看板 吉野家に関するニュース

牛丼はかっこいい!インドネシアの若者に浸透する「YOSHINOYA」

FUTURUS / 2015年10月18日23時00分

実際に、日本で馴染みの看板がジャカルタ市内にも増えている。 もともと、和食は世界的に人気のある料理だ。インドネシア市民も日本の味を愛し、貴重な小遣いと時間をそのために投じている。 そしてその話をすると、多くの人からこのようなことを聞かれる。 「それじゃあ、インドネシアで一番成功している飲食企業は?」 その質問の答えは回答者によって違うと思うが、少なくとも筆 [全文を読む]

謎の激レア吉野家『白い吉野家』が京都に存在すると話題に

秒刊SUNDAY / 2013年01月03日12時00分

吉野家といえばオレンジ色の食欲をそそる看板が目印ですが、全国にはその他にも青い看板そして、激レア「白い吉野家」なんてものもあるそうです。実際にその店舗がネットで話題になっておりましたがたしかに看板は白。一体何の商品を売っているのか。そもそも白い吉野家なんて存在するのか。我々は深く調査を進めてみた。(画像)画像:フォト蔵こちらの写真を見ていただきたい。たしか [全文を読む]

吉野家だけではない 「うまい、やすい、はやい」からの脱却

NEWSポストセブン / 2016年05月06日16時00分

3月11日には、改装中だった恵比寿駅前店を黒い看板にかけ替えた。オペレーションも異なる。カフェ風の店内で、先に注文と会計を済ませるファストフード方式。卓上に紅生姜や七味唐辛子はないが、電源のコンセントはある。「吉呑み」業態のアルコールやつまみのメニューを充実させ、ごく一部の店舗でしか提供していなかったソースカツ丼も展開されている。 その一週間後、3月18日 [全文を読む]

「吉野家」がインドネシアでも大人気!現地セレブが熱狂?

しらべぇ / 2016年01月26日18時00分

そこへ、彼らの目にオレンジ色の看板と白抜きの「YOSHINOYA」という文字が飛び込んでくるのだ。そうだ、今日のランチは吉野家にしよう。のんびり牛丼でも食べながら、買い物の成果を改めて確認しよう。店内に作業着姿の男はひとりとしていない。ここは「アッパークラスの拠り所」だ。■インドネシアビジネスの成功例だが店の構造は、カウンター席が一切ない。要はファミリーレ [全文を読む]

【なんだこれ】激レア松屋『白い松屋』が京都に存在すると話題に!

秒刊SUNDAY / 2016年03月11日15時26分

一体何故この店舗だけは白い看板なのだろうか。たとえば、白い吉野家のほかには「青い吉野家」なんてものも存在する。こちらはそばを提供している全国でも珍しい店舗。そうすると、この吉野家についてもなにかしら別メニューが展開されているというのだろうか。http://goo.gl/maps/bvzxUちなみにストリートビューで現場を確認したところ、たしかにあった。やは [全文を読む]

都内で唯一!牛丼と蕎麦も食べられる青看板の「そば処 吉野家」を知っているか?

しらべぇ / 2015年09月30日10時00分

オレンジ看板でお馴染み牛丼チェーン店の「吉野家」は勿論知ってますよね。実はその吉野家には青看板の店舗があったのです。■蕎麦の吉野家!?知る人ぞ知る青看板の吉野家は、オレンジの牛丼屋とは違い蕎麦を提供する店舗。2009年頃から展開しており私も阿佐ヶ谷の商店街で見つけて「吉野家が蕎麦!?」と衝撃を受けた思い出がある。残念ながら阿佐ヶ谷店は無くなってしまい、それ [全文を読む]

牛丼吉野家とせたが屋ラーメン 異色コラボの提携効果は?

