華原朋美 宇多田ヒカルに関するニュース

華原朋美、宇多田ヒカルへの“不適切なコメント”に非難の声

メンズサイゾー / 2013年08月27日17時30分

そんな彼女に対して、同じ歌手である華原朋美(39)が送ったメッセージがネット上で物議を醸している。 26日に都内でヘアケアブランド・アンファーとメルセデス・ベンツとのコラボキャンペーン「スマートボーテプロジェクト」のイベントが行なわれ、登場した華原朋美。報道陣からの「宇多田さんもつらい思いをされていると思いますが…」という問いかけに対して「歌がすばらしい、 [全文を読む]

宇多田以外も!? 小室哲哉が「負けた」アーティストとは

日刊大衆 / 2017年01月18日17時00分

「90年代の小室といえば安室奈美恵(39)や華原朋美(42)、globe、trfなど数々のアーティストを手がけ、ミリオンヒットを連発していた、まさに全盛期です。96年のオリコンシングルチャートで1位から5位までを自身の曲で独占したという伝説も持っています。そんな小室が敗北を感じたと語るわけですから、宇多田たちの楽曲が当時いかに衝撃的だったか分かりますよね [全文を読む]

再進撃中の小室哲哉を嫉妬させた宇多田、ミスチル、スピッツ

NEWSポストセブン / 2015年05月01日07時00分

今また小室の時代が来ていますからね」(前出・音楽業界関係者) 大手音楽配信サイトでは「TM NETWORK」の往年の名曲『Get Wild』の最新アレンジ版がサザンの新アルバムを抜いて1位を獲得、globeや、楽曲を提供する浜崎あゆみもトップ10入り、華原朋美との競演も話題になるなど音楽チャートを再び「ファミリー」が席巻しつつある。小室の進撃が始まる。 ※ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小室哲哉、「宇多田ヒカルちゃんが僕を終わらせた」と証言。ELTに時代の流れ感じたとも。

TechinsightJapan / 2015年04月23日19時25分

その後、1990年代に入るとTRF、安室奈美恵、華原朋美、篠原涼子などをプロデュースしてヒット曲を連発。一連のアーティストが“小室ファミリー”と呼ばれる。 そんな時代に小室哲哉にとってライバルであり、支えにもなったのがMr.Childrenだった。小室は彼らが1994年に出した『Tomorrow never knows』を選んだ。「“ミスチルに負けないよう [全文を読む]

ユニークな選曲や行進曲のイメージじゃない曲も!? センバツ高校野球 入場行進曲の歴史

日本タレント名鑑 / 2017年03月17日08時55分

また安室奈美恵さん、華原朋美さん、globeなど1990年代後半の音楽シーンを席巻した小室ファミリーも起用されていません。こちらはテンポの速い楽曲が多いイメージですが、意外と行進曲にも合うのではと思えるミディアムテンポのナンバーもあり、歌詞も、頑張っている人の背中を押すようなものも多いのですが…。 最後に、早くも来春のセンバツの入場行進曲を、もし現在までに [全文を読む]

深田恭子の“色気進化”が止まらない!(3)男性が深キョンにハマる理由

アサ芸プラス / 2015年02月23日09時57分

ある日の明け方、泥酔した華原朋美が突然、『深キョンに女にしてもらった~』と、意味深な発言をしてビックリしました」(新宿2丁目で働くボーイ) 私生活では自由奔放に“性”を謳歌してきた深田だが、つい最近、こんなことをボヤいていたそうだ。 「10年前に交際していた俳優の内田朝陽が12月に結婚発表をしました。内田の父親とは今でも仲がよく、経営するレストランに遊びに [全文を読む]

NHKの“紅白人選”は目玉も、大ヒット曲も、話題性もゼロ

アサ芸プラス / 2013年12月12日09時58分

正直、今年の紅白は期待薄です」 下馬評では、折しも明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏(38)との熱愛の噂が発覚した華原朋美(38)の当落にも注目が集まったが、 「5年ぶりの芸能界復帰という話題との合わせ技で、紅白復活なるかと報道陣も注目していました。記者会見では『(竹田氏と)年内は交際しない』などと思わせぶりな応答で話題性をつないだり、元恋人の小室哲哉(55)との [全文を読む]

フォーカス