牛鍋 吉野家に関するニュース

吉野家「ミスター牛丼」、なぜ鮮やかな退任?熾烈競争、重なる危機を乗り越えた不格好経営

Business Journal / 2014年06月04日01時00分

起死回生策として同年9月7日に発売した並盛280円の低価格メニュー「牛鍋丼」がヒット、客足減にやっと歯止めがかかった格好だった。吉野家は牛鍋丼投入に際し、販売数に占める割合は「牛丼が6割、牛鍋丼が3割」と予測していた。だが、蓋を開けてみると「牛丼が3割、牛鍋丼が7割」と予測は外れ、9月の客単価は前月比15%も激減した。競合他社に比べメニュー数の少ない吉野家 [全文を読む]

【決定版】激ウマな吉野家「トマト牛鍋膳」を更に美味しく食べる方法を伝授

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年01月28日06時00分

吉野家が発売した新メニュー「トマト牛鍋膳」が絶大な人気を得ている。ちなみにこの記事はステマでも提灯記事でもない。むしろカネを払って食っているし、写真を撮りまくって不審者に思われている(被害妄想かもしれないが)。 「トマト牛鍋膳」の最高の食べ方 今回この記事を書こうと思ったのは、筆者が「トマト牛鍋膳」を毎日のように食べているからである。そしてついに、「トマト [全文を読む]

なぜ吉野家は券売機を置かないのか? 吉野家のうんちくを語ろう

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月15日11時30分

●牛丼のルーツは明治時代にあり!? 牛丼のルーツは明治時代に大流行した「牛鍋」で、東京だけで200店以上の牛鍋屋があったという。明治時代の江戸の人口を約15万人とすると、750人に1軒。現在の東京都の人口・約1300万人に対し、吉野家+松屋・すき家・なか卯の店舗数の合計が約900店―約1万5000人に1軒。明治時代は現在の20倍の割合で牛鍋屋があった計算と [全文を読む]

ご当地鍋 「北海道豚味噌鍋膳」販売地域拡大と「関西うま塩牛鍋膳」発売のお知らせ

PR TIMES / 2016年12月13日10時58分

株式会社吉野家(本社:東京都中央区、以下吉野家)は、2016年11月より販売しております地域限定メニューご当地鍋「北海道豚味噌鍋膳」の販売地域の拡大と、新ご当地鍋「関西うま塩牛鍋膳」の販売を開始いたします。 この冬、日本各地域の食材・味つけを活かした「ご当地鍋膳」5品を地域限定メニューとして販売して参りましたが、北関東以北で販売しております「北海道豚味噌鍋 [全文を読む]

吉野家「冬の定番・鍋膳」発売のお知らせ

PR TIMES / 2016年10月25日13時24分

「北海道味噌鍋膳」( 北海道・東北・北関東・新潟)、「横浜デミ牛鍋膳」(東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨)、「なごや鶏味噌鍋膳」(東海・富山・石川・福井)、「なにわ牛カレー鍋膳」(関西)、「博多とんこつ鍋膳」(中国・四国・九州・沖縄)、それぞれ5つの地域ならではの食材・味つけなど、地域特性を生かした鍋に仕上げました。 今年の冬も吉野家の「冬の定番・鍋膳」を [全文を読む]

新商品『トマト牛鍋膳』発売のお知らせ

PR TIMES / 2016年01月12日15時02分

1 月 14 日(木)10 時より全国で販売開始 株式会社吉野家(本社:東京都北区、以下吉野家)は、来る 1 月 14 日(木)10 時より全国の 「吉野家」店舗にて、新商品「トマト牛鍋膳」の販売を開始いたします。 トマトの酸味が熟成牛肉の旨味を引き立てる「トマト牛鍋膳」 「トマト牛鍋膳」は、吉野家の冬の定番商品「牛すき鍋膳」にピューレ状のトマトを加えるこ [全文を読む]

