黒木華 松岡茉優に関するニュース

「ブス」と批判される黒木華、実物の評価を聞いてみた! 写真集“大爆死”と謎のルーティン

tocana / 2016年10月15日09時00分

今年4月期の『重版出来!』(TBS系)で、テレビドラマ初主演を果たした女優・黒木華。全10話の平均視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と伸び悩んだが、最終回放送時は同ドラマの関連ワードがTwitterのトレンドを占領し、話題を集めた。そんな黒木は今月16日公開の映画『永い言い訳』や、来年夏公開予定の『ちょっと今から仕事やめてくる』など出演作を増 [全文を読む]

黒木華、松岡茉優、次世代女優の特徴「昭和顔」の魅力を人相学で読み解く!

i無料占い / 2016年04月20日17時00分

昭和時代のドラマに出ていそうな、どことなく懐かしい素朴な顔立ちが特長で、若手女優では、黒木華さん、連沸美沙子さん、松岡茉優さん、有村架純さんなどが当てはまります。昭和顔の元祖、原型とされるのが、吉永さゆりさんです。親近感と、凜とした気高さを持つ昭和顔は、人相的にはどんな意味があるのでしょうか。その特長をパーツごとに読み解いてみましょう。 <昭和顔女性の特長 [全文を読む]

「真田丸」松岡茉優ついに参戦!『パンチあります』

Smartザテレビジョン / 2016年07月02日06時01分

お義母さまとなる薫さん(高畑淳子)を筆頭に、きりちゃん(長澤まさみ)、梅ちゃん(黒木華)と、これまでもパンチの強い女性が多く登場してきた「真田丸」ですが、「春もそこに参戦させてください」という気持ちです。彼女たちにも、ある意味負けない部分があると思います!―― 一緒のシーンが多いと思いますが、信繁のことは、どんな夫として捉えていますか?“よく人を見てくれる [全文を読む]

業界人300人に聞いた!2015年にもっとも活躍した若手女優ランキングTOP10!

日本タレント名鑑 / 2015年12月29日09時56分

7位には、『花子とアン』で知名度を上げ、2015年『天皇の料理番』でお茶の間に強い印象を残した黒木華さん。最近はCMなどでも良くみかけます。清潔感のある無垢な顔立ち。どんな役にも染まる透明感は演劇界の宝物の一つです。 そして8位も朝ドラから。『まれ』で友人一子役を演じた清水富美加さんです。清水さんは『仮面ライダーフォーゼ』のヒロインを演じたのち、バラエテ [全文を読む]

吉永小百合、共演・二宮和也のムチャな●●に「大丈夫かしら、うちの息子」とハラハラ

Woman Insight / 2015年08月13日18時15分

8月12日都内にて、山田洋次監督の最新作映画『母と暮せば』(12月12日公開)のクランクアップ記者会見が行われ、山田洋次監督とキャストの吉永小百合さん、二宮和也さん、黒木華さん、浅野忠信さんが登壇しました。 速報はコチラ→ 【速報】嵐・二宮和也、胸キュン?「吉永小百合さんは●●された初めての人」とドキドキ! 映画の詳細はコチラ→ 嵐・二宮和也、山田洋次監督 [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

黒木華、有村架純、高畑充希、蓮佛美沙子ら実績十分の主演女優から、松岡茉優、杉咲花、黒島結菜、芳根京子らの次世代ヒロインまで、“昭和顔”の女優が人気を集めている。「地味」「あか抜けない」というイメージのある昭和顔が大活躍しているのは、なぜなのか? かつては、目鼻立ちのハッキリした顔が“華のある女優像”だったのだが、いつから変わったのか? トップ女優の顔にまつ [全文を読む]

月刊テレビ誌「デジタルTVガイド」が創刊15周年! 見やすく使いやすい番組表に大きくパワーUP!!

PR TIMES / 2016年05月24日10時26分

表紙で振り返る!記憶に残る名番組&時代を変えた放送技術 ◆特集3 2016夏の新ドラマ速報 ◆特集4 3大春ドラマ 最終章へのキーワード 「99.9」、「世界一難しい恋」、「グッドパートナー」主人公の名セリフでこれまでの軌跡をプレーバック! ◆特集5 [大人TV selection]人類が宇宙にかける夢 ◆特集6 [新連載]Countdown to Rio [全文を読む]

『99.9』でブレイクの岸井ゆきのがNHK大河ドラマ『真田丸』で、信繁の3人目の妻役に大抜擢!

日刊サイゾー / 2016年05月23日23時30分

信繁は最初の妻(側室)として梅(黒木華)を迎えるが、すでに死亡。2人目の妻(正室)として、春(松岡茉優)と結婚する。 2009年のTBS系連続ドラマ『小少女セイラ』で女優デビューした岸井だが、端役が多く、作品にも恵まれたとはいえず、なかなかチャンスをつかめなかった。しかし、昨年は『ストレイヤーズ・クロニクル』(岡田将生主演)など4本の映画に出演し、上昇気流 [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

側室には、昨年の日本アカデミー賞助演女優賞最優秀賞を獲得した黒木華さん。同じく今年優秀賞の長澤まさみさん。正室には、朝ドラ『あまちゃん』ヒロインの同僚役やバラエティ番組での活躍も目覚ましい演技派女優・松岡茉優さんと、抜群の演技力を誇る若手女優たちが数多くキャスティングされています。 また、袂を別つことになる兄・信幸 (信之)には、日本アカデミー賞・ブルーリ [全文を読む]

“独断と偏見”で選ぶ!年末年始にまとめてみたい2015年お薦めドラマたち

日本タレント名鑑 / 2015年12月26日09時55分

黒木華さんや鈴木亮平さんなど、今を代表するような演技派の起用も話題になりました。鈴木さんの激やせ、映画『俺物語!』とのボディとの違いも見ものです。 日曜劇場では、『流星ワゴン』もはずせません。家族の大切さを深く感じる事の出来る素敵なドラマです。 西島秀俊さんの人生に焦る主人公の演技、香川照之さんの豪快さ、吉岡秀隆さんのゆったりさ、三者三様の“お父さん愛” [全文を読む]

【速報】嵐・二宮和也、胸キュン?「吉永小百合さんは●●された初めての人」とドキドキ!

Woman Insight / 2015年08月12日17時00分

8月12日、都内にて、吉永小百合さんと嵐の二宮和也さんが親子役で初共演した、山田洋次監督の最新作映画『母と暮せば』がクランクアップし、出演者の吉永小百合さん、二宮和也さん、黒木華さん、浅野忠信さんと、山田洋次監督が「クランクアップ報告会見」に登壇しました。 映画の詳細は→ 嵐・二宮和也、山田洋次監督作品初出演「母と暮せば」追加キャスト発表 終戦から70年。 [全文を読む]

3世代の美人女優が完全ブレイク!?2015年上半期ブレイク女優を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2015年06月30日11時35分

『天皇の料理番』でメインヒロインを演じている黒木華さんは、23歳でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を獲得するほどの名女優。演技派として演劇好き・映画好きには既に有名な存在でしたが、『純と愛』『花子とアン』の名演技で日本中にその名が知れ、メインヒロイン役を任されるようになりました。 バラエティ番組『おはスタ』のコメント力や『桐島、部活やめるってよ』で圧倒的な [全文を読む]

フォーカス