価格 吉野家に関するニュース

吉野家がライスサンド専門店をオープンさせたらしいぞおおおぉぉ! 行ってみた

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年03月03日06時00分

ちなみに価格は500円。セットにすると別料金がかかるがドリンクがつく。 納豆と目玉焼き 包み紙に入れたまま食べるのだが、気分はハンバーガー。おこげシートとレタスに包まれた納豆と目玉焼きが美味しそうだ。 我慢できずにモッホオオオオオオオオ!! と叫びながらかじりつくと、その瞬間、納豆と目玉焼きとレタスの味が広がる!! まあ、当然だよな。納豆と目玉焼きとレタ [全文を読む]

【吉野家の謎】幻の「牛タン定食」が実在した! 吉野家本部も隠したがる秘密の裏メニュー

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年04月23日06時00分

牛丼の並盛が約2杯も食べられる価格である。 定食の内容は牛タン、唐辛子味噌、ライス、味噌汁、キャベツのマリネ。牛タンを唐辛子味噌につけて食べるようだ。 大ヒットメニューになりえる? 牛タンにはパリパリの新鮮な長ねぎスライスがのせられている。牛タンもプリプリしており、見た目は仙台で食べる牛タンと変わらず、非常に美味しそうである。これは期待できるのではないかっ [全文を読む]

牛丼はかっこいい!インドネシアの若者に浸透する「YOSHINOYA」

FUTURUS / 2015年10月18日23時00分

■ 日本の味を手頃な値段で ここで敢えて矛盾しているかのようなことを書くが、インドネシアの吉野家は“手頃な価格の店”である。 だがそれは、“単に値段の安い店”というニュアンスではない。インドネシアでは、“日系飲食チェーン店”という事柄自体にブランド性がある。「メイド・イン・ジャパン」と書かれた家電製品が消費者から信頼を得ているのと同じことだ。 吉野家は、 [全文を読む]

はなまるうどんと丸亀製麺、うどん界の2強対決に起きた異変

まぐまぐニュース! / 2017年02月03日05時00分

丸亀製麺の原価率が「はなまる」より低いということは、原価が低いか価格が高いかのどちらか一方か両方が考えられます。原価で大きな差があるとは考えにくいため、おそらく価格が高いことにより原価の割合が低くなっていると推察できます。 つまり、丸亀製麺は高くても売れているということです。丸亀製麺は全国の店舗すべてに製麺機を置き、小麦粉から打ちたての麺を作っています。 [全文を読む]

吉野家、1720円「鰻重」は厳しい戦いと予想の理由 160円「つゆだけ丼」に商機?

Business Journal / 2015年06月19日06時00分

三枚盛は単品で1650円、みそ汁と漬物を付けたセットで1720円と、吉野家の歴代商品で最も高い価格に設定する。 東京は5月に真夏日が何日もあるなど暑い日が続き、これから本格的な夏を迎える。そんな中、スタミナ補充にぴったりなのが鰻だ。そこで、吉野家が攻めの姿勢を見せた。では、この鰻重はヒット商品になるだろうか。 結論からいえば、筆者は厳しいと考える。吉野家が [全文を読む]

米国 Apple 本社に一番近い日本食レストランは「吉野家」

えん食べ / 2014年06月14日19時00分

その理由は、価格にありました。牛丼並盛りの価格は4ドル79セント。味噌汁の価格は1ドル79セント。これに税金(9%)を足せば、なんと7ドル15セント(約728円)です。日本で同じものを注文すると、その価格は360円。吉野家 Cupertino 店の牛丼の値段は、日本のちょうど倍なのです。恐るべし、シリコンバレー価格[全文を読む]

吉野家 「うまい」支えた往時の牛丼管理技術を取り戻せるか

NEWSポストセブン / 2013年05月05日16時00分

牛丼の吉野家が、4月に価格をライバル店と同じレベルに引き下げた。牛丼戦争再び。そこで気になるのが味はどうなるのか。熱烈な吉野家ファンを代表して、食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が語る。 * * * チェーンの牛丼といえば吉野家である。僕にとって他の選択肢はない。その吉野家がこの4月、牛丼の価格を引き下げ、これまで380円だった並盛の価格を、ライバル [全文を読む]

すき家が強気に出た。1080円の高級弁当に隠された3つの意図

まぐまぐニュース! / 2016年12月06日05時00分

すき家の牛丼は並盛で1杯350円なので、およそ3倍の価格の「高級牛丼」といえます。 このすき家の「高級化路線」への転換に、ネット上では「迷走している」や「誰もすき家では1,080円の牛丼など食べないから、売り上げアップにつながらない」など否定的な意見も散見されます。 ただ、すき家自身はこの「黒毛和牛弁当」で直接売り上げや利益アップを図る意図はないと思われま [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

牛丼各チェーンは消費者から「味の吉野家、種類の松屋、価格のすき家」というイメージを持たれてきた。消費者を対象にした過去の調査も、そうした各チェーンの傾向に沿った結果が出ていたし、各チェーンのトップもそのイメージに重なる経営思想を持っていた。 ところが今年、各チェーンの目指す行き先と世間のイメージとに齟齬が生じ始めた。 この7月「松屋」が「牛丼の味」にこだわ [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

主要食材の米国産牛肉の仕入れ価格が低下したことなどにより、原価率が前年同期より1.7ポイント改善したことが増益に貢献しました。 ところで、牛丼の近年の仕入原価は安定しないという特徴があります。牛丼に使われる肉は主に米国産の牛バラ肉(ショートプレート)が使われるのですが、近年の輸入価格は大きく変動しています。 農畜産業振興機構の調査によると、米国産ショートプ [全文を読む]

