冨田真由 刺傷に関するニュース

〈小金井刺傷事件〉判決後に冨田真由さん「今から不安と恐怖しかありません」【全文】

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月28日18時59分

東京都小金井市で2016年5月、音楽活動をしていた女子大生・冨田真由さんがファンの男に刺され、一時意識不明になった事件の裁判員裁判で、2月28日、東京地方裁判所立川支部は、岩埼友宏被告人に対し、懲役14年6月の判決を言い渡した。判決後、冨田さんは代理人の弁護士を通し、コメントを発表した。冨田さんは、「私や私の家族の苦しみが伝わらなかったのだと思うと、やりき [全文を読む]

冨田真由さん刺傷事件で、地下アイドル界に“警備特需”「オタク同士に監視させる」例も

日刊サイゾー / 2016年05月27日09時00分

過去にアイドル活動の経験もあったシンガーソングライターの女子大生・冨田真由さん(20)が東京都小金井市で刺されて重体に陥った事件で、アイドルを売り出している事務所関係者は警戒感を強めている。 事件翌日に行われる予定だったアニメ好きアイドルグループA応Pや、アニソン歌手Rayらの握手会やお渡し会が続々と中止になり、アイドルグループ仮面女子はイベント時の手荷物 [全文を読む]

CD特典や物販の説明をする必要性はどこにある? 冨田真由さん刺傷事件を報じるメディアの偏向報道

おたぽる / 2016年05月25日22時00分

「これはアイドルオタクに対する偏向報道だ」――東京・小金井市で起きた冨田真由さん刺傷事件を報じる一部メディアに対して上がっている言葉だ。 事件が発生した21日、多くのメディアで「アイドル刺傷」という文字が並んだ。しかし、厳密にいうと今の冨田さんは“アイドルではない”。元々は女優の彼女。アイドルとしての活動は、高野愛役として出演したドラマ『シークレットガール [全文を読む]

アニメ界にも影響……冨田真由さん刺傷事件で広がる“アイドルオタク”への偏見報道

おたぽる / 2016年05月24日22時00分

東京・小金井市で21日、女優でシンガーソングライターの冨田真由さんが男性に複数回刃物で刺され、意識不明の重体となる事件が発生した。冨田さんはかつて「シークレットガールズ」というアイドルグループで活動していたことから、この事件は連日「アイドル刺傷事件」と報じられており、それを受けてか、アイドルやアニソン歌手、声優イベントの握手会やお渡し会が次々と中止になって [全文を読む]

アイドルでもないしヲタでもない!小金井刺傷事件の報道に感じるモヤモヤ|ほぼ週刊吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2016年05月24日19時00分

で、事件の詳細がわかってきてまずモヤモヤしたのが、被害者の冨田真由さんが「地下アイドル」と報じられていること。 冨田真由さんはもともと女優で、ドラマ『シークレットガールズ』でアイドルグ ループのメンバーを演じた結果、期間限定の企画物ユニット『シークレットガールズ』としてEYEという役名で握手会やライブもやることになったけれど、アイドル的な活動はCDを1枚出 [全文を読む]

小金井ストーカー刺傷事件の報道に感じるモヤモヤについて|ほぼ週刊吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2016年05月24日17時54分

で、事件の詳細がわかってきてまずモヤモヤしたのが、被害者の冨田真由さんが「地下アイドル」と報じられていること。 冨田真由さんはもともと女優で、ドラマ『シークレットガールズ』でアイドルグ ループのメンバーを演じた結果、期間限定の企画物ユニット『シークレットガールズ』としてEYEという役名で握手会やライブもやることになったけれど、アイドル的な活動はCDを1枚出 [全文を読む]

本当に悲しいことは何だろう?──アイドル刺傷事件の重大さと、犯人が奪っていったもの

おたぽる / 2016年05月23日20時00分

被害にあった冨田真由さんは、かつて「シークレットガールズ」のメンバーとして活動していたアイドルだった。「シークレットガールズ」は、2011年に、ネット配信などで放送されたドラマの企画と連動して生まれたアイドルユニットで、当時フジテレビを中心に活動していた「アイドリング!!!」のメンバー3人(朝日奈央、橋本楓、伊藤祐奈)に三橋奈波、そして冨田真由を加えて結 [全文を読む]

小金井ストーカー刺傷犯が拘置所で全冊読破した本とは?