NEWSポストセブン / 2016年07月03日07時00分

その点、せたが屋は昼と夜で看板ラーメンを変える“二毛作”の形態を始めた先駆者ですし、店を出すたびに新しい食材を使ったラーメンを考案するなど、常に味の追求を怠らない。そういう点では、海外に出ていっても柔軟に対応できるでしょう」(前出・大崎氏) [全文を読む]

なぜ吉野家は券売機を置かないのか? 吉野家のうんちくを語ろう

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月15日11時30分

ここは吉野家、味の吉野家、牛丼一筋80年~♪ 街を歩いていてオレンジの看板を見かけると、このCMソングが心に聞こえる。近所に吉野家なんてなかった田舎の子どもにとって、牛丼は「キン肉マンが好きな食べ物」でしかなかった。あれから35年以上が過ぎ、吉野家は牛丼一筋115年を越え、牛丼屋はどの街にもあって当たり前の存在となった。いや、一筋ではなくなってしまったか… [全文を読む]

幸楽苑の290円中華そば 経営圧迫しても止められない事情

NEWSポストセブン / 2014年12月09日07時00分

中華そば販売中止による人件費のコストアップは多くないにしても、メニューの書き換えなどの費用は決して小さくありません」 特に幸楽苑では全店舗に「中華そば」と大書した看板を掲げている。改装費用はどの程度になるのだろうか。 「仮に全店舗の看板を掛け替えることになれば約7億円かかります」(前出・広報担当) 幸楽苑の2014年3月期の営業利益は約9億円。看板を掛け替 [全文を読む]

松屋「プレミアム牛めし」で“脱・安売りバトル”の火蓋が切られた!

週プレNEWS / 2014年07月31日06時00分

それから4ヵ月弱で、あえて看板商品の再値上げとリニューアルに踏み切った意図は、どこにあるのだろう? フードアナリストの重盛高雄氏が解説してくれた。 「松屋と同じく、業界2位の吉野家も4月に牛丼の値上げを行ない、20円アップの300円としました。同時に『史上最高』の味になったというフレコミで、リニューアルを行なったのです。ところが、吉野家ファンの多くから『前 [全文を読む]

「吉野家」に「天丼てんや」に「丸亀製麺」!インドネシアに日系ファストフード店が続々進出!

GOTRIP! / 2016年10月21日06時00分

これらのお店の看板は、日本人にとって、当たり前の日常です。 実はこれらの企業、すでにインドネシアに進出しています。 特に吉野家は、サブカルチャー関連イベントで臨時店舗を出すなどの営業戦略によって、すっかり現地の若者に浸透しました。吉野家の牛丼の味を知らないジャカルタっ子は、もやは少数派ではないでしょうか。 こうした丼ものの飲食店は、日本と同じお米の文化圏で [全文を読む]

35のチェーン飲食店にまつわる「あるある」と「なるほど」そして「愛憎」

週プレNEWS / 2016年07月19日06時00分

だから23歳で上京し、東京・高円寺で夢にまで見たあの黄色の看板を見つけたときにはもう、脊髄(せきずい)反射で入店。無意識のうちに「1300gカレー」に挑戦していました。だけど、そのときはお金なんて持っていない。その意味でも「絶対に負けられない戦い」だったんです。 ―カレーを大方平らげたところで…。 村瀬 はい、こみ上げてきたのは万感の思いではなく…カレーで [全文を読む]

幸楽苑 290円中華そばの一部販売中止が全体的と思われ困惑

NEWSポストセブン / 2014年12月08日07時00分

それによって改めて中華そばが当社の看板商品なのだと実感しているところでもあります」(広報担当) 290円ラーメンが生まれたのはデフレが顕著だった2006年のことである。他業界と同じく幸楽苑も低価格競争に参戦し、それまで390円だった定価を290円に値下げした。結果、中華そばの注文は急増。しかしながら皮肉なことに収益は悪化した。 「利益率が低く、客単価を押し [全文を読む]

