雑誌 榮倉奈々に関するニュース

レディースシューズブランド【ORiental TRaffic】2015年春夏のヴィジュアルが完成。

PR TIMES / 2015年02月20日18時44分

カメラマンには雑誌や広告、音楽媒体など幅広い分野で活動する映画監督であり、写真家の若木信吾さんを起用。■ 撮影イメージ緑や花など植物の生命感あふれる、みずみずしさと強さを表現。ORiental TRaffi cの靴を履いてファッションと生きることを楽しむ女性の様子を描いています。イメージキャラクター:榮倉奈々さん着用商品:タッセルシューズ¥6,400(税込 [全文を読む]

タラレバ作者・東村アキコの離婚騒動でなぜか”大バッシング”の顛末

デイリーニュースオンライン / 2017年03月06日11時40分

入籍当時は二人の結婚写真を雑誌に公開するなど、仲睦まじい夫婦の姿を披露していた。しかしすでに結婚当初から別居状態が続いていたようだ。 現在代表作である『東京タラレバ娘』は、女優の吉高由里子(28)、大島優子(28)、榮倉奈々(29)をメーンキャストに実写ドラマとして放送中だ。視聴率も好調で、今期の人気ドラマとして注目されている。 ドラマでは「あのとき○○し [全文を読む]

吉高由里子・榮倉奈々・大島優子 豪華3ショット! 話題の「東京タラレバ娘」たちが、雑誌『with』で着まわし撮影に挑戦!

PR TIMES / 2017年01月27日12時34分

【商品情報】 『with』3月号 2017年1月28日(土)発売 ※首都圏基準 定価670円 [画像3: https://prtimes.jp/i/1719/1231/resize/d1719-1231-258534-0.jpg ] 企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

榮倉奈々・賀来賢人が結婚!平均身長174cmのビッグカップル誕生

しらべぇ / 2016年08月08日18時30分

■178cm&170cmのまさにビッグカップル雑誌『seventeen』の専属モデルだった榮倉奈々は、身長170cmのナイスプロポーション。賀来賢人も180cm近い長身だfが、平均身長174cmというまさに「ビッグカップル」だ。今後の2人の活躍とともに、榮倉・賀来2世が誕生した際には、スーパーモデルのような飛躍が期待できるかもしれない。・合わせて読みたい→ [全文を読む]

広瀬すず、波瑠、西内まりや…旬の若手女優を続々輩出するSeventeen専属モデル

日本タレント名鑑 / 2016年06月03日10時55分

彼女たちの共通点はなんでしょう?それはファッション雑誌『Seventeen』の専属モデル、または出身者たちです。このほかにも現在活躍中の注目女優を多数輩出しているSeventeenモデル。彼女たちが女優として重宝される理由とは…。 2003年ごろ鈴木えみ、田中美保らの女優進出でSeventeenの注目度が高まるSeventeenでは1970~80年代に『ミ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】榮倉奈々のイメチェンがすごい “外国人モデル風”ショット公開

TechinsightJapan / 2016年03月02日13時57分

雑誌の撮影と見られる1枚を投稿した。 内容に関して詳細は明かしていないが、写真にファッション雑誌『commons&sense』のタグがつけられていることから、今回は同誌の仕事をこなしていたようだ。 普段はナチュラルメイクに笑顔で可愛らしい印象のある榮倉だが、写真の彼女は黒髪のボブにスモーキーメイクと呼ばれる濃いアイメイク、ビスチェのようなトップスを着ている [全文を読む]

ざわちん「東京タラレバ娘」坂口健太郎ものまねメイクが似すぎ

dwango.jp news / 2017年03月17日21時17分

ものまねメイクで人気のタレント・ざわちんが17日、アメブロを更新し大人気ドラマ東京タラレバ娘で金髪イケメンモデル・KEYを演じる俳優で雑誌「MEN’S NON-NO」専属モデル坂口健太郎のものまねメイクを披露すると、ファンから大絶賛の声が殺到している。 15日に放送されたアラサー女子に大反響の日本テレビ系連続ドラマ「東京タラレバ娘」(毎週水曜よる10時~) [全文を読む]

