セブンイレブン イトーヨーカ堂に関するニュース

日本株銘柄FOCUS【決算メモ】セブン&アイ・ホールディングス

ZUU online / 2017年04月11日11時00分

セブン&アイ・ホールディングの説明によれば、買収するコンビニは米国で展開するセブンイレブンの店舗と同等かそれ以上の実績を残しているようです。買収する店舗の1店舗当たりの日販は米国のセブンイレブンの店舗と同等以上で、ブランド力が高いガソリンの販売量はセブンイレブンの1.5倍にのぼるとのことです。このため今後15年間にわたりスノコLPよりガソリンの供給を受ける [全文を読む]

セブン&アイ、経営混乱で危機的状態…独裁者・鈴木会長失脚で露呈した「異常な体質」

Business Journal / 2016年04月08日17時00分

ジョセフ・デピント氏は米セブンイレブンのトップであり、企業統治(コーポレートガバナンス)の観点からすると井阪社長の解任に組みすることはないと考えられる。もうひとり、可能性があるとすれば大高善興・ヨークベニマル会長兼CEOだ。同社はイトーヨーカ堂系の東北最大食品スーパーで福島県郡山市に本社がある。●援護射撃 7日の会見は、セブン&アイHDのガバナンスが機能 [全文を読む]

【西友】大量閉店から一転、日本から始まる「ウォルマートの逆襲」

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日20時00分

ウォルマートはイトーヨーカ堂よりも一周早い 最近、セブンイレブンホールディングスがイトーヨーカ堂の縮小を宣言していましたが、既にウォルマートはその作業を終え、見込みある既存店舗を改修する方向へ舵を切りだしました。 ウォルマートは日本の市場を見捨てていません。 高齢者人口が多くなる上、人口が減少するとしても、まだまだ利益を出せる公算があるのでしょう。日本か [全文を読む]

「企業再生のプロ」、新生ファミマ社長の熱すぎる経歴

Forbes JAPAN / 2016年09月29日12時00分

「日本のセブンイレブンの担当者が現場で問題点を一つひとつ整理し、サンドイッチ工場をどうやってつくるか、物流の効率化をどうはかるか、具体的で現実的な事柄をアメリカの経営トップに提示していったんです。その愚直で誠実な姿に感動したし、実際に会社が劇的に変わっていった。日本のきめ細かな経営は非常に可能性があると思いました」貴重な経験を得た澤田は、95年12月27日 [全文を読む]

セブンイレブンのEC「オムニセブン」は成功するか?佐々木俊尚氏が解説

まぐまぐニュース! / 2016年03月09日03時00分

メルマガ『佐々木俊尚の未来地図レポート』では、佐々木さんが最近注目されている「オムニチャンネル」と、セブンイレブンの新たな試み「オムニセブン」について詳しく解説しています。 セブンイレブンの新しいEC「オムニセブン」はほんとうに成功するのだろうか? オムニチャンネルということばが流行しています。「オムニ」とは「すべて」「あらゆる」という意味の英語なので、オ [全文を読む]

セブン、独り勝ちの秘密と懸念材料とは?カギはPB、銀行、カフェ…

Business Journal / 2013年07月24日14時00分

当サイト記事でも「実は高くて不味い? セブンイレブンPB本当の価値とは?」で紹介した。 また、「セブン、独り勝ちのカラクリ 加速する強気出店とPB拡大…飽和説覆すコンビニ3強」では、セブンの強気出店とその背景にあるPB拡大を解説している。セブンは3月1日に、香川県と徳島県で一気に14店を同時出店。来年3月までに両県で140店を出す予定。さらに今年度中に愛媛 [全文を読む]

フォーカス