名曲 宇多田ヒカルに関するニュース

宇多田『First Love』のサビ前は、だろ~orだは~? カバーと「歌ってみた」で大検証

しらべぇ / 2014年11月11日07時00分

1999年に発売された宇多田ヒカルの3rdシングル『First Love』は、いまさら言うまでもなく、希代の名曲だ。発売から実に15年以上が経つ現在でも多くの人のプレイリストに入っており、2013年にはMay J.、2014年にはクリス・ハートと、カバーに挑戦するアーティストは後を絶たない。 そんな同曲において、発売時に世間のリスナーたちを驚かせたのが、サ [全文を読む]

「First Love」発売15周年記念! スペースシャワーTVで2か月に渡り、宇多田ヒカルを徹底特集!

PR TIMES / 2014年02月27日13時00分

日本の音楽シーンに多大な影響を与え、数々のセールス記録を樹立してきた彼女の珠玉の名曲を2時間半たっぷりとお届けします。 4月には、彼女が2010年に行ったライブ『WILD LIFE』のライブ特番や、1999年に放送された「宇多田ヒカル SPECIAL ─HIKKI‘S SELECTION─」をアンコール放送!どちらもファン必見の貴重映像となっております。 [全文を読む]

J-WAVE MUSIC HUBに3週連続であのゲストが登場!

Walkerplus / 2017年03月04日16時00分

また、特別企画 「小袋成彬と宇多田ヒカルのカラオケがしたい」も実現!あの女性シンガーの名曲を一夜限りのスペシャルバージョンで二人がハモる!3週に渡って、まさしく聴き逃せない必聴の番組内容に。ファンはもちろん、ファンじゃない人も楽しめること、間違いなし!ぜひ、お楽しみに!【ウォーカープラス編集部/青山奈津美】 [全文を読む]

宇多田以外も!? 小室哲哉が「負けた」アーティストとは

日刊大衆 / 2017年01月18日17時00分

90年代の名曲を『Automatic』も含めて5曲選出し、“僕を終わらせたアーティスト”としてそれぞれの楽曲から受けた挫折感を語っていた。 まず、Mr.Children『Tomorrow never knows』には、「もうこれは負けてもいいやって感じ」と完全な敗北宣言。続いてEvery Little Thingの『Time goes by』には「暑苦しく [全文を読む]

ドライブでもどこでも間違いない!オシャレで絵になるラブソング14選~洋楽7・邦楽7~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年09月16日09時00分

そして今回は、名曲中の名曲『ギブス』を取り上げたい。 『ここでキスして。』と並んで、椎名林檎を語るうえで外せないラブソングで、彼女がデビュー前に交際していた男性のことを想って書いた曲であるというのは有名な話。 あえて説明は要らないほどカッコイイ楽曲で、そのグルーヴと熱量がクセになってフルリピートで聴いてしまう。 鬼気迫る愛情を投影したPVと、ギミックのき [全文を読む]

桜開花宣言!というわけで「さくらと聞いて思い浮かべる曲」ランキング発表

Woman Insight / 2015年03月29日11時30分

8位 SAKURAドロップス/宇多田ヒカル 2002年のリリース以来、カラオケでも人気の宇多田ヒカルの名曲。「昔つきあった教師との恋愛を思い出します(笑)」(30代女性)など、元教師と教え子との禁断の愛を描いたドラマ『First Love』の主題歌として覚えている人も多いかも。 7位 Sakura/嵐 6位 サクラ咲ケ/嵐 6位の「サクラ咲ケ」はさくらソ [全文を読む]

音楽配信サービスGIGA「2016年 年間ダウンロードランキング」発表

PR TIMES / 2017年01月31日12時41分

着メロ、着うた、着うたフル1位はAKB48「365日の紙飛行機」 ハイレゾはゴダイゴなど昭和の名曲がランクイン株式会社フェイス・ワンダワークスは、音楽配信サービス「GIGA」の2016年 年間ダウンロードランキングを発表いたします。[画像: https://prtimes.jp/i/7443/44/resize/d7443-44-494811-0.jpg [全文を読む]

小田和正「クリスマスの約束」へ宇多田ヒカル初出演、Automaticなど披露

dwango.jp news / 2016年12月19日12時07分

豪華ゲストアーティストたちとともに名曲の数々を歌い上げる。 2001年の放送開始以来、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマーク。これまで2度「月間ギャラクシー賞」を受賞、さらに放送文化基金優秀賞を受賞するなど、「放送業界屈指の音楽特番」と称するに値する番組の一つと言われている。 今回が初出演となる宇多田ヒカルは、自身の名曲『Automatic』などを小田と [全文を読む]

失恋したときに聴きたい……3位「366日」、2位「もう恋なんてしない」をおさえて1位に選ばれたのはアノ名曲!

Suits-woman.jp / 2016年12月01日08時00分

あなたのの心に響く「失恋ソング」は、ランキングに入っていましたか? それぞれの「恋愛」、「失恋」にまつわる思い出や気持ちを癒したり、蘇らせてくれる名曲・定番曲がランクインする結果となりました。 【参考】※ 株式会社KADOKAWA [全文を読む]

意外性にドキッ! 納得の楽しさがあった特選コラボ

okmusic UP's / 2016年10月10日18時00分

スピッツ節全開なミディアムの名曲にうっとり揺られていたら、ギターソロじゃなくて口笛ソロですからね。でも、よくよく考えれば、港でひとり佇むシチュエーションにすごくマッチしていて、口笛の響きも奥深くて、大正解のアプローチなんだなとハッとしたり。そんなふうに間奏20秒を聴いてみるのもいいかも。スカートは11月に初のシングル「静かな夜がいい」をリリース。こちらもチ [全文を読む]

宇多田ヒカル「MステウルトラFES」に出演決定!