「こじはるかと」伝説のセブンティーンモデル・鈴木えみの現在。

messy / 2015年11月17日12時00分

11月10日、モデルの鈴木えみ(30)が自身のブログに、ファッション雑誌『Sweet』(宝島社)の撮影で訪れたプラネタリウムで撮った画像を投稿。星々を背景にライトアップされて写る鈴木の姿に、「神秘的な美女!」「こじはるかと思った!」など、ファンから称賛の声が上がっている。2013年に結婚、出産をし、芸能界での仕事量を極端に減らした鈴木。彼女の変わらぬ美しさ [全文を読む]

波瑠、朝ドラヒロイン抜擢に戸惑い「万人受けするタイプじゃない」

anan NEWS / 2015年09月30日12時00分

――雑誌のモデルという職業は、やはり読者からは憧れの対象として見られるわけで、そのことについては、どう感じていましたか? 波瑠:モデルをやっているときから、自分は万人受けするタイプではないと思ってました。モデルの世界にはいろんなタイプの子がいて、人と比較することが常にある世界なので、余計にそう思うんです。意識して多くの人に好かれようと思っても自分にはでき [全文を読む]

パリ病ならぬハワイ病が蔓延中?ハワイで「人間力を上げる」と言い出す芸能人たち

messy / 2015年04月25日15時00分

「an・an」(マガジンハウス)も「FRaU」(講談社)も「CREA」(文芸春秋)も「FIGARO」(CCCメディアハウス)も、「SWEET別冊」(宝島社)も、どんな雑誌もハワイ特集を一度ならず何度も繰り返し組む。昨年、榮倉奈々主演の『わたしのハワイの歩き方』という映画も公開されていた。 4月17日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)では、梨花(41) [全文を読む]

『進撃の巨人』の“リヴァイ効果“で雑誌が大売れ!! オタクを釣る作戦が大成功した「FRaU」

おたぽる / 2014年07月13日08時00分

「FRaU」と言えば、ファッションとライフスタイル情報を提供する"働く女性"向けの雑誌。先月号は女優の菅野美穂、そのほかにも榮倉奈々、また女性に人気の韓国アイドルユニット・東方神起が表紙を飾っているだけに、今回リヴァイが単独で表紙を飾るのは"異様"にも見える。もちろん巻頭特集も『進撃の巨人』。"――原作者・諌山創、かく語る ふるえる異世界『進撃の巨人』とふ [全文を読む]

「アイツだけ取材が決まったらしいぞ」V6も古傷が痛む、ジャニーズJr.の競争社会

サイゾーウーマン / 2014年05月04日09時00分

最近では、入所からまだ1年もたっていない高橋海人がテレビや雑誌で露出を続け、事務所の“プッシュ”を感じさせる一方、榮倉奈々主演のドラマ『黒の女教師』(TBS系)に出演するなど人気Jr.だった松村北斗が、先日のジャニーズJr.公演の会見に不在だったりと、人気や“プッシュ”の入れ替わりは日々起こっているようだ。 そんな競争社会を見事に切り抜け、今や大ベテランの [全文を読む]

「すごくいい雰囲気で......」『図書館』シリーズの映画化でV6岡田准一と榮倉奈々が急接近!

日刊サイゾー / 2012年10月29日08時00分

彼女が演じる笠原郁は、これまた身体能力が高く、彼女にピッタリの役です」(同) それもそのはず、実はこの2人、実写化への期待が高まっていた昨年、雑誌の読者アンケートで理想のキャスティング1位に輝いていたのだ。「今月からクランクインしたのですが、とにかく体を動かすシーンが多いので、岡田さんが手取り足取り榮倉さんに教えていますね。岡田さんは映画『SP』のときにい [全文を読む]

