小説 壇蜜に関するニュース

橋本治の相変わらず役に立たない話 第12回「色気について」

週プレNEWS / 2013年04月13日17時56分

小説・評論・戯曲・古典の現代語訳・エッセイなど縦横無尽に創作活動を展開。主な著作に『上司は思いつきでものを言う』(集英社新書)など。 [全文を読む]

橋本治の相変わらず役に立たない話 第12回「色気について」

週プレNEWS / 2013年03月13日19時30分

小説・評論・戯曲・古典の現代語訳・エッセイなど縦横無尽に創作活動を展開。主な著作に『上司は思いつきでものを言う』(集英社新書)など。 [全文を読む]

壇蜜の処女作 老舗文芸誌元編集長の評価と芥川賞の可能性

NEWSポストセブン / 2016年06月01日07時00分

『光ラズノナヨ竹』(『オール讀物』6月号掲載)と題されたその小説は、壇蜜が『竹取物語』をモチーフにして書いた短編もの。彼氏に18万円を持ち逃げされた女子大生が、風俗店でアルバイトを始め、訳ありの男性客と出会いながら様々な出来事に巻き込まれていく話で、壇蜜は「普通じゃなくても歪んでいても居場所は居場所。誰にもみつけてもらえなかったお姫様の話です」と自作を紹 [全文を読む]

又吉直樹と壇蜜の「熱愛疑惑」の真相を今田耕司が暴露した!

アサ芸プラス / 2017年09月04日17時59分

理由は綾部祐二のアメリカ移住によるものだが、一方で又吉直樹は確実に小説家のキャリアを築いている。「小説『火花』で芥川賞をいきなり受賞。11月には、芸人・板尾創路の監督のもと、菅田将暉、桐谷健太のW主演で映画化作品も公開されます。さらに2作目となった初の恋愛小説『劇場』も初版30万部というヒット。こちらも各映画会社やドラマの制作会社が原作権をとろうと動いてい [全文を読む]

又吉直樹と壇蜜の結婚に、あの大物キャスターも太鼓判!

アサジョ / 2017年06月08日10時15分

2作目の小説「劇場」を発表したお笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹。新作の発表を記念して、6月1日発売の「週刊新潮」では又吉と壇蜜の対談が実現した。さらに、これを読んだ久米宏が自身のラジオ番組「久米宏ラジオなんですけど」で大絶賛するなど、大きな反響を呼んでいる。「壇蜜とも共演経験のある久米は内容を褒めるにとどまらず、これほど波長が噛み合う2人は絶対に結婚すると [全文を読む]

杉原杏璃が晒した極限グラビアと引退報道の裏側「正直に言えば、心の中で揺れていたんです」

週プレNEWS / 2017年03月22日22時30分

盛り上げるといえば、自伝的小説を自らの主演で映画化した『…and LOVE』が公開。以前、磯山さやかさん、原幹恵さんと対談していただいた時、自分のゴールは自分の小説を映画化することだと話されてたんで、この話を聞いた時、これが引退作になるのかなとも…。 杉原 正直に言えば、もし映画化が叶えばそれなのかなって心の中で揺れていたんです。そしてどこかでゴールを決め [全文を読む]

壇蜜が地獄体験を告白!「つき合っている人に土下座をしました」

Movie Walker / 2016年10月17日20時35分

壇蜜は、ラングドン教授のように知的な男性は理想のタイプか?と質問されると「小説を読んでいても『何とかしてよ、ラングドン教授』と思うだけで、『素敵なラングドン様』とはならなかったです。ヒーローというか謎を解いてくれる先生のような存在で、尊敬できるんですが、(恋愛に)発展するには時間がかかりそう」と述べた。 荒俣は「分かる気がしますね」とうなずく。「この人頭 [全文を読む]

「アガり」が見えない、グラビアアイドルという仕事のツラさ

messy / 2014年05月09日08時00分

前回の当連載でグラドルが書いた小説をいくつか取り上げましたが、原稿を書きながら私は「最近のグラドルは小説まで書かなきゃいけないなんて大変だ……グラビアアイドルなのに……」と憐憫の情を禁じえませんでした。自分の不倫体験を綴った酒井若菜には(私小説という日本の純文学の伝統に乗っかるようですが)小説を書く理由がありましたし、今野杏南はたぶん自分で書いてないから別 [全文を読む]

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月05日13時10分

小説ランキング部門では小野不由美の『丕緒(ひしょ)の鳥 十二国記』(新潮文庫)が1位を受賞した。『丕緒の鳥』は「十二国記」シリーズ12年ぶりとなる新作。長い間刊行を待ちわびたファンも多かったのではないだろうか。初版30万部で刊行され話題を呼んだ、村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)を制しての堂々の1位である。 関連情報を含む記事 [全文を読む]

壇蜜が“土下座”エピソードを告白!

