セブン&アイ イトーヨーカ堂に関するニュース

赤字垂れ流しのヨーカ堂社長、鈴木会長のブチ切れにブチ切れ辞任!深刻な後継者不足が露呈

Business Journal / 2016年01月28日06時00分

セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下の総合スーパー(GMS)、イトーヨーカ堂は1月8日に臨時取締役会と株主総会を開き、前社長で顧問の亀井淳氏が社長兼最高執行責任者(COO)に復帰する人事を決めた。社長兼COOだった戸井和久氏は取締役から外れ、社長付となった。いったん顧問に退いていた亀井氏が社長に復帰する異例の人事である。「業績低迷の責任を取り、辞任さ [全文を読む]

大量閉鎖のイトーヨーカドー、懐かしの鳩マーク復活で再起できるか

まぐまぐニュース! / 2017年04月05日04時30分

出典元:まぐまぐニュース! [全文を読む]

堕ちたイトーヨーカ堂、「総連系工場の衣料」販売で苦境が浮き彫りに

まぐまぐニュース! / 2016年06月01日20時00分

出典元:まぐまぐニュース! [全文を読む]

セブン&アイ「謎の女社長との不透明取引」すっぱ抜く!

WEB女性自身 / 2016年05月20日06時00分

(週刊FLASH 2016年5月31日号) [全文を読む]

コンビニ業界の「王者」 セブン-イレブンが勝ち続けられる理由

ZUU online / 2017年05月07日17時10分

実際、セブン-イレブンを擁するセブン&アイHD とローソン 、ユニー・ファミリーマートHD の株価を見比べると同じ業界とは思えないほどバラバラな動きとなっている。コンビニ業界は競争激化なのではなく、明らかにセブン-イレブンの「一人勝ち」だ。セブン&アイHDの戦略に迫ろう。■コンビニ3社の業績に明暗分かれるコンビニ3社で2018年2月期の業績見通しが大きく分 [全文を読む]

セブン&アイ、「鈴木敏文派」幹部や次男が退任で鈴木色一掃…創業家御曹司へのパワーシフト

Business Journal / 2017年04月28日06時00分

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、創業家回帰を進めている。2016年5月、25年にわたってグループの経営を率いてきた鈴木敏文氏が会長を退き、コンビニエンスストア事業子会社のセブン-イレブン・ジャパン社長だった井阪隆一氏が社長に就任した。このトップ交代は「セブンの乱」と呼ばれたが、陰で創業者の伊藤雅俊氏の意向が働いたとの声が多い。 この「セブンの乱」 [全文を読む]

セブン&アイ、子会社幹部と取引先の癒着疑惑…不明朗なアイドルグッズ取引、経営混乱の発端

Business Journal / 2016年04月14日06時00分

鈴木敏文会長兼CEO(最高経営責任者)が突然辞任を表明し、セブン&アイ・ホールディングス(HD)がぐらぐらと揺れている。傘下のイトーヨーカ堂の業績不振と戸井和久前社長の退任、創業家との確執、米国投資ファンドのゆさぶり、セブン-イレブン・ジャパンの社長交代問題など、セブン&アイHDの動揺は複合的な要素によるものだ。そして、その発端になったのは、実はヨーカ堂の [全文を読む]


セブン&アイ、始動するネット通販トップへの挑戦~積極買収&オムニチャネル戦略の裏側

Business Journal / 2014年02月16日01時00分

セブン&アイ・ホールディングスはオムニチャネル戦略を推進する。いつでも買えるインターネットと実店舗を結び、消費者が欲しい商品を、それぞれの要望に沿ったかたちで販売する。そのためにセブン&アイは昨年12月、矢継ぎ早に買収や出資を進めた。 12月2日、カタログ通販大手のニッセンホールディングスを最大177億円で買収すると発表。中間持ち株会社のセブン&アイ・ネッ [全文を読む]

日本株銘柄FOCUS【決算メモ】セブン&アイ・ホールディングス

ZUU online / 2017年04月11日11時00分

金山敏之(かなやま・としゆき)マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト [全文を読む]

セブン&アイ、鈴木会長の“逸脱”行為 次男が取締役就任、世襲のような人事の違和感

Business Journal / 2015年04月18日06時00分

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が2日に発表した15年2月期連結決算は、コンビニエンスストアのセブン-イレブン加盟店分も含めた全店売上高が前期比6.6%増の10兆2356億円と絶好調だ。国内小売業で10兆円を超えたのは初という。昨年4月の消費増税の逆風にもかかわらず、営業利益も4年連続で最高を更新し、前年比1.1%増の3433億円を計上した。 事業別 [全文を読む]

