店舗 イトーヨーカ堂に関するニュース

堕ちたイトーヨーカ堂、「総連系工場の衣料」販売で苦境が浮き彫りに

まぐまぐニュース! / 2016年06月01日20時00分

なぜ、誰もが知る大手スーパーが苦境に立たされているのか? そして総連系工場の衣料を店頭に並べざるを得なかった理由とは? 無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタント・佐藤昌司さんが詳しく分析しています。 「イトーヨーカ堂」が総連系工場の衣料販売、苦境が浮き彫り 総合スーパーのイトーヨーカ堂が、中国内の北朝 [全文を読む]

大量閉鎖のイトーヨーカドー、懐かしの鳩マーク復活で再起できるか

まぐまぐニュース! / 2017年04月05日04時30分

無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、イトーヨーカ堂の創業から現在までを振り返るとともに、同社の将来を占います。 イトーヨーカ堂のハトのマーク復活で業績は回復するのか 佐藤昌司です。3月20日、「イトーヨーカドー上大岡店」が閉店しました。1974年に開業し40年以上の歴史がある店舗 [全文を読む]

止まらないヨーカ堂の戦線縮小、百貨店業態が低迷―中国メディア

Record China / 2016年10月18日17時40分

一般店舗も基幹店舗も閉店し、デパートの閉店ラッシュが深刻化する背景には、百貨店業態全体の低迷傾向がある。中国経済網が伝えた。ヨーカ堂の中国1番店は十里堡店だ。ヨーカ堂の社員は、「ヨーカ堂も他のデパートも、ここ数年は多くの店舗が閉店になり、十里堡店の経営状態もそれほど好調ではないことはわかっていたが、まさか閉店の話が出てすぐに閉店になるとは思わなかった」と話 [全文を読む]

日本株銘柄FOCUS【決算メモ】セブン&アイ・ホールディングス

ZUU online / 2017年04月11日11時00分

セブン&アイ・ホールディングはガソリンスタンド併設型のコンビニエンスストア1,108店舗をおよそ33億ドルで買収する計画です。セブン&アイ・ホールディングの説明によれば、買収するコンビニは米国で展開するセブンイレブンの店舗と同等かそれ以上の実績を残しているようです。買収する店舗の1店舗当たりの日販は米国のセブンイレブンの店舗と同等以上で、ブランド力が高いガ [全文を読む]

楽天No.1ハーブティーAMOMA natural care、アカチャンホンポ等でのテスト販売を開始

@Press / 2015年11月10日14時15分

そこでこの度、店頭用のパッケージを新たに開発し、アカチャンホンポ30店舗、ゆめタウン10店舗でのテスト販売を開始するに至りました。[店頭販売用商品]妊活ブレンド(2.5g×12ティーバッグ) 799円(税別) ※マタニティブレンド(2.5g×12ティーバッグ) 799円(税別) ※ラズベリーリーフティー(1.2g×17ティーバッグ) 799円(税別) ※ミ [全文を読む]

ヨーカ堂、店舗閉鎖ありきに役員が「待った」 リストラの流れが止まる可能性もある

東洋経済オンライン / 2017年03月27日07時00分

必ずしも店舗を閉める必要はない」。イトーヨーカ堂の大髙善興取締役はそう本音を漏らす。セブン&アイ・ホールディングス傘下の総合スーパー、ヨーカ堂が苦境にあえいでいる。2017年2月までの既存店売上高は12カ月連続で前年同月割れ。2016年度は不良在庫の処分も重なり、2期連続の営業赤字となる見通しだ。こうした中、同社は止血策として赤字店舗の閉鎖を進めてきた。2 [全文を読む]

【西友】大量閉店から一転、日本から始まる「ウォルマートの逆襲」

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日20時00分

ウォルマートはイトーヨーカ堂よりも一周早い 最近、セブンイレブンホールディングスがイトーヨーカ堂の縮小を宣言していましたが、既にウォルマートはその作業を終え、見込みある既存店舗を改修する方向へ舵を切りだしました。 ウォルマートは日本の市場を見捨てていません。 高齢者人口が多くなる上、人口が減少するとしても、まだまだ利益を出せる公算があるのでしょう。日本か [全文を読む]

セブン&アイ、「儲からない」ヨーカ堂はもう売却しかない!

