作曲 宇多田ヒカルに関するニュース

Ms.OOJA、世界一泣けるラブソングカバーアルバム第2弾リリース

okmusic UP's / 2013年08月30日11時00分

■「Ti Amo」MVhttp://www.youtube.com/watch?v=PF4AjiV93SA■カバーアルバム『MAN -Love Song Covers 2-』収録楽曲M1: 「Ti Amo」 作詞:松尾 潔 作曲:Jin Nakamura、松尾 潔 M2: 「最後の雨 (ALBUM VERSION)」 作詞:夏目 純 作曲:都志見 隆 M3 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宇多田ヒカルの近況。「言葉の無い音楽」を愛聴する日々をつぶやく。

TechinsightJapan / 2014年10月30日14時55分

マックス・ブルッフがチェロと管弦楽のために作曲した作品だ。 もう1つは、英国の音楽家、Mark Bell(マーク・ベル)のユニット・LFOが2003年に出したアルバム『Sheath』。LFOはマーク・ベルとジェズ・ヴァーレイによるテクノバンドとして始動したが、後期はマーク・ベルのソロプロジェクトとなっていた。マーク・ベルは、先日、2014年10月13日に他 [全文を読む]

花澤香菜「辿りつく場所」配信開始。耳が幸せになるまでの道を振り返る

まぐまぐニュース! / 2015年10月20日15時00分

」 ※インタビューはこちらから 作曲をYamato Kasai from.Mili、作詞をReomが担当 この「辿りつく場所」は、作曲・編曲をDeemoなどで知られるMiliのYamato Kasaiが、作詞をアルマギアなどで知られるAQUA ARISのReomが手がけています。それぞれへインタビューしたところ、花澤さんの声を最大限に生かし、これまで花澤さ [全文を読む]

ラジオで活動再開の宇多田ヒカルにささやかれる“長期スランプ”「オファーは絶えないが……」

日刊サイゾー / 2013年03月25日13時00分

ただ、肝心の創作活動が鈍く、過去のストック曲の掘り起こしだけでなく、秘密裏に外部ソングライターと接触して協力してもらっているとか」(同) アーティストの中にはほかの作曲家に曲を書かせて高値で買い取り、作曲クレジットを自分の名前にするという手法をとっている者もあり、もし宇多田もそうした手を使うのであれば、スランプは本当だということになる。 「もともと彼女は楽 [全文を読む]

“圧倒的に歌う人”植田真梨恵「動き続けた1年でした」

Smartザテレビジョン / 2016年12月31日07時00分

――15歳のときから作詞・作曲を始められたそうですが、最初はどういう感じで作られたんですか?中学生までは、ひたすら歌手に憧れていただけで、作詞・作曲も興味はあったけど、やったことなかったんです。15歳になって大阪に出てきて、時間はたっぷりあるけど、誰も知り合いがいなかったので、やることもなくて。そんな日常の中で、歌手になるのなら歌える曲がなければ話にならな [全文を読む]

意外性にドキッ! 納得の楽しさがあった特選コラボ

okmusic UP's / 2016年10月10日18時00分

早見の熱狂的ファンである藤井隆がプロデュースと作曲を手がけ、彼が主宰のSLENDERIE RECORDからリリースだなんて、その事実だけで胸キュンです。しかも、仕上がりは懐古趣味ではなく、ダンサブルかつスタイリッシュで若々しい。得意のバイリンガルを駆使し、LOVE PSYCHEDELICOばりのスムーズなワードセンス(作詞は早見が担当)をもって、男らしくあ [全文を読む]

14歳のシンガーソングライターkaho、フジ火9ドラマ主題歌でデビュー

AOLニュース / 2013年09月26日18時20分

6歳の頃から母親が弾くピアノを見よう見まねで弾きはじめ、ピアノのインスト曲を作曲しだした。さらに9歳の時、父親からボイスレコーダーをプレゼントされ、そこに唄とピアノでメロディーを吹き込むことで作曲の面白さを覚えた彼女は、12歳より自宅に録音設備を揃えはじめ、本格的に作詞作曲活動を開始したのである。 かつて宇多田ヒカルのヘアメイクを担当していた父親の金原宜保 [全文を読む]

