バック 藤原紀香に関するニュース

【エンタがビタミン♪】藤原紀香と片岡愛之助、婚前旅行で海釣りデート満喫か?

TechinsightJapan / 2015年10月22日12時21分

一方、愛之助と交際中の藤原紀香は10月17日に『藤原紀香「氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ☆NORIKA's sensation☆」』で、「私は昔から行く先々で、思い出に、ジャンプ! 写真を納める趣味があります」と説明して青い空と海をバックに跳びあがる姿を公開。さらに、愛之助が釣り姿を投稿したちょうど2時間後の20日の19:01には、海に沈む美しい夕陽の写真 [全文を読む]

片岡愛之助・藤原紀香の裏にヤバすぎる“政治的駆け引き”か? 芸能界のドンと取引!?

tocana / 2016年04月06日09時00分

「紀香のバックにいるのは、言わずと知れた芸能界のドン、バーニングプロダクションの周防郁雄社長です。最近は周防社長との距離がありましたが、今でもバックがバーニングであるということには変わりがない。今回、紀香と愛之助が結婚するにあたって、周防社長と愛之助の間で秘かにある取り引きがなされたというのです」(芸能プロ関係者) その取り引きとはずばり、愛之助が持つ権 [全文を読む]

藤原紀香がバイオリン演奏会を和服で鑑賞、「梨園の妻アピール」に批判の嵐

アサジョ / 2016年06月20日09時59分

バイオリン奏者の晴れ舞台を紀香が利用したと批判されても仕方がありません」(週刊誌記者) さらにファンから「和服の後ろ姿が見たい」「帯も見せてください」とリクエストされると、東京タワーをバックにしたキメキメの写真を公開し「和服の私」をアピールする念の入れようだ。「偶然、会場でお仲間に会え、しかも二人とも着物でしたのでなんだかとてもテンションが上がりました」と [全文を読む]

藤原紀香はなぜ叩かれる?”隠し子”騒動再燃と孤立無援の背景

デイリーニュースオンライン / 2016年04月15日18時05分

当初、報道は“芸能界のドン”をバックに持つ紀香に同情的で、離婚原因もすべては陣内の浮気、またはDV説まで浮上しました。しかし、近頃では紀香とドンの関係が疎遠になっているという情報もあり、御用達メディアも紀香に不利な報道をするようになっています。陣内は離婚に際して、紀香から何も知らされず気付いたら離婚届を提出されていたそうですが、愛之助に関しても最悪のケース [全文を読む]

「略奪ではない!」必死に純愛をアピールする藤原紀香に漂う“そこじゃない感”

日刊サイゾー / 2016年04月08日13時00分

彼女のバックには芸能界のドンが付いていますからね。メディアは、そう書くしかありません」(スポーツ紙記者) 事の真相は闇に葬られたが、問題なのはそこではない。紀香が、略奪でないことを実証すれば、好意的な声が集まると考えている点だ。テレビウォッチャーは「今の視聴者はバカではない。純愛ではないことくらい、薄々気付いてますよ。そうした状況下でドヤ顔会見するのですか [全文を読む]

藤原紀香&愛之助、「どうでもいいニュース」がなぜ乱発? バーニングめぐる報道過熱のウラ側

サイゾーウーマン / 2015年10月15日13時00分

いくらバックがバーニングだとしても、ここまで取り上げられる大物カップルなのかというクエスチョンは拭えませんね」(同) 当の紀香は14日付のブログで、愛之助の名前こそ出さないものの、沖縄の滞在先で手料理を作っていることを匂わすような写真投稿や書き込みを行っていた。少なくとも来春の結婚までは、スポーツ各紙による“紀香ニュース合戦”は継続されることになりそうだ。 [全文を読む]


藤原紀香、最新写真集でついに魅せた

アサ芸プラス / 2012年12月18日09時54分

初めて披露するというTバック姿が満載なのだ。 例えば、スーパーハイレグ水着を身につけ、ホテルのプールと思しき場所から、縁に両手をついて海を見下ろしているシーン。いわゆる立ちバックの体勢で、突き出した尻がドド~ンと、バックショットで目に飛び込んでくるではないか。 まるで液体ジェルのように、ダラダラと吸着した淫靡な水しぶきを浴びた2つの球体は、真ん丸のきれいな [全文を読む]

藤原紀香、決死の「陣内智則を奪った女」暴露も話題にならず!

サイゾーウーマン / 2012年12月10日09時00分

ベストセラーとなった『紀香バディ!』(同)シリーズの最新作で、ハイレグやバックヌードなど露出度の高いショットが収められているが、巷ではそこまで騒がれていない。ではなぜマスコミだけが興味を示しているかというと、巻末のエッセイで、かつてない“暴露”が行われているからだという。 「エッセイは、紀香の過去の恋愛についてつづられているんですが、そこで紀香は『これが最 [全文を読む]

「明らかな絶縁宣言」藤原紀香、愛之助との豪華結婚式を欠席した人物とは?

