大学 壇蜜に関するニュース

「すっごいジェラシー」壇蜜、ミッツと小島瑠璃子の関係に思わず嫉妬

メンズサイゾー / 2015年09月10日22時00分

番組では、そんな壇蜜が小学校から大学まで通っていた一貫教育の有名女子大を紹介。青春時代を過ごした場所を訪れた壇蜜は、当時7、8年付き合っていた彼がいたことを告白。その相手はプロレスとアーティストの浜崎あゆみ(36)が好きで、「あゆみたいにして」と言われたこともあったとのこと。壇蜜と浜崎には真逆な印象もあるが、それは本人も自覚していたようで、「今までで一番 [全文を読む]

“博多の壇蜜”と評判の藤田可菜が初セクシーグラビアで大胆発言 「全裸ペイントくらいなら…知名度ないし、なんでもやって当然です」

週プレNEWS / 2015年02月27日15時40分

―では、そもそも芸能界に入ったのは? 藤田 大学を卒業した後、青文字系の読者モデルをやってて。知り合いのカメラマンさんが事務所を立ちあげるってことで所属したのが最初です。 ―じゃあモデルさん志望だったの? 藤田 福岡って、モデルとかタレントとかの括(くく)りがないんですよ。可愛かったら雑誌にも広告にも出るみたいな。私も最初はモデルで声をかけられて始めたん [全文を読む]

意識高くネットで発信しまくっている常見陽平が日記を始めたわけ

しらべぇ / 2014年12月09日11時30分

一応、著者であり、大学の講師でもあり、責任のあるポジションなのだけど、摩擦を恐れず、かなり赤裸々に書いている方だと思う。目立とうと思ったりはしない。ただ、その時に思ったことを思ったままに書いている。 ただ、『壇蜜日記』を読んだ時に「やられた」と思い、ブログの限界点を感じてしまったのだ。いかに赤裸々に書こうと、とはいえ「読まれる」ということは、心の奥底で意識 [全文を読む]

【貧困女子】イケメンホスト風スカウトの甘い誘惑で、歌舞伎町の女王に変身した名門大学生の末路~その1~

Suits-woman.jp / 2016年10月15日13時00分

彼女は私大の雄と呼ばれる大学を卒業しています。 東北出身らしく、肌が抜けるように白く、セミロングのストレートヘアはつややか。どこかタレントの壇蜜さんに似ています。ほっそりしているのにバストが出ている肉感的なスタイルに、白のシフォン素材のブラウスと、デニムのパンツが似合います。バッグはフランスのハイブランドのカラフルな家紋柄。タバコが手放せないらしく、アイコ [全文を読む]

「徹子の部屋」初登場の壇蜜が壮絶過ぎる過去を告白!

Smartザテレビジョン / 2015年08月17日06時00分

大学では英語の教員免許を取得し、卒業後は和菓子店を開店するために調理師免許も取得。しかし、その店の出資者が急死してしまい、和菓子店の夢が敗れた直後「人間にとって死とは?」を真剣に考えるようになり、「遺体衛生保全士」になる決意をする。 これは損傷した遺体などに修復を施す仕事で、このために葬儀関連の専門学校に通い数々の免許を取り、しばらくは葬儀社で働いていた [全文を読む]

“離婚ネタ”でブレイク中の宮崎宣子に大学の先輩ブルボンヌが説教!「他人のために幸せを演じていただけ」

週プレNEWS / 2015年02月07日11時00分

その原因は、破綻した理由にあるのではないかーー? そこで彼女の大学の先輩であり、女装パフォーマーのブルボンヌさんに、その真相を探ってもらった。 * * * ブル 宣子ちゃん、早速だけど、どうやって結婚生活が終わっていったの? 宮崎 結婚直後はよかったんですけど、元ダンナさんが猛烈に忙しくなり、仕事の付き合いも増えていってしまったんです。平日は一日30分くら [全文を読む]