フジ火9ドラマ主題歌に無名の14歳女性シンガーソングライターkaho(カホ)が抜擢!

okmusic UP's / 2013年09月26日14時00分

6歳のころ母親が弾くピアノを見よう見まねで弾きはじめ、ピアノのインストを作曲するようになる。そして、9歳の時父親からボイスレコーダーをプレゼントされ、そこに唄とピアノでメロディーを吹き込むことで作曲の面白さを覚え、12歳より自宅に録音設備を揃えるようになり、本格的に作詞作曲活動を開始したとのこと。かつて宇多田ヒカルのヘアメイクを担当していた父親の金原宜保氏 [全文を読む]

竹内まりやのお墨付き!復帰間近の“あやや”は宇多田ヒカルのライバルになる!?

アサ芸プラス / 2017年03月07日17時59分

夫婦で所属事務所こそ違うものの、レコード会社は同じポニーキャニオンのため、待望の復帰ソングは橘が作曲するという話まで出ているそうです」(音楽誌ライター) この報道を耳にしたファンは一斉に拍手。「これが本当ならうれしすぎる」「またあややに会えるのは楽しみ」「本当に歌えるアイドルがいないから貴重。早く新曲が聞きたい」と、一刻も早い復帰を願っているようだ。「松浦 [全文を読む]

ラオスフェスティバル開催ーラオスの人気歌手も来日

Global News Asia / 2016年05月29日00時13分

ナムフォンはシンガー専門だけど、俺は歌以外にも作詞、作曲を自分で手がけているんだ。iwapt :楽曲はどのようにして制作しているの? サック : 俺はコンピューターで楽曲を制作している。キューベースとプロ・ツールス(作曲ソフト)だ。iwapt : ナムフォンはどのようにしてラオスのシンガーになったの? ナムフォン : 歌のコンテストで賞をとったの。iwap [全文を読む]

宇多田ヒカル『花束を君に』誕生にあった天国の母への思い

WEB女性自身 / 2016年05月12日06時00分

「妊娠中にも、ヒカルは曲作りを少しずつ始めていましたが、なかなか母親の死から立ち直れず、作曲も難航したのです」 母の一周忌のころから 母性 という言葉をさかんに使うようになっていたという宇多田。いずれは母になるであろう自分、そして自分を置いて天国に旅立っていった母 、その狭間のなかで葛藤を続けていた彼女を救ったのが、昨年6月末という長男の誕生だったのだ。 [全文を読む]

小室哲哉ブームを終わらせたのは宇多田ヒカルだった 1998年、音楽界はどう変わったのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月09日06時30分

4人に共通するのは、自分自身で作詞・作曲を手がけるだけではなく、作品をリリースするたびにプロデューサー的な立ち位置から楽曲とキャリアの方向性をコントロールする姿勢。さらに、同性や異性を問わずファンの心を惹きつける点であり、彼女たちがデビューする以前のアーティストとは「まったく異なるタイプの音楽家だった」と著者は分析する。 また、時代の移り変わりを象徴した [全文を読む]

宇多田ヒカルの新アルバム 印税は2億円超になる見込みも

WEB女性自身 / 2016年01月08日06時00分

最近はCDの売り上げが落ちているとはいえ、ヒカルのアーティスト活動復帰作で、うまくドラマなどとタイアップできれば、ミリオンセラーが期待できます」 その場合の彼女の収入は、作詞・作曲印税などで2億6千万円! 「タイアップ料金なども含めると3億円は超える見込みです。しかし照實氏がこだわっているのは収入よりも、彼女の完全復活を強くアピールすることです。それだけに [全文を読む]

