300円 吉野家に関するニュース

菅田将暉さんとのコラボレーション商品が期間限定で販売!『菅田(将暉)スペシャル』販売のお知らせ

PR TIMES / 2017年04月19日16時10分

尚、現在実施中の、吉野家『春の300円まつり!』も今週末4月21・22日の第四弾「牛丼並盛300円」が最後となります。合わせてどうぞご利用ください。 [画像1: https://prtimes.jp/i/12804/49/resize/d12804-49-565496-0.jpg ] ※キムチ・ねぎ玉子は別鉢で提供いたします。 ※一部の店舗では販売いたし [全文を読む]

“日本の魅力”を東京から発信! 「東京大茶会2016」 開催 http://www.tokyo-grand-tea-ceremony.jp 「茶席」の事前申込締切は8月31日!

DreamNews / 2016年08月19日18時00分

「東京大茶会2016」開催概要(予定) 開催概要開催日程 平成28年9月24日(土)・25日(日)開催時間 10:00~17:10 (開園時間9:30~17:30) ※受付開始9:30、最終受付16:30 ※入園時間は17:00まで開催場所 江戸東京たてもの園所在地 東京都小金井市桜町3-7-1 都立小金井公園内アクセス ■JR中央線「武蔵小金井駅」北口2 [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

通常の牛丼より300円も高いのに、家族連れなど幅広い層から支持されたという。 [全文を読む]

吉野家に女性客を増やすには? 専門家が店舗改装を提案

NEWSポストセブン / 2016年06月08日07時00分

2014年12月より牛丼並盛1杯の価格を300円から380円に値上げしたことがきっかけで客離れを招き、それ以降も業績低迷を続けている牛丼チェーン大手の吉野家。 今年4月には約4年ぶりの復活となる豚丼を300円で投入(通常価格は330円)。わずか2か月で1000万食を売り上げ、客数減にはどうにか歯止めをかけたものの、既存店の売上高を大幅に伸ばす“起爆剤”とま [全文を読む]

夏本番!吉野家 夏の恒例イベント。「夏のビールキャンペーン」実施のお知らせ

PR TIMES / 2015年06月30日11時52分

生ビール(ジョッキ)を特別価格300円でご提供! 株式会社吉野家(本社:東京都北区、以下吉野家)は、2015年7月1日(水)10時より、全国の「吉野家」店舗(一部店舗は除く)にて恒例の「夏のビールキャンペーン」を実施いたします。 [画像: http://prtimes.jp/i/12804/10/resize/d12804-10-526940-0.jpg [全文を読む]

吉野家『春の300円まつり!』実施のお知らせ

PR TIMES / 2017年03月23日15時44分

3月31日より金・土曜日限定 4週連続ディスカウントセール 株式会社吉野家(本社:東京都中央区、以下吉野家)は、2017年3月31日(金)・4月1日(土)を第一弾とした4週連続のディスカウントセール『春の300円まつり!』を全国の「吉野家」店舗にて、実施いたします。 今回の4週連続ディスカウントセールは、期間中、毎週金曜日の10時から土曜日の22時まで、対 [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

昨年3月は概ね2,800円台で推移していましたが、9月頃から上昇局面に入り、今年3月に入ってからは4,300円以上をつけています。1年で5~6割程度上昇しています。 競合の吉野家ホールディングス(HD)やゼンショーの株価も上昇していますが、松屋フーズほどではありません。吉野家HDの昨年3月の株価は概ね1,300円台で推移していました。その後は上昇傾向を示し [全文を読む]

~お客様のご要望に応え、あの味が再登場!~ 豚丼復活します!

PR TIMES / 2016年03月30日12時54分

また、「豚丼」の復活を記念いたしまして、4月6日(水)10:00~4月12日(火)20:00までの間、「豚丼」並盛を300円でご提供いたします。 この機会に復活した吉野家の「豚丼」をどうぞご賞味ください。 商品名・価格(税込) [表: http://prtimes.jp/data/corp/12804/table/26_1.jpg ] [画像: http [全文を読む]

牛丼業界、不毛な価格競争&疲弊の戦犯は、「リーダー」すき家である

Business Journal / 2015年10月13日06時00分

すき家は、9月29日~10月8日の期間限定(後に10月22日までに延長)で、牛丼並盛を350円(税込み価格、以下同)から290円に、吉野家も西日本限定で10月1日~7日の1週間、牛丼並盛を380円から300円に値下げした。松屋も、10月15日~22日の1週間限定で、380円のプレミアム牛めし並盛を330円で販売する。 一時、牛丼はデフレの象徴として激しい [全文を読む]

牛丼第3極狙う「東京チカラめし」は値下げより炒飯で勝負か

NEWSポストセブン / 2012年12月04日07時00分

でも、牛丼を300円未満で食べるのに慣れ切った消費者にとっては、10円や20円の違いでは響かない。品質保持と企業体力からいっても250円は限界を超えている」(業界関係者) 捨て身の価格破壊に出た「吉野家」の先行きを案じる声も出始めている。価格での差別化ができないとなると、牛丼チェーンはどこに生き残りの道を探るのか。市場調査会社、富士経済の上田周作・主任研究 [全文を読む]

吉野家が牛丼戦争で一人負け、出前サービスで活路を開けるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年06月08日05時00分

吉野家は4月に4週連続で金・土曜日に牛丼並盛などが300円となる「春の300円まつり!」を大々的に展開しましたが、客数は前年同月比12.2%も減少するなど、不発に終わった格好です。 ただ、牛丼業界すべてが不調だったわけではなく、「牛丼御三家」の残りの2社、すき家は4月の既存店売上高が前年同月比5.2%の増加、そして松屋は3%の伸びを記録していることからも、 [全文を読む]

