商品 イトーヨーカ堂に関するニュース

大量閉鎖のイトーヨーカドー、懐かしの鳩マーク復活で再起できるか

まぐまぐニュース! / 2017年04月05日04時30分

薄利多売のため、1箱分の商品を売っても儲けは箱代か袋代にしかなりませんでした。しかしそれでも薄利多売をやめませんでした。なぜなら、それが「信用」につながると考えたからです。 羊華堂は「顧客」と「感謝の心」を大事にしました。顧客に「こんな商品がないか」と言われたら、その商品を必ず仕入れました。店の前を掃除するときは、両隣の前まで綺麗にしました。こうしたことを [全文を読む]

セブンイレブンのEC「オムニセブン」は成功するか?佐々木俊尚氏が解説

まぐまぐニュース! / 2016年03月09日03時00分

「オムニセブン」というサイトで、セブンイレブンやイトーヨーカ堂、西武、ロフトなど専門店の商品計180万品目を扱っており、購入した商品を全国のセブンイレブンで受けとったり、返品することができます。ネット通販は返品する際、宅配便の集荷をたのんで送り返さなければならずけっこう面倒なのですが、セブンイレブン店頭で返品できるのならかなり楽ですね。宅配便の伝票も書かず [全文を読む]

初のグループ7社合同企画 オムニ7~春の大満足フェア~開催

PR TIMES / 2017年02月28日14時45分

http://www.omni7.jp/general/static/springfair/オムニ7でしか買えない限定商品を発売[画像1: https://prtimes.jp/i/10288/7/resize/d10288-7-238223-0.jpg ]株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪 隆一)は、セブン [全文を読む]

赤字垂れ流しのヨーカ堂社長、鈴木会長のブチ切れにブチ切れ辞任!深刻な後継者不足が露呈

Business Journal / 2016年01月28日06時00分

おにぎりやサンドイッチなど定番商品が売り上げを押し上げ、既存店売上高は3.2%増、全店平均日販は66万円だった。 北米を含めたコンビニ事業の営業利益は2357億円となり、全体の営業利益の90%を占め、余計にイトーヨーカ堂の巨額赤字が目立つ。●鈴木氏の叱責に戸井氏が切れた?「成果が出なければ惰性でやっているのと同じ。ヨーカ堂は何も変わっていない」 1月6日、 [全文を読む]

なぜコンビニ、セブン銀行、セブンプレミアムを思いつけたか?

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

セブン-イレブンでのおにぎりやお弁当の販売も、流通業として前例のない自前のセブン銀行の設立も、上質さを追求してプライベートブランド(PB)商品の常識をくつがえしたセブンプレミアムの開発も、同様です。 最近では1斤6枚入りが256円(税込み)と、ナショナルブランド(NB)の売れ筋商品の1.5倍の価格にもかかわらず、大ヒットした「金の食パン」も、跳ぶ発想から [全文を読む]

楽天No.1ハーブティーAMOMA natural care、アカチャンホンポ等でのテスト販売を開始

@Press / 2015年11月10日14時15分

[店頭販売用商品]妊活ブレンド(2.5g×12ティーバッグ) 799円(税別) ※マタニティブレンド(2.5g×12ティーバッグ) 799円(税別) ※ラズベリーリーフティー(1.2g×17ティーバッグ) 799円(税別) ※ミルクアップブレンド(2.5g×12ティーバッグ) 799円(税別)ミルクスルーブレンド(2.0g×12ティーバッグ) 799円(税 [全文を読む]

セブン&アイ、始動するネット通販トップへの挑戦~積極買収&オムニチャネル戦略の裏側

Business Journal / 2014年02月16日01時00分

いつでも買えるインターネットと実店舗を結び、消費者が欲しい商品を、それぞれの要望に沿ったかたちで販売する。そのためにセブン&アイは昨年12月、矢継ぎ早に買収や出資を進めた。 12月2日、カタログ通販大手のニッセンホールディングスを最大177億円で買収すると発表。中間持ち株会社のセブン&アイ・ネットメディアを通じ、ニッセンに対しTOB(株式公開買い付け)を1 [全文を読む]