Smartザテレビジョン / 2016年09月09日21時00分

今回、初登場となる尾崎は父・尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」を披露。そして、日本を代表する歌姫・浜崎あゆみが名曲披露し、福山雅治が'15年の“ウルトラFES”以来1年ぶりの出演を果たす。 また、ミッキーマウスとディズニーの仲間たちが初登場し、ディズニースペシャルメドレーを披露する。 さらに、“ウルトラFES”ならではの夢のコラボ企画が実現。CGキャラク [全文を読む]

花の98年組歌姫、aikoと椎名林檎が輝きを失わない理由って?

Woman Insight / 2015年11月26日17時00分

1曲目から名曲『カブトムシ』をしっとり歌い上げ、会場のハートをがっちりキャッチ。前のステージでキュウソネコカミが同曲を歌ったのに触れ、「聴いていただきました曲は、本物の『カブトムシ』でした。キュウソネコカミ、あとで本気でシバきます」としっかり笑いを取るのも忘れない。 (C)テレビ朝日ドリームフェスティバル2015 そして続く『夢見る隙間』『二人』の2曲では [全文を読む]

5年間限定!スーパー戦隊主題歌の「英語バージョン」って?【出口博之のロック特撮】

しらべぇ / 2015年04月27日19時00分

人気の曲はもちろんですが、隠れた名曲がかかった瞬間の熱量の上がり方は筆舌に尽くしがたい気持ちです。 とくに「スーパー戦隊の主題歌の英語バージョン」は、他の現場ではあまりかからないので、曲を知っている方の盛り上がりがとてもいい! 今回は5年間しか作られなかった「知っているけど知らない名曲」、スーパー戦隊の主題歌より、英語バージョンをご紹介します。 ■主題歌英 [全文を読む]

Ms.OOJA カバーアルバム特設サイトがオープン、MV先行視聴&楽曲エピソード公開

リッスンジャパン / 2012年10月22日15時00分

泣ける名曲と映像がシンクロするこのMVは、オフィシャルブログとも連動。現在、各楽曲でのエピソードを募集中で全国から続々と書き込みが寄せられている。また、『Ms.OOJA スペシャルサイト』はTSUTAYA onlineとコラボレーション展開しており、TSUTAYA online特集サイトでは、Ms.OOJAのスペシャルコメントやMs.OOJAサイン入りスピ [全文を読む]

人気急上昇中のDJ ISHIJIMA率いるS.I.P.S.第2弾シングル9月2日配信開始!

PR TIMES / 2017年09月04日08時00分

シンガーソングライターJYONGRIをフィーチャーした名曲カヴァーSweeter Love (DJ Ishijima Mix) Feat.Jyongri 来年リリース予定のアルバムへ向けた第 2 弾・配信シングルSweeter Love (DJ Ishijima Mix) Feat. Jyongri (9.2 解禁:Produce by DJ ISHIJI [全文を読む]

スピッツ結成30周年企画 1位はあの曲! SmartNewsユーザが選んだスピッツの名曲を動画でお届け!

PR TIMES / 2017年07月05日10時00分

この1,000以上のアンケートの中から選ばれた、スピッツの名曲MVと、その曲にまつわるファンのさまざまな思い出を融合したオリジナル動画をお楽しみください。 [画像: https://prtimes.jp/i/7945/163/resize/d7945-163-463959-0.jpg ] 今回のキャンペーンの実施と制作にあたっては、各種キャンペーンの制作サ [全文を読む]

ディズニー映画最新作『モアナと伝説の海』日本版エンドソング楽譜掲載!『月刊ピアノ』4月号 好評発売中!

PR TIMES / 2017年03月21日12時20分

【月刊ピアノ2017年4月号 CONTENTS】<巻頭特集> ポップスからクラシックまで、いま注目の鍵盤奏者27人!<第2特集> リトミック大研究~幼児リトミックと若返りリトミックの現場から~<Pick Up Artist> 上原ひろみ、大原櫻子、大井健<Concert Report> 武部聡志 Original Award Show~Happy 60~< [全文を読む]

前川清「宇多田ヒカルの義父」になる可能性もあった!?

日刊大衆 / 2017年03月17日16時05分

前川さんの器の大きさと、藤さんの魅力が伝わるいい話だと思いました」(芸能誌記者)――まさに昭和歌謡の名曲『別れても好きな人』を地でいくカップル!? [全文を読む]

宇多田ヒカルも登場! 小田和正によるクリスマスライブ開催

Smartザテレビジョン / 2016年12月21日19時32分

'09年に放送を開始して以来、毎回、多くのゲストアーティストを招き名曲の数々を歌い上げてきた。 16回目を迎える今回のゲストは、宇多田ヒカル、JUJU、スキマスイッチ、根本要(スターダスト☆レビュー)、松たか子、水野良樹(いきものがかり)、和田唱(TRICERATOPS)。 初出演となる宇多田は、自身のデビュー曲「Automatic」を小田と共に披露する [全文を読む]

劣化にバツ3疑惑?浜崎あゆみに「歌で話題になって」の悲痛な声

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日08時05分

高音がまったく出ず息も続かない状態で、かつての名曲がまったく別の曲に思えたほど。この6年間、まったく歌っていなかったという宇多田ヒカルがそれでも完璧な歌を披露していただけに、浜崎あゆみのコンディションの悪さばかりが印象に残ってしまいましたね」(前出・記者) どうにも人気復調の兆しが見えない浜崎。不安定な私生活がコンディションを悪化させてしまったのか、かつて [全文を読む]

フォーカス