Smartザテレビジョン / 2016年10月18日00時46分

事前に『インフェルノ』を見せていただきましたが、すごいスピード感でした」(荒俣) 「私は(原作の)小説を読んだのですが、ページをめくる手が止まらなくなりました」(壇蜜)と、それぞれ作品の魅力を語った。 そんな中、司会者から「<地獄篇>にちなみ、地獄のような体験をしたことは?」という質問を受けた壇蜜は「ここ初台ですよね。私この辺で、前に付き合っていた人になぜ [全文を読む]

壇蜜の小説デビュー作『光ラズノナヨ竹』発売1週間にかぎり特別価格で販売

@Press / 2016年06月10日12時30分

株式会社文藝春秋ではタレント壇蜜さんの小説家デビュー作「光ラズノナヨ竹」を、電子書籍として緊急刊行(販売価格:200円、発売6/10)。 この作品を発売から一週間(6/16まで)に限り、一部の電子書店にて特別価格100円(税込)で販売いたします。 この作品は小説雑誌「オール讀物」6月号に掲載された400字詰の原稿用紙で約30枚の短編。 つきあっていた男にお [全文を読む]

緊急刊行! 壇蜜の小説デビュー作「光ラズノナヨ竹」オリジナル電子書籍に

@Press / 2016年06月02日14時00分

株式会社文藝春秋では、いま大きな注目を集めている、タレント壇蜜さんの小説デビュー作「光ラズノナヨ竹」を、電子書籍として緊急刊行します(販売価格:税込200円、発売6/10)。発売から一週間(6/16まで)に限り、一部の電子書店では特別価格100円(税込)で販売いたします。 この作品は文芸誌「オール讀物」6月号(5/21発売)に掲載されたもので、400字詰の [全文を読む]

壇蜜、交際完全否定は本心なのか

NewsCafe / 2017年06月28日16時40分

ただ壇蜜のほうは、彼女が小説を書く上で又吉にアドバイスを求めたりし、又吉に好感を持っているようです。本格交際となればビッグカップルと言えますが、又吉にそれほど熱があるようには思えず、その可能性は低いと思えます」(先のデスク) 周りがはやせば当人同士の気持ちが冷めることもままあるもの。ここは壇蜜の火消しをそのまま受け止めてやったほうがいいのかもしれない。Ne [全文を読む]

壇蜜さんの女観察記「Honey GINGER おかわり」vol.16

Spark GINGER / 2017年01月27日12時00分

(編集部)御崎海香「叶わず涙した願望でも、他者から見ればささやかな願いなのかもしれない」(平松正樹・魔法少女かずみ☆マギカ) 後編海香は小説家志望の中学生だった。とある出版社に自分の書いた小説を持ち込み、編集者から絶賛されていた。「デビューは追って伝える」と原稿を引き取った編集者を信じて待っていた海香だったが、同年代のアイドルが自分の作品で小説家デビューし [全文を読む]

作家・壇蜜が送る短編小説第2弾を電子書籍オリジナルで発売!

@Press / 2016年10月28日12時15分

株式会社文藝春秋では、壇密さんの短編小説、第2弾『桂花故事』を電子書籍オリジナルで本日、発売します。 この作品は小説誌「オール讀物」2016年10月号に掲載されたもの。前作と同様に昔話をモチーフにしており、この作品は「お菓子の家」を踏まえて書かれています。 ●あらすじ● エンジニアとして働いていたのに、なぜか風俗店の経営を手伝うことになった陽。その彼には2 [全文を読む]

壇蜜の見事な切り返し!映画「インフェルノ」にちなみ“地獄の土下座体験”を告白

Walkerplus / 2016年10月18日21時09分

「インフェルノツアーも行われていますし、経済効果もすごいですよね」と本作の影響力を語った壇蜜さんは「原作の小説を読みました。ピンチから始まって、『どうなるんだろう?』とページを開く手が止まらない経験をしました」と作品へのはまり度合いを表現。「タイプというよりは、ラングドン教授のヒーローっぷりを楽しみたい、という感じですね」と主人公の男性像を語った。 また [全文を読む]

「映画『インフェルノ』公開記念 ラングドン・プレミアム・オーケストラ」 映像とオーケストラ演奏がコラボレーションするスペシャルコンサート+原作本!! Amazon限定商品で遂に発売中!

PR TIMES / 2016年10月07日15時25分

角川文庫から発売している映画原作本、上中下3巻セットとプレミアムコンサートチケットがセットで最安値は5,400円(税込)とこのようなイベントとしては破格の価格! また小説に加え作中に登場する美術作品や建築物など240点のカラー図版を収録した『インフェルノ ヴィジュアル愛蔵版』とコンサートチケットがセットになった商品も発売。オーケストラの余韻を感じて楽しめ [全文を読む]

壇蜜も愛読…ストレスフルなときに読みたい『ポケット詩集』とは?

anan NEWS / 2016年06月08日22時00分

もやもやとしたこの想いを晴らすには、スカッとした気持ちになれる小説や、しなやかな生き方を見せてくれる本で活を入れよう。予防薬に、絡んだ糸をほぐすような詩集もそばに置いて。 ≪壇さんおすすめ!≫ ■『ポケット詩集』田中和雄 編 宮沢賢治、与謝野晶子、茨木のり子、長田弘、新川和江ら、そうそうたる詩人の名作を収録。美しい言葉たちが、人生のさまざまな場面で心にそっ [全文を読む]

壇蜜「コメント力高く、知的なイメージ定着する」との見立て

NEWSポストセブン / 2016年06月07日16時00分

壇蜜さんは、飯島さんのようなズバズバ言うタイプとは違った、ひねりのあるツッコミができるコメンテーターになれるのでは」(城下氏) 処女小説が文芸誌に掲載されたばかりの壇蜜だが、これからは「文化人」路線まっしぐら!? ※週刊ポスト2016年6月17日号 [全文を読む]

「始皇帝と大兵馬俑展」観た壇蜜 気合の入り方が違うと感嘆

NEWSポストセブン / 2015年11月23日07時00分

難しいことはひとまず置いて、小説や漫画からでも中国の歴史を勉強してみたいな、と思いました」 撮影■高橋進 ※女性セブン2015年12月3日号 [全文を読む]

フォーカス