セブンプレミアムが「生鮮PB」を始めた理由

ニューズウィーク日本版 / 2017年03月14日10時53分

セブン&アイ・ホールディングスは3月9日、野菜や精肉、鮮魚など生鮮3品を主軸とする新PB(プライベートブランド、自社企画商品のこと)「セブンプレミアム フレッシュ」を展開すると発表した。バナナや豚肉、サーモンといった新商品を3月から順次発売する。セブン&アイの井阪隆一社長は「従来PBは(低価格の)価格訴求型というイメージがあったが、われわれは品質重視、価値 [全文を読む]

セブン&アイ、アマゾン・楽天「超え」も目前…全勢力結集の革命的ネット通販

Business Journal / 2015年12月14日06時00分

オムニチャネルとは、2011年に米国で生まれたサプライチェーン戦略を示す概念で、端的にいえば「顧客が商品を欲しいと思ったら、いつでどこでも注文でき、希望する場所で商品を受け取れる販売・流通・物流形態」を意味する。 マルチチャネルやクリック&モルタル、O2O(Online to Offline)とよく混同されるが、大きな違いは、商品やサービスを「知る」「調 [全文を読む]

「レジで見せなくてもOK」スーパーで使えるクーポンサービス最前線

NewsCafe / 2014年11月17日12時00分

■全国のスーパーで使えるクーポンは?・西友ネットスーパーでクーポンが発行されているが、実店舗ではない模様・イトーヨーカ堂メルマガ会員限定のクーポン、「セブンスポット」と呼ばれる公衆無線LANサービスを使用することで使えるクーポンがある・生協各地域の生協店舗でクーポンを発行していることがある・ダイエー「木曜の市」キャラクター・モッくんのメルマガでネットクーポ [全文を読む]

ヒートテック越え!? 冬の寒さを乗り切る「あったかインナー」徹底比較

BizLady / 2016年12月17日12時00分

『BizLady』の過去記事「ユニクロやイオン…必需品の“あったかインナー”どう進化してる?」では、ユニクロ、イオン、しまむらの3商品を紹介しましたが、このほかにも見逃せないインナーがあるんです。 今回は、イトーヨーカ堂、無印良品、ベルメゾンのインナーの特徴をご紹介します。 ■あったかサラサラ! イトーヨーカ堂の『ボディーヒーター』 動いたあとや、電車や [全文を読む]

総合スーパー不振 ヨーカ堂の店舗閉鎖も「遅すぎた」

NEWSポストセブン / 2016年03月23日07時00分

ダイエー、イトーヨーカ堂、ユニー、ジャスコ……、長らく日本の小売業を牽引してきたこれらの大型店は、みな「G(ゼネラル=一般的)」、「M(マーチャンダイジング=商品計画)」、「S(ストア=店)」業態で盛隆を極めた代表格だ。 しかし、いまやGMS事業は各社共通の“負の遺産”。真っ先に売り場の縮小や店舗閉鎖といったリストラ対象に挙げられるほど厄介な存在となった。 [全文を読む]

【西友】大量閉店から一転、日本から始まる「ウォルマートの逆襲」

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日20時00分

このシステムというのが、セントラルバイイングという、いわゆる、店舗ごと各々が各々の卸会社に発注するのではなく、地域で一括でまとめて買い上げ、在庫を効率化し、より安い値段で商品を買うシステムです。 コンビニには基本的には同じ製品が置いてあります。そのため、大量に同じ製品を仕入れ、一度地域の中核配送センターに納め、そこから製品を分配できるのです。 しかし、日 [全文を読む]

