石田ゆり子 コントレールに関するニュース

石田ゆり子 WOWOW新ドラマで挑む「アラフィフ」艶技!(1)「逃げ恥」の星野源と再共演

アサ芸プラス / 2017年04月16日09時57分

激しい濡れ場が期待される作品のヒロインは、われらが石田ゆり子(47)である。 今夏からWOWOWでスタートする連続ドラマ「プラージュ」(土曜・夜10時)に、石田と星野源(36)の出演が発表された。昨年末から社会現象化したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で共演した2人が再び絡むのだ。 周囲の過熱ぶりをテレビ誌ライターが話す。「昨年12月20日に放 [全文を読む]

1位はやっぱりあの作品…主婦が選ぶNHK「ドラマ10」名作

WEB女性自身 / 2016年11月23日12時00分

女として『まだイケる』のか、『もうダメ』なのか 振り子のように揺れる思いを抱え、どんよりとした心地で生きている女性も多いのです」(ペリーさん・以下同) 2位は、石田ゆり子がヒロインを演じた『コントレール〜罪と恋〜』( 16年放送)。年齢を重ねたうえでの石田ゆり子のかわいらしさにも、主婦からの声が多かった。物語は、無差別殺人事件で夫を失った文(石田)は「コン [全文を読む]

NHKドラマ『コントレール』石田ゆり子のセクシーすぎるベッドシーンが話題に 「本当美しい」

AOLニュース / 2016年06月13日12時00分

人気ドラマ『コントレール~罪と恋~』(NHK)の最終話が放送された6月10日、視聴者の間では、主人公・文を演じる、女優・石田ゆり子(46)が披露した"エロすぎるベッドシーン"が男性視聴者の間で話題となった。 本作で石田が演じているのは、無差別殺人により夫を失い、5歳になる子供と二人暮らしをしている傷心のシングルマザー・文。最終回では、元弁護士のトラックドラ [全文を読む]

脚本家・大石静が考える“大人の女性が恋する意味”

WEB女性自身 / 2016年05月18日06時00分

無差別殺人事件で夫を失った文(石田ゆり子)。事件から6年後、切り盛りするドライブイン『コントレール』で出会った暸司(井浦新)は、決して愛することを許されない、夫をあやめた男だった という、大人の女のラブストーリーだ。 彼女は、これまでも『セカンドバージン』( 10年)、『ガラスの家』( 13年)といった、大人の女性をとりこにするラブストーリーを手掛けてきた [全文を読む]

石田ゆり子「上品なのにエロい」46歳の美の秘密は

WEB女性自身 / 2016年05月18日06時00分

ヒロインは無差別殺人事件で夫を失った文(石田ゆり子)。事件から6年後、切り盛りするドライブイン『コントレール』で出会った暸司(井浦新)は、決して愛することを許されない、夫をあやめた男だった という、大石静が描く大人の女のラブストーリーだ。 文を演じる 奇跡の46歳 石田ゆり子の美しさにうっとりと憧れる女性も多い。そんな彼女の美しさの秘訣とは何だろう? 「石 [全文を読む]

昔から需要ある不倫ドラマ 最近は描かれ方に大幅変化

NEWSポストセブン / 2016年05月14日16時00分

『コントレール』では、夫を殺めてしまった男に惹かれ自らキスする石田ゆり子(46才)、『毒島~』では二股をかけながらもさらに既婚者であるライバル紙記者と関係を持つ前田敦子(24才)など、“肉食系女性”の姿が艶やかに描かれている。 不倫に翻弄される弱き女性は消え、女性もまた“加害者の1人”として不倫の恋にのめり込む姿が描かれている。控えめ雰囲気の石田ゆり子[全文を読む]

桜庭ななみ、初の“悪女役”に挑戦中!