今夜はサクッと“吉呑み”行っちゃう?居酒屋「吉野家」がアツイ

えん食べ / 2014年07月31日17時30分

そのオレンジ色の看板の下に、突如赤提灯が現れた。“ちょい飲み”ができる居酒屋「吉呑み」なるものが展開されているのだ。 この吉呑みがちょっとした話題となっている。筆者もさっそく、都内の店舗を訪れてみた。 訪れたのは、世間が楽しく飲みに興じているであろう金曜の20時頃。昼間は何の変哲もない吉野屋なのだが、確かに赤提灯がぶらさがっており、看板も出ている。“居酒屋 [全文を読む]

松屋と吉野家の「超絶進化」に見る牛丼の未来 空前の人手不足に、両社が模索する「打開策」

東洋経済オンライン / 2017年05月04日10時00分

黄色の看板が目印の、大手牛丼チェーン「松屋」。東京都文京区にある本郷三丁目店が、およそ3カ月の改装期間を経て、4月24日に新装開店した。都内初のセルフサービス式の新型店として生まれ変わったのだ。外観は従来の店と変わらないが、入り口には「セルフサービス店限定 メイン商品全品10円引き」の貼り紙があるが、価格は従来型店とほぼ一緒だ。中に入ると、フルサービス型の [全文を読む]

あの弁当のオリジンまで「ちょい飲み」参入…すぐに千円超え、割高でコスパ悪い?平日夜1時間でお客ゼロ

Business Journal / 2016年12月21日06時00分

ピンクを基調にした青色ロゴの見慣れたオリジン弁当の看板が、濃い焦げ茶色でシックなキッチンオリジンの看板に変わったことに気がついた人も多いだろう。 ちょい飲みサービスを提供しているキッチンオリジンは、都内に5店舗ある(ちょい飲みできるオリジンダイニングも都内に5店舗)。そこで、西武池袋線江古田駅近くにあるキッチンオリジン江古田店を平日21時ごろに訪れてみた。 [全文を読む]

吉野家「松茸牛丼」vsすき家「アボカド牛丼」秋の新作牛丼対決

しらべぇ / 2016年09月16日06時30分

・あわせて読みたい→都内で唯一! 牛丼と蕎麦も食べられる青看板の「そば処 吉野家」を知っているか?(取材・文/しらべぇ編集部・サバマサシ) [全文を読む]

肉やネギの増量可!吉野家の冬の定番「牛鍋膳」が再登場

Walkerplus / 2015年10月15日12時41分

累計での販売実績が3000万食を越えた、冬の看板商品だ。 柔らかく、まろやかな味わいの熟成肉と、たっぷりの野菜が、火のついたコンロにのせて提供され、最後まで熱々の状態で食べられる(一部の店舗では提供方法、販売時間が異なる)。 いっぱい食べたい人は、ご飯、肉が増量する大盛730円がおすすめだ。さらに今年は、多くの要望に応えて、定食の並盛にプラス300円で肉2 [全文を読む]

【検証】YAMAHAの自転車で東京から静岡のYAMAHAの工場まで26時間かけて行ってみた!

秒刊SUNDAY / 2015年02月27日10時00分

途中温泉の看板が見えてくると入りた過ぎて気が狂うかと思いました。すなお@tyoku_sunao自転車さえなかったら最高の場所に来ました http://t.co/jHZbCdqJjG2015/02/21 22:54:41ここから僕の温泉に入りたい欲に火が付きます。2回目の充電休憩数時間国道沿いを漕ぐと見えてくるのはラブホテルの数々。あそこには電源もあるしお風 [全文を読む]

まさかの牛丼400円も…吉野家大幅値上げでマクドナルドの復活もある?ってホントか

週プレNEWS / 2014年12月30日06時00分

すき家は291円で頑張っているものの、もはや“安くてうまい”牛丼は風前の灯(ともしび)! 「牛丼チェーンの抱える構造的な問題なのですが、看板メニューである牛丼は利益率がとても低い。人件費と原材料費を合わせると、提供価格の8、9割程度にまでなってしまうのです。今はそこに追い打ちがかかっている状態なので、正直、吉野家は今の380円でも厳しいはず。そのような状 [全文を読む]

フォーカス