過去 壇蜜に関するニュース

壇蜜 入浴シーンも必見!NHKドラマ「精霊の守り人」で見せた女優としての本気度

アサ芸プラス / 2016年05月14日09時57分

ローマ風呂のような大浴場に、花びらをいっぱい浮かべて、そこに壇蜜さんが素肌を浸すというシーンが予定されています」(前出・制作関係者) 壇蜜は過去に、NHKドラマでは「花子とアン」などにも出演している。しかし、肌を露出することはなく、公共放送で初の「ハァハァ解禁」となるようだ。 とはいえ、本作は原作に沿ってのドラマ。特に「壇蜜」を強調するようなことではないと [全文を読む]

ドンキホーテ谷村ひとし「壇密のタイアップ台は牙狼シリーズの影響を受けている?」

アサ芸プラス / 2014年03月27日09時52分

過去、お笑い芸人さんとタイアップした台で、制作している間に旬の時期を過ぎてしまい、ホールに登場した時はクスリとも笑えず、大コケすることも珍しくないからです。 ドラマ「半沢直樹」で一気にお茶の間に溶け込んだ壇蜜さんと、きうちかずひろ先生の漫画「BE・BOP HIGH SCHOOL」がコラボした「CRBE・BOP~壇蜜与太郎仙歌~」が、「牙狼」と同じサンセイR [全文を読む]

橋本マナミ、壇蜜にかなわない部分

NewsCafe / 2015年06月29日17時00分

「サンデージャポン」(TBS系)では大物俳優と交際した過去も告白したが、いずれもスキャンダル扱いではなくエロキャラ扱いなので、「一長(長所)」であって「一短(短所)」はないと思えるが? 「愛人キャラの流れが変わってきたのが、先行する壇蜜についてのコメントですね」 同じ系統だけに何かと比べられがちな2人だが、橋本は何とコメントした? 「『旅ずきんちゃん』( [全文を読む]

特撮映画「BRAVE STORMブレイブストーム」17年秋公開 シルバー仮面とレッドバロンが共演

アニメ!アニメ! / 2017年07月20日12時37分

極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟(大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一)は過去に時間移動し、侵略者・キルギス星人を地球侵略開始前に抹殺することを計画。奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ。そして、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ?シルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。 過去へ到着した兄弟達は、ロボット [全文を読む]

「徹子の部屋」初登場の壇蜜が壮絶過ぎる過去を告白!

Smartザテレビジョン / 2015年08月17日06時00分

次々と意外な過去を語る壇蜜に、これまで多くの芸能人とさまざまなトークを繰り広げてきた黒柳徹子も驚きを隠せない。 単なる色気やセクシーな言動だけでなく、男性のみならず女性をも魅了する壇蜜の“魅力”を形成したものは、知られざる過去にあったのかもしれない。 [全文を読む]

”壇蜜”主演 驚愕のエロティック・ホラー映画『甘い鞭』予告編解禁!

PR TIMES / 2013年06月14日15時38分

ひとりの女性の“昼と夜”“過去と現在”が交錯し浸食し合うさまを、過激に、そして、エロティックに描き出します。 主役の奈緒子を演じるのは、エロス神として話題絶頂の壇蜜。 ハードなSMシーンにも果敢に挑み、“壇蜜”の仮面を完全に脱ぎ去り、本格女優としての第一歩を踏み出しました。 そして、17歳の奈緒子を演じるのはグラビアアイドルの間宮夕貴。その裸体の美しさと [全文を読む]

峰なゆか、水嶋あい、紅音ほたる…元・セクシー女優の“引退”後の新たな道

dmenu映画 / 2017年07月20日07時00分

7月1日より公開されている映画『身体を売ったらサヨウナラ』は、元セクシー女優という過去をもつ新聞記者が、その実体験を赤裸々に綴った作品です。 原作となった本の著者である鈴木涼美は、現在は社会学者として活動をしています。これまでセクシー女優の引退後といえば、そのまま名もなき一般人に戻るケースが多い中、今は彼女のように自分の経験を活かしながら活躍し続ける女優た [全文を読む]

謎の暗号? 壇蜜の差し入れに添えられた手紙に「ゾッとするメッセージ」?

