広告 吉野家に関するニュース

牛丼の吉野家が60年続けてきた、インターネットに真似できないこと

まぐまぐニュース! / 2017年02月14日04時45分

image by: Tupungato / Shutterstock, Inc. 『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』理央 周(めぐる)あのヒット商品はなぜ「ヒット」したのか?あのレストランの予約は、なぜいつも取れないのか?世の中で「売れているモノや人気者」はなぜヒットするのでしょうか?毎号実際の店舗や広告を取り上 [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

広告でも「すき家の牛丼」「すき家のどんぶり」というメッセージをやめ、「牛すきからすき家が始まった」というメッセージを打ち出し始めた。トレンドに乗り高価格帯商品を投入することで、収益構造を改善したい気持ちがありありと見える。 また、なか卯は通常の牛丼の販売をやめ、牛すき丼(並盛り350円)を投入。すき焼きというトレンドに乗りつつ、より低価格なメニューで客を取 [全文を読む]

エイプリルフール2017まとめ(公式)

ガジェット通信 / 2017年04月01日00時00分

■BIG DELDE登場(城崎広告) http://shirosakiad.com/pr201701/ サンスター文具のペンケース『DELDE』に、190cmのサラリーマンがすっぽり入るビッグサイズが登場。 ■LR Dash Button(LR賃貸) https://lr.chint.ai/contents/lr-dash-button-aprilfoo [全文を読む]

斉藤和義、吉野家とコラボしたCMソング&どんぶり!

okmusic UP's / 2013年04月11日23時18分

それにともない従来の広告を刷新し、北大路欣也、宮川大輔、相武紗季をイメージキャラクターに起用し、新TV-CM「登場」篇を制作。CMの舞台は黒バックのテーブルに、1 杯の牛丼が置かれたシンプルな空間。それぞれが牛丼と1対1で対峙し、夢中でそのう まさを味わう象徴的な表情やアクションと、書き下ろし楽曲「Hello! Everybody!」の骨太なギターサウン [全文を読む]

吉野家が牛丼戦争で一人負け、出前サービスで活路を開けるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年06月08日05時00分

たとえば、一注文当たり1,500円、配達料300円を徴収しても、コストが商品の原材料費はもとより、デリバリーの広告代やシステム料、人件費などを合わせて2,000円かかるようであれば、1回あたり、200円の損失が発生することにつながります。 もちろん、「出前館」にデリバリーをアウトソースする場合も、毎月のサイト掲載料3,000円に加えて、一定の受注代行手数 [全文を読む]

【最強グルメ】本物の牛肉の味を堪能できる本物すぎる牛丼屋! 秋葉原「サンボ」が激ウマ! 携帯禁止

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年05月25日06時00分

余計な広告やポスターなどは一切なく、余計な情報が頭に入ってこないため、純粋に目の前の牛丼だけに向き合うことができるのだ。 携帯電話の使用は解禁されたとはいえ、食事中のわずかな時間くらい携帯電話はカバンにしまってしまおう。純粋に目の前の牛丼とだけ向き合い、集中して牛丼を食らう。それこそがサンボの流儀であり、サンボの牛丼を最も堪能できる作法であることは間違いな [全文を読む]

フォーカス