吉野家の北海道ご当地鍋が関東と九州でも味わえる!関西などでは新メニューも

Walkerplus / 2016年12月13日15時02分

株式会社吉野家は、11月から販売している地域限定メニューご当地鍋「北海道豚味噌鍋膳」(並盛680円/大盛780円)の販売地域の拡大と、新ご当地鍋「関西うま塩牛鍋膳」(並盛680円/大盛780円)の販売を開始する。 吉野家では今冬、日本各地域の食材・味つけを活かした「ご当地鍋膳」5品を地域限定メニューとして販売してきた。 北海道産味噌と「豆鼓醤」(とうちじゃ [全文を読む]

吉野家が久々大ヒットで牛鍋バトル! 価格競争終焉の裏に思惑が?

週プレNEWS / 2014年12月26日06時00分

(取材・文/井出尚志、渡辺雅史、高山 恵[リーゼント] 鈴木晴美) ■「週刊プレイボーイ」1&2合併号(12月②5日発売)「激突14番勝負! チェーン店&サービスの業界別勢力マップ!」より [全文を読む]

「すき家」の人手不足がストライキ騒動にまで拡大した理由

週プレNEWS / 2014年06月10日11時00分

牛鍋の仕込みは鍋専用の肉を煮て、規定量の豆腐、うどん、野菜と一緒にタッパーに入れ、1人前に小分けした状態で冷蔵庫に入れておく。これを50食分用意しなければなりません。 (すき家の)本部は『20分でやれ』と言いますが、できるわけがない! どんなに急いでも60分はかかります。すき家の場合、これで店がパンクしてしまうのです」 この新メニューが店舗での作業を過酷に [全文を読む]

待ってました!吉野家に今年も「牛すき鍋膳」--地域限定メニュー「ご当地鍋」も!

えん食べ / 2016年10月31日08時30分

北海道、東北、北関東、新潟で販売されるのは「北海道味噌鍋膳」、東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨で販売されるのは「横浜デミ牛鍋膳」、東海、富山、石川、福井で販売されるのは「なごや鶏味噌鍋膳」、関西で販売されるのは「なにわ牛カレー鍋膳」、中国、四国、九州、沖縄で販売されるのは「博多とんこつ鍋膳」。価格はいずれも並盛680円、大盛780円(いずれも税込)。 [全文を読む]

吉野家が地域限定の「ご当地鍋」を販売!

Walkerplus / 2016年10月26日15時54分

北海道・東北・北関東・新潟では「北海道味噌鍋膳」、東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨は「横浜デミ牛鍋膳」、東海・富山・石川・福井は「なごや鶏味噌鍋膳」、関西は「なにわ牛カレー鍋膳」、中国・四国・九州・沖縄が「博多とんこつ鍋膳」となっている。 それぞれの鍋は、各地域ならではの食材や味つけなど、地域特性が生かされている。 また、今年で4年目を迎える「牛すき鍋膳」は [全文を読む]

アツアツ&さっぱり!吉野家に「トマト牛鍋膳」--定番「牛すき鍋膳」にトマトピューレをプラス

えん食べ / 2016年01月13日12時10分

牛丼チェーン・吉野家各店(一部の店舗をのぞく)で、新メニュー「トマト牛鍋膳」が1月14日午前10時に発売される。価格は並盛630円(税込)から。 これは、吉野家冬の定番メニュー「牛すき鍋膳」にピューレ状のトマトを加えたもの。トマトの酸味が熟成牛肉の旨みを引き立て、アツアツの状態はそのままに“さっぱりとした旨さ”が楽しめるのだとか。 [全文を読む]

すき家の「牛すき鍋定食」が復活決定もネット上は物議 「またかよw」「懲りないな」の声

AOLニュース / 2014年11月21日15時05分

果たしてこの「牛鍋戦争」、すき家の再参戦によって、今後、どのような展開を迎えるのか、気になるところだ。 文・今岡憲広 【参照リンク】 すき家 公式HP http://www.sukiya.jp/news/2014/11/20141117.html [全文を読む]