しらべぇ / 2017年04月26日21時00分

・合わせて読みたい→春風亭小朝は金髪SM豚野郎? 元妻・泰葉が「過去の虐待」を訴えネット騒然(文/しらべぇ編集部・星子) [全文を読む]

波瑠が思わず「びっくりぽんや!」と叫んだサプライズプレゼントって?

Woman Insight / 2015年11月21日17時53分

映画『流れ星が消えないうちに』は、突然の事故死によりかつての恋人を失い、前に進めずにいた主人公・奈緒子が、同じく過去に立ち止まったままの現在の恋人や家族との関わりにより、やがて再びゆっくりと前に向って歩き出す姿が描かれているヒューマンラブストーリー 。 過去を引きづりなかなか前に進めない主人公・奈緒子を演じる波瑠さんは「私自身、奈緒子の身に起こった事と同 [全文を読む]

テレビ各局が極秘に作成した「共演NGリスト」を公開!(3)デヴィ夫人VS西川史子

アサ芸プラス / 2014年10月02日09時58分

それでも、恋愛ざたや過去の共演した際のトラブルが尾を引くケースは絶えません」 続いて、セクシーキャラが災いしているのが、壇蜜(33)だ。 「実は、彼女は嵐と共演NG。ジャニーズと共演するためには、それなりに華があり、数字もそこそこ持っているという条件が付きますが、それ以上に大事なのがそれでいて邪魔をしないということ。その点では、新垣結衣、堀北真希、北川景子 [全文を読む]

「温泉でしてきたの」壇蜜に元カレとの旅行写真が浮上!

メンズサイゾー / 2013年05月17日08時00分

「芸能界入りする前に葬儀会社に勤めていたことなど、過去については比較的オープンにしていますが、男関係についてはあまり具体的に語られることはありませんでした。強いて言えばバツイチの46歳営業マンと遠距離恋愛の末に破局したことを語っていたぐらいで、恋愛対象は『45歳以上』とも言っていた壇蜜ですが、最初からオヤジ好きだったわけではないということですね。記事では [全文を読む]

SM調教された過去!?壇蜜、板尾創路に「なかなか逆らえない」

スポニチアネックス / 2017年09月16日05時43分

お笑いタレントの板尾創路(54)が15日、テレビ埼玉とCS局「Kawaiian TV」が共同制作する10月スタートの新番組「板尾壇(談)」の初回収録を都内で行った。 セクシータレントの壇蜜(36)と気になる話題を語り合う内容。12年に共演した映画「私の奴隷になりなさい」では板尾が壇蜜をSM調教する役柄で、壇蜜は「当時の名残で、なかなか逆らえない」と苦笑。板 [全文を読む]

ひと言で悩殺!? 3位石原さとみ「声が魅力的な女性芸能人」1位は

美レンジャー / 2017年09月11日07時30分

実はガッキー、2006年に公開されたアニメ映画『超劇場版ケロロ軍曹』(角川ヘラルド映画)や、2006年に放送されていたテレビアニメ『デジモンセイバーズ』(フジテレビ系)で声優を務めた過去も! 彼女のビジュアルはあえて出さず、美声だけを堪能できるアニメというのもファンにはたまりませんね。卑猥すぎてNG!吐息交じりのセクシーボイス…「壇蜜」続いて2位にランクイ [全文を読む]

橋本マナミが明かした「月イチ密会交際オファー」と「不貞過去」!