榮倉奈々が「カン違い女優」状態? 実力が伴う日はくるのか

メンズサイゾー / 2012年09月21日15時00分

さすがに勘違い甚だしいんじゃないかと思いますね」(映画制作関係者) 以前、ファッション誌の専属モデルと女優業を掛け持ちして多忙だった時期には、「誰のおかげで雑誌が売れてると思ってるんだよ! 少しは休ませろ!」とタンカを切ったことがあると実話誌に伝えられたこともある榮倉。多少傲慢なところがあるのだろうか?「でも、若手女優の中では使い勝手がいいほう。今って25 [全文を読む]

清純と思いきや遊び人? 12股伝説の榮倉奈々に新たなエロ疑惑

メンズサイゾー / 2012年07月22日14時00分

むしろ田舎育ちのノホホンとしたお嬢様、というイメージに見られがちでは? 数年前にはホストクラブにハマッていると伝えた雑誌もありました。歌舞伎町の高級ホストクラブのVIPルームでドンペリをあけて盛り上がる彼女の姿を何度か目撃した、という内容でしたね」(芸能記者) 12股にしろ、ホスト遊びにしろ、にわかには信じがたい話だ。だが、記者は彼女と夜遊び仲間だった時期 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「天木じゅん」(1)グラビアを始めて胸がIカップに!

アサ芸プラス / 2017年05月16日12時57分

2014年、雑誌「ヤングアニマル」(白泉社)の企画「NEXTグラビアクイーンバトル サードシーズン」に参加し、グランプリを獲得。その後、グラビアアイドルとしての活動を本格化していく。15年、ワタナベエンターテインメントに移籍。16年、イメージDVD「天乳」発売。同年、ファースト写真集「二次元カノジョ」と同タイトルの3rdDVDを発売(ともに双葉社)。今年1 [全文を読む]

坂口健太郎のセリフに、視聴者動揺!?「胸が痛い」

日刊大衆 / 2017年02月07日11時00分

「坂口は以前、雑誌のインタビューで、年上の女性がタイプだと明かしていました。“自由に生きている自分をコントロールしてくれるような人”が理想らしく、受け身な女性より積極的な女性が好きなんだと思います。今回のKEYにも通じるところがありますし、ファンがつい坂口本人と役を重ね合わせて見てしまい、必要以上にショックを受ける、といったケースもあるのではないでしょう [全文を読む]

桐谷美玲新ドラマ「放送前から不評」のワケ

日刊大衆 / 2017年02月02日10時00分

桐谷といえば、雑誌『VOCE』(講談社)で「2016年“最も美しい顔”」に選ばれ、アメリカの映画サイト「TC Candler」が選ぶ「世界で一番美しい顔」ランキングでも38位を獲得するなど、“美”の代名詞的存在。そのため桐谷がキャスティングされたことに、実写ドラマ化のニュースを喜んでいた原作ファンはガッカリしてしまったようで、「元がかわいい子にやらせても [全文を読む]

SMAP解散・山口達也離婚・榮倉奈々結婚…発表の狙いは「週刊誌合併号休み」

アサ芸プラス / 2016年08月18日09時59分

この夏はTOKIO山口達也の離婚、榮倉奈々と賀来賢人の結婚、加護亜依の結婚、妻夫木聡とマイコの結婚など、雑誌によっては合併号休みの期間に続々と発表している。「テレビ局は芸能事務所とのつながりがありますから、ワイドショーもスキャンダルでない限り悪いようには扱いません。それに今年はリオ五輪での日本人選手の活躍がありますからね。ネタには困っていないと思いますよ。 [全文を読む]

榮倉奈々、“本気の美脚”に「国宝だぁ!」とファン興奮! “プ女子”姿披露で、「腕ひしぎされたい!」と新たなファン獲得?

おたぽる / 2016年05月01日12時00分

先月28日発売の雑誌「anan」(マガジンハウス)の表紙に、女優の榮倉奈々が登場。「本気の美脚・美尻。」と題された特集で、美脚を披露している榮倉の姿に、「国宝級の美脚!」「神々しすぎる!」など、ファンの興奮が止まらないようだ。 「榮倉といえば、170cmを超す身長と9頭身ともいわれる完璧スタイル、キュートな顔を武器に、ファッション雑誌『SEVENTEEN』 [全文を読む]

フォーカス