サイゾーウーマン / 2016年09月29日12時45分

「それは、紀香のバックにつく“芸能界のドン”ことバーニングプロダクション周防郁雄社長の影響力によるもの。その後も各メディアは、事あるごとに紀香を褒め称え、ネット上での嫌われぶりとは真逆の“一流芸能人”ポジションをキープし続けていました」(スポーツ紙記者) ところが今年上旬、愛之助との結婚が確実視されてきた頃から、ある“異変”が生じた。 「ドンの腹心である [全文を読む]

池田エライザが鮮やかドレスで背中を大胆見せ♡【ファッションチェック】

AppWoman / 2016年05月31日18時00分

今回のドレスはバックスタイルも夏らしく大胆なバックオープンスタイル♡ 出典:http://my-closet.jp/ 今年トレンドのオフショルダーや、夏に欠かせない見せインナーには、ホワイトの総レースタイプをセレクト。 大胆な露出で、大人っぽいロングドレスにも関わらず、白のレースをプラスすることで、可憐な可愛さも演出していました♡ また、2016年6月2 [全文を読む]

“自殺考えた”熊切あさ美に同情の嵐! 愛之助&紀香夫妻の嫌われっぷりがマックスに

日刊サイゾー / 2016年05月27日17時00分

しかし、紀香のバックには“芸能界のドン”がついており、マスコミは違和感を覚えながらも愛之助の主張を押し通すしかなかった」(芸能記者) やはり世間もバカではないようで、多くの人が紀香の略奪婚を祝福していない模様。ネット上では、熊切に対し「死ぬことまで考えたなんて、かわいそう」「愛之助なんかと別れて、よかったよ!」「紀香より、いい奥さんになると思う」「熊切さん [全文を読む]

藤原紀香、次々とボロが出た「ドヤ顔結婚会見」に報道陣も思わず失笑

アサジョ / 2016年04月05日09時59分

金屏風をバックに、紋付き袴姿の愛之助と、藤色の友禅の訪問着姿の紀香が幸せいっぱいの笑顔を振りまいたのはご存知の通り。 だが、この会見を取材した記者たちの反応は“失笑”の一言だったという。「同棲は否定していたはずの紀香が、『夕飯を食べたのに、深夜帰宅して“お腹がすいた”なんて言うんです』などと、すでに生活を共にしていたことをあっさりバラしたのには、思わず笑っ [全文を読む]

ベストショットが撮れるかも!写真映えする☆お花見「キッズファッションコーデ5選」

It Mama / 2016年04月01日21時30分

桜をバックに目立ちすぎずに自然に可愛く映ります。 (4)芝生のグリーンカラーをアクセントにしたナチュラルグリーンコーデ 公園などでは桜の下は芝生なことが多いですが、洋服のどこかにグリーンをアクセントに入れると背景のグリーンと馴染んでナチュラル感が増します。 いかがでしたか? 桜とファッションを楽しみながらあなたの中のベストショットが撮れるといいですね! 【 [全文を読む]

TV美女11人の“極秘”ルーティンを一挙紹介!(2)自分のことを“オス”と称する真木よう子

アサ芸プラス / 2016年02月06日17時57分

そのポーズが、まるでバックをオネダリしているようで‥‥。旦那さんとの愛の巣でも同じように掃除していると思うと、無性にムラムラしてしまいました」(前出・番組スタッフ) 子作り待ったなしか! [全文を読む]

「芸能界のドン」バーニングの周防郁雄社長が初めてインタビューに登場! やっぱりドンは小泉今日子にメロメロだった

リテラ / 2016年02月04日22時00分

このような圧倒的なバックの"力"を背後にちらつかせながら、一方でバーニングはマスコミを懐柔。テレビ局の編成やプロデューサー、スポーツ紙や週刊誌の記者、広告代理店などには手厚い接待を行い、ときに便宜をはかることでキャスティング権を握り、逆にB系タレントのスキャンダル記事を潰してきた。つまり、マスコミに恩を売ることでメディアを掌握し、「バーニングには逆らえない [全文を読む]

ビッグダディ、お金がない!? 前々妻と現妻とタッグを組み、ファミリーで金策の断末魔

サイゾーウーマン / 2014年06月15日09時00分

当初から「人生なめてかかる」と宣言して芸能界入りしたダディだが、藤原紀香の元マネジャーをバックに付け、当初はイベントやバラエティ番組に引っ張りだことなっていた。しかし、娘のグラビアデビュー、離婚から舌の根も乾かぬうちにまたも結婚など、思いつきだけ行動しているように見えるダディは常に非難の的に。同じくタレントに転身した前妻・美奈子ともども、ネットで何度も炎 [全文を読む]

藤原紀香の“おばちゃん劣化”報道に、「ライバル・米倉との格差」を憐れむ声

サイゾーウーマン / 2013年10月22日13時00分

『海の上の診療所』で、武井咲に次いで二番手のキャストである紀香は、だいぶ差をつけられてしまいましたね」(芸能プロ関係者) また藤原の場合は、そのバックボーンゆえ「テレビで扱いづらい」(同)と指摘されているようだ。 「紀香のバックには“芸能界のドン”ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長がついていることから、それだけで起用を尻込みするプロデューサーも存在 [全文を読む]

「仁義も何もない」羽鳥慎一アナの熱愛・再婚報道で、フライデーがバーニングに激怒!?

日刊サイゾー / 2013年04月26日09時00分

「羽鳥アナといえば、日テレを退社しフリーになってからは宮根誠司アナと同じ事務所に所属しているが、そのバックは“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いるバーニングプロダクション。昨年、離婚した際には、周防氏も同席のもと、スポーツ紙各紙の通称・B担と呼ばれるバーニング担当の記者に離婚の事実を報告し、一斉に各スポーツ紙で報じられた。今回も、バーニングから担当記者へ [全文を読む]

鈴木ちなみ(1)「気持ちよさに漏らした吐息」

アサ芸プラス / 2013年01月18日09時59分

担当する「ココ調〜TOP OF THE WORLD」では、バックパック姿のちなみ嬢が世界各地を訪れ、話題の観光スポットや、グルメやショッピングを現地レポートするのだが、中でもひそかな人気を呼んでいるのが、毎回のように登場するエステコーナーなのだ。 1月5日放送では極寒のドイツ・ハンブルクをトラベル。ミニチュア博物館や遊園地を紹介したあとは、ドイツ生まれのス [全文を読む]

フォーカス