膳場貴子 酒とゲームを封印した「妊活再々婚」秘話

アサ芸プラス / 2015年08月10日09時57分

大学まで柔道で鍛えたガッシリ体型は、夜の営みでも頼もしく映ったのかもしれません」(前出・女性誌記者) “寝技”でイッポンとったのは膳場だったようだ。 [全文を読む]

同性の敵を作らぬ壇蜜は、果たして本当にエロいのか?

tocana / 2014年02月02日08時00分

大学では英語の教員免許を取得したのに教員にはならず。大学を卒業したあとは、専門学校に通って調理師免許を取ったのに、調理の仕事は3年と持たず。そのあとさらに、葬儀の専門学校にも通ったのに、その関係の会社に就職することは諦めてしまった。結婚だって6年も付き合った2歳年上の彼氏がいたのに、結局、自分から別れを切り出して結婚するまで到らなかった。(中略)私と同い [全文を読む]

お茶目な壇蜜!? エロくて可愛い長身巨乳グラドル・大塚びる

メンズサイゾー / 2017年07月27日10時00分

2007年に大学進学で上京し、その後芸能活動を開始した大塚。これまで雑誌や舞台などを中心に活動してきたが、昨年秋にグラビア界に進出して徐々に知名度を上げている。グラビアへの挑戦は、事務所の関係者に「いいカラダしてるから!」と勧められたことがきっかけだという。確かに、身長167センチで、スリーサイズ上からB88・W60・H86(cm)のEカップボディは迫力 [全文を読む]

篠山紀信×壇蜜、佐々木心音、三上悠亜、紗倉まな、矢吹春奈…『アサヒカメラ』新年号は快楽の撮り下ろしヌードグラビア特集!

PR TIMES / 2016年12月16日14時34分

20のテーマについて、写真家はもちろん、大学教授、評論家、編集者などが問題提起。以下のような、写真愛好家が気になるテーマを厳選してピックアップしました。▼写真の加工・合成はどこまで許されるのか?▼銀塩カメラのススメ▼盗撮のスナップの境界線▼SNSと写真の未来▼コンテスト応募者のマナーを問う▼風景写真家のマナー問題▼一眼レフvs.ミラーレスの行方▼35ミリ判 [全文を読む]

壇蜜の見事な切り返し!映画「インフェルノ」にちなみ“地獄の土下座体験”を告白

Walkerplus / 2016年10月18日21時09分

詩人ダンテの叙事詩「神曲」地獄篇(インフェルノ)がモチーフの本作は、大学教授のラングドンが、増えすぎた人類の半数をウイルスによって死滅させ、種の存続を図ろうとする億万長者、ベン・フォスター演じるゾブリストの計画を阻止しようとする様子を描いたもの。 イベントでは、シリーズ第1作「ダ・ヴィンチ・コード」や第2作「天使と悪魔」の楽曲に加えて、19世紀の作曲家フ [全文を読む]

壇蜜や杉原杏璃は億レベル?”財テク”で生活安泰な女性タレントの懐事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月22日08時07分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

「博多の壇蜜」こと藤田可菜、ドラマチックなローカルCMが今年も話題に

メンズサイゾー / 2015年12月28日18時30分

大学在学中に読者モデルとしてデビューし、ローカルタレントとして九州地方の深夜番組などにも出演する彼女は、身長157センチとモデルにしては小柄だが、バラエティでは芸人とプロレス対決したり、鼻フックといった罰ゲームに挑戦したりとカラダを張ったところを見せている。 九州朝日放送の深夜バラエティ『ドォーモ』では、藤田の鎖骨に飲み物を注ぎ、芸人らがそれをストローで飲 [全文を読む]

外国人でも大歓迎!?国際結婚をもくろむ高橋真麻

Smartザテレビジョン / 2015年02月14日00時39分

「テレビで中国語」に出演する壇蜜は「大学のころに中国語を勉強していたんですが、ほとんど思い出せず恥ずかしいです」と遠慮気味に答え、「でも番組は視聴者の方々が第一だと思うので、Eテレの“景観”を損ねないように善処したいと思います」と教育番組での振る舞いに慎重な様子を見せた。 また、高橋は英語ができるようになったらやりたいことの裏テーマがあるという。「今は恋 [全文を読む]