Smartザテレビジョン / 2016年05月10日12時45分

大石静脚本、石田ゆり子主演で放送中のドラマ10「コントレール~罪と恋~」(毎週金曜、NHK総合)。6年前に無差別殺人事件で夫を失った文(石田)と、事件現場に居合わせて犯人を取り押さえようとする中で文の夫を死に至らしめた瞭司(井浦新)の恋を描いている。そんな「コントレール―」で、文の夫・敦(丸山智己)の交際相手・圭子を演じる桜庭ななみを直撃。敦の死の瞬間を目 [全文を読む]

石田ゆり子、刹那の“キスシーン”に心奪われるワケ 『コントレール』は恋愛ドラマの傑作となるか

リアルサウンド / 2016年05月06日06時10分

そんな状況下にあって、筆者が最も心奪われたのは、金曜日に時間帯を移動したNHK総合「ドラマ10」枠で放送中の『コントレール~罪と恋~』で、主演の石田ゆり子と井浦新が見せた、刹那の“キスシーン”でした。かつて、『セカンドバージン』で“不倫愛”を真正面から描いた脚本家・大石静のオリジナル作品である本作。ひこうき雲(フランス語で“コントレール”)が鮮やかに映える [全文を読む]

グッとくる「魔性の妖艶女優」総選挙!(3)<40代の「登頂」篇>豊満じゃない石田ゆり子がモテる理由

アサ芸プラス / 2017年06月20日12時57分

なぜ、石田ゆり子(47)はグラマラスではないのに、男たちがグッとくる芳香を放つのか──。40代部門のトップに選出された理由を、映画評論家の秋本鉄次氏が推察する。「1年前に主演を飾ったNHKの『コントレール~罪と恋~』では、40代でも落ち着いていない“うつろな女性”の魅力がぬきんでていた。彼女の場合、男のドSな部分を刺激するところがあり、特に不倫をテーマに [全文を読む]

11月新ドラマ主演で「『大人の秘めたもの』表現したい」

WEB女性自身 / 2016年11月28日06時00分

同じ時期にドラマ10で放送していたのが、石田ゆり子主演の『コントレール〜罪と恋〜』だった。 「私が出演した『不機嫌な果実』は少しコミカルさもありましたが、『コントレール』の世界は真逆。石田さんの魅力と相まって、 大人の秘めたもの を感じました」 それから半年を経て、自身もドラマ10のヒロインを演じることになった。 「ふだん以上に緊張しています。恋愛要素のあ [全文を読む]

2016年上半期芸能美女「ツヤツヤ大賞」を一挙表彰!(2)ドラマ部門はサービスカット満載の前田敦子、CM部門は50代バストを見せつけた松田聖子

アサ芸プラス / 2016年07月03日09時57分

「毎回、シャワーキスやバスタオル1枚のサービスカットなど濃厚シーンの連続に、まさかここまでやってくれるとは‥‥と思わずうめきました」 さらに、「僕のヤバイ妻」(フジテレビ系)では相武紗季(31)が不倫相手の嫁の資産を狙う悪女セックスに、「コントレール~罪と恋~」(NHK)では石田ゆり子(46)が夫を過失で殺した男と背徳的なセックスに溺れていく‥‥。 芸能評 [全文を読む]

不倫…疑似体験してみる?「禁断の恋」にどっぷりつかれる小説3選

BizLady / 2016年06月29日23時00分

■1:『コントレール~罪と恋~』の恋が切なすぎる! 石田ゆり子主演の話題ドラマが小説に 6月10日に最終回を迎えたNHKドラマ『コントレール~罪と恋~』が早くもノベライズ化。 6年前に夫が殺され、“心の傷”と向き合いながら、たくましく生きている主人公が恋に落ちた相手は、同じく過去の傷を引きずっている男性。 30代、40代にもなれば、誰もが心の中にある“過 [全文を読む]

井浦新『コントレール』シャワーシーンは「力入れてます」

WEB女性自身 / 2016年05月20日06時00分

無差別殺人事件で夫を失った文(石田ゆり子)。事件から6年後、切り盛りするドライブイン『コントレール』で出会った暸司は、決して愛することを許されない、夫をあやめた男だった という、大石静が描く大人の女のラブストーリーだ。 文が、運命的に出会ってしまったトラックドライバーの暸司。トラウマを抱え、すべてを捨てた、この元弁護士を好演するのが井浦新(41)。 《海 [全文を読む]

『コントレール』脚本家・大石静さん 40代こそ女の旬と語る

NEWSポストセブン / 2016年05月16日07時00分

主人公の文(石田ゆり子)は、無差別殺人事件で夫を失ったシングルマザー。その夫が不倫していたこともわかり、苦しみに沈む。そんな中、かつて夫を殺めてしまった瞭司(井浦新)と、それとは知らず、激しい恋に落ちる。 文と石田ゆり子のイメージがぴったりだが、最初から彼女をイメージして描いたのではないという。「石田さんは今、40代の女優の中でいちばん輝いていると思いま [全文を読む]

『不機嫌な果実』に『コントレール』“夜メロ”ブーム再び?

