評価 マツダに関するニュース

トヨタを震撼させたマツダの"弱者の戦略"

プレジデントオンライン / 2017年05月19日08時45分

もしマーケットの商品評価が低かったらラインナップ全車が失敗する。つまりマーケットを説得できる性能でなくてはならない。 振り返れば、マツダは“数の原理”を使えない境遇を背景に、多品種少量生産を実現する手法を編み出した。選択肢の無い中で生き残りのために作り上げた“弱者の戦略”が、いま一周回って最先端となっている。 汎用設計というと、専用設計に劣るように聞こえる [全文を読む]

2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー 栄えある10ベストカーが決定! この中から、10月13日にナンバー1が決定! 【ニュース・トピックス:event】

CORISM / 2014年10月15日20時00分

トヨタ ノア&ヴォクシー トヨタ ノア&ヴォクシー新車情報・試乗評価一覧 トヨタ車新車情報・試乗評価一覧 日産スカイライン 日産スカイライン新車情報・試乗評価一覧 日産車新車情報・試乗評価一覧 ホンダ N-WGN/N-WGN カスタム ホンダ N-WGN/N-WGN カスタム新車情報・試乗評価一覧 ホンダ車新車情報・試乗評価一覧 マツダ デミオ マツダ [全文を読む]

マツダCX-5の開発者に聞いた、新型CX-5の本当の狙いは?

clicccar / 2016年12月02日12時48分

前田育男さんが打ち出した魂動デザインは、瞬く間にグローバルで評価を得た。車種ごとのデザインが優れるだけではなく、マツダというブランド全体を通して、一本の軸が通った個性を放っていた。「『人馬一体』というキーワードを軸に、グローバルで通用するデザインを目指しました。力強く、ダイナミックで、魂の存在が感じられるデザインとして、ソウル・オブ・モーション、魂動という [全文を読む]

【マツダとフィアットが新型ロードスターをベースに協業!】マツダが生産、2015年アルファロメオへ供給予定【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2012年05月23日21時21分

1000台増産決定!!【マツダRX-8 SPIRIT R新車情報】 試乗記更新!「クセになる大トルク420Nm!」「社運を賭けた渾身のクリーンディーゼル搭載」「SKYACTIV-G圧縮比13のジレンマ」価格は205万円から!マツダ新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」比較評価試乗記。 超個性派、コンサバへ転進? それでも輝くは失わず【アルファロメオ [全文を読む]

マツダ 4代目ロードスターで忠誠心高める「王道戦略」完成

NEWSポストセブン / 2015年05月23日07時00分

『人馬一体』の走る楽しさやオープン走行の爽快さ、手頃な価格などが高く評価され、四半世紀を超えて愛されてきました」 マツダ社長兼CEOの小飼雅道氏がこう自画自賛するほど、ロードスターは“走り好き”の間で根強い人気を誇ってきた。 初代ロードスターはマツダが1996年まで展開していたプレミアムブランド「ユーノス」のバッジで売り出された。「いまだに初代を乗り続けて [全文を読む]

マツダ アテンザ 新車情報・購入ガイド/バイヤーズガイド 1ヶ月で目標の7倍の7,000台超! 売れ筋はクリーンディーゼル。低燃費車アテンザを評価する! 【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2013年03月14日11時36分

最新マツダ アテンザ評価集<マツダ アテンザXD(クリーンディーゼル車)の試乗評価です> アイドリング状態から発進し、低速でゆっくり走っているときまではディーゼル車であることが分かる。速度を上げて走るようになれば、ロードノイズなども大きくなるのでエンジン音はあまり気にならなくなる。 低速域から余裕のトルクを感じさせるから、市街地などでは、ほとんどアクセルを [全文を読む]

