テレビ出演 壇蜜に関するニュース

壇蜜さんがサンジャポで「9条」のバッジを着用?ネットで物議

秒刊SUNDAY / 2015年05月05日14時21分

なるほど・ 憲法9条を守ろうというバッジをつけてテレビ出演をする壇蜜さんが美しすぎる件について・ やるなぁ。・ 壇蜜さんが今日つけてたのこれだ・ 今日は憲法記念日だからかな?・ 檀蜜さんは、考えていますよ。 ・ それは考え過ぎなのでは (ライター:Take) [全文を読む]

「早く帰りたい……」超過密スケジュールの壇蜜に出始めた“危険な兆候”とは

日刊サイゾー / 2013年06月27日09時00分

それなら、写真集やテレビ出演のほうがよっぽどオイシイ。要は、彼女も“学んだ”ということでしょう」。 ファンが壇蜜に期待しているのはトーク力ではなく、エロスなのだが……。 [全文を読む]

壇蜜ストーカー被害…高層マンション住まいでも危険?

メンズサイゾー / 2013年04月23日14時00分

「紙媒体だけでなくバラエティ枠にもパイプがあって強いので、さらにテレビ出演は加速するでしょうね。壇蜜本人もプロ意識の塊のような人で、スタッフ・共演者からの受けもいいですから、まだまだ人気を保てるでしょう」(芸能プロ関係者) ところが、人気が高まると様々な弊害が発生するもので、壇蜜に「熱狂的なストーカー」が現れたと4月19日付の東京スポーツが報じた。 壇蜜 [全文を読む]

壇蜜「加齢に伴い、時代と立場に合った思想を持つことが許されないとは驚いた」 類稀な客観性で現代社会をまなざす『どうしよう』

messy / 2016年03月03日21時00分

たとえば、一時期と比較してテレビ出演の本数がガクッと減ったことについて世間から「消えた」等の揶揄があったり、売れたタレントに変化が見られると「変わっちゃった」「天狗かよ」等の苦情が出る現象を、壇蜜は次のように皮肉る。『世間もTVも、最初にタレントが持っていたイメージを少しでも変えようとすると、大変怒る。分かりにくくなるからだろう。「それで売れたくせに手のひ [全文を読む]

「ダメよーダメダメ!」、"日本エレキテル連合" 着信ボイスが4カ月連続首位獲得!~「レコチョク 着信ボイス 月間ランキング」発表

PR TIMES / 2014年09月01日17時43分

昨年末のテレビ出演時にネット、SNSを中心に話題を集め、本年4月28日より初の着信ボイスをレコチョクにて配信スタート。 彼女たちのコントから生まれた、おじさんキャラの“細貝さん”と等身大の女性の人形“朱美ちゃん3号”による名ゼリフを、メール編、着信音編、アラーム編、コント編という4種類の着信ボイスで配信中です。 なかでも、「未亡人朱美ちゃん3号 メール編 [全文を読む]

9社とCM契約の壇蜜 人気の背景に女性支持と事務所の戦略

NEWSポストセブン / 2014年02月09日07時00分

事務所としてはテレビ出演の数を増やすよりも、CM契約を1本取るほうが利益につながりますからね。CM起用を増やそうという狙いがあってのことでしょう」 4月放送のNHKドラマへの出演も決定。活躍の幅はますます広がっている。 [全文を読む]

壇蜜、新宿駅に現る!自分の巨大ポスターを前に「ハァハァしてください」

週プレNEWS / 2012年12月24日17時01分

発売するDVDは次々に大ヒット、主演映画が公開されテレビ出演も増えるなど、“壇蜜現象”を巻き起こしている。JR新宿駅の東口と西口をつなぐ北通路という通行量が多い場所で、ひときわ目を引くこのポスター。午前10時に貼り出されると同時に、多くの人がポスターの前で写真を撮っていた。 *** というわけで、ご本人にこっそりこの現場に来ていただきました! いかがですか [全文を読む]

石川梨華、久々のドラマ出演で“変貌“にファン衝撃...「顔がパンパン」「劣化しすぎ」の声が相次ぐ

メンズサイゾー / 2015年05月05日15時00分

メディア露出も減少し、ここ最近のテレビ出演は前述のドラマとローカル番組くらい。 といっても全く露出がないわけではなく、5月5日に夕方の主婦向け番組『L4YOU!』(テレビ東京系)出演が予定され、18日には2時間ドラマ『釣り刑事6』(TBS系)に出演するが、元トップアイドルとは思えない状況だ。バラエティーに呼ばれてもモー娘。時代の暴露トークに終始することが [全文を読む]

酒井法子、復帰話が次々ご破算でパチンコ営業の日々…関係者やASKAの覚せい剤事件で

Business Journal / 2015年01月03日06時00分

今回の大庭の逮捕で、さらに公開は窮地に陥ったと見るべきです」(関係者) 酒井は、昨年春以降に予定されていたバラエティー番組などのテレビ出演はすべて反故にされ、現在はパチンコ店での営業活動がメーンだという。かつての人気を知るファンにとっては寂しすぎる現状だ。やはり映画主演作などでアピールしなければ、復活とはいえない。 肝心の『空蝉の森』は陽の目を見る可能性が [全文を読む]

北海道・タカトシ、沖縄・具志堅用高……徹底調査!「地元No.1の売れっ子芸能人」

日刊サイゾー / 2014年10月21日21時30分

果たして、あなたの地元の売れっ子は……? 【出身県別出演回数代表】 都道府県 名前 出演回数 北海道タカアンドトシ(お笑いコンビ)167 青森県室井佑月(作家)52 岩手県新沼謙治(演歌歌手)13 宮城県狩野英孝(お笑い芸人)58 秋田県壇蜜(グラビアアイドル)33 山形県あき竹城(女優)53 福島県白鳥久美子(お笑い芸人)47 茨城県黒沢かずこ(お笑い [全文を読む]

フォーカス