セブン&アイを蝕む「がん」…不可解な報復人事蔓延、鈴木元会長の息子の横暴がアダに

Business Journal / 2016年06月29日06時00分

ダイエー創業者で、当時社長だった中内功氏(「功」は、正しくは右側が刀)が全盛期に、人を介して当時イトーヨーカ堂の役員だった鈴木敏文氏に「うちに来ませんか?」と声を掛けたことがある。これは流通業界でもトップシークレット級の話題で「知る人ぞ知る」といった類の秘話である。 5月26日、セブン&アイ・ホールディングスの株主総会後に鈴木氏はCEO(最高経営責任者)を [全文を読む]

老害化した天才経営者・鈴木セブン&アイ会長、なぜ退任に?一介の雇われ経営者の末路

Business Journal / 2016年04月13日06時00分

セブン&アイ・ホールディングス(HD)の鈴木敏文会長兼CEO(最高経営責任者)が退任するというニュースは、大きな驚きをもって受け止められた。84歳という高齢になっていたとはいえ、日本にコンビニエンスストアという業態を導入して社会インフラにまで育て上げた。今日に至るまでグループの総帥としてセブン&アイ・グループはおろか、業界全体の発展に尽力してきた。 流通業 [全文を読む]

セブン&アイ、「儲からない」ヨーカ堂はもう売却しかない!

Business Journal / 2015年09月26日06時00分

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が9月18日、傘下の総合スーパー(GMS)、イトーヨーカ堂について「活性化が進まない店舗を中心に、約40店舗の閉鎖方針を固めた」と発表した。全店舗の2割に当たり、具体的な店舗名は明らかにしていないが、2020年2月期までに閉鎖するとしている。不採算店の整理を進めて、収益の改善をめざす。 この報道を受けて私は9月21日、 [全文を読む]

セブン&アイ、経営混乱で危機的状態…独裁者・鈴木会長失脚で露呈した「異常な体質」

Business Journal / 2016年04月08日17時00分

4月7日、セブン&アイ・ホールディングス(HD)の鈴木敏文会長が記者会見を開き、退任することを発表した。鈴木氏が主導した井阪隆一セブン-イレブン・ジャパン社長の退任を求める人事案が否決されたことが理由。 鈴木氏が主導した人事案に反対した顔ぶれを整理すると、まず指名・報酬委員会で反対を表明していた社外取締役の伊藤邦雄・一橋大学大学院特任教授と米村敏朗・元警視 [全文を読む]

セブン&アイの豹変 怒涛の「全国制覇」作戦が本格始動

Business Journal / 2015年07月02日06時00分

流通業界にとって最大の懸念材料は、2017年4月に予定されている8%から10%への消費再増税だ。税率が2ケタになる影響は大きい。再増税前にスーパー業界は再編の動きを見せており、これを見越してセブン&アイ・ホールディングス(HD)は出店攻勢を続けている。 コンビニエンスストア業界で独り勝ち状態である、セブン&アイHD傘下のセブン-イレブン・ジャパンは6月12 [全文を読む]

【流通役員報酬ランキング】小売りトップはユニクロ2億円超

プレジデントオンライン / 2017年04月12日09時15分

(ジャーナリスト 鎌田正文=文) [全文を読む]

セブン伊藤氏「ヨーカ堂閉鎖は粛々と進める」 創業家出身、初の決算会見で何を語ったか

東洋経済オンライン / 2017年04月07日08時00分

■「会社の方針なので、粛々と計画を進める」 [全文を読む]

ヨーカ堂、店舗閉鎖ありきに役員が「待った」 リストラの流れが止まる可能性もある

東洋経済オンライン / 2017年03月27日07時00分

「きちんとしたフォーマットさえ作れば、成長の余地はある。必ずしも店舗を閉める必要はない」。イトーヨーカ堂の大髙善興取締役はそう本音を漏らす。セブン&アイ・ホールディングス傘下の総合スーパー、ヨーカ堂が苦境にあえいでいる。2017年2月までの既存店売上高は12カ月連続で前年同月割れ。2016年度は不良在庫の処分も重なり、2期連続の営業赤字となる見通しだ。こう [全文を読む]

セブン&アイ、利益6割減で深刻な不振突入…ヨーカ堂と百貨店は赤字定着、コンビニも成長鈍化鮮明

Business Journal / 2016年10月16日06時00分

セブン&アイホールディングスは2016年3~8月中間連結決算の連結最終損益が前年同期比60.4%減の334億円と発表しました。売上高は2兆8661億円(前年同期比4.3%減)、営業利益は1814億円(同5.2%増)です。 不振のイトーヨーカ堂やそごう・西武の不採算店舗の資産価値を引き下げたことや、そごう・西武の株式の価値が下落していることによる関係会社株式 [全文を読む]

フォーカス