NEWSポストセブン / 2017年05月01日16時00分

昨年5月に東京・小金井市でシンガーソングライターや女優として活動していた冨田真由さん(21)をナイフで滅多刺しにした犯人である。今年2月、懲役14年6か月の判決が言い渡され、現在は刑が確定。立川拘置所で面会したのは刑の確定直後だった。 「医師の海堂尊さんが書いた小説『チーム・バチスタの栄光』(宝島社文庫)シリーズは弁護士に頼んで買ってきてもらったり、自分で [全文を読む]

小金井女子大生刺傷事件 「加害者がニヤニヤ」戦慄の法廷

NEWSポストセブン / 2017年03月03日07時00分

冨田真由さん(21才)。芸能活動をしていた大学生で、昨年5月、東京・小金井市のライブハウスでファンの男性にメッタ刺しにされた被害者である。 殺人未遂で起訴された岩埼友宏被告(28才・現「岩崎」)の公判が2月20日より同地裁で始まった。法廷では、一方的に冨田さんに好意を寄せ、ストーカー行為を繰り返し、プレゼントを送り返されたことに激昂して犯行に及ぶまでの戦慄 [全文を読む]

小金井刺傷事件、冨田さん「死ぬか、一生刑務所」要望…犯罪被害者を守るためには?

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月27日10時01分

東京都小金井市で2016年5月、女子大学生・冨田真由さん(21)がナイフで刺され、一時意識不明の重体になった事件の裁判員裁判は、2月28日に判決の日を迎える。検察は、殺人未遂と銃刀法違反に問われた岩埼友宏被告人(28)に対し、懲役17年を求刑。一方、被害者参加制度を利用した冨田さんの代理人弁護士は無期懲役が相当と主張している。岩埼被告人は、冨田さんのファン [全文を読む]

小金井刺傷事件、警視庁が検証結果「安全を早急に確保する必要があった」不備認める

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月16日20時30分

東京都小金井市で今年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)が刃物で刺された事件に関する警察の対応をめぐり、警視庁は12月16日、「人身の安全を早急に確保する必要があると判断すべき事案であった」などとする検証結果を公表した。冨田さんは、小金井市のライブハウスの入るビル近くで、岩埼友宏被告人(殺人未遂で起訴)から刃物で首や胸などを刺されて、一時重体となっ [全文を読む]

「警察は本当に反省して」小金井刺傷事件の被害女性が手記、傷残り現在も療養中

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月16日17時15分

東京都小金井市で今年5月、男から刃物で刺されて一時重体となっていた冨田真由さん(21)が12月16日、代理人を通じて手記を発表し、「警察がこの事件のことを本当に反省してくれていないと、また同じことが繰り返されるのではないかと心配です」と現在の心境を明かした。音楽活動をしていた冨田さんは今年5月、東京都小金井市でイベントに出演する直前、ライブハウスの入るビル [全文を読む]

小金井刺傷事件 西鉄バスジャック被害者が女子大生にエール

NEWSポストセブン / 2016年06月14日07時00分

東京・小金井市でファンの男に刺されて意識不明の重体となっていた女子大生・冨田真由さん(20)が6月3日、事件から約2週間ぶりに意識を回復した。 日本医科大学付属病院高度救命救急センター部長の横田裕行教授によれば、冨田さんの回復は「奇跡的」だという。 「病気での心肺停止の場合はAED(自動体外式除細動器)などで蘇生することも珍しくなくなりました。しかし、今回 [全文を読む]

現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(1)事件の背景と経緯

アサ芸プラス / 2016年06月04日09時53分

犯行現場には血まみれのマスクと、彼女が担いでいたギターケースが転がっていました」 5月21日夕方、冨田真由さん(20)は合同ライブに出演するため、最寄り駅から東京・小金井市のライブハウスに徒歩で向かっていた。そのあとを「尾行」する男が一人。捜査関係者が当時の状況を明かす。「男は冨田さんをJR武蔵小金井駅で待ち伏せて追走。地下にあるライブハウスに入る直前で犯 [全文を読む]

