閉鎖 イトーヨーカ堂に関するニュース

大量閉鎖のイトーヨーカドー、懐かしの鳩マーク復活で再起できるか

まぐまぐニュース! / 2017年04月05日04時30分

セブン&アイホールディングス(HD)はイトーヨーカ堂の新規出店を抑制し、不採算店舗や老朽化した店舗を中心に20年2月期までに40店を閉鎖すると発表しています。ヨーカ堂創業の地にある東京都の北千住店が昨年4月に閉店したことが印象的でしょう。 ヨーカ堂は変わりつつあります。2017年3月21日付朝日新聞は「イトーヨーカ堂は、スーパーの屋上などに掲げる大型看板 [全文を読む]

セブン&アイ、「儲からない」ヨーカ堂はもう売却しかない!

Business Journal / 2015年09月26日06時00分

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が9月18日、傘下の総合スーパー(GMS)、イトーヨーカ堂について「活性化が進まない店舗を中心に、約40店舗の閉鎖方針を固めた」と発表した。全店舗の2割に当たり、具体的な店舗名は明らかにしていないが、2020年2月期までに閉鎖するとしている。不採算店の整理を進めて、収益の改善をめざす。 この報道を受けて私は9月21日、 [全文を読む]

総合スーパー不振 ヨーカ堂の店舗閉鎖も「遅すぎた」

NEWSポストセブン / 2016年03月23日07時00分

真っ先に売り場の縮小や店舗閉鎖といったリストラ対象に挙げられるほど厄介な存在となった。 旧ジャスコを筆頭に、総合スーパー事業で巨大流通グループの礎を築いたイオンは、現在でも全国に300店以上のGMSを抱えるが、食料品以外は振るわずGMS事業がグループ経営の足を引っ張る構図が続いている。 そのうえ、イオンには2015年1月に完全子会社化したダイエーの再生とい [全文を読む]

セブン&アイ、ついに「お荷物」ヨーカ堂&ニッセン切りが始まった!

Business Journal / 2015年10月21日06時00分

●ヨーカ堂を大量閉店「構造改革を徹底し、どうしても(黒字に)できない店舗は閉鎖していく」 セブン&アイHDの村田紀敏社長は決算発表会見で、90億円の営業損失を出したGMSのイトーヨーカ堂についてこう述べた。ヨーカ堂の上半期の営業赤字は10年以来のことだ。食品や衣料品を幅広く扱う総合スーパーの大赤字が、食品スーパーも含めたスーパー事業の落ち込みをもたらした。 [全文を読む]

セブン伊藤氏「ヨーカ堂閉鎖は粛々と進める」 創業家出身、初の決算会見で何を語ったか

東洋経済オンライン / 2017年04月07日08時00分

2020度までに収益改善の見込めない40店を閉鎖する方針。すでに2016年4月のザ・プライス千住店(東京都)の閉店を皮切りに、2016年度には15店を閉鎖、2017年度も8店の閉鎖を計画している。井阪社長は決算会見の場で「2020年度までに40店(の閉鎖)という方向感は変えていない」と断言。残る17店の閉鎖を2020年度までにやりきる構えだ。■「会社の方針 [全文を読む]

ヨーカ堂、店舗閉鎖ありきに役員が「待った」 リストラの流れが止まる可能性もある

東洋経済オンライン / 2017年03月27日07時00分

こうした中、同社は止血策として赤字店舗の閉鎖を進めてきた。2020年度までに収益改善の見込めない40店を閉鎖する。この方針に沿う形で、2016年4月のザ・プライス千住店閉店を皮切りに、次々とリストラが断行されてきた。そのスピードはほぼ方針に沿ったものだ。■店舗リストラをめぐり激しく対立だが、今3月の役員人事が社内外に波紋を広げている。2016年1月に復帰し [全文を読む]

