本名 壇蜜に関するニュース

「エロくない壇蜜に需要はあるか」セクシータレント壇蜜が事務所移籍で、お色気路線を封印する!?

日刊サイゾー / 2013年04月17日11時00分

セクシータレントの壇蜜が本名を明かして話題を呼んでいる。11日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気コーナー「新・食わず嫌い王決定戦」に出演した際に明らかにしたもので、気になる本名は「齋藤支靜加」だという。 「壇蜜は28歳のときに、人気ゲーム『龍が如く4』のキャバ嬢役としてデビュー。以降しばらくは齋藤支靜加の名前で活動して [全文を読む]

創刊50周年記念。時代を築いた「週プレヴィーナス7」にインタビュー!

週プレNEWS / 2016年10月18日19時00分

本名は齋藤支靜加(しずか)。2010年代のグラビアを代表する“袋とじの女王”。現在、執筆活動、コメンテーターなど唯一無二のキャラクター性を生かして多方面で活躍している。文庫『泣くなら、ひとり 蜜日記3』(文藝春秋)が発売中! ◆『週刊プレイボーイ』44号(10月17日発売)では、ヴィーナス7の秘蔵グラビアも掲載。他にも元祖グラビアクイーン、アグネス・ラムの [全文を読む]

オダギリジョーが見た目も性格も似ていない偉人を熱演

Smartザテレビジョン / 2015年07月30日22時21分

会見に登壇した壇蜜は、日本橋の芸者で是清の初恋の相手となる桝吉(本名・お君)役を務める。 '13年の連続テレビ小説「ごちそうさん」(NHK総合ほか)で主演の杏の娘役だった松浦は、実家ともめて是清に引き取られる妹・かね役。草笛は是清の祖母であり育ての親でもある喜代役を演じる。 だるま宰相と呼ばれ、教科書などで目にする写真ではかっぷくのいい体形が印象的な是清 [全文を読む]

つぶやきシロー、郷ひろみ他 芸名で得している芸能人を検証

NEWSポストセブン / 2015年06月24日07時00分

本名で活動する人もいるが、インパクト大の芸名を持つ人も少なくない。実際、その芸名のおかげで仕事につながるケースもあるのだ。コラムニストのペリー荻野さんが綴る、芸名でトクしている芸能人No.1はいったい誰? * * * 芸能人にとって芸名とはもっとも重要なものだ。綾瀬はるかや石原さとみ、柴咲コウのように本名を非公開とする女優も多い。一方で「吉幾三」「佐藤B作 [全文を読む]

峰なゆか、水嶋あい、紅音ほたる…元・セクシー女優の“引退”後の新たな道

dmenu映画 / 2017年07月20日07時00分

映画脚本家として本名で活動する白石ひとみ 1990年にデビューした白石ひとみは、お嬢様セクシー女優として人気を博し、瞬く間に業界のトップにまで昇りつめました。その演技力の高さを武器に、「ギフト」(1997年)や「ナニワ金融道3」(1998年)などのテレビドラマへの進出も果たしています。 しかし、その後に「元AV女優はAVを引退してもAV女優としてしか見て [全文を読む]

【ウラ芸能】高樹沙耶、政界ねらう真意は…

NewsCafe / 2016年05月10日15時00分

デスク「GWも終わって、マスコミ界は夏の参院選に注目する時期になってきたね」記者「かつては女優、高樹沙耶として知られ、今は本名の益戸育江(52)として地味にナチュラリストとして活動する彼女を新党改革が比例区から出馬させることになりました」デスク「現職でそれなりに実績もある自民党の三原じゅん子(51)は、比例から神奈川選挙区に鞍替えし、トップ当選の勢いだって [全文を読む]

壇蜜「加齢に伴い、時代と立場に合った思想を持つことが許されないとは驚いた」 類稀な客観性で現代社会をまなざす『どうしよう』

messy / 2016年03月03日21時00分

比べて『どうしよう』は、本名である齋藤支靜加(さいとうしずか)の部分――つまり彼女の素顔が描かれているのではないだろうか。「壇蜜」は彼女にとってあくまで職業なのだ。たとえば、「壇蜜」というキャラクターのままだったら、無名時代にオーディション応募した動機として『当時付き合っている男の束縛が厳しく喧嘩になり、半ば腹いせのつもりで(中略)「見下した男に報復した [全文を読む]