毎週金曜・土曜に牛丼・豚丼・明太子定食が…… 吉野家が4週連続で「春の300円まつり!」開催

ガジェット通信 / 2017年03月25日23時20分

牛丼チェーンの吉野家が、3月31日より毎週金曜日と土曜日に「春の300円まつり!」を開催する。 3月31日・4月1日と4月21日・22日に牛丼並盛、4月7日・8日に豚丼並盛、4月14日・15日に辛子明太子定食が300円で提供されるというもの。時間は金曜日10時から翌日土曜日の22時までとなる。辛子明太子定食は、通常は朝4時から11時までのみの朝メニューであ [全文を読む]

吉野家が4週連続ディスカウントセール「春の300円まつり!」

Walkerplus / 2017年03月24日14時20分

株式会社吉野家は、3月31日(金)と4月1日(土)を第1弾とした4週連続のディスカウントセール「春の300円まつり!」を、全国の「吉野家」店舗で実施する。 期間中は、毎週金曜日の10時から土曜日の22時まで、対象商品をディスカウントで販売。3月31日と4月1日の第1弾は「牛丼並盛」、4月7日(金)と4月8日(土)の第2弾は、「豚丼並盛」、4月14日(金) [全文を読む]

吉野家は二度救われた。代打の「豚丼」がもたらした奇跡の復活劇

まぐまぐニュース! / 2016年06月12日20時00分

たとえば、牛丼・並盛は280円から300円に値上げしました。同年12月17日からは牛丼・並盛を300円から380円にするなどのさらなる値上げを実施しています。 値上げにより客離れが加速していた 値上げの影響で、14年4月から豚丼の復活販売前の16年3月までの全店客数の対前年比は、14年10月、11月、15年8月、16年2月以外の月は全てマイナスとなっていま [全文を読む]

牛丼店多様化 店員の負担重くサービス低下の懸念も

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

また、かつて米国で発生したBSE(狂牛病)の影響で牛肉の輸入がストップした際、牛丼の代替品として思わぬ好評を博した〈豚丼〉を4月から330円(12日まではキャンペーン期間で300円)で復活させるなど、牛丼以外の商品で“割安感”を出している。ネット上でも〈豚丼、懐かしい! 牛丼より食べたいかも〉〈300円でこの味なら納得〉といった書き込みが溢れている。 [全文を読む]

今だけ!西日本の吉野家で牛丼並盛が300円に--大盛りや牛皿も80円引き

えん食べ / 2015年09月30日08時10分

西日本エリアの吉野家(一部店舗のぞく)で、「今だけ牛丼並盛300円」キャンペーンが10月1日10時から10月7日20時まで実施される。 期間中、通常価格380円の牛丼並盛が300円で販売される(いずれも税込)。その他の牛丼関連商品(牛丼大盛り・特盛、牛皿など)も80円引きとなる。 実施されるのは、近畿・中国・四国・九州エリアの吉野家となっている。 [全文を読む]

吉野家でお得な一杯を!おすすめは生ビール×鰻重

Walkerplus / 2015年07月23日10時26分

今回も、通常価格380円の「生ビール(ジョッキ)」を特別価格の300円で提供。「鰻重」(一枚盛750円~)や「鰻皿」(並盛650円)と一緒に“夏の吉野家”を堪能することができる。 実際に記者も吉野家へ行き、「鰻重 一枚盛セット」(みそ汁・漬物付き820円、単品750円)と「生ビール(ジョッキ)」(300円)のコラボレーションを楽しんできた。例年より約2割ほ [全文を読む]

3大チェーンが1年で2回ずつ価格改定 牛丼は日本社会の縮図

NEWSポストセブン / 2015年01月04日16時00分

こちらは増税分の10円(正確には8.7円)ではなく、20円を値上げして300円に。増税以外にも円安など複数の値上げ要因があったが、その中で肉質の改善などに「20円」の理由を盛り込んだ。ところが、4月時点で1米ドル=102円前後だった為替レートが夏以降、急激な円安に。松屋などが比較的通貨レートの変動がゆるやかだったオーストラリア牛なども含めた原料仕入れを行う [全文を読む]

森永卓郎氏「円安続けば牛丼並盛500円時代もありうる」と予測

NEWSポストセブン / 2014年12月17日07時00分

この12月17日から牛丼並盛を300円から380円に値上げする吉野家では「米国産牛肉の相場が現地の干ばつの影響で高騰しており、円安が仕入れ価格を押し上げている」(吉野家ホールディングス広報IR担当)という。 吉野家をはじめファストフードに一家言を持つ経済アナリストの森永卓郎氏はこんな見方をする。 「牛肉の質を落とせば価格を守ることができたと思いますが、吉野 [全文を読む]

吉野家が突然の値上げ発表、ネット上に悲しみの声 「暴動起きるレベル」「段階的にしろ」

AOLニュース / 2014年12月10日12時00分

牛丼チェーン大手の吉野家は、12月17日午後3時より、主力商品の牛丼について、300円から380円(並盛)値上げを行うことを発表した。 これは同社が使用している米国産牛肉の出荷減と円安により、輸入価格が高騰。それを受けての値上げへと踏み切った。しかし、この庶民の懐を直撃する値上げに、早くもネット上からは、「うわっ高けぇ...」「あーあ、もう行けねえわ」「ま [全文を読む]

フォーカス