止まらないヨーカ堂の戦線縮小、百貨店業態が低迷―中国メディア

Record China / 2016年10月18日17時40分

前出の社員は、「黒字ではないが、今のところこの3店舗の閉鎖はないと思う」と話す。だが社員の楽観的な見方とは異なり、林コンサルタントは、「ヨーカ堂の最大の問題はモデル転換や変革のスピードが遅すぎ、中国人の消費習慣に対する洞察力が低いことだ。現在の状況をみると、ヨーカ堂の残りの店舗は非常に厳しい状態にあり、中国での現状には懸念を覚えざるを得ない」と話す。▽救済 [全文を読む]

セブン&アイ 創業家回帰で鈴木敏文カラーが消えた

NEWSポストセブン / 2017年05月03日16時00分

グループでは業績回復の兆しが見えないヨーカ堂の閉鎖、リストラが急務とされており、創業家の順朗氏ならばそれに対する反発を押さえることができるのではないかと期待されている」(セブン&アイ関係者) 創業家にはさまざまな“利用法”があるのだ。 ※週刊ポスト2017年5月5・12日号 [全文を読む]

セブン&アイ「脱・鈴木」で井阪社長が挑む構造改革

プレジデントオンライン / 2017年02月27日09時15分

相変わらずコンビニ事業と金融事業に依存した収益構造にあり、創業家回帰を強め祖業であるヨーカ堂の不採算店舗の閉鎖で手を緩めるようなことがあれば、構造改革に遅れが生じかねない。井阪氏は社長就任時、「グループが一枚岩になっていく」と強調し、グループ一体となった経営を目指す方針を掲げた。その意味で、グループ人事を終えたいま、井阪体制が構造改革の真価を問われるのは [全文を読む]

大丸パルコ閉店へ、浦和の人々が求めるものは何か?

クオリティ埼玉 / 2017年01月07日06時00分

大丸パルコ店、閉鎖のニュースが昨年末に報じられた。 開業以来赤字が続き、さらに2015年アトレ浦和が開業したことにより大きなダメージを受けた。西口には伊勢丹、コルソ、イトーヨーカ堂があるものの、東口は数年前にクイーンズ伊勢丹が閉店してから、産業道路を越えるまでスーパーがなかった。デパ地下と高質スーパーのこだわり、市場のにぎやかさをコンセプトに2007年に開 [全文を読む]

セブン&アイ、鈴木敏文路線を全面否定…容赦ないヨーカ堂&百貨店縮小、負の遺物を一斉整理か

Business Journal / 2017年01月05日06時00分

関西地区の百貨店の売却、イトーヨーカ堂の大量閉鎖が骨子である。今後、鈴木氏が相次いで買収したネット関連の流通企業の整理を進められるかどうかが注目される。5月に退任した「カリスマ経営者」鈴木氏の路線と決別するための中経といえる。 鈴木氏は「ネットを制する者がリアルを制する」として、「omni7(オムニセブン)」と称するオムニチャネル戦略を推進してきた。オムニ [全文を読む]

セブン&アイの「深刻な難題」ニッセン、債務超過寸前で解体が現実味…買収は完全に失敗

Business Journal / 2016年07月24日06時00分

今年9月末に、そごう柏店(千葉県柏市)と西武旭川店(北海道旭川市)の2店舗を閉鎖する計画だ。 百貨店と並んでセブン&アイHDの悩みの種となっているイトーヨーカ堂などのスーパーストア事業は、8.1%の増益を確保したものの本格的な復活にはほど遠い。 最も深刻なのが通信販売事業である。営業赤字は前年同期の27億円から29億円に増加した。カタログ通販子会社のニッセ [全文を読む]

2013年、日本人の食費はさらに安くなる?

週プレNEWS / 2012年12月25日17時00分

「13年、マクドナルドが不採算店200店舗を大量閉鎖します。ヨーカ堂は2015年度をメドに正社員数を半減させ、パートの比率を77%から90%に引き上げる計画。『店長もパートで賄う』つもりのようです。13年以降、スーパーの整理・淘汰が加速することになります。12年に赤字転落したダイエーには『大株主の丸紅が資本を売却する』との噂がつきまとう……。こうしたこと [全文を読む]

フォーカス