ゆかり 石田ゆり子に関するニュース

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

」「スタッフワークは言うに及ばず、それを基礎にSNSや登場人物ゆかりの地を巻き込んだ「視聴者との共犯関係」の構築が抜群に巧かった。」「最後にオープニングきたやつ。SNSで盛り上がれたのもいい。昔はテレビ見た次の日にその話題とかになるけど、今はテレビの話はしないし。共有できるのがTwitterになった。」三谷幸喜サン渾身の脚本。時に筆が滑りすぎてコメディに走 [全文を読む]

高良、石田ゆり子からのチョコに「事件が起きてます」

Movie Walker / 2015年02月14日13時44分

本作は、縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を放浪する青年と、夫を殺した過去をもつヒロインの旅の行方を描き、死のあり方を問う物語。この日は、主演を務めた高良に、石田をはじめ登壇者全員がバレンタインチョコをプレゼント。次々とチョコを渡された高良は「今、これサプライズ?」と何が起きているのかわからず、目を丸くした。 石田からは特製の“悼む人チョコ”をプレ [全文を読む]

最後の大物独身女優・石田ゆり子、最新映画で“気高き美女“の艶技を披露

メンズサイゾー / 2015年01月25日12時00分

原作に惚れ込み、2012年には舞台化も実現させている堤幸彦が監督を務め、事故や事件で亡くなった縁もゆかりもない人たちを悼みながら旅をする青年を中心に、生と死を見つめるドラマを描き出す。 すでにネット上には予告映像が公開されており、その中にもラブシーンを演じる石田の姿が登場。さらに本編では、井浦新(40)と高良健吾(27)とのハードなセックスシーンが見られる [全文を読む]

高良健吾、「どの作品もどの役も、この役に必要だったと思えた」と『悼む人』への手応えを語る

Movie Walker / 2014年12月01日13時17分

主演の高良が演じたのは、縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を放浪する青年・坂築静人役。「10代後半から、20代中盤くらいまで、自分が死んだり、人を殺してしまったりする役が本当に多くて。普通の人よりも死について考えてきたり、感じてきたと思います。そうやって毎日憂鬱に過ごした経験があり、10年目ってことで、次は“悼む”。今回この役をやれたのは、そのおか [全文を読む]

石田ゆり子 新作映画「悼む人」で放つ熟女優の色香

アサ芸プラス / 2014年05月13日09時58分

縁もゆかりもない死者を悼むために全国を放浪している主人公を高良健吾(26)が演じる。 幼い時に両親が離婚し、愛に飢えて育った石田は、交際していた男からDVを受ける。そして、逃れた先の被害者シェルターの運営者と結婚、初めて愛のある絡みを経験する。冒頭のシーンがその場面となる。 芸能デスクが興奮気味に語る。 「この作品は石田が女優としての本気の艶技を見せる作品 [全文を読む]

映画「悼む人」で熊谷育美が堤幸彦監督と4度目のタッグ

Smartザテレビジョン / 2014年12月03日18時52分

主人公の坂築静人は、縁もゆかりもない不慮の死を遂げた人々を「悼む」ため、全国を旅する。死者が生前「誰に愛され、誰を愛したか、何をして感謝されていたか。その生きていた姿を覚えておく」という静人の行為によって、静人の取り巻く人々の生死観、愛憎、罪と許しに対する考え方に影響を与えていくヒューマンドラマだ。高良健吾、石田ゆり子、大竹しのぶ、井浦新、椎名桔平、貫地谷 [全文を読む]

フォーカス