壇蜜が密かに発揮する自己プロデュース力

アサ芸プラス / 2014年10月07日09時59分

当初、本名の齋藤支靜加で活動していたが、2010年に『壇蜜』と改名。きっかけは恩師が亡くなった事と、もう一つあるという。 「元カリスマホストで、タレントに転身した城咲仁の記事を読んだ事だそうです。そこには『そのままの自分で惚れてくれなんておこがましい。自己プロデュースする事が大事』と書いてあった。それで彼女は『そのままではダメ。でもキャラを作るといつか飽き [全文を読む]

壇蜜 確執うわさの大久保には“蟹缶”を

WEB女性自身 / 2013年11月11日00時00分

壇蜜は家族ぐるみで西友ユーザーだと話し、CMキャラクター起用については「タレントではなくユーザーの齋藤支靜加(本名)として頑張ります」と真顔で語った。家族はすでに壇蜜のポスターが並んだ店内を訪れたといい、「母が『祭りだった……』と話していました」と笑いを誘っていた。(撮影/夛留見 彩) [全文を読む]

壇蜜「童貞は国の宝」「サバはエロい」ラジオでも暴走エロ節炸裂

メンズサイゾー / 2013年04月19日15時00分

今回『ANN』では、愛人というアダ名とともに、高校の調理実習でサバの味噌煮を作った際にクラスメイトに言われた「齋藤さん(※本名)ってサバに似てるね」というなにげない一言が、現在のエッチなお姉さんキャラの方向性を決定づけたと明かした。 いわく、「サバに似てるということは、私は官能的なものを持ってるんじゃないか、と思った」そうで、「あんなに光ってて、あんなにブ [全文を読む]

橋本マナミ、知られざる“過去”と“豹変” 犯したルール違反「彼氏をコロコロ…」

Business Journal / 2015年06月16日23時00分

「マナミは当時、本名の細川を名乗っていました。ケータリングのアルバイトをしながらタレントを目指しているということだったので、芸能界に友人が何人もいる僕としては人脈を紹介しようと思い、マナミを色々なパーティーに連れ出していました。2007年4月に行われた安倍晋三首相主催の『桜を見る会』にも連れて行ったのですが、文化、芸能、スポーツ界の大物たちと間近に接して、 [全文を読む]

「ノンフィクションW 愚安亭遊佐 ひとり芝居を生きる」平成26年度(第69回)文化庁芸術祭優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2014年12月25日17時26分

愚安亭遊佐(本名・松橋勇蔵)は故郷である下北半島を舞台にしたひとり芝居を長く演じてきた。そのテーマは肉親をモデルにしたり原発の問題を訴えるなど、いずれも彼自身の生存に深く関わる世界である。今回は過去最多の応募数で個人の歩みをじっくりと見つめた力作が相次いだがこの作品に見る彼のエネルギーの発露と情熱は画面からはちきれんばかりであった。 今回の受賞を受け、2 [全文を読む]

【速報】LINExAKB48コラボプロジェクト発足!LINEスタンプをかけて総選挙16位以内を目指す

Woman Insight / 2014年04月30日13時05分

名前といえば、基本的にみんな名前(本名)で登録しているけれど、「たまに若い子は、自分の名前と全然違う名前の人いるから、わからないことがある」と漏らしていました。 秋元康さんも実はLINEスタンプをたくさん持っていて、メンバーにもよく送ってくるそう。メンバーの中では、小嶋陽菜さんが“スタンプのカリスマ”と呼ばれるほど、新しいスタンプの中から面白いものを探す [全文を読む]

キンタロー。「顔同様デカかった“艶出”をフライングゲット」

アサ芸プラス / 2013年07月19日10時00分

「絶対的人気のAKBモノマネだけで人気が急騰したせいか、一部の先輩芸人から『調子に乗ってる』と批判の声まで上がってしまったが、芸能人になるまでの経歴、本名、すっぴん顔など一切偽りナシの姿勢が同性からの共感を得ている。とはいえ、十八番の前田敦子の泣きじゃくりマネだけではこの先厳しいだけに、ついつい張り切ってしまったのではないでしょうか」 一発屋を回避するた [全文を読む]

フォーカス