小金井刺傷事件に衝撃、現役アイドルたちが警戒する“危ういファン”の共通点

週プレNEWS / 2016年06月04日06時00分

アイドルやシンガー・ソングライターとして活動していた冨田真由さん(20歳)が5月21日、ファンの男に首や胸など20ヵ所以上をメッタ刺しにされた残忍な事件――。 事件後、複数の現役アイドルたちに話を聞くと、「私もツイッターを一日中監視されていて怖い」「もらったぬいぐるみから盗聴器が出てきた」など、“ファンの行きすぎた言動”が続々と出てきた(前編記事「小金井刺 [全文を読む]

小金井刺傷事件で“明日はわが身”と怯える現役アイドルたち 「『愛してる』とか書き込む人は大抵ヤバイです」

週プレNEWS / 2016年06月03日06時00分

5月21日、アイドルやシンガー・ソングライターとして活動をしていた大学生の冨田真由さん(20歳)が、ライブ会場の前でファンと思われる男に首や胸など20ヵ所以上をメッタ刺しにされる残忍な事件が起きた。 容疑者の男は当初、冨田さんにプレゼントを贈ったり、ツイッターなどで好意を示す書き込みをしていたが、相手にされないことに激怒。次第にツイッターの書き込みは悪口に [全文を読む]

アイドル刺傷事件の容疑者、波多野結衣の作品に出演か=中国ネット「波多野先生が無事でよかった」「姐さんに手を出したら日本まで泳いで行く!」

Record China / 2016年05月31日11時30分

アイドル活動をしていた大学3年生の冨田真由さんが刺された事件で逮捕された岩埼友宏容疑者について、日本のメディアやネットで、過去に波多野結衣が主演するアダルトビデオに出演したのではないかとの疑惑が伝えられた。問題の作品には、岩埼容疑者と目鼻立ちやホクロの位置がよく似た男性が出演しているという。 波多野は台湾の女優と容姿が似ていることなどから、中国や台湾など [全文を読む]

小金井女子大生刺傷事件

NewsCafe / 2016年05月26日15時00分

5月21日、東京・小金井市のライブ会場前で大学3年生の冨田真由さん(20)が刃物で刺されました。重体になっています。この事件について、様々な言説が言われています。一つは冨田さんのことを「アイドル」と呼ぶのか否か。もう一つは、SNSでのコミュニケーションで距離感が近く、勘違いをさせたのか否か....です。 まず冨田さんを「アイドル」と呼ぶのかどうかです。25 [全文を読む]

宇野常寛がNHKの自主規制を暴露!“アイドル“刺傷事件で警察の捜査ミスを批判したら『NW9』出演中止に

リテラ / 2016年05月26日11時17分

かつてアイドルとして活動した経歴をもち、現在はシンガーソングライターとして活動している冨田真由さんがファンの男に刺された事件。 先日当サイトでも報じたように、この事件に関してメディアでは、もっとも議論すべきであろう警察のストーカー対策の不手際がほとんど取り扱われず、冨田さんはシンガーソングライターであって、アイドルではないのにも関わらず、盛んに「「地下アイ [全文を読む]

【アイドル刺傷】ドイツ人は語る「地下アイドル文化は日本の宝。高い道徳性が生んだ文化をなくしてはダメ」

tocana / 2016年05月26日08時00分

亜細亜大経営学部3年生でアイドル活動をしていた東京・武蔵野市の冨田真由さんが21日、小金井市のライブ会場前でファンの男にナイフで首や胸など20カ所以上をメッタ刺しにされた事件を聞いて、「地下アイドル時代の終焉」も囁かれていると聞き、どうしても書かずにはいられなくなりました。 なぜなら私が見て、ほかの国になく、日本にだけある文化が「地下アイドル」と「ご当地 [全文を読む]

フォーカス