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

ところが7月に使用する牛肉を冷凍肉からチルド肉に切り替えた「プレミアム牛めし」を発売。「究極の牛めし」「社運をかける」という緑川源治社長は意気込んだ。ちなみに現場のスタッフからは「確かに好評だけど、きちんと作ると牛めしだけでこれまでの何倍も手がかかる。正直、現場の負担は増えるばかり」との声も聞こえてくる。 吉野家は今年4月、味の改善を狙って、牛肉のカット厚 [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

店舗が増え、米国産の牛肉が不足し価格が高騰してしまった。そして値上げをして、一部にフリーズドライという研究中の、いわば乾燥冷凍加工肉を使うようになった。それで味が落ちて、それまでのお客様が離れてしまったのです。 【弘兼】吉野家のキャッチフレーズである、「うまい」「やすい」「はやい」のうち、先の2つが崩れてしまった。 【安部】簡単に言えばそういうことです。私 [全文を読む]

【決定版】激ウマな吉野家「トマト牛鍋膳」を更に美味しく食べる方法を伝授

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年01月28日06時00分

吉野家は「常に加熱された状態」を重要視しているようで、食べ終えるまでグツグツと煮えた状態のまま牛肉の旨味を堪能できるのだ。 ダラダラと食べていたら火が消えてしまったが、店員さんが親切にも新しい燃料で火をつけてくれた。や、や、優しい! トマトの酸味がコクに深みを呼ぶ まず最初はそのまま食べる。大量に煮込まれた牛肉を箸で豪快につまみ、ガッツリと食べる。牛肉にほ [全文を読む]

吉野家「ミスター牛丼」、なぜ鮮やかな退任?熾烈競争、重なる危機を乗り越えた不格好経営

Business Journal / 2014年06月04日01時00分

だが、03年末に米国で発生したBSE(牛海綿状脳症)問題による米国産牛肉輸入停止で、04年2月から06年秋までの約2年半は牛丼販売を中止。その間に豪州産牛肉を使って牛丼販売を続けたゼンショーホールディングス傘下のすき家に、08年に店舗数で抜かれた。 吉野家低迷の煽りで、最終損益が89億円の赤字に沈んだ10年2月期の連結決算発表の記者会見では、安部氏は「不甲 [全文を読む]

ファストフード業界で“チキン戦争”勃発の理由

週プレNEWS / 2013年02月23日07時00分

そう、まさに“チキン戦争”の様相を呈しているのである! でも、なぜ今、鶏肉を使った商品が次々と登場しているのか? 日本フードアナリスト協会所属のフードアナリスト広報委員、重盛高雄氏は「各チェーンの主力の牛肉メニューが抱える問題が要因」だと語る。 「まず円安や穀物価格上昇の影響で、今年度の平均牛肉輸入価格は昨年度より6.8%も上昇。この2月から牛肉の輸入規 [全文を読む]

吉野家 「うまい」支えた往時の牛丼管理技術を取り戻せるか

NEWSポストセブン / 2013年05月05日16時00分

2006年にようやく牛丼が復活したものの、原料となる牛肉が変わったこともあり、ネット上では「吉野家の味が落ちた?」という書き込みも見られるようになった。“牛丼空白期“に入店したスタッフ教育も並大抵のことではなかったはずだ。 [全文を読む]

【最強グルメ】本物の牛肉の味を堪能できる本物すぎる牛丼屋! 秋葉原「サンボ」が激ウマ! 携帯禁止

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年05月25日06時00分

パッと見た感じ、具の大半が牛肉で、タマネギの比率が極端に低くなっていることをご確認いただけるだろうか。 もちろん、サンボの牛丼にもタマネギは使用されている。かなりじっくりと煮込まれているため、溶けて原型をほとんどとどめていないだけなのだ。タマネギの姿を確認できても、かなりドロドロに柔らかくなっている。 本物の牛丼の味 気になる味の方だが、ひと口食べればチェ [全文を読む]

エッ、あの女優さんも!?「吉野家の牛丼」大好き芸能人の意外な面々

アサジョ / 2017年03月15日10時14分

また、俳優の大沢樹生さんは、2016年9月よりJALで提供がスタートした「AIR吉野家」を大絶賛! ご飯と牛肉が別々に提供され、牛丼・牛皿どちらでも楽しめるもので、だし醤油入り玉子が添えられているのもポイント高。大沢さんは「AIR吉野家て笑」とツッコミをいれていましたが、その美味しさに感激していました。 吉野家をおいしいと感じるのは、舌の肥えている芸能人 [全文を読む]

吉野家を食べ尽くす!こだわりの食べ方②【マッキー牧元の世界味しらべぇ】

しらべぇ / 2014年12月04日08時00分

要するに、ご飯は並盛で、牛肉だけの特盛りにする(ただしこの名称は通じない店も多いので、「アタマだけ特盛りに」と注文のこと)。理由は、牛肉とご飯のバランスが最も優れているからである。 それを証明するために、今回は、アタマ大盛りを頼み、いかになるかを実践してみた。ちなみに「アタマ大盛」は、正式メニューとなっている。大盛りが460円に対し、アタマ大盛は390円。 [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