Business Journal / 2015年09月26日06時00分

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が9月18日、傘下の総合スーパー(GMS)、イトーヨーカ堂について「活性化が進まない店舗を中心に、約40店舗の閉鎖方針を固めた」と発表した。全店舗の2割に当たり、具体的な店舗名は明らかにしていないが、2020年2月期までに閉鎖するとしている。不採算店の整理を進めて、収益の改善をめざす。 この報道を受けて私は9月21日、 [全文を読む]

セブン&アイ、始動するネット通販トップへの挑戦~積極買収&オムニチャネル戦略の裏側

Business Journal / 2014年02月16日01時00分

いつでも買えるインターネットと実店舗を結び、消費者が欲しい商品を、それぞれの要望に沿ったかたちで販売する。そのためにセブン&アイは昨年12月、矢継ぎ早に買収や出資を進めた。 12月2日、カタログ通販大手のニッセンホールディングスを最大177億円で買収すると発表。中間持ち株会社のセブン&アイ・ネットメディアを通じ、ニッセンに対しTOB(株式公開買い付け)を1 [全文を読む]

広島県・宮城県の連携による 「牡蠣レシピコンテスト」実施報告~全136作品より5つの優秀作品が決定!

PR TIMES / 2012年12月03日18時53分

今後、優秀作品のレシピは、レシピサイト「クックパッド」で本日より公開するほか、12月中旬から首都圏量販店(イオン・イトーヨーカ堂・ダイエー等590店舗)にて、POP展開するほか、受賞レシピカード(約50万部)の配布や店頭イベント(平成25年1月20日)の開催なども予定しています。 ●グランプリレシピ「大根おろし入り牡蠣の南蛮風」 作者名:miyuki12 [全文を読む]

受験生応援「合格どら焼き」発売

PR TIMES / 2016年01月12日09時33分

十勝甘納豆本舗取り扱い商品[画像3: http://prtimes.jp/i/12622/66/resize/d12622-66-185176-4.jpg ]商品名 :合格どら(単品)価格 :1個160円(+税)販売店舗 :十勝甘納豆本舗 全店舗[画像4: http://prtimes.jp/i/12622/66/resize/d12622-66-5510 [全文を読む]

セブン&アイ、ついに「お荷物」ヨーカ堂&ニッセン切りが始まった!

Business Journal / 2015年10月21日06時00分

●ヨーカ堂を大量閉店「構造改革を徹底し、どうしても(黒字に)できない店舗は閉鎖していく」 セブン&アイHDの村田紀敏社長は決算発表会見で、90億円の営業損失を出したGMSのイトーヨーカ堂についてこう述べた。ヨーカ堂の上半期の営業赤字は10年以来のことだ。食品や衣料品を幅広く扱う総合スーパーの大赤字が、食品スーパーも含めたスーパー事業の落ち込みをもたらした。 [全文を読む]

セブン&アイ、鈴木会長の“逸脱”行為 次男が取締役就任、世襲のような人事の違和感

Business Journal / 2015年04月18日06時00分

今秋に本格的に開始するインターネットと実店舗を融合させたオムニチャネル戦略の責任者として、事業を指揮していくという。 [全文を読む]

セブン&アイ、利益6割減で深刻な不振突入…ヨーカ堂と百貨店は赤字定着、コンビニも成長鈍化鮮明

Business Journal / 2016年10月16日06時00分

不振のイトーヨーカ堂やそごう・西武の不採算店舗の資産価値を引き下げたことや、そごう・西武の株式の価値が下落していることによる関係会社株式評価損を計上したことなどにより、880億円の特別損失を計上したことが影響しました。 セブン&アイは事業による優劣の差が鮮明になっています。コンビニエンスストア事業は好調です。セブン-イレブンの、世界での店舗数は6万店を超 [全文を読む]