マツダ、「マツダ アテンザ」と「マツダ CX-5」を大幅改良し発売

JCN Newswire / 2014年11月20日17時20分

マツダの最新のクルマづくりの考え方・技術を反映させ、あらゆる領域を熟成、深化Hiroshima, Nov 20, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は「魂動(こどう)デザイン」や「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」*1が高く評価されている「マツダ アテンザ」および「マツダ CX-5」を大幅改良し、全国のマ [全文を読む]

​2014年度「グッドデザイン金賞」にダイハツ「コペン」、マツダ「デミオ」が受賞

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月05日06時30分

グットデザイン賞は、1957年に創設された総合的なデザイン評価・推奨の仕組みで、これまで40,000件以上の受賞件数にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、とても広く親しまれている。 ダイハツは、2013年度の「タント」に続き2年連続での金賞受賞。 今回受賞した新型コペンは、鋼製骨格と樹脂製外板を組み合わせる新骨格構造「D-Frame」を採用し、内外 [全文を読む]

【ビデオ】米国IIHS、「コンパクトSUVのヘッドライトは眩し過ぎる」と酷評

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年07月18日08時00分

米国道路安全保険協会(IIHS)がコンパクトSUV21台のヘッドライトを評価したところ、その結果は残念なものとなった。1台も最高ランクの「Good(優)」の評価を得ることはできず、フォード「エスケープ」、ヒュンダイ「ツーソン」、マツダ「CX-3」、ホンダ「CR-V」の4台だけが「Acceptable(良)」と評価された。その他の17台は「Marginal( [全文を読む]

毒舌・激論・裏話炸裂!デミオ、スカイランはどうだ?【クリッカー・オブ・ザ・イヤー覆面座談会01】

clicccar / 2015年02月16日11時33分

2014年の話題の中心で、クリッカー・オブ・ザ・イヤーでも高得点だったこの2車種、果たしてどんな評価が飛び出すか……。 闇の秘密結社(?)クリッカー・オブ・ザ・イヤー選考委員会の様子をお楽しみください。 ※座談会には約8名が出席しており、便宜上A〜Hの記号を振っております。が、各人のプライバシー…というか、オトナとしていろいろのあれこれのため、章ごとに記号 [全文を読む]

絶好調!マツダの“魂動デザイン”がなぜこんなにカッコいいと評判なのか?

週プレNEWS / 2014年10月01日06時00分

その好調ぶりは「ディーゼルエンジン」という独自技術や、走りの良さが評価されている面もある。しかし、絶対にカッコ悪ければ売れないはず。やはり多くの人が「今のマツダはカッコいい」と感じているのだ。 CX-5以降、アテンザ、アクセラ、新型デミオまで、誰が見ても「これぞマツダ!」と直感するのは、五角形グリルやツリ目ライトによる「顔」が共通しているからだけではない [全文を読む]

ロードスターの真実・マツダ 中山 雅(1)目指したのは、ただ“美味しい”と感じられるデザイン

&GP / 2016年09月07日18時30分

ここではそんなNDロードスターの魅力と真価を、デザインの側面から再評価する。 話をうかがったのは、NDロードスターのチーフデザイナーを務め、去る7月より同車の開発主査を兼務することになったマツダの中山 雅さん。今回はその第1弾。 <関連記事> ロードスターの核心・マツダ 山本修弘(1)問い続けるスポーツカーの理想 中山 雅(なかやま・まさし) 1965年、 [全文を読む]

マツダ、「マツダ CX-3」「マツダ CX-5」がJNCAP予防安全性能アセスメントにおいて最高ランクの「ASV+」を獲得

JCN Newswire / 2015年10月23日14時45分

マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」搭載2車種が獲得、高い予防安全性能を証明Hiroshima, Japan, Oct 23, 2015 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載した「マツダ CX-3」と「マツダ CX-5」の2車種が [全文を読む]