夏本番!吉野家 夏の恒例イベント。「夏のビールキャンペーン」実施のお知らせ

PR TIMES / 2015年06月30日11時52分

生ビール(ジョッキ)を特別価格300円でご提供! 株式会社吉野家(本社:東京都北区、以下吉野家)は、2015年7月1日(水)10時より、全国の「吉野家」店舗(一部店舗は除く)にて恒例の「夏のビールキャンペーン」を実施いたします。 [画像: http://prtimes.jp/i/12804/10/resize/d12804-10-526940-0.jpg [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

●牛丼低価格戦争の終焉 昨年後半から「牛すき鍋膳」(並盛580円)を中心とした高価格帯商品を販売し、業績や株価が回復基調にある吉野家。すき家やなか卯などとの牛丼低価格戦争、焼牛丼という新たなジャンルで切り込んできた東京チカラめしとの争いに自ら終止符を打ったかたちだ。吉野家の好調ぶりを見て、売り上げ不振が著しい東京チカラめし以外の競合他社はさっそく動き始めた [全文を読む]

~牛丼チェーンの5000人アンケート~ よく行く牛丼チェーンは1位すき家、2位吉野家、3位松屋! 一方、牛丼チェーンに行かない人は女性50%、男性25%!

PR TIMES / 2013年07月24日17時31分

安さを売りにしてきたファーストフードの代表格牛丼チェーンにおいて、“安売り”からの脱却をはかり高価格路線を模索し始めているなか、利用者の実態について10代~80代の男女5,338名(女性3,556名、男性1,782名)を対象に2013年7月2日に調査を実施しました。◆男性に人気の「吉野家」、男女ともに選ばれる「すき家」、一方「行かない」人は41% よく行 [全文を読む]

まさかの牛丼400円も…吉野家大幅値上げでマクドナルドの復活もある?ってホントか

週プレNEWS / 2014年12月30日06時00分

円ドル為替レートは1年前に比べて20円近く円が安くなり、原材料の輸入価格が高騰したんです。そして、もうひとつの大きな要因が米国産牛肉の価格上昇。米国の干ばつ被害により出荷数が減少し、さらに中国や東南アジア諸国での需要の高まりもあって、1年前の約2倍に値上がりしています。ですから、牛丼を従来の低価格で提供し続けることが現実的にもう不可能になったのです」 苦し [全文を読む]

「焼味豚丼」のうまさに、ラブプリンス東貴博さんが大胆発言! 東MAX邸内に吉野家新規出店か?!

PR TIMES / 2012年11月01日11時10分

価格についても、「並盛380円って、安すぎない?!僕なら言い値を出すよ!お金ならあるからね(笑)。」と、お馴染みのフレーズで笑わせてくれました。「焼味豚丼」は昨年12月の発売以来、3000万食に迫ろうか、という吉野家の人気商品で、発売時には安めぐみさんにPRしてもらったことを伝えると、「それはすごいね!僕の奥さんも一役買ったんだね。そう言えば、吉野家さんか [全文を読む]

牛丼の吉野家がホームラン狙いをやめる理由 短期間で新商品を次々と投入する戦略に

東洋経済オンライン / 2017年04月13日08時00分

はなまるうどんを軸とした積極出店、米国産牛肉の仕入れ価格低減による原価率改善が寄与し、増収増益を確保したものの、期初予想の売上高1930億円、営業利益34億円を大幅に下回る決算だった。決算会見に登壇した河村泰貴社長は「計画未達となった最大の要因は、吉野家の冬場の売り上げが計画に届かなかったこと」と説明した。主力業態である吉野家の既存店売上高は通期で0.1% [全文を読む]

吉野家の居酒屋新業態「吉呑み」の実力! 実験店舗が大好評で全国400店がオープン?

週プレNEWS / 2014年09月04日06時00分

その店内は、昼は通常の牛丼店だが、夕方から居酒屋スタイルに切り替わり、「生ビール」(310円*キャンペーン価格)や「角ハイボール」(350円)、「焼酎(芋・麦)」(各300円)といったアルコール類のほか、「まぐろ刺身」(300円)や「冷奴」(150円)など居酒屋の定番メニューが低価格で提供される。 吉呑みは今後も中目黒店、西新橋店、所沢駅前店、名古屋の千 [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼンショーグループの「すき家」に一本化する。 なか卯は牛丼以外の丼物やうどんに集中。牛丼に代わり、新たに「牛すき丼」を全店で売り出した。価格は並盛で350円とこれまでの牛丼より60円高く、高価格設定で収益力を高める。 ゼンショーHDの14年3月期連結決算の売上高は、前期に比べて8.8%増の4544億 [全文を読む]

おかげさまで“700万食”突破! 吉野家の新商品「牛すき鍋膳」「牛チゲ鍋膳」 ~コンロで熱々、本格鍋料理~

PR TIMES / 2014年02月06日15時09分

吉野家はこれからも、百年変わらぬ伝統のうまさをお手頃な価格でご賞味いただけるよう努めてまいります。 今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。 ------------------ 商品価格 ------------------ 「牛すき鍋膳」 並盛り・・・580円 大盛り・・・680円 「牛チゲ鍋膳」 並盛り・・・580円 大盛り・・・6 [全文を読む]

夏のうな丼戦争 すき家が吉野家より有利な理由を専門家解説

NEWSポストセブン / 2013年05月28日07時00分

うなぎの養殖に使う稚魚(シラスウナギ)の不漁で蒲焼きの価格が国内外で高騰を続ける中、中国産を使って昨年と同じ価格「並盛り780円」で提供するという。もちろん、うなぎと牛丼が両方味わえる「うな牛」(並盛り880円)での差別化も忘れないあたり、すき家のお家芸は健在といえる。 ところが、今年のうな丼発売には特別な意気込みが感じられると話すのは、外食産業に詳しいジ [全文を読む]

フォーカス