イトーヨーカ堂と神戸屋の共同開発商品!『発酵バターの香り豊かなクロワッサン』

PR TIMES / 2016年10月07日16時24分

[画像3: http://prtimes.jp/i/18950/5/resize/d18950-5-825054-1.jpg ] [商品概要] 商品名:『発酵バターの香り豊かなクロワッサン』 価格:180円(税込194円) 発売日:10月8日(土) [おいしさの4つのポイント] 1.フランス産小麦(小麦中、フランス産小麦19%使用) 香り豊かなフランス産 [全文を読む]

受験生応援「合格どら焼き」発売

PR TIMES / 2016年01月12日09時33分

当社人気商品の小倉どら焼きは、縁起担ぎに、受験勉強時の糖分補給に最適です。桜を満開に咲かせた掛け紙デザインを採用し合格にちなんで、サクラサケ!というメッセージを込めました。また、十勝甘納豆本舗ブランド販売分では、ブランド名の「十勝(とかち)」を、「十回勝てる!」という意味を込めて「十勝(じゅっしょう)」と読ませるデザインにしています。[画像2: http: [全文を読む]

ユニクロ、連続客数減地獄に突入か…値上げの一方で巨額広告費、失敗or長期利益拡大?

Business Journal / 2016年01月02日06時00分

こうした費用は当然のことながら商品の価格に上乗せされることになります。さらに、ユニクロを展開するファーストリテイリング(ファストリ)は、GUというユニクロよりも低価格帯となるブランド展開を始めたことにより、GUよりも明確に高価格に設定しなければならない事情もあるでしょう。●GAPのビジネスモデル ユニクロはこれまで基本的にファストファッションの元祖ともい [全文を読む]

セブン、ローソン、ファミマなど主要コンビニ5社の特徴比較

NEWSポストセブン / 2015年08月04日16時00分

“絶対的なおいしさ”にこだわり、常にこれを軸として、商品開発から物流まで取り組んでいるという。商品のカテゴリー別に同じ温度で配送する「温度帯別配送」もそのひとつだ。 PBに対する評価が高く、「セブンゴールドのヒットは、消費者の意識を『PBは価値の高いもの』という認識に変化させました。セブン-イレブンはPBをコンビニにいち早く定番化させた立役者といえます」( [全文を読む]

セブン&アイ鈴木会長、世襲への布石か 「結果を出せない」次男抜擢、社内から異論続出

Business Journal / 2015年01月02日06時00分

グループの商品をネットで受注し、近くのコンビニ店舗で顧客に渡したり、顧客の自宅へ配達する。具体的には、コンビニのセブン-イレブンからスーパーのイトーヨーカ堂、百貨店のそごう・西武までグループ全社で扱う約300万の商品をネットで買えるようにする。ネットを通じた商品やサービスの売り上げを現在の1500億円から7倍の1兆円規模に引き上げるという計画を立てている。 [全文を読む]

西友のネットスーパーにDeNA参画 ゲーム依存から脱却目指す

NEWSポストセブン / 2013年03月15日07時00分

各社とも取り扱い商品数や販売エリアの拡大を急ぐ中、意外に見落とされがちなのが注文サイトの利便性や見やすさ。「ネットスーパーは利用してみたいけれど、パソコンでは商品が分かりにくいし、注文方法などの操作に不安がある」(60代後半女性)との声は多い。 また、最近ではPCだけでなくスマホ経由での注文にも対応しなければならない。総務省の「情報通信白書」(2012年 [全文を読む]

ダイエーは最大47%引き 値下げできるのはPBの利幅大だから

NEWSポストセブン / 2012年09月24日07時00分

対象商品の一例を見てみよう。 ■森永ビヒダスヨーグルト(450g)218円→148円(32%引き) ■ホーユー ビゲン スピーディカラー乳液 498円→298円(40%引き) ■ニチレイ甘えびシューマイ(12ケ入) 338円→178円(47%引き) エブリデー・ロー・プライス(EDLP=毎日安売り)の戦略はいまやスーパーの生命線ともいえるが、ここまで各社が [全文を読む]

フォーカス