総合スーパー不振 ヨーカ堂の店舗閉鎖も「遅すぎた」

NEWSポストセブン / 2016年03月23日07時00分

真っ先に売り場の縮小や店舗閉鎖といったリストラ対象に挙げられるほど厄介な存在となった。 旧ジャスコを筆頭に、総合スーパー事業で巨大流通グループの礎を築いたイオンは、現在でも全国に300店以上のGMSを抱えるが、食料品以外は振るわずGMS事業がグループ経営の足を引っ張る構図が続いている。 そのうえ、イオンには2015年1月に完全子会社化したダイエーの再生とい [全文を読む]

セブン、ローソン、ファミマなど主要コンビニ5社の特徴比較

NEWSポストセブン / 2015年08月04日16時00分

国内店舗数は約1万8000。“絶対的なおいしさ”にこだわり、常にこれを軸として、商品開発から物流まで取り組んでいるという。商品のカテゴリー別に同じ温度で配送する「温度帯別配送」もそのひとつだ。 PBに対する評価が高く、「セブンゴールドのヒットは、消費者の意識を『PBは価値の高いもの』という認識に変化させました。セブン-イレブンはPBをコンビニにいち早く定番 [全文を読む]

セブン&アイの豹変 怒涛の「全国制覇」作戦が本格始動

Business Journal / 2015年07月02日06時00分

コンビニエンスストア業界で独り勝ち状態である、セブン&アイHD傘下のセブン-イレブン・ジャパンは6月12日、青森県に8店舗を初出店した。10月には鳥取県に新規出店する。これでセブンの看板がない県は沖縄県だけとなる。 セブン&アイHDは、一定の地域に集中的に出店するドミナント戦略を取ってきた。かねがね鈴木敏文会長兼CEO(最高経営責任者)は「セブンの競争力 [全文を読む]

誰からも反対されたセブン-イレブン、なぜ成功できた?鈴木敏文会長の直感と現場主義

Business Journal / 2015年04月23日06時00分

なので、当時のスーパーの成功のカギは、(1)大規模店舗と(2)低価格販売だったわけだ。 そういうご時世の中、鈴木氏は部下の清水秀雄氏と1971年に渡米。当時、スーパー業界17位のイトーヨーカ堂の事業拡大をもくろみ、米国市場を視察する。しかし、米国流通業の中でもウォルマートのような巨大スーパーマーケットチェーンは、あまりにも規模が違いすぎて参考にならなかった [全文を読む]

住友商事、ヨーカ堂に惨敗 ネットスーパー事業参入からわずか8年で撤退 黒字化見えず

Business Journal / 2014年12月06日06時00分

同じ住商の100%子会社である食品スーパー、サミットと07年4月から運営してきた店舗出荷型ネットスーパーのノウハウを活用して、センター出荷型のネットスーパーの運営に乗り出した。 ネットスーパーには、現在主流となっている店舗出荷型と、専用の配送センターから配送するセンター出荷型があるが、住商ネットスーパーは首都圏で初めてセンター出荷型を採用。先行投資が必要な [全文を読む]

中国「コンビニ・スーパー」トップ100発表、日系コンビニはセブンとファミマが2強

ZUU online / 2017年05月21日10時40分

■トップ10企業の売り上げ、店舗数と業務内容10位 農工商超市276.6億元/2317店/コンビニ「好徳」を運営9位物美商業299.0億元/566店/北京初の総合スーパー WU MART8位歩歩高321.5億元/590店/広東省・東莞市本社、本業は電子機器の製造販売7位中石化易捷351.0億元/2万5000店/北京本社、中国石油化学グループ。コンビニ「易捷 [全文を読む]

フォーカス