“人間活動”宣言から5年…宇多田ヒカルが復帰する日と、変わってしまった音楽業界の現状

messy / 2015年12月08日18時00分

15歳とは思えない大人びた歌詞の世界観や作曲センスは世間を驚愕させ、たちまちトップアーティストとして名を馳せることに。デビューからわずか4カ月でリリースしたファーストアルバム「First Love」は、国内外で991万枚以上出荷されてオリコン歴代アルバムランキングの1位に輝き、現在でもこの記録は破られていない。 その後もヒット曲を飛ばし続けたが、2010年 [全文を読む]

GOING STEADYが放った渾身の豪速球、唯一無二の青春パンク作『さくらの唄』

okmusic UP's / 2015年09月09日18時00分

映画『ピース オブ ケイク』の主題歌という話題性だけでなく、この楽曲は加藤と峯田のふたりで歌詞を書き上げ、この映画の劇中音楽を担当した大友良英氏の作曲で実現したという奇跡のコラボだ。加藤は中学生の時から峯田のファンだったというから感慨もひとしおだったに違いないが、今回の本コラムではその峯田和伸のかつてのバンド、GOING STEADYを取り上げてみる。日本 [全文を読む]

“第2の宇多田”とのフレコミだが……河合奈保子の娘・kahoに、デビュー前から“ゴリ押し”の声

日刊サイゾー / 2013年10月19日09時00分

すべてシンガーとしての個性ではあるのですが、業界内では『大ヒットは難しいのでは』という声が大半です」 12歳から始めたという作詞・作曲の能力に関してはどうか? 「もっと多くの曲を聞かなければ才能の有無は判断できませんが、『every hero』に限って言えば“どこかで聞いたことがある”という印象。14歳という前置きがなければスルーしてしまうかも。宇多田のデ [全文を読む]

ドラマ主題歌に抜擢 河合奈保子の娘・kahoは第2の宇多田か

NEWSポストセブン / 2013年10月13日07時00分

幼少期から音楽に触れて育ち、いつからか歌手という夢を持つようになった彼女は、6才からピアノで作曲をはじめ、12才からは自宅に録音設備を設置して本格的に作詞作曲活動を開始した。 「ボイストレーニングには週に2回通っているそうです。3、4年前だったか、カホちゃんは初めて日本でカラオケへ行ったんですが、そのとき歌ったのがレディー・ガガ(27才)の曲。声は大人っぽ [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」大トリは山口百恵

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

どうぞ! 「『赤いスイートピー』の作曲はユーミン。『襟裳岬』の作曲は吉田拓郎。“ドリーム紅白”に出演している2人がそれぞれピアノとギターで参加しての対決、ぜひ見てみたいですね」 八代亜紀が「舟唄 ジャズバージョン」で、舟唄の新しい側面をじっくりと聴かせたあとは、会場の空気が一変。矢沢永吉の「止まらないHa~Ha」で、バスタオルが宙を乱舞する──。 総合 次 [全文を読む]

熊野古道をお遍路中、靱帯損傷の宇多田ヒカルに「復帰は遠のいた」の声

日刊サイゾー / 2012年10月16日08時00分

「2011年初めに音楽活動を無期限停止した宇多田ヒカルは、作曲活動自体は続けているといわれ、業界内では12年にも復活するのではないかとの見方がありました。育ての親でプロデューサーの三宅彰氏が昨年6月にEMIからポニーキャニオンに移籍したものの、『宇多田には関わり続ける』との情報が流れたことで、新たな制作体制は整ったとみられたからです。しかし、最近のTwit [全文を読む]

川谷活動再開の陰でベッキーが熱望「槇原敬之の曲」発売計画

WEB女性自身 / 2017年04月14日06時00分

彼女にとって8枚目のシングルになるはずだった曲で作詞・作曲は槙原敬之(47)さんです。ベッキー本人が大ファンだったということで、15年初頭にベッキーサイドが槙原さんにオファーし、すでに曲は完成していたと聞いています。しかし、16年1月の不倫騒動でお蔵入りしてしまったようなんです。制作は進んでいたので、槙原さんサイドも曲が出せなくなって頭を抱えていたそうです [全文を読む]

フォーカス