NEWSポストセブン / 2016年05月07日07時00分

前回の主演は石田ゆり子で、愛人は元・男闘呼組の岡本健一、夫役は渡辺いっけいだった。今回は栗山千明がヒロインで、愛人は市原隼人。元カレに成宮寛貴、夫にSMAPの稲垣吾郎を据えた。『女性セブン』でその稲垣にインタビューしたところ、自分も岡本健一の役だと思っていたと苦笑していた。が、原作や前作のドラマとは異なり、稲垣にもセクシーシーンがあるとのこと。初回はゴー [全文を読む]

『毒島ゆり子』『不機嫌な果実』『コントレール』……春ドラマ、大胆な“不倫ラブシーン”を考察

リアルサウンド / 2016年05月07日06時00分

参考:石田ゆり子、刹那の“キスシーン”に心奪われるワケ 『コントレール』は恋愛ドラマの傑作となるか まず最初は、前田敦子主演『毒島ゆり子のせきらら日記』。ご存知、元AKBの不動のセンター前田敦子が、常に二股恋愛をしていないと不安な政治記者、毒島ゆり子を赤裸々に演じている。アイドルがラブシーンに挑戦するという文言だけでも十分に刺激的だが、彼女の演技は筆者の想 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】石田ゆり子が親友と30分デート “ゆり子はんワールド”にほっこり

TechinsightJapan / 2016年03月15日14時40分

板谷由夏が石田ゆり子とお互い多忙ななか「30分デート」したことをInstagramで明かしている。彼女が渡した西表島土産のパイナップルを頭にのせて見せる石田ゆり子の姿にフォロワーも癒されていた。 石田ゆり子は4月15日よりスタートするNHKのドラマ10『コントレール ~罪と恋~』で主演するだけに収録で忙しそうだ。板谷由夏が3月8日に『板谷由夏 yukait [全文を読む]

不倫女性役多い石田姉妹 女性の多様な生き方体現する存在に

NEWSポストセブン / 2017年06月25日07時00分

数々の連ドラや映画で存在感を発揮している石田ゆり子(47才)、そして、その妹・石田ひかり(45才)は不倫作品で久々に連ドラ主演。姉妹で活躍する芸能人は多いが、今、一躍、注目を集めている姉妹がこのふたりだ。石田姉妹のこれまでの活動を振り返りながら、その役柄、生き方などについて考察していきたい。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * [全文を読む]

松嶋菜々子、濡れ場解禁!? 3年ぶりの連ドラ主演作にファンの期待高まる

メンズサイゾー / 2016年06月21日10時00分

また最近のドラマには、さまざまな過激シーンで注目を浴びた前田敦子(24)の『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)や、官能的な色っぽさが絶賛された石田ゆり子(46)の『コントレール~罪と恋~』(NHK)など、刺激的な描写で話題になる作品も多い。こういった流れから、松嶋の新作にも視聴者は期待と妄想を膨らませているようだ。 とはいえ、松嶋の代表作には『救命病 [全文を読む]

大石静氏 今の時代は「壁」が少ないため恋愛ドラマ難しい

NEWSポストセブン / 2016年05月14日16時00分

それでも、あえてラブストーリーを描いているのは、人間の本質に迫りたいという思いがあるからです」 主人公の文(石田ゆり子)は、無差別殺人事件で夫を失ったシングルマザー。その夫が不倫していたこともわかり、苦しみに沈む。そんな中、かつて夫を殺めてしまった瞭司(井浦新)と、それとは知らず、激しい恋に落ちる。 先の読めないスリリングな展開に、一瞬も目が離せない。そん [全文を読む]

フォーカス