さらに、「これまでの“牛肉信仰”が崩れ去っている」と指摘するのは、外食ジャーナリストの中村芳平氏である。 「TPP(環太平洋経済連携協定)を先取りする形で、米国産や豪州産牛肉の輸入が拡大し、食品スーパーに行けば大型のステーキ肉が安く買えるようになりました。国産牛でも300g~500gクラスが閉店間際に行けば500円以内で投げ売りされている。 これだけ家庭で [全文を読む]

「日本エレキテル連合」が、新商品「牛バラ野菜焼定食」の食レポに初挑戦

PR TIMES / 2014年08月19日11時22分

牛バラ野菜焼定食は、たっぷりの牛肉と、たっぷりの野菜のバランスにこだわった「焼きバラのうまさ」と、「焼き野菜のうまさ」が満載の、コンロを使用した夏向けの商品で発売から3週間で100万食を突破しております。牛バラ肉と野菜のうまみが上手くなじむように、まぜながら食べることで、格別の味わいをお楽しみいただけます。そこで今回は、かねてからの吉野家ファンでもあるとい [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

牛丼チェーンは、これまでの低価格路線が通用しなくなった一方、円安で牛肉の輸入コストが上がり利益を圧迫。そこで、各社とも通常の牛丼以外で高めの商品を投入して収益アップを目指す。●吉野家、高価格商品で業績回復 なか卯が牛丼販売を中止して「牛すき丼」に切り替えたのには伏線がある。 吉野家は2月6日、13年12月5日から全国で発売した新商品「牛すき鍋膳」「牛チゲ [全文を読む]

おかげさまで“700万食”突破! 吉野家の新商品「牛すき鍋膳」「牛チゲ鍋膳」 ~コンロで熱々、本格鍋料理~

PR TIMES / 2014年02月06日15時09分

「牛すき鍋膳」は、歴史をたどると、牛肉や野菜・豆腐を甘辛タレで煮込んだ明治以来の料理で、吉野家が現在販売している牛丼の源流である商品と言えます。吉野家では初めて火のついたコンロに鍋をのせてご提供するので、食べ終わるまで熱々の状態が続く本格鍋料理です。 また、寒い冬にぴったりなピリ辛ダレの「牛チゲ鍋膳」も好評いただいております。 「牛すき鍋膳」「牛チゲ鍋膳 [全文を読む]

牛丼の吉野家がホームラン狙いをやめる理由 短期間で新商品を次々と投入する戦略に

東洋経済オンライン / 2017年04月13日08時00分

はなまるうどんを軸とした積極出店、米国産牛肉の仕入れ価格低減による原価率改善が寄与し、増収増益を確保したものの、期初予想の売上高1930億円、営業利益34億円を大幅に下回る決算だった。決算会見に登壇した河村泰貴社長は「計画未達となった最大の要因は、吉野家の冬場の売り上げが計画に届かなかったこと」と説明した。主力業態である吉野家の既存店売上高は通期で0.1% [全文を読む]

くみっきーが吉野家ファッションをコーディネート!?

PR TIMES / 2015年01月07日13時28分

並盛なのにボリュームたっぷりで、牛肉に白菜やネギ、きしめんと具だくさんなのもうれしいですね。 最後まで熱々なので、ゆっくり食べてもいいそうです。急がずに食べられるのなら、女性も安心して利用できますね。私も食べるのに時間がかかるので嬉しいです。 [全文を読む]

牛丼盛りつけは基本的に店員の経験 10g程度誤差は許容範囲

NEWSポストセブン / 2013年11月08日07時00分

たとえばチェーンXの場合、3つの店舗で牛肉、玉ねぎ、ご飯の重さを測ったところ、Aの店舗では牛肉71g、玉ねぎ14g、ご飯が292gの合計377gだったがBではそれぞれ54g、21g、280gの合計355g、Cでは52g、24g、301gの合計377gだった。 チェーンYでも3つの店舗で同じように測ったところ、Dの店舗では牛肉77g、玉ねぎ34g、ご飯27 [全文を読む]

牛丼業界、不毛な価格競争&疲弊の戦犯は、「リーダー」すき家である

Business Journal / 2015年10月13日06時00分

2003年にBSE(牛海綿状脳症)問題でアメリカからの牛肉輸入が停止する以前、すき家は吉野家という帝王を追う少壮気鋭の挑戦者にすぎなかった。 しかし、同騒動で吉野家が長期の牛丼販売停止に追い込まれる中、すき家はオーストラリア産の牛肉使用によって一時停止した牛丼販売を早期に再開、さらに値下げ戦略とバラエティに富んだメニュー展開などで、結果的にファミリー層の需 [全文を読む]

フォーカス