アサ芸プラス / 2017年08月08日17時59分

『全精力注ぐ、とか言われたらコロっといっちゃうかも』と意味深な発言もしていました」(前出・番組関係者) 実際、橋本は過去に事実上の愛人状態だった過去を告白したことがある。「昨年10月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、昔交際していた男性が実は妻子持ちだったことがある、と話していました。交際当時は『離婚をした』とウソをつかれ、後で事実を知ったとい [全文を読む]

過去のノーブラ発言に視聴者興奮...壇蜜のようなエロさがあると評判のクラシック界の歌姫・田中彩子

メンズサイゾー / 2016年06月06日18時00分

"クラシック界の歌姫"と呼ばれるソプラノ歌手・田中彩子(32)が、「セクシーすぎる」と話題になっている。 5日放送のドキュメンタリー番組『情熱大陸』(TBS系)に出演した田中。幼少期からクラシック音楽を学んだ彼女は、高校生のときに音楽の都・ウィーンに留学し、超高音域を巧みに操る声楽テクニック「ハイ・コロラトゥーラ」を習得して一躍脚光を浴びた。繊細さと華麗さ [全文を読む]

【ムービープラス】人気オリジナル番組「この映画が観たい」4月は壇蜜さんが登場

PR TIMES / 2016年03月28日12時09分

ゾロはヒーローぶっていないし、過去の自分の過ちを懺悔しながら生きています。刃を持ちながらも、その刃は自分自身に向いている。私もそういう精神を大切にしていたいと思っています。だから、あと10年くらい待ってみようと思います。その頃には、もしかしたらゾロになっているかもしれませんから」と、コスチュームを自作してしまうほど憧れの存在であるゾロ愛を明かしました。「マ [全文を読む]

膳場貴子 酒とゲームを封印した「妊活再々婚」秘話

アサ芸プラス / 2015年08月10日09時57分

過去の婚歴もあり、『どうせなら‥‥』と東大出のDNAを求める気持ちも理解できます」(前出・TBS関係者) はたして、膳場を射止めたのはやはり東大卒のエリートだった。「大手広告代理店に勤務するサラリーマンですが、決して学歴をひけらかさない朴訥なタイプ。大学まで柔道で鍛えたガッシリ体型は、夜の営みでも頼もしく映ったのかもしれません」(前出・女性誌記者) “寝技 [全文を読む]

「死んだら楽になる…」 苦悩の青春時代を振り返る壇蜜の魅力と未来

メンズサイゾー / 2014年08月14日14時00分

これまでにも著作やテレビ番組などで振り返られてきた壇蜜の過去。就職活動の失敗や和菓子職人を目指した経験、遺体の修復作業に興味を持ちエンバーミングの勉強をしていたことなど、その内容に真新しさはなかったが、淡々と過去を語る彼女からは、やはり独特の魅力が滲み出ていた。 「死んだら楽になるかなって…」何をするにもうまくいかなかった20代のころには、いつもそんなこ [全文を読む]

シルバー仮面&レッドバロンが夢のコラボ!「ブレイブストーム」今秋公開

映画.com / 2017年07月24日07時00分

2050年、春日5兄妹(大東、山本、タモト、壇蜜、春日)は地球滅亡をもたらした侵略者・キルギス星人を、地球侵略開始前に抹殺するべく、巨大ロボット設計データ、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ“シルバー”を手に、15年の過去へと移動する。ロボット工学者・紅健一郎(吉沢)と接触を図った兄妹たちは、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を依頼。やがて健一 [全文を読む]

シルバー仮面&レッドバロンが夢の共演!『ブレイブストーム』公開決定

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年07月23日13時00分

わずかに残された人類の中、春日5人兄弟(大東、山本、タモト、壇蜜、春日)は、過去に時間移動し、侵略者キルギス星人を地球侵略開始前に抹殺することを計画する。2015年に移動した兄弟たちは、ロボット工学者・紅健一郎(吉沢)に接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。エイリアンVS強化人間と巨大ロボットVS巨大ロボット。東京を舞台に、壮絶なバトルが開 [全文を読む]

フォーカス