松屋「適正価格」の「プレミアム牛丼」で万年3位脱出なるか

NEWSポストセブン / 2014年07月22日07時00分

幸い、昨年から吉野家が火をつけて他社も追随した単価の高い牛鍋商品や、キムチやサラダなどサイドメニューが好調なおかげで上位3社の客単価は目立って落ちていませんが、その勢いもいつまで続くか分からない。 そこで、万年3位の松屋は看板メニューである牛丼のクオリティーを高めながら、利益の出る“適正価格”に戻し、新しい攻めのブランドとして売り出す決断をしたのでしょう [全文を読む]

すき家 アルバイト不足解消せずとも「合理主義」は揺るがず

NEWSポストセブン / 2014年05月16日07時00分

人員不足に拍車をかけたのは、2月に投入した「牛鍋」だった。 度重なる牛丼の低価格競争で疲弊した各社の“切り札”として、吉野家もメニューに追加して人気を博す牛鍋。しかし、調理に手間がかかることで少人数勤務を強いられているすき家のアルバイト店員の不満が噴出。大量に店員が辞めたことで2月から4月にかけて120店以上が休業し、今も28店で再開のメドが立っていない [全文を読む]

吉野家メシが “ごゆっくり” 味わえるだと!? コンロで提供される「牛すき鍋膳」

えん食べ / 2013年12月04日11時00分

「牛すき鍋膳」は、牛肉や多くの野菜を煮込んで食べる「牛鍋」が起源となった商品。吉野家の牛丼のルーツでもあるそうだ。また「牛チゲ鍋膳」には、冬にぴったりなピリ辛ダレを使用している。どちらも、吉野家では初の“火のついたコンロ”に乗せて提供される。 「うまい、やすい、はやい」でお馴染みの吉野家だが、今回発売される2商品は最後まで“ごゆっくり” 熱々の食事が楽し [全文を読む]

牛丼業界に新顔が参戦! 東京・新橋で話題の「肉めし」の実力とは?

週プレNEWS / 2013年11月20日06時00分

「どこにもない牛肉の丼物をつくりたいといろいろ検討した結果、今の牛丼の原点である、明治時代の牛鍋にたどり着いたんですよ。当時の牛鍋はもともと、角切り肉を味噌味のタレで煮たものでした。それをヒントに試行錯誤を重ね、肉めしが完成したわけです」 現在は1店舗のみだが、将来的にはチェーン展開も視野に入れている。 「もちろん、多店舗化はしていきたいのですが、肉めし [全文を読む]

吉野家 初の塩ベースのタレを使用した「焼味ねぎ塩豚丼」発売開始 福田萌「この夏のライバルはブタさん」!?体脂肪率は?? 新メニュー発売初日に吉野家店舗で試食/家での得意料理も豚肉料理

PR TIMES / 2012年07月10日16時03分

これまでの吉野家では、牛丼・牛鍋丼をはじめ、昨年末から加わった『焼味豚丼十勝仕立て』など豚丼に関しても、しょうゆベースのタレを使用したものが定番となっていました。しかしながら、常にお客様の食のニーズに応えた商品をもっと提供し続けていきたいとの思いから、吉野家として初めて塩をベースとしたタレに取り組みました。昨今の塩味ブームも開発背景のひとつとして、塩味で [全文を読む]

今年は“熟成肉”で旨み増し!吉野家に「牛すき鍋膳」&「牛チゲ鍋膳」

えん食べ / 2014年10月23日12時00分

「牛すき鍋膳」は、牛肉や多くの野菜を煮込んで食べる「牛鍋」が起源となったメニュー。吉野家の牛丼のルーツでもあるそう。一方の「牛チゲ鍋膳」には“ピリ辛ダレ”が合わされている。どちらも火のついたコンロにのせて提供される。価格は各630円(並盛)から。 また、牛すき鍋・牛チゲ鍋の単品メニューもそれぞれ発売される。価格は各530円(並盛)から。 ※表記価格はすべ [全文を読む]

フォーカス