マツダ ユーノスロードスターに関するニュース

【オートモビル カウンシル2016】マツダと資生堂がコラボレーションしてフレグランスが誕生! その香りは?

clicccar / 2016年08月07日08時16分

マツダは資生堂とともに、マツダがデザインの思想・哲学として掲げる「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」を象徴するフレグランス「SOUL of MOTION」(非売品)を開発したことを発表しました。 フレグランス「SOUL of MOTION」のテーマは「emotional simplicty(削ぎ落とした先の凝縮された興奮)」。ウッディー、レザー [全文を読む]

マツダ、次期型「ロードスター」のシャシーと、拘りを込めた25周年記念モデルをNYで発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年04月16日19時00分

マツダは、間もなく開幕するニューヨーク国際オートショーに出展するという「Mazda MX-5(日本名:マツダ ロードスター)」の誕生25周年を記念した特別仕様車「Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition」と、「MX-5」の次期モデルに採用されるという新開発の「SKYACTIV(スカイアクティブ)シャシー」の画像と概 [全文を読む]

新型マツダ・ロードスターがこだわった「人が主役」のパッケージ

clicccar / 2015年05月27日11時33分

2014年9月にその姿が披露されて以来、様々な情報が公開されてきた4代目となるマツダ・ロードスター。2015年5月20日、ついに正式発表となりました。 その発表会において、マツダの小飼雅道社長はロードスターの価値や位置づけを次のように紹介しました。 「1989年に発売した『ユーノスロードスター(初代ロードスター)』には、現在、マツダブランドの象徴となってい [全文を読む]

ロードスターのデザイナーが語る「カウンタックはこうやってデザインされた」【タミヤ1/24ロードスター発売記念トークショー】

clicccar / 2015年12月24日19時03分

マツダから、ロードスターのチーフデザイナー中山 雅氏とクレイモデラー淺野 行治氏、 タミヤからスケールモデル設計担当の平田伸一氏が出席されました。 中山氏はタミヤのファンと云う事で「今年の一番(嬉しかった事)はタミヤさんにモデル化してもらった事(カーオブザ・イヤーより?!)じゃないかな」というほど喜ばれています。 氏は、’89年マツダに入社時に発売された [全文を読む]

マツダ、新型「ロードスター」の販売が好調

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年06月25日16時00分

〜人生に新しい体験や出会いをもたらしてくれる車としてユーザーから好評〜 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、5月21日に発売した新型マツダ「ロードスター」の累計受注台数が6月21日時点で5,042台となり、多くのユーザーから高い評価を得ていると、本日6月25日に発表した。 1989年に発売された初代「ユーノスロードスター」から数えて4世代目となる新型「ロード [全文を読む]

マツダ、新型「マツダ ロードスター」を発売

JCN Newswire / 2015年05月20日16時38分

コンセプトは、「人生を楽しもう-Joy of the Moment, Joy of Life-」Hiroshima, Japan, May 20, 2015 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下マツダ)は、マツダブランドの提供価値である「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目となる新型『マツダ ロードスター』を、全国のマツダ系、マツ [全文を読む]

日本初の名車の祭典「オートモビル カウンシル 2016」を8月5日から幕張メッセで開催

clicccar / 2016年07月23日20時33分

■トヨタ自動車 展示テーマ:カローラ生誕50年(1)初代カローラ (2)TE27 (3)カローラGT (4)カローラ生誕50年 記念限定車 ■日産自動車 展示テーマ:日産・プリンスとの融合50年(1)R380‐1(1=ローマ数字表記) (2)プリンス・スカイラインGT S54A-1型 (3)KPGC10(初代GTR) (4)GTR 17MY ■富士重工業 [全文を読む]

フォーカス