マツダ越 (KOERU)のデザイン拠点はMRE(マツダR&Dヨーロッパ)だった

clicccar / 2015年10月21日12時02分

つまり、テストコースではなくリアルワールドでの試験・評価が可能である。 もちろんテストの項目によっては外部のテストコースやニュルブルクリンクを使うこともあるが、基本は一般道がベースとなっている。 ちなみに多くのエンジニアにドイツの“クルマ環境”を体感してもらうために、駐在期間は短めなんだそうだ。今回、評価道路の一部を、6(アテンザ)、3(アクセラ)、CX- [全文を読む]

マツダCX-5新車情報・購入ガイド マツダ好調のきっかけとなった第1弾モデルCX-5が大幅改良 【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2014年12月15日11時30分

そんな技術力が高く評価され、2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー にも選ばれている。 そんなこともあり、発売1か月後のの販売台数は目標の8倍となる約8,000台の受注を集めた。その内、約70%以上がクリーンディーゼルを選んでいた。当時、マツダのディーラーには、ほとんどクリーンディーゼル車の試乗車は無い状態。多くの顧客が試乗もせずに、マツダからのPR [全文を読む]

速報! 2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー「マツダ デミオ」が受賞! インポート・カー・オブ・ザ・イヤーは「メルセデス・ベンツCクラス」!【ニュース・トピックス:event】

CORISM / 2014年10月20日15時00分

マツダ デミオ新車情報・試乗評価一覧 マツダ 車新車情報・試乗評価一覧 インポート・カー・オブ・ザ・イヤーは「メルセデス・ベンツCクラス」得票結果:404点受賞理由:セグメントにとらわれることなく、メルセデス・ベンツ が現在持つ技術をあますことなく投入し、全力でユーザーにいいクルマを届けようとした力作。世界最高水準の衝突回避システムや運転支援機能、時代が求 [全文を読む]

マツダ、「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売累計10万台達成を発表

JCN Newswire / 2014年09月09日17時01分

既に「SKYACTIV-D」搭載車にお乗りいただいているお客さまからは、「驚くほど燃費が良い」「燃料代が半分になった」といった環境性能や経済性に対する評価だけでなく、「加速が気持ちいい」「合流の不安や坂道のストレスがなくなった」「運転が楽しい」「ついつい遠出したくなる」「生活が変わりドライブが楽しくなった」など、「SKYACTIV-D」がもたらす「走る歓び [全文を読む]

マツダの「アクセラ」が、北米とヨーロッパでカー・オブ・ザ・イヤーの"ファイナリスト"に!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月17日20時00分

小型車が強い傾向にあるこの賞では手強そうなフランスやチェコのライバル達の名前も見えるが、BMWが"持続可能なモビリティ"として構造や生産体制にまで拘った電気自動車、i3がどのように評価されるか、その辺りも気掛かり。 今後のスケジュールとしては来年2月にパリ近郊で選考テストが実施され、ジュネーブ・モーターショー開幕直前の3月3日に最終投票と発表が行われる予定 [全文を読む]

マツダ、平成29年度 腐食防食学会技術賞受賞について

JCN Newswire / 2017年05月17日13時40分

HIROSHIMA, Japan, May 17, 2017 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダの研究者2名が公益社団法人腐食防食学会より、「自動車の防錆技術を革新する耐食性迅速評価法の開発とその実用化」の研究において、技術賞を受賞したと発表しました。腐食防食学会技術賞は、公益社団法人腐食防食学会より、「腐食防食 [全文を読む]

マツダ デミオ新車情報・購入ガイド 先進予防安全装備を標準装備化! しかし「歩行者検知式自動ブレーキ」ではないのはなぜ? 【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2017年05月06日17時17分

マツダ デミオ新車情報の目次 踏み間違えを起こしにくいペダル配置とした、こだわりのドライビングポジション 車両後方からの衝突リスクを予防する安全装備をクラス唯一標準装備化したデミオ 見送られた歩行者検知式自動ブレーキ デミオの安全装備をブランディングの一部としていないか? 本当にクラスを超えたコンパクトカーに育ってほしいデミオ マツダ デミオ価格 <お勧め [全文を読む]

フォーカス