杉村太蔵「仕事がなくなったら大学で戦国時代を学ぼうかな」

NEWSポストセブン / 2013年01月31日07時00分

私は日本の歴史が好きですから、大学で戦国時代について学ぼうかな、とか。そう思うとワクワクしてきますし、今も楽しんで全力投球できるんです。 あとね、いじられてめげるなんてバカバカしいですよ。よくゲスト出演した番組で“今年、消えるかもしれない杉村太蔵さんです”なんて紹介されますけど、うれしいぐらいですよ。だってそのことによって皆さんが笑ってくれますし、場が明 [全文を読む]

葬儀会社出身“日本一美しい31才”壇蜜 芸名は仏教用語から

NEWSポストセブン / 2012年11月26日16時00分

大学を卒業後、和菓子屋さんをやりたくて、その準備として和菓子会社に就職。工場で毎日あんこを練ってました。その後、葬儀会社などでも働いていました」(以下「」内、壇蜜) 14才から始めた日本舞踊は師範の資格をもっている。26才の時に当時の恋人にプロポーズをされたが、 「結婚することもひとつの幸せとは考えていたんですけど、結婚はもう少し先でいいかな、もうちょっと [全文を読む]

消費者の”炎上ポリス化”時代:相次ぐ不適切CM騒動はどこへ向かうのか

DIGIDAY[日本版] / 2017年07月23日12時00分

低予算で作ってくれという安易なリクエストもあるだろう」 電通のクリエーティブ・ディレクターとして30年以上にわたって広告制作に携わり、現在は上智大学で広告学の講師も務める、ブランドア代表の藤島淳氏は、インターネットの動画配信が普及したことで、広告の制作環境に変化が生じていると指摘する。 「ただ、一つ言えることは、ちゃんと世の中で認知され、受け手側に訴えるチ [全文を読む]

峰なゆか、水嶋あい、紅音ほたる…元・セクシー女優の“引退”後の新たな道

dmenu映画 / 2017年07月20日07時00分

(C)2017 東映ビデオ/エクセレントフィルムズ 『身体を売ったらサヨウナラ』はエリートコースを歩みながらも、大学在学中に出演したという過去をもつ主人公・鈴木リョウコが、昼と夜の世界で矛盾する日々を送る中で心の拠りどころを求め続けるというストーリー。「女の身体は何度でも売れる」と呟く一方で幸せになりたいと願う、元セクシー女優という肩書を背負った1人の女 [全文を読む]

“現代の魔法使い”落合陽一×西村真里子「新聞、絵画、イッセイミヤケの服もメディアのひとつ」

週プレNEWS / 2016年11月28日06時00分

ICU(国際基督教大学)で国際関係学を専攻し、卒業後はIBMに入社。エンジニアとして国際特許も取得した。その後、「Flash」などのウェブツールで知られるAdobe(アドビ)を経て、インタラクティブコンテンツ制作会社バスキュールに移り、プロデューサーとして視聴者参加型テレビ番組制作を手がけた。 2014年には、女優・壇蜜の肉体をレースコースに見立て、血液 [全文を読む]

坂口恭平の新作原稿67枚を無料で一挙公開

PR TIMES / 2016年06月15日16時49分

2001年早稲田大学理工学部建築学科卒業。大学在学中から大規模な現代建築を設計する建築家に疑問を持ち、人が本来生きるための建築とは何かを模索しつづける建築家であり、死なないための方法として表現し続ける作家・絵描き・踊り手・歌い手。 著書に写真集『0円ハウス』(リトルモア)、『TOKYO0円ハウス 0円生活』(河出文庫)、『隅田川のエジソン』(幻冬舎